FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年5月 粗食のすすめ

5月29日
モモの体重管理が難しくなってきた先月から、人間たちも体重と健康管理が必要と
雑穀ごはんを始めました。普段でも、玄米を精米して食べてたりしていましたが
16雑穀と黒米をプラスしながら、我が家にちょうどいい割合を工夫しました。
元々おかずの品数など、非常に質素な食卓なのですが、雑穀ごはんにしてから
さらにそれに合うような和食中心のおかずが増えたので、ダイエット効果もあり
今のところ家族の体調もいいようです。残念ながら、これを食べていないモモは
当然、体重に変化は見られませんが・・。
写真がぼやけて小さいのですが、クリックするとやや大きくなります。

左、玄米を精米中(5合)。 中、精米前。 右、精米後(七分づき)
SSCN0639.jpg SSCN0640.jpg SSCN0641.jpg


左、黒米15g、16雑穀30gをプラス。中、右、炊く前と炊き上がり。
SSCN0638.jpg SSCN0637.jpg SSCN0636.jpg


左、炊き上がった雑穀ごはんです。右、今回は仲間はずれのモモです。
SSCN0635.jpg SSCN0632.jpg


そのままでもおいしいですが、黒ゴマをふっておにぎりにするのが
やっぱり1番だと思います(ただし、食べ過ぎに注意)
SSCN0629.jpg



スポンサーサイト

2007年6月 写真が復活!

6月5日
飲水量、4日234。
ブログの不具合で、写真をアップすることも削除もできなくなっていたのですが
直ったようです。念のためチェックすると、過去の写真が別の物になっていたり
消えていたりしたのですが、それも何とか直せるようになりました。
いつまた不具合が起こって、ブログそのものまで消えるかもしれませんが
とりあえず良かった~、ブログの更新に気が重いなんてグチっていたくせに
無くなってしまうかもと思ったら、急に大切に思えてくるのだから勝手な私。
嬉しくなったので、病気とは関係ない写真と話題ですが・・
最近の我が家で頻繁に登場する寒天です(笑)

1リットルの寒天です。 固まるとやや白っぽくなります。
SSCN0689.jpgSSCN0690.jpgSSCN0691.jpg

黒みつをかけて食べます。大きめに切るのはダイエットのため
黒みつをたくさんかけすぎないように注意しながらいただきます。
SSCN0692.jpg


モモにも無味で2~3本だけ・・ちょっと不満そう。
SSCN0693.jpg

2007年6月 怪我の功名(ドライカレー)

6月27日
飲水量、24日164、25日187、26日199。
モモのカサカサのかさぶたあとは変化無し、シャンプー後は粉が付くことも無く
今のところ心配はないようです。これなら病院に行く必要もないようで
ほっとしました(笑)書くことが他にないので、また病気じゃない話題ですが・・

家族の健康と自分のダイエットも兼ねて、4月から始めた雑穀米ですが、
どうしてもあっさりした和食中心のメニューになり、献立を考えるのも一苦労。
そんな中、我が家にぴったりのメニューを発見「雑穀ごはんの肉味噌のせ」です。
ところが、いざ作ろう、と思ったら・・どこで見たのか忘れてしまいました(笑)
何とかなるだろうと記憶を頼りに準備を始めましたが、材料を刻んでいるうちに
大事なことを思い出しました。豆板醤が必要だったのに、先日買い物しながら
店内で黒みつとバターに気をとられて、すっかり買い忘れてしまったことを・・
おまけに材料は覚えているのに、肝心の調味料は豆板醤以外思い出せない。
急遽「肉味噌」は「ドライカレー」に変更されました(笑)
しいたけ、ピーマン、合挽きは同じ、レンコンが玉ねぎになり、パプリカは省略。
豆板醤がカレー粉になり、トマト缶とミックスジュースを追加して出来上がり。
息子のアイデアで、目玉焼きをのせて完成しました。
ところが、仕方なく変更したとは思えないおいしさで、5合の雑穀米を完食。
こういうのを「怪我の功名」と言うのだろうなあ、と実感しました(笑)
ただし、ダイエットには向かないと思います・・(食べすぎ注意)

これが「肉味噌変更雑穀米ドライカレー」です。
目玉焼きの黄身をくずして混ぜながら食べるのがポイント
SSCN0855.jpg


万が一、急遽変更メニューながら作ってみようと思う勇気ある方のために
簡単にレシピを・・量は適当に(我が家の分量では多すぎると思うので)
にんにくとしょうがのみじん切りをバターで炒め、合挽き肉400gを炒めます。
大き目のみじん切りにした、玉ねぎ(大1個)、ピーマン(5個)、しいたけ(6枚)
を入れさらに炒め、カレー粉(大さじ2~3杯)水煮のカットトマト缶(400g)
ジュース(水でもOK)月桂樹の葉、コンソメ(3個)、ソース、砂糖、塩、で調味。
ドロっとするまで煮詰めたら出来上がり。目玉焼きはかなり半熟。
私は200ccの缶のミックスフルーツジュースを使ったので、水はなし。
というか・・いつもカレーに使うりんごジュースを切らしていたので
たまたまあったフルーツジュースを使ってみただけなのですね(適当・・)
にんじんがあったら、きっと入れていたと思います(ちょうどなかった・・)
ピーマンやしいたけの代わりにナスやエリンギもいいかと(何でも・・)
もちろん雑穀米じゃなく白いご飯でもおいしいと思います(パンでも・・)


2007年7月 手抜きメニュー

7月2日
梅雨らしいお天気が続く中の7月スタートです。
モモのカットも延期して、他に書くことがないので・・。
相変わらずの簡単手抜きメニューをいくつか・・

これは昨日の「豚丼風簡単丼」
SSCN0877.jpg

豚の肩ロース薄切りを、すりおろしたしょうがとにんにく、焼肉のタレ、醤油、
酒、さとう、を混ぜた中に2時間ほどつけておき、あとはフライパンで焼いて
ご飯にのせるだけ。ポイントは、焦げ目がしっかりつくように、油をひかず
強火で肉を広げて焼くこと。この焦げ目が香ばしくておいしいです。

ダイエットに最適「ヘルシーざる麺」
SSCN0868.jpg

市販の冷やし中華や冷麺、何でもいいのですが、我が家ではどんぶりに
まずオニオンスライス、その上に麺、そして千切りにした、大根、にんじん、
きゅうり、水菜、をたっぷりのせます。下に敷いたオニオンスライスのせいで
麺が少なめでもすごいボリュームです(笑)この日は大根でしたが、普段は
ゆでたもやしが多いです。麺をゆでる時に、細かくほぐした「えのき」を
プラスしてボリュームアップすることもあります。モモのササミを借りて
にんにくと醤油、ゴマ油であえて上にのせ、ゆで卵をトッピング。冷麺の時は
各自好みの量のキムチをのせていただきます、ちなみにこれは、私の大好きな
シマダヤの「ざる麺(めんつゆ味)」

ついでに先日の「適当簡単ビビンバ丼」
SSCN0861.jpg

ほうれんそうは洗ってラップしてレンジでチン、その後水にさらします。
もやしは袋をちょっとだけ開けて、そのままレンジで3分弱チン、ザルにあけて
水洗いします。にんじんは生のまま千切り。しっかり水分を切った野菜を
すりおろしたにんにく、ゴマ油、塩であえたらナムルの出来上がり。
私は、白いりゴマも混ぜています。牛の薄切りや豚丼用の肉を1センチに切り
にんにく、醤油、砂糖、焼肉のタレなどでちょっと濃い目に下味をつけ
炒めて上にのせ出来上がり。この時は、習いたての温泉タマゴをのせました。
好みの量のコチュジャンを混ぜながらいただきます。
本場韓国の方が見たら「笑笑・・」とあきれちゃうような手抜きかも・・


2007年7月 残り物おやつ

7月14日
この前「当分パス」というほど食べたのに、もうケーキが食べたくなってしまい
モモにもドライ納豆を10粒ほどあげて、自分ばかり・・という後ろめたさも
少しだけやわらいだせいか、2~3日寒天作りはお休みしようかと・・。
冷蔵庫に残り物があったので、簡単なおやつを作ってみたら・・
すっかりハマってしまいました(笑)

数ヶ月前の冷凍パイシートの残りを利用(賞味期限ギリギリ・・)
解凍したパイシートにグラニュー糖(コーヒー用のシュガー)シート1枚に
つきシュガー1本をふりかけ、1.5cmほどに切ってねじって焼くだけ。
天板にオーブンペーパーを敷いてオーブントースターでやってみました。
SSCN1002.jpg

サクサクのパイ、おいしかったです♪
SSCN1001.jpg

ひと月ほど前に使ったクリームチーズの残り200グラムで・・
冷やして固まった状態がこれ(ちゃんと混ざってない(笑)ですが・・)
SSCN1021.jpg

器をお湯につけて逆さにして取り出すと・・
SSCN1020.jpg

レアチーズケーキです。
SSCN1019.jpg

レシピはフィラデルフィアのクリームチーズの箱に書いてありましたが
チーズ以外にヨーグルトとゼラチン、レモン、砂糖があればすぐできます。
とにかく全部混ぜて冷蔵庫で冷やすだけ。
簡単なのにとてもおいしかったので、今回省略したケーキの土台部分用に
グラハムクッキーをネットで注文しました。
今度は土台つきで作ってみます、このレアチーズおすすめです♪


2007年7月 モモの寒天

7月19日
我が家ではすっかり定番になった寒天、私は、相変わらずシンプルに黒みつだけで
食べていますが、たまには気分を変えて・・「水ようかん」にしてみました。
和菓子屋さんで売られている物みたいにおいしい、とは言えないのですが
食後のデザートや夏のおやつにはちょうどいいかもしれません。
モモも、3日に1度くらい寒天を食べています。味がない、ただの寒天だけですが
とても喜びます。繊維質が多くカロリーもゼロなので、身体に悪いことはなく
カロリーはそのままで食事の量を増やしたい時には最適な食材かもしれません。

粉寒天4グラムを400mlの水に溶かして沸騰させ、2~3分煮溶かしたら、塩少々と
こしあん500グラムを少しずつ混ぜていくだけです。火を止めて、鍋ごと水に入れ
とろりとなるまで冷ましたら、型に流し込んで冷蔵庫で2~3時間。
SSCN1037.jpg

見た目はちゃんと水ようかんですね。
ただし、この分量で、市販よりやや大きめのものが9個もできてしまいます。
SSCN1038.jpg

これはいつもの「黒みつ寒天」です。私はやっぱりこれが1番♪
SSCN1055.jpg

そしてこれが「モモの寒天」、シンプルですね(笑)
SSCN1056.jpg

だけどこんな風に、ささみと同じくらい楽しみに待っています。
SSCN0840.jpg



2007年7月 ケーキとケーキ

7月25日
23日の夜、翌日のために書いていたこの記事でしたが、検査結果の連絡で
すっかりほったらかしに・・、せっかく写真まで載せたので、放置するのも
何だかもったいないような気が・・。ということで、検査結果を知る前の
結果待ちの不安解消のための過ごし方だったので、のんきにケーキの話題、
という言い訳を付け加えて・・(笑)

考えないようにしていても、どうしても検査結果が気になるので、気分転換に
定番の「手抜きおやつ」を作りました。こういう時はいつも「掃除」なんだけど
終わってしまうとそれっきり。ケーキなら、後に食べるという楽しみがあるので
無くなるまでは、頭の中がケーキでいっぱい(笑)幸せ気分も長続きします。
まずは、ケーキというよりパン代わりの「炊飯器ホットケーキ」

ホットケーキミックス2袋(200グラム×2個)、卵2個、牛乳300mlを
混ぜて、炊飯器の内釜に流し入れてスイッチを入れるだけ。
うちの釜は底に傷があるので、材料はあらかじめ混ぜてから入れますが
内釜で材料を全部混ぜてしまっても大丈夫だと思います。
炊飯コースがあるなら、長めを選ぶと生焼けになりにくいでしょう。
初めてなら、まずは半分の量で試したほうが失敗が少ないかと・・
ちなみに我が家は1升炊きの炊飯器で、無洗米の甘みコースを選択し
1時間くらいで焼けます。焼けたらひっくり返して、カットする前に
バターとメープルシロップをたっぷり塗ります。
準備は5分と簡単、ただし味はやっぱり「ホットケーキ」ですよ。
私は8個に切って、半分は冷凍保存。食べる時はレンジでチン。

SSCN1095.jpg

横から見るとこんな感じ。直径20センチ高さ8センチくらいです。
SSCN1094.jpg

切ると・・かなり大きいです。これは本当に安上がりですね(笑)
SSCN1093.jpg


次はゼラチンなしの「レアチーズケーキ」これも簡単ですよ~。
クリームチーズ250グラム生クリーム100ml砂糖50~60グラムレモン汁半個分。
グラハムクッキー75グラム(適当)バター40~50グラム。
クッキーをジップロックに入れて粉々にする、溶かしたバターを混ぜて
皿に敷き詰めて手でしっかり押し付けるように固める(ギューッと)
チーズをラップしてレンジで1~2分、柔らかくなったらボウルに入れてよく混ぜる、
砂糖を入れてよく混ぜる、生クリーム入れてよく混ぜる
最後にレモン汁を加えてよく混ぜる。クッキーを敷き詰めた皿に流し入れて
表面を平らにならしたら、冷蔵庫で6時間以上冷やして出来上がり。
できれば1日冷蔵庫に入れておいたほうがいいかもしれません(待てる人は)
こんな感じ、照明が暗いので写真の失敗でこんな色に見えますが・・
SSCN1073.jpg

横から見ると・・クッキーの押し付けが雑ですね。
SSCN1075.jpg

カットしたところ。これは本当においしいです♪
ゼラチンで固めないので、生のチーズ?っぽい、濃厚な味がなんとも・・
SSCN1083.jpg




2007年8月 不具合で水まんじゅう

8月11日
モモは、この暑さと光化学スモッグの発令された相模原で、いつもと同じ
それなりに平和な1日を過ごしましたので、今日はまったく病気に関係ない
話題になってしまいました。
2ヶ月ほど前から、たびたび起こるブログサーバーのトラブルで、
何度か「もうダメか・・」「これで終わりかも」と思ったこともありましたが、
最近もまたひどくなり、昨日は自分のブログにアクセスできない、管理画面に
ログインも出来ないという状態が数時間。コメントや記事、写真にカウンター
何もかもがおかしくてお手上げ。こんな時はPCの前にいるだけで、頭の中に
「無くなる・・データ消失・・終わり」この3つがグルグル・・。せっかくブログに
来て下さった方にもご迷惑をおかけしてしまって申し訳ありませんでした。
私はというと「ブログは明日まで封印!」ということでおやつ作りを始めました。
簡単そうに見えたので買っておいた「水まんじゅう」に挑戦、ところが・・
出来上がりの涼しげな姿に反して、汗をかかない体質の私が汗だくになるほど
長く火を使う、夏には作りたくないデザートでした(笑)
今回の経験で得た教訓、和菓子屋さんで、水ようかんと水まんじゅうの
どちらを買うか迷ったら、値段がちょっと高くても、絶対に水まんじゅうにする!
材料費も手間も時間も、水ようかんのそれとは比べ物になりません(笑)
おすすめメニューではないので参考にはならないと思いますが、写真もあるので
とりあえず、簡単にご紹介したいと思います。

水まんじゅうの素100グラムに、グラニュー糖350グラム!!をよく混ぜてから
800mlの水が入った鍋に入れて火にかけ、木べらでひたすら練るのです。
先にあんこを丸めておくのを忘れた私は、左手で鍋をかき混ぜながら
右手であんこを20グラムずつ丸めました(左利きでよかったです)
SSCN1204.jpg

鍋の中身が1キロになるまで煮詰めるとあったので、50グラム単位で測れる
モモの体重計を持ってきて3回測り、25分練り続けて1キロになりました。
カップに半分流し込み、あんこ玉を埋めてもう半分流し込みます。
手早くしないと生地がすぐに固まり始め、小さなカップにこぼさぬよう
均等に分けるのは難しかったです。ごらんのようにバラバラ(笑)
SSCN1205.jpg

量がバラバラなのでフタが閉まらなかったりすき間があいたり・・
何とかフタをして、この後2~3時間冷蔵庫で冷やします。これで20個完成!
SSCN1206.jpg

出来上がった水まんじゅうです、冷凍保存できるので半分は冷凍庫へ。
おいしかったけど、手抜き大好きの私向きではないような・・
SSCN1207.jpg





tag : 水まんじゅう 手作り レシピ

2007年9月 賞味期限切れ

9月10日
夏から秋にかけては家族の誕生日が続き、毎月ケーキを食べるのに、さらに
スイーツお取り寄せページについ目が行ってしまい、やっぱり買ってしまう・・。
気がつくと、冷蔵庫には特売で買いだめしたクリームチーズが5個(笑)
いつでもすぐ作れるようにと生クリームも完備、のはずが・・
賞味期限が6日まで・・(笑)買ってから2ヶ月近く経っているということですね
私は、4日過ぎたくらいではあきらめませんよ、さっそくレアチーズケーキ作り。
生クリームを全部使い切るために、いつもの2倍の量になってしまうので
大好きなチーズとクリームだけのケーキでは、固まるのに1日かかりそう。
ゼラチンを使い3時間で食べられるようにしました。賞味期限が切れてるし(笑)

クリームチーズ2箱(500グラム)、生クリーム200ml、砂糖100グラム、
レモン汁半個分(半分しかなかったので)ゼラチン5グラム、水50cc
グラハムクッキー1袋(150グラム)バター60グラム
SSCN1336.jpg

今日は18センチのケーキ型、我が家のはパイレックスで底が抜けないので
取り出すのが難しそう、ということで、仕上がりは汚くなるけどラップを敷き
後からスポッと出せるかもしれないので、試してみることにしました。
クッキーをジップロックに入れて粉々にしたら、バターを溶かさず入れて
今日はレンジで30秒チン、これで十分。よく混ぜて型にぎゅっと敷き詰めます。
50ccの水にゼラチンをふり入れ混ぜておく。
SSCN1335.jpg

チーズをラップにくるんでレンジで3分、ボウルに入れてよく混ぜたら
砂糖、レモン汁、生クリームの順番に入れ、その都度よく混ぜる。
ゼラチンをレンジでチン、沸騰しないように注意(80度くらいがベスト)
ゼラチンを入れてよく混ぜたら、型に流し入れてトントンと空気を抜く。
SSCN1334.jpg

冷蔵庫で約3~4時間、ゼラチンのおかげで早く固まりました。
ラップの模様もあざやかな(笑)出来上がり、型ごとお湯につけて
ラップごと持ち上げるときれいに取り出せました。
SSCN1333.jpg

カットすればラップのあとは目立たないので大丈夫。
1キロのケーキは、8つにカットしてもボリュームたっぷりでした。
味は変わらないので、早く食べたい時はゼラチン使用がおすすめです♪
SSCN1331.jpg






2007年9月 手抜きちらし

9月23日
たまには明るく食べ物の話題でも・・
モモの吐き気で、1日中そばで目を離せなかった21日、当然私も外出できず
家族の晩ごはんは「ちらしずし」になりました。家にあるものだけで作れて
おかずがいらない、作っておけば各自が勝手に食べる、食後の食器洗いは
お皿と箸だけ、余った分は翌日の昼食になる、手抜きに見えない・・
というわけで、意外にラクができるメニューです。

干ししいたけを戻している間に、下ゆでしたかんぴょうと油揚げ、にんじんを
刻んで、しいたけも刻んで、戻し汁に醤油と砂糖とみりんを加えて
硬いものから順番に入れて、同じ鍋で全部一緒に煮てしまう。煮ている間に
厚めの薄焼き玉子を作る。うなぎの蒲焼を刻んで炒める。準備おわり。
私は、下ゆでしたかんぴょう、蒲焼、油揚げも冷凍庫に保存しているので
買い物に行けない時でも大丈夫。蒲焼以外に、薄切り肉を焼肉のタレで炒めて
混ぜる「焼肉ちらし」もおいしいですよ。我が家もこっちの方が多いです。
普通に炊いたご飯でおいしくできるので黄色い袋の「すしのこ」は常備。
DSCF0072.jpg

「すしのこ」を混ぜ、煮た具といりごまを入れて、ここまでで基本のちらし
魚アレルギーの娘の分はここで取り分けて、残りにうなぎを混ぜ出来上がり。
DSCF0073.jpg

ここからが手抜き、今日食べる分はお皿に盛って玉子と海苔、余った分は
保存容器に入れ玉子をのせて冷蔵庫、それでも余った分は、おにぎりにして
置いておくと誰かが食べる。
DSCF0075.jpg

多少時間がたっても味は変わりません。翌日冷蔵庫から出してレンジで
あたためた「ちらしずし」もおいしいですよ。
何となく気分が沈む時も、おいしいご飯で元気が出ます、みんな頑張って!!
DSCF0076.jpg




プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。