12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月2日
水分摂取量、30日242(フード87、飲水155)1日273(90、183)
週に1度のドラメクチン注射を受けるために、モモを連れて病院へ。
この季節はいつも混んでいるので、思い切って午後の1番をねらって
診察開始15分前に到着。でも残念(笑)もう待っている患者さんが・・
みんな考えることは同じですね(笑)受付を済ませ、車の中で待って
いると、カルテを持った受付の方がやってきて 「実は・・」と・・
担当の先生がまだ手術中で、あと1時間くらいかかるのだそうです。
ついてない時はこういうものです・・が、特に変わったこともなく、先週
先生と話し合って、ドラメクチンを4回打つことは決まっていたので
他の先生に注射だけしてもらえれば・・とお願いしました。2度目の
再発の時にも、1度だけ代わりに注射していただいた先生に診て
もらうことになり、何とか晩ごはんの時間には帰れそうだとひと安心。
テープ検査では虫も見つからず、体重も変化なしの3.46キロ。
最近は微妙にフードの量を増減させながら、食後で3.5キロを目安に
して、うまく維持できるようになりました。話が飛びますが、昨日届いた
TLCのフード、処方が4年ぶりに変わったという新しい物だそうです。
といっても袋などは今までとまったく同じですし、中身はまだ確認して
いないのでわかりませんが、開封したら両方並べ、チェックしてみよう
と思います。今までよりアレルギーが起きにくい処方になったとか・・
話を戻して・・特に変わりはなく元気なので、最後にドラメクチン注射を
背中の上部に打って終わり。そういえば・・いつもの先生は注射を
お尻に打ちますが、この先生は前回も背中でしたね・・皮下注射だし
どこに打っても変わりはないのでしょうか?ちょっと気になる・・(笑)
個人的には、フロントラインと同じように、背中上部に打つほうが
まんべんなく全体に薬が広がるような気もしますが・・う~ん・・

右が今までの物、左が新しい処方の物
よく見ると少し違いましたね・・
DSCF2227.jpg

裏を見るとその違いがもっとわかります、これが今までの物
DSCF2224.jpg

そしてこれが新しい方です、成分が色々増えてますね
どうなんでしょう・・まだ何とも言えませんが・・
DSCF2226.jpg

お兄ちゃんと留守番する時のモモ、珍しくご機嫌でしたが(笑)
DSCF2149.jpg





スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

変わったのですね。 * by みえ
TLCのフード、ビタミン類の記入が増えましたね。
我が家はまだ1.5Kgくらい残っているので、新しいフードはまだです。
モモちゃんはTLCのフード大体80g~90gくらいをあげているんですよね。
ポポは今、4.4kgなのでこれ以上体重が減らないようにフードの量を増やしてみようかな。
4.4kgのポポでフード量は80gだったので、モモちゃんの体重からしたらポポはもう少しあげても良いかなと。
体重維持にはどの位まであげたらいいのか悩んでしまいます。
難しいものですね。

みえさんへ * by miyu
穀物を、とうもろこしと小麦からオートミールと大麦に変えて
アレルギー対策に力を入れたのかもしれませんね。
フードの量についてはもう1つのお返事に書きましたが、モモの場合も
半年過ぎてやっと、ちょうど良い量がつかめたというか・・身体が慣れたのか・・
いいのかどうかはわかりませんが、減ったら増やす、増えたら減らす
それで、こまめにチェックしながら様子を見るしかないかもしれませんね
新しい処方のフードになったので、また体重に変化があるのかなあ・・と
私はちょっと不安になっています(笑)頑張ろうね♪


* by マナママ
miyuさん
先日は失礼しました
v-216をさわっている最中にマナとリコがキーボードの上をダッシュしたので・・
あっと思った瞬間に行ってしまいましたv-12
その後はmiyuさん 当たりです

マナママさんへ * by miyu
パソコン中にキーボード上をダッシュするマナ&リコちゃん
思わず声を出して笑ってしまいました(笑)元気で何よりです♪
想像した続きは正解でしたか・・これも嬉しい♪


管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
クッシングの疑いということで、とても不安でご心配だと思いますが
検査の結果が出てみなければわかりませんし、もしそうだとしても大丈夫♪
たくさんの飼い主さんが、この病気の愛犬と頑張っていますよ。
病気の情報を集めておられるのなら、最近の私の記事は病気以外のことが多く
参考になるものも少ないのですが、右のサイドバーにある過去の記事一覧の
+月を選択+というところをクリックして、2007年の3月、4月、5月あたりを
選択してご覧になると、参考になる記事が少しはあるかもしれません。
病気について色々と書いていた時期ですので・・。何か知りたいことがあれば
今回同様、非公開コメントでアドレスを入れて下さればメールします。
もちろんこのようなコメントでも構いませんし。
検査を受けて結果が出るまでは不安ですよね・・お察しします。
私でお役に立つことがあればいつでもどうぞ♪ 頑張って下さいね

5月7日
水分摂取量、2日230(フード89、飲水141)3日190(90、100)
4日202(90、112)5日196(89、107)6日208(89、119)
4回目のドラメクチン注射の前に、かさぶたの状態をよく見ておこうと
写真を撮りました。病巣の原点になるあごの下は、アカラス発症以来
ずっと5ミリほどのしこりが残っていて、状態が良くても悪くても変化なし。
ちょうど硬いひげが生えていて、脂肪のかたまりなどができやすいからと
以前先生に言われたこともあるけれど・・。この部分の赤みやガサガサは
元どおりになることはないのだろうと私も思っています。治療の効果を
見るには、背中のかさぶたが1番わかりやすいかもしれません。背中の
薄毛部分から透けて見えていた赤い皮膚は白っぽくなり、ボコボコの
かさぶたは、シャンプーのたびにはがれて減っているように思えます。
良くなって治療をやめてもずっと残り、その後また少しずつ拡大していく
かさぶたは、免疫の低下しているモモには、アカラスの完治もないという
メッセージなのかもしれませんが、少なくとも、注射の効果はあるという
証拠にもなっているわけで・・複雑(笑) 2006年12月、コルチの数値が
ACTH検査で異常になった直後のアカラス発症で、原因はクッシングの
悪化によるコルチゾール値の上昇で、免疫力が低下してしまったせいだと
思っていた私、デソパン投与でコルチゾールの数値をいい状態に保てれば
アカラスの再発はないかもしれないと期待も持っていました。もしかしたら
先生もそう考えていたのではないかと・・。テープ検査で問題がなくなっても
念には念を入れて11回のドラメクチン注射を打ち、抗生剤も数ヶ月投与。
2倍に増やしたデソパンにも期待を持っていたかも・・(笑)ところが、その
2ヵ月後、今度はコルチの数値が低くなり過ぎ、あわてて薬の減量をして
検査数値も安定しホッとしたところに、アカラスが再発してしまいました。
それでも、この時の私はまだ希望を捨てていませんでした。クッシングの
コルチゾールの状態が、高すぎても低すぎてもダメなのだ、ちょうど良い
数値なら再発しないかもしれないと・・。今回、3度目になるアカラス発症で
やっとあきらめがついたというか・・(笑)去年の8月以来、ずっとコルチの
数値は安定しているモモなのに、それでもアカラスは再発を繰り返す・・
投薬でコルチをコントロールできていても、免疫力は低いままなのだと
やっと納得・・。残酷なようですが、現在、クッシングの犬にできる治療は
ここまでが獣医学の限界、という答えなのかもしれません。それでも
コルチゾールのコントロールをすることで、少しでも身体にとって良い
状態をキープできるのなら、コルチの過剰によるリスクを減らせるのなら
この投薬治療に期待するしかないのですね・・。

写真で見ると、良くなっているようには見えませんが・・大丈夫(笑)
DSCF2258.jpg

DSCF2260.jpg

通気性を良くするためにも、そろそろバリカンの出番かも・・(笑)
DSCF2249.jpg



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (10) * Trackback : (0) * |

* by kupukupu
はじめまして。kupukupuと申します。
我が家のダックスの多飲多尿がクッシングではないかと気になりクッシングの情報を求めていたところ、こちらを知りました。
「クッシングとわかるまで」から読み始めましたが、あまりにもひどい病院の対応に悲しくて最初の方しか読めませんでした。
勇気を出して少しずつ読んで行こうと思います。
我が家の犬に関しては少し様子を見てから病院に行こうと思っています。

* by qq
ゆっくりねv-522

kupukupuさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
最初の病院での出来事と、モモの病気に対してのんき過ぎた過去の私を
知っていただくことで、何も訴えることができず、物言えぬ愛犬の代わりに、
飼い主が強くならなくてはいけないと感じていただけたら・・と願っています。
多飲多尿の原因は色々あると思いますが、kupukupuさんのように情報を集め
愛犬のために努力されていること、素晴らしいと思います、頑張って下さいね♪

qqさんへ * by miyu
ありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
本当に色々な病気があり、たくさんの方が愛犬のために頑張っていること
私もとても励みになっています。モモよりもずっと大変な状況の中で
一生懸命にその命を守ろうとしている飼い主さんの思いを知る時
これくらいで落ち込んだり悩むなんて申し訳ない・・と、いつも反省します。
そして、もっと頑張ろう、自分にできることを考えよう、と力をもらいます。
愛犬のために今できること、一緒に頑張りましょうね。

* by オーチャン
はじめまして、オーチャンといいます。
うちのアニー(コーギ、6月で7才)も3月下旬にクッシングと診断されました。
病院に連れていったきっかけは多飲多尿で、あとは冬になっても夏毛のままだったのと元気が少しないなあくらいでした。
家から一番近い、アニーを飼い始めてから開院した小さな病院でしたが、最初の血液検査で胆汁の分泌が悪いかホルモンの病気と診断され、
胆汁分泌の薬→再度血液検査(効果無し)→コルチゾールの検査→クッシングと診断→3種の薬の中からトリロスタンを薦められる→60mgを3週間服用し再検査→コルチゾール値がいい値へと。
このブログを見るまでは、なんとも思ってませんでしたが今考えれば大変幸運で最初からホルモンの病気と診断してくれた先生に感謝しないといけないと思っています。
それにしてもトリロスタン高いですね。このブログも薬を安く入手する方法をググッていたときに目にとまりましたが、参考になることが多いです。
アニーが診断される前に東南アジアへの旅行を決めていたので薬を安く入手するためバンコクの有名な病院を2つ尋ねましたが、タイではミトタンしか使ってないようでした。また製薬会社の多いインドの友人にも頼みましたが、いい情報は届いていません。
うちの子はまだ多飲多尿の症状くらいしかないのですが、治療費が異常に高いので難病というイメージで暗くなってしまいます。
長くなりましたが、これからもお互い頑張りましょう。

オーチャンさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
このブログを始める時、クッシングの情報を探す方の目にとまりやすいよう
「クッシングモモ」という、そのまま(笑)の名前にしましたが、願いどおり
たくさんの方に見つけていただけるようになり、とても嬉しく思っています。
おっしゃるとおり、すぐにクッシングと診断がついて良かったですね
多飲多尿などの特徴的な症状があったとはいえ、良い先生に診ていただいて
すぐに治療を開始できたことは何よりでしたね。治療費の問題は
投薬量にもよりますが、現実にはとても深刻な問題だと思います。
完治はないと言われるクッシングにとって、一生涯のことですから・・
色々と不安はつきませんが、「愛犬のため」そう思って頑張りましょうね♪

* by くみ
こんにちはです~^^
はじめてコメントさせて頂いたくみです。
こんな私にまでお返事のコメントどうも有難うございます。
お陰でがんばろう~!!って思える様になりました。
これからも宜しくお願いします。m(. .)m

くみさんへ * by miyu
こんにちは。
とんでもない、こちらこそありがとうございました。
私も「頑張ろう!!」と思いましたよ、どうぞよろしくお願いします♪

5月9日
水分摂取量、7日239(フード90、飲水149)8日199(89、110)
4回目のドラメクチン注射をしました。2週間前に先生に言われた4回は
これで終わったのですが、この後はどうなるのだろうと色々考えてしまい
「殺虫剤なのだから最低限にした方が・・」「次の再発を防ぐにはもっと
回数を・・」2つの考えが行ったり来たり、どんどん迷うばかり・・
先生は私の希望を尊重して下さるだろうと思うので、その後の状態は?
という先生の問いに、私がどう答えるかが大きなポイントになりそうで・・
モモにはかわいそうだけど、また再発するとしても、今回できるだけ
しっかりと虫をやっつけておきたい気持ちは強く、これで注射をやめるのは
不安の種を残してしまうことにもなり、私はきっと後悔するのではと・・。
そして・・・背中の状態を見て「良くなっていますね」と言う先生に、私は
「注射の効果でどんどんかさぶたがきれいになっていくのを見ていると、
今回のように赤くボコボコになるほど悪化しない時でも、モモの背中から
完全には消えないかさぶたの中には、結局、常にアカラスが潜んでいて、
暴れるチャンスを狙っているのだと思えて、何だか怖くなりました」と
今の自分の気持ちを正直に話しました。私の不安を察して下さったのか
少し間を空けて、2週間後にまたドラメクチンを打つことになりました。
通院が続くのはモモにはかわいそうですし、クッシングの身体にとって
ドラメクチンを長く注射するのはあまり良くないのかもしれませんが
もう少しだけ・・モモには頑張ってもらおうと思っています。

お風呂上りはボサボサ・・
DSCF2264.jpg

毛がひっかかって3回ほど「キャン!」もう少しで「ガウ~」でした(笑)
時間をかけて、苦労してとかしてもこれ・・限界かな
DSCF2273.jpg



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by チーズママ
こんにちは、ご無沙汰です。携帯電話で記事だけ読んでいたので、今日はPCでモモちゃんの数日分の可愛い写真を見て惚れ惚れしていますよ~☆慌ただしい連休も過ぎてホッとするところですが、悲しい知らせも舞い込んだりで沈んでいましたが、モモちゃんキラキラまん丸お目目に元気付けられました♪ありがとう♪
モモちゃんのお鼻真っ黒でツヤツヤだね!

チーズママさんへ * by miyu
こんにちは、忙しい日々を過ごしているのですね、お疲れ様。
私はこのところ暇で・・いいのか悪いのか・・(笑)
モモの鼻、最近は黒いのです。以前はどんどん色が抜けてしまい
カサカサボロボロだったのが嘘のようで・・こんな小さなことも
実はとても嬉しい私です、ありがとう♪

5月11日
水分摂取量、9日203(フード89、飲水114)10日146(91、55)
まさか冬に逆戻りしたような寒さになるとは・・天気予報を見たのは
モモをバリカンでカットした後でした・・なんてタイミングが悪い・・(笑)
先日の真夏日から、一転して雪が降ったという北海道のニュースを
見たときは、こういう気温差が体調を崩す原因になるから気をつけて
過ごさないと・・と思ったのに。カットした9日は、ちょっとすっきりした
モモに「さっぱりしてよかったね♪」と声をかけ、雨も本降りになった
10日には「かわいそうに・・」とセーターを着せる、モモは迷惑(笑)
いつも左右が揃わないので、今回は切らずにそのままにした耳が
ちょっとだけあったかそうで、私の後ろめたさも半減、助かりました。
ボサボサの時は気がつかない、身体のあちこちの細かいチェックが
できるのはありがたいのだけれど、ユーウツの種が増えるので、正直
気が重い作業でもあります。今回見つけたユーウツはモモの足2本。
ほとんど床につかない前足の代わりに、常に酷使されるのが後ろ足
それも原因なのだろうかと思うほど、肉球のあちこちが赤くなって
何ヶ所かはかさぶたになっていました。クッシングになる前からあった
指の間の血豆のような部分も、指が変形してきているのか、左右の
薬指の爪がくいこんでいます。何か対策を考えないと・・
クッシングに限った話ではありませんが、副腎皮質ホルモンの異常は
骨にも影響が出やすいと言われていますから、モモのように2本足に
負担がかかる歩行状態では、尚更注意も必要ですし、生活していく
上で、このことも大きな課題になってくるかもしれませんね。

カット直後は「次は何をされるのか・・」と不安そうでしたが
DSCF2277.jpg

もう終わりだとわかったのか、急に笑顔に(笑)
DSCF2279.jpg

しばらくしても、目が合うとまだ笑顔・・
細長い顔になって・・写真もボケて・・まあいいか(笑)
DSCF2282.jpg




* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

こんにちは * by スマイル
今日はコタツに入ってます。
面白いネタを仕入れました(^^)v

こんにちは * by pikasiro
モモちゃん笑顔でかわいらしいですねえ。おとなしくカットされているようでうらやましいです。

嫁の実家のマルチーズ、今朝ぼさぼさの毛を切ったげろうとしましたら、本気で噛んできたので止めました。とんでもないやつです。

* by bimaまま
今日はホントに寒いですねぇ
ビッケには快適の様でハァハァもなく良く寝ていますが
まりは寒いようで布団にもぐりこんでいます(私も…)

モモちゃんの足 肉球にかさぶたですかぁ
薬指の爪のくい込みも痛そうですね
ビッケは足がガクガクしていて…
年のせいなのか それともクッシングのせいなのでしょうか?

不安なお顔も笑顔も どちらもかわいいですねぇ❤

おはよう^^ * by ソラ
モモちゃんの1枚目はほんとにチョー不安げに見えますね。
何されるんでしょうって・・・目が追ってます。。。。
その後はほんとにうれしそうで・・・我が家もミミとなぜか目が遭うと怖いです。突然スイッチが入ったように騒ぎまくり~。
ピッピを踏みつけちゃうので即抱いちゃいますが・・・
早くあったかくなってほしいですね。。暑くはなくてイイですよね(--;

スマイルさんへ * by miyu
コメントありがとうございました。

pikasiroさんへ * by miyu
お久しぶりです。モモは私には従順ですが、他の家族は毛をとかすのも無理(笑)
相変わらず元気いっぱいのマルちゃんですね(笑)「とんでもないやつ」
という言葉の裏にある大きな愛情が、文面からよ~くわかりますよ(笑)

bimaままさんへ * by miyu
ビッケちゃんやミッキーちゃんは寒さに強いですよね
何かクッシングと関係あるのでしょうか
モモはまりもちゃんと同じで丸まっていましたが・・(笑)
足のガクガクは、やはり筋肉が弱ってきているのでしょうか
モモも、頼りの後ろ足が時々もつれてころんでいますよ・・顔から(笑)

ソラさんへ * by miyu
モモの不安な顔は、私が「よしやるぞ!」という怖い顔をしてるからかも・・
驚くほど私の顔色を伺う子で、何だか不憫です・・(笑)
そうですね、あったかいのが1番。ずっと春のままだったら・・と思います。

5月13日
水分摂取量、11日187(フード92、飲水95)12日162(87、75)
12日の夜、突然モモが悲鳴のように鳴きました。びっくりして抱き上げ
落ち着いたと思ったら、同じようにもう1度「キャイ~ン」と。物音がした
わけでもなく、寝言でもないし、吠えたのではなく鳴いたのが気になり
すぐに全身をチェックしました。どこにも異常はなく、それっきりでしたが
デソパン投与後1時間ほどだったのと、近づく台風の低気圧の影響で
風が強かったことで、身体に何か起こったのではないかと思ったのです。
以前も、お天気の悪い日にモモの様子がおかしくなり、足の痛みでは
ないかと疑ったのですが、その時でさえ鳴き声をあげることはなかったし
多分、こんなモモの声を聞いたのは初めてだと・・。一緒にいた息子も
驚いたのか、飛び上がってモモに駆け寄るくらいでしたから・・。
「痛いの?」と聞いても、モモが答えるわけはなく・・しばらくは抱いたまま
途方にくれていました。こんな時、自分の無力さを実感しますね・・
そして、私が不安そうな顔になるせいか、モモがかえってよそよそしく
なり、抱いている私の手から降りようとするのです。これじゃいけないと
気を取り直し「大丈夫、大丈夫!」と笑いながら、説明はつきませんが
モモの首筋に噛み付きました、ガウガウと・・私が、です(笑)こんな時は
まず私が落ち着いて・・と思ったのですが、それがなぜ噛み付くという
行動になるのかは・・まったくわかりませんが、モモも安心したのか(?)
腕の中で寝てしまいました。あの時の私、きっと母犬だったのかも・・(笑)

新処方になったTLCを開封したので比べてみました。思っていた以上に
変わりましたね・・粒の大きさも色も、においも、まったく別のフードみたい。
モモには、そのままだと今まで以上にのどに詰まりそうな大きさなので
ふやかさない時は、1粒ずつ与えるしかないでしょう。ただ、前の物よりも
きめが粗いというかザラザラした感じなので、水分の吸収は早く、すぐに
ふやかすことができそうです。そして、モモはどちらでもいいようです(笑)

左が旧処方、右が新処方、どちらも5グラムです。
DSCF2286.jpg

旧処方、粒が小さめで色も茶色でした。
DSCF2288.jpg

新処方、粒は大きく色も濃いので、見た目は、以前モモが食べていた
ヒルズの旧w/dに似ているかも・・
うまく説明できませんが、においも前のとは違うように思います。
DSCF2287.jpg


ゆうべは迷ったのですが、いつものようにシャンプーしました。
困ったような顔をして・・やっぱりちょっと元気がないかなと思ったけれど
DSCF2291.jpg

「さて・・ご飯でも・・」と言ったら、たちまちこの表情(笑)大丈夫♪
DSCF2290.jpg



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (16) * Trackback : (0) * |

* by ミッキーママ
モモちゃん 大丈夫ですか?
どうしたのでしょう。。。
こういう時 言葉が話せたらなぁっていつも思います

フード 随分大きさが違いますね
お味も違うのでしょうかね^^
ミッキーはまだお腹が緩いので 
胃腸の弱い子用のフードをお試し中です
こだわりのない子なので 食べれることが嬉しいみたいです^^
ごはんを待つモモちゃん とっても嬉しそう^^ 

おはようございます♪ * by うたこママ
ほぼ毎日、可愛いモモちゃんのお顔は見に来ていたのですが、コメントは…久しぶりです…。
miyuさん、昨日は母犬になったのですね♪モモちゃんはガウガウで落ち着いたのですね~!とっさの行動…母は強しですね!!
報告です。4月半ばに、5才前後の女の子マルチーズの“まりんちゃん”里親になりました。(正式譲渡は5/15です)
そして、ブログを始めました。初めてなのでドキドキです(笑)
なかなか…うたこちゃんの事が書けなかったのですが、昨日…泣きながら…1つだけ書きました。思い出すと、やっぱり泣けてきますね~(泣笑い)
うたこが亡くなって…すごく気持ちが不安定で…どうしようもなく涙ばかりでていた時に、miyuさんのブログに出会い、可愛いモモ
ちゃんの笑顔に癒され、コメントをさせてもらう事で、だんだん気持ちが落ち着いたんです。ありがとうございました♪♪
うたこの事はボチボチ書いていこうと思います。
これからも、モモちゃんにあいに来ますね♪
よろしくお願いします♪

* by bimaまま
モモちゃんの悲鳴 なんだったのでしょうか?
大丈夫ですかぁ?
答えられないのはわかっていても
「どうしたの?」「痛いの?」などと聞いてしまいますよねぇ

ごはんはずいぶん変わったのですね
大きさも違うなんて!
でもモモちゃんはどちらでも大丈夫で良かったですね
ビッケもまりもごはんが変わっても
変わらず食べそうです
とにかくすごい食いしん坊ですから!
モモちゃんの笑顔はホントにかわいいですね
すご~いニッコニコ!!

* by くみ
こんにちはです~^^
モモちゃん鳴いちゃったのですか~
何か怖い思いでもしたのでしょうかね~
but・・・モモちゃんの笑顔とっても素敵ですね。(*^o^*)
フードも色々あり、大きさもあるのですね。我が家は食いしん坊で
大きくても、小さくても関係なく飲み込んでしまうのです。
トホホ・・・(>_<)困ります。。。(^^:;

こんにちは♪ * by やな♪
急に鳴くのはビックリしますね(^o^;) そういう鳴き方は痛い時しかしないはず、だけど痛い所が分かれば苦労しないで済むのでしょうけどネ(@_@)。その後は痛んでないですか?
でも一番ビックリしたのはmiyuさんの‘噛み付き’でした(笑)

ミッキーママさんへ * by miyu
はい、モモは大丈夫です♪こんな時、モモが何を訴えているのかわかったら
どんなにいいだろうと思いますね。ミッキーちゃんも、食べられるようになり
本当に良かったですね、ご心配だったでしょう・・。
病気だと色々なことがありますが、お互い頑張りましょうね♪

うたこママさんへ * by miyu
いつもモモを見に来てくださってありがとうございます。
まりんちゃんを迎えられたとのこと、とても嬉しいです、良かったですね。
うたこちゃんと同じように、ママさんのもとで大切に愛してもらえる
幸せなワンちゃんがまた増えたということですから。
ブログも始められたとのことで、こちらもおめでとうございます。
嬉しいお知らせをありがとう、これからもよろしくお願いします。

bimaままさんへ * by miyu
今日の様子から、やはり前足が痛いのではないかと思うのですが
モモは元気にしてます。でもこんな時、ワンコの心が読めたらなあと(笑)
クッシングによる食欲増進のせいかもしれませんが、たとえそうでも
モモがご飯を喜ぶ姿に、私がとても救われていますね・・ありがたい(笑)
これからも、クッシングに良いご飯はないか、あちこち探して頑張りますよ~


くみさんへ * by miyu
こんにちは~。足が痛むのか、昨日からほとんど動かないモモですが
ご飯を楽しみに今日も頑張っています(笑)
ワンちゃんは、ご飯はほとんど丸飲みでも大丈夫らしいですね
くみさんのワンちゃんたちもやはり食いしん坊ですか・・(笑)
モモは飲み込む力も弱くて詰まってしまうので、見ている私がドキドキ
というわけで過保護になって・・これも困ります(笑)

やなさんへ * by miyu
やなさん正解!やはり前足の痛みだったようです。久しぶりに痛み止めの
お世話になりました・・。お天気が良くなれば元気になると思います。
今日は噛み付く代わりに、スリングに入れてお腹にモモがくっついてます。
母犬ではなくカンガルーの親子状態です(笑)

5月16日
水分摂取量、13日199(フード89、飲水110)14日169(90、79)
15日226(89、137)
14日は1日中寝ていたモモ、トイレにもほとんど行かず、水も飲まず
丸くなってソファの上で寝返りをうつだけの姿に、思い切り落ち込んで
何も手に付かず、頭の中で今後のことを考え悩むだけの私でした。
元気な後ろ足に頼って、今はまだ走ることもできるモモですが、いつか
この前足が本当にダメになったら、後ろ足だけでは動けないのでは?
クッシングの病状は投薬で何とかなっても、動けない身体でどのくらい
頑張れるのだろう・・などなど・・。こんな日もあるさと、これと似たような
暗い記事を書き、ブログを更新しようと思ったところに、私にゆとりが
ないことがモモには良くないのでは?というご意見をいただき、それも
そうだなと記事を削除してしまいました。確かにそのとおりだと自分でも
思ったのと、あせったりバタバタしている様子を書いても、病気の参考
にはならないと・・。ところが、そうなると書くことがないのですね(笑)
クッシングの参考になればと始めたブログですが、モモの病気と闘う
記録でもあるわけで、自分のダメな部分も含めて、その時の気持ちを
正直に残さなければ意味がないので・・。ということで、私の対処など
気になる部分も色々あるとは思いますが、こういう点は良くないと、もし
感じたら、自分はこんなふうにならないようにしよう・・と思っていただき
私の失敗から何かを得てくだされば幸いです。よく言われている、この
病気は高齢での発症が多いという常識にもあてはまらないモモなので
症状も病状も、わかりやすいクッシングとはいえず、決して参考になる
部分が多いとは私も思っていませんが、こんな場合もあるのだという
一例として、そして、こんな飼い主もいるのだということで(笑)それを
参考にしていただければと願っています。

ついてない日はこんなもの・・写真がちゃんと表示されません
何度やってもダメなのでこのままにします。
1日中寝てばかりだったモモの姿なので・・まあいいか(笑)
追記。写真が直ってる・・良かった
DSCF2307.jpg

DSCF2308.jpg




* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (13) * Trackback : (0) * |

こんにちわ * by うたこママ
うたこは約12才半の時に発病し、クッシングの典型的な症状…多飲・多尿・多食でした。
私はうたこの事を発病後の約1ヶ月位と、亡くなる前の約1ヶ月しか記録に残してなく、それも簡単なメモなんです…。後悔i-241
なので、miyuさんがモモちゃんの事を克明に記してらっしゃる事に感動しました。
これからも、ありのままのmiyuさんのブログ応援していますi-179


管理人のみ閲覧できます * by -

うたこママさんへ * by miyu
私も、モモの異変に気がつく3歳直前まで、記録どころか写真さえほとんどなく
何も知らない飼い主で・・。クッシングのおかげで得られたものはとても多く
たくさんの出会いもその1つだと感謝しています。
うたこちゃんにも感謝です、どうもありがとう♪

* by Meg
こんにちは!

遊びに来てくださってありがとうございます。

確かにオーナーさんの気持ちはワンコに伝染するように
思いますが、感じてしまう気持ちはどうしようもありません。
どこかにはけ口がないとさらに辛くなります。

ブログに書かれることは記録だけでなく、その気持ちを
吐き出す場所であっても良いと自分は思います。

スクウィークはクッシング症と解って約1年半になります。
デソパンの量を増やすこともなくここまで来ていることを
感謝しつつ、改めて辛い病気なのだとモモちゃんの闘病日記
を読ませて頂いて感じております。

がんばりましょう!v-218

○○さんへ * by miyu
「モモや息子にとって私が唯一頼れる親だという気持ち」は持っているつもりです
「何もできないじゃなく、今できることをモモにしてあげたら」これも
自分なりに精一杯しているつもりです。発病から今までの経緯をすべて読まれて
私がモモの病気を嘆き悲しみ、落ち込んで泣いて暮らしているように
あなたが思われたのなら、私の書き方が悪いのでしょうが・・残念です。

Megさんへ * by miyu
モモのクッシング歴も約1年10ヶ月とほぼ同じですが、多少の波はあっても
投薬によって普通の暮らしができていることはラッキーだと思っています。
少しでも長く、この幸せが続くように頑張りたい、というのが今の目標です♪

* by sofia
すごいママだよね、モモちゃん♪
このママのご家族の元へ来るべくして来たモモちゃんだと思います
病気と真っ直ぐに闘う強さを持って・・・
っというか、日々の中で嘆くより闘う生き方が出来るようになっってこられたのだと思います
試行錯誤の日々も乗りこえて、クッシング症候群という病名に捉われず、すべての病いと闘うオーナーに希望を与える
素晴らしい内容のブログだと思ってます
それは切実に心の葛藤をすべて隠さず綴ってこられたmiyuさんの
お人柄ではないかと思います
それに知識豊富もすごいです!
これからもmiyuさんらしくモモちゃんへの想いを
辛い日もあり楽しい日もありで、
いっぱい綴っていって下さい
何万とあるブログ、ここは絶対に後から読んでも為になる数少ないブログだと思います

こんな日も♪ * by naco★
今までと変わりなく、miyuさんらしい場所であってほしいです。
モモちゃんの様子、飼い主としての、時には超リアルな言葉も含めて
miyuさんが頑張ってるなら、と、何度励まされた事か...
未だにそうなんですけどね(^^;;)

感じ方も、思う気持ちも、それぞれで、
どのくらいが強いかなんて、もっとわからないもの。
いろんな気持ちがあるから、いろんな意見も。
自分にはない、気持ちを発見する事も少なからず、断然多かったりするから
時々それも、参考に。
いろんな気持ちは、1歩進む勇気をくれたりしますよね。

不安なんてないわよ~と、言わないmiyuさんだから、ココへ来ています。
遠慮なく、miyuさんのペースでo(^^)o



* by チーズママ
ありのまま・・・このまま・・・嬉しい事も不安な事も。
miyuさんの言葉はいつも正直で優しい、一生懸命でナニクソ~って母の大きな強い愛情を感じています。
「今出来る事を・・・」今日のステキな発見も、今日の恐れも、すべて明日に続いてる・・・miyuさんの言葉は、私だってナニクソ~頑張るぞっ!って思えるもん!!
何せモモちゃん可愛い☆しぃ~~♪
モモちゃん、具合はどうですか?「キャイ~ン」も気になるよね?
アニマルコミュニケーター?だったかな?動物と会話できる人・・・http://tamten.jugem.jp/?eid=344タムテンちゃんン家ではこんな事も・・・でしたよ。信じる、信じない・・・あると思うけどうちも機会があればいつか?と思ってしまいました。
アレを多めに!・・・と気休めみたいなことしか言えませんが、やっぱりアレを多めで!・・・
あと、風水で元気は「東に赤色」ですよ~☆

sofiaさんへ * by miyu
ごめんなさい、何だか気を使わせてしまったようですね・・
深呼吸して気持ちを切り替え、初心を忘れずに頑張りたいと思います。
モモちゃんと桃香ちゃんの運命の不思議に、希望と癒しをもらっていること
とても嬉しく心の支えになっています、ありがとう。

5月18日
水分摂取量、16日239(フード90、飲水149)17日225(90、135)
飲水量が増え、おしっこの回数も増えて、元気なモモが戻りました。
トイレに行くのがつらいから水を飲まない、ということがあるのかどうか
わかりませんが、10~14日まで200を切っていた水分摂取量、天気の
回復と共に増えました。いざとなれば痛み止めのお薬があるという
心強さも、こんな時にはとても助かりますね、今回は2回飲ませました。
ご飯も、またちゃんと両手を床について食べられるようになりました♪
トイレでクルクル回ることも復活したので、痛みは治まったのではないか
と思っています。動物は痛みを隠す習性があるといいますが、モモは
たとえ隠しているのだとしても、かなりわかりやすいかもしれません(笑)
モモの前足が不自由なのは、クッシングによる筋肉の硬化と萎縮による
ものではないかと言われていますが、はっきりと原因が特定されている
わけではなく、読んでいる方が「これもクッシングなのか・・」と不安に
なってしまっては申し訳ないと思い、あまりその状態を詳しく書くのは
控えているつもりなのですが、調子の悪い時は、デソパンの副作用では
ないかと疑うこともあるくらいで、前足を突っ張り、口元がふるえている
こともあります。下の歯を突き出して食いしばっているような感じです。
私には、モモが痛みに耐えているように見えるのですが、はっきりとは
わかりません。最近になって、これは投薬の副作用ではないだろうと
確信が持てるようになりましたが・・。こんな時、痛み止めを与える以外に
できることはなく、その姿を見守るだけなのは正直とてもつらいのですが
今のところ、必ず数日で元気に復活できているので、これからも大丈夫
だと信じています。お天気の変化、低気圧の接近にも敏感になったので
もうすぐやってくる梅雨に備えて、油断せず注意して過ごそうと思います。
フィラリア予防薬、今年は12月まで8回、毎月15日に飲ませることに
しました。忘れないように家計簿にシールも8枚貼って、1回目は無事
終了です。今週はドラメクチン注射はお休みなので、シャンプーの翌日
背中とあごの写真を撮ってみましたが、期待を除いて冷静にチェック
しても、かなりきれいになっているようでホッとしています。

これが17日、かさぶたは範囲も狭くなりポツポツと目立つ程度に・・
DSCF2319.jpg
ちょうどひと月前がこれ、かさぶたがびっしりと密集していました。
DSCF2120.jpg

くすぐったいのか、すぐに後ろを振り返ってしまいます、元気な証拠(笑)
DSCF2332.jpg

解放されてベッドに戻っても、うまく説明できませんが「目が元気」
ご心配をおかけしました、皆様ありがとうございます。
DSCF2335.jpg




* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (12) * Trackback : (0) * |

...ですね♪目が元気(^0^*)/ * by naco★
とりあえず、一安心(^^)

目は、体調の目安になりますよね。
なんだか変な目つきしてるなと思うと、その10分後に緩ーいウ○チをしたり、
熱があったり。

飲水量は、同じクッシングでもインドアなモモちゃんの場合は、
あまりの水分を欲しないのかな?
あーちゃんは、もともと飲水量も少なかったですけど、
あまり歩かなくなってからも、フードをふやかした分を入れても
びっくりする程、多かった日は少なかった様に思います。
治療期間が短いので本当のところ、謎です(^^;)

季節の変わり目、気をつけなきゃですね(><:)

管理人のみ閲覧できます * by -

* by えり
以前、クッシング症の疑いで、検査結果が出る前に伺って、
とても参考になりました。
12歳のメイは、クッシング症ではありませんでした・・・
でも、心不全・肝障害・気管虚脱・頚椎が悪くて、舌麻痺、
いろいろあります。

モモちゃんが、少しでも、痛みや苦しが軽減されるように
祈っています。今日は、とってもよいお顔ですね。

苦しい事や辛い事を書いてのブログだと思いますよ。
私なんて、ワンブログ?と思う時もあるような・・・
どんどん出して、気持ちが少しでも軽くなりますように。

モモちゃんのブログは、迷える者の力になってくれます。
これから、応援にまわりますね。
お体に気をつけて、モモちゃんの看病を続けて下さいね。

* by ミッキーママ
モモちゃん 痛みがなくなったようで良かった
『目が元気』 分ります~^^
後ろを振り返ってるオメメがキラキラしてて
とっても可愛い笑顔です♪

ミッキーは 絶食中にデソパンを休止してたせいなのか
クッシングの症状が進んでるのかは分りませんが
このところ水をたくさん飲みます(1日1リットル近く^^;)
お薬は再開してるのですが ACTH刺激試験は
もう少し経ってからになりそうです

そちらは もう梅雨の時期がやってくるんですね
我が家は待望の?エアコンが付いて これで真夏日がやってきても
暑がりミッキーも快適に過ごせそうです^^

naco★さんへ * by miyu
色々ありがとうございました。
以前、多血と脱水を指摘されてから、多くても少なくても良くないのだと
特に注意するようになりましたね、クッシングには血栓も命取りだそうで・・
すぐに梅雨がやってきますね、私たち人間も体調に気をつけて、
愛犬たちのために元気でいましょうね♪

○○さんへ * by miyu
ブログに書くのは、薬や食事などの基本的なものが中心で、効果の個人差や
良し悪しの感想になりそうなものは控えるようにしています。
「やらないよりやったほうが・・時間があるなら・・いなくなってから等々」
はい、私なりに色々試したり検討したりは、発病以来ずっと続いています。
たくさんの方が読まれることを考えて、私の意見が影響を与えかねないと
その一つ一つについて書くことは、あえて避けていますので、おっしゃるように
時間があるなら、足を気にするより色々試せばいいのに、と思われるのも
当然かもしれませんが、私を含めて、病気の愛犬と共に闘い、色々な情報を
集めてネットの検索をかかさない飼い主さんたちの多くは、あらゆるものに
期待を込めて実践、もしくは検討を日々されていると思います。
人それぞれ効果の感じ方は様々なので、誤解のないようにメール等での
個人的なやりとりで情報交換していることも多いのではないでしょうか
ご自分の愛犬のためにできるだけのことをしている、というのは
とてもよくわかりますし、素晴らしいことですね。
ただ、大変失礼だとは思いますが、「~してますよ」「~したらどうですか」
「私はこうしてますよ」という言い方は、相手にストレスを与え
無用な不安をあおるように感じています。
生意気なようですが、私の正直な感想です、お気を悪くされたらごめんなさい。

えりさんへ * by miyu
メイちゃんがクッシングの疑いから解放されたのですね、良かったです♪
たくさんの症状をかかえて頑張っていることには変わりなく、その毎日は
ご苦労も多いと思いますが、それでも良かったなと・・。
メイちゃんとナナちゃんの元気な姿と幸せな毎日のために
とても頑張っていらっしゃるえりさんご夫婦の愛情がよくわかりました。
病気の愛犬からは、本当に多くの大切なものをもらえますよね
悩みも多いけれど、私たちはとても幸せな飼い主かもしれません(笑)
これからも愛犬のために頑張りましょうね♪

ミッキーママさんへ * by miyu
ありがとうございます、元気になりましたよ♪
ミッキーちゃんの身体で1リットルはご心配ですね・・
でも、クッシングの身体で膵炎を患い、こんなに短期間で回復したことは
すごいことだと思っています。休薬の影響もあるかもしれないけれど
クッシングの方は、またゆっくりと頑張れば大丈夫♪
暑がりのミッキーちゃんには何よりの強力な味方「エアコン」の登場で(笑)
さらに、今後の快適な生活が期待できますね、良かったね。

* by bimaまま
モモちゃん元気になったようで良かったですねぇ
そうですよね!目を見ればワンの体調が良いのか悪いのか
わかりますよねぇ
ビッケも表情がよくない日は ふらついたり転んだりすることが多いように思います
先日まりがお腹を壊してしまいましたが
その時も「おなか痛い」と言いたそうな顔をしていました
最近の娘たちは良い目をしています♪
モモちゃんも「目が元気」ですね
良かったですぅ!

* by kazu
モモちゃん、調子が戻ったようで安心しました。
キラキラのお目目は元気な証拠♪
今日もクリクリお目目でかわいいです~♪

ブログお引越ししましたo(^-^)

5月20日
水分摂取量、18日229(フード89、飲水140)19日219(87、132)
モモは今日から5歳になります。2週間のつらい入院生活を終えて
退院した日、あの悲しい涙の3歳の誕生日から2年です。去年のように
何とか4歳まで!と、必死で頑張って迎えた誕生日の感動というのは
ありませんが、1日1日を大切にと積み重ねてきた日々の重みは
本当に大きな喜びです。去年と少し違うのは私の気持ちでしょうか
「モモはまだ5歳、もっともっと先がある」そんなふうに思えるほど
今は希望を持っています。今、私のそばに5歳のモモがいる幸せを
一体何に感謝したらいいのでしょう♪・・そんな気持ちです(笑)
いつもモモを見守り、励まし、支えてくださった皆様にも、
本当に心から感謝しています、ありがとうございました。
誕生日
上は発病前、2歳の誕生日のモモです。下は、この闘病記の
始まりになる、膝蓋骨脱臼の手術で2週間の入院生活を終え
3歳の誕生日だった2006年5月20日に退院したモモの姿・・
お祝いどころじゃなかった、悲しい思い出の携帯写真です。


PIC_0107.jpgPIC_0116.jpg

これは去年の誕生日、無事に4歳を迎えられたお祝いとお礼に
お墓参りに行きました。芝生の上で一歩も動けなかったモモですが(笑)
SSCN0575.jpg

そして5歳、クッシングになる前、というより病気が見つかる前よりも
ずっとスリムで可愛くなったと、毎日毎日毎日・・思っています(笑)
私がこんなに幸せなのだから、モモだって今が1番幸せなはず
もっと幸せに暮らせるように、これからも一緒に頑張ろうね
DSCF2337.jpg

お祝いのケーキは、前夜祭と称してママとにいにの2人だけで
こっそりといただきました(笑)いつもモモを見守ってくれている
お仏壇のジジババには、焼き菓子をお供えして報告とお礼を・・
DSCF2366.jpg



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (40) * Trackback : (0) * |

Happy Birthday~モモちゃん * by sofia
モモちゃん、5歳のお誕生日ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆オメデトォ♪
たくさんの想いの詰まった5歳!
ママに希望の光を与えた5歳
ほんとにほんとにおめでと!
この一年も素晴らしい家族に見守られて
心配もかける日もあるやもだけど
6歳のお誕生日にまたママを感激させてあげてねぇヽ(*’-^*)。
大阪からいつもモモたんの事見守ってるからねぇ!
今日はPC前で万歳だぁ!ヾ(*´∀`*)ノ

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ミッキーママ
モモちゃん お誕生日オメデト~(*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・

今 傍にいてくれることが幸せ。。。私も 病気が分ってから 
それまでは 普通にミッキーと過ごしてきた毎日が 
とても大切に感じられるようになりました^^
モモちゃんやmiyuさんとの出会いも大きくて 
日々 励まされています^^
モモちゃん これからも一緒にがんばろうね♪

それにしても。。。わんこは年をとっても
ずーっと可愛いままで とっても羨ましいです(笑)

おめでとぅ~♪ * by chamahime
モモちゃん 誕生日おめでとうv-237

  Happy Birthday to you ~♪
   Happy Birthday to you ~♪
    Happy Birthday to dear Momoちゃ~ん!
  Happy Birthday to you ~♪

「モモちゃんにとって何が一番幸せか・・」をいつも心して過ごされているmiyuさん。
3歳を境に年追う毎にその回答はモモちゃんの笑顔に表れていますね。
6歳へのスタート!
モモちゃんにとっても、miyuさん一家にとっても、たくさんの笑顔が増えますようにv-22


Happy Birthday! * by bimaまま
モモちゃん おたんじょうびおめでとう(^^)v
miyuさんのモモちゃんへの思いがすごく伝わってきます
3歳のお誕生日は辛い辛い時だったのですね
4歳そして5歳になって「5歳のモモちゃんがそばにいる」って
なんだかグッときちゃいました
どう言ったら良いのか・・・なんかすごくわかります
これからももっともっと幸せに過ごせますように・・・
ミッキーママさんのコメントにもありましたが
私もmiyuさん・モモちゃんと出会うことができて
すごく励まされています
ミッキーママさんも紹介して頂き 感謝しています
これからもよろしくお願いします

♪モモちゃん お誕生日おめでとう♪ * by うたこmama
♪・・胸がイッパイになって…すごくあったかい気持ちになってます…なんだか、涙もでてきたりして・・あったかい涙ですよ♪♪
モモちゃん♪素敵なお誕生日だね♪♪
“可愛いモモちゃん♪5歳おめでとう”です。

ブログは少し前から拝見しています * by 専業主婦
はじめまして… モモちゃんお誕生日おめでとうございましゅ(@^^)/~~~ 元気で迎えられて良かったね 我が家もモモちゃんと
全く同じ誕生日で5歳を迎えたマルチーズのホワイティ♂去勢済
が居るんですよ 心雑音があるということで悪化しないようにと
予防薬エースワーカーを毎日飲んでいます。

* by チーズママ
☆彡☆彡☆彡☆彡♪( ^o^)お誕生日おめでとう(^-^ )♪☆彡☆彡☆彡☆彡
昨夜は12時まわったら、おめでとうコメント入れようと思っていたのに、寝ちゃいました<<o(>_<)o>>今から仕事で帰宅後だと日が変わってしまうかも…と携帯から、おめでとうです♪
後でPCでモモちゃんのお写真拝見しますね!
◎♪◎HAPPY5才◎♪◎

* by くみ
モモちゃん~♪ お誕生日おめでとうございまぁす!!
miyuさんママさんも、モモちゃんのプログ見て下さっている皆さんも心から喜んで下さっておられる事と思います。
モモちゃんの笑顔に元気もらえて助かっています。
モモちゃん~!どうも有難うです。 (^_^)

* by えり
モモちゃん、5歳のお誕生日おめでとう!!
おめめが、くりくりで、とってもかわいいモモちゃんね。

そして、miyuさんもおめでとうございます。
お祝いができて、とてもうれしいですね。。。
私もモモちゃんとmiyuさんに出会えて、とてもうれしい!!

5月22日
水分摂取量、20日263(フード89、飲水174)21日241(87、154)
5回目のドラメクチン注射に行きました、隔週になって最初です。
背中のかさぶたがどんどんきれいになって、この数日間とても嬉しくて
この分なら、最初のニキビダニ(アカラス)発症以来、一度もなくなる
ことのなかったかさぶたが、もしかしたらきれいに消えるのでは?と
心の中では少し(実はかなり)期待していました。ところが誕生日の夜
かさぶたの中に赤い湿疹を1つ見つけてがっかり、この中にニキビダニが
いるのかもしれないと思ったら・・シャンプーの時に「ブチッ」っとそれを
つぶしてしまいました。つぶした部分にサリチル酸シャンプーを2回も
すりこんでゴシゴシ・・だけど後で反省、できてしまったものは仕方ない・・
前夜私がブチッとつぶした湿疹を、今度は先生がブチッとつぶして(笑)
血が出たその部分をテープ検査、虫はいませんでした・・が、抗生物質の
再開となりました。今度は2週間分、朝晩2回きっちりと飲むことに・・
虫は見つからなかったので、次の注射はまた2週間後でいいとのこと。
先週体調を崩したことで、抵抗力や免疫がまた下がってしまったのかと
ちょっとがっかりもしましたが、後戻りしても、また根気良く治療すれば
いいのだから大丈夫、と気を取り直し、ハアハアのモモと元気に帰宅(笑)
はりきっていた5歳のスタートは、デソパン朝夕6時の2回、甲状腺ホルモン
昼夜12時の2回、ミノマイシン朝晩どちらかと一緒に2回、計6回の投薬で
頑張ることになりました。シャンプーも、まだ当分週2回のままですね。

これがミノマイシン再開の原因・・アカラス治療中でも、免疫低下による
感染症は、弱った皮膚をねらっているので十分に注意が必要だと・・
DSCF2373.jpg


こんな日は、誕生日の夜食直前のモモ「ヤケクソのお手」でも・・(笑)



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (16) * Trackback : (0) * |

まずは... * by naco★
モモちゃん、おたんじょうびおめでとー♪
の~んびりなおばちゃんでごめんよぉ(笑)
幸せな1年になりますように。

赤い憎たらしい奴、ちょっと悔しいですね(><)
1つ1つやっつけて、前進ですっ!
それにして、モモちゃんのご飯の様子(^0^)
とってもかわいいんだけど...なんか笑っちゃいます。
あーちゃんも同じく(笑)やけくそのちょうだい攻撃が、超高速でした(^^;;)










* by マナママ
ももちゃんの夜食前の「ヤケクソのお手」
とっても可愛いですね
少しでも早く食べたいのがよ~くわかります

家でもマナはお手は両手一緒にやってくれます
でもリコはまるっきりお手はできないんですよ 笑

* by けい
miyuさん、こんにちは。
モモちゃんの様子、かわいらしいですね。
我が家のワン達も食事の前のお座りやお手は、やけくそ状態です(笑)
病気の疑いがあるレミーですが、皮膚の炎症、耳の炎症、次から次へと症状が出て、毎週病院通いです。
症状が少しでも治まることを祈りつつ・・・毎日過ごしています。

うわっ♪ 可愛い♪♪ * by うたこmama
可愛くて何回も見ちゃいました~♪(笑)
「よしっ♪」の後のモモちゃん、夜食へダッシュでしたね♪


naco★さんへ * by miyu
どうもありがとう。
誕生日を迎えた満足感に、「油断大敵!」と喝を入れられ(笑)
また一歩一歩前進・・それが闘病ということなのだと・・
だけど、ご覧のようにモモは元気です、それが今の私には何より(笑)
nacoさんもゆっくりゆっくりね、応援していますよ~♪

マナママさんへ * by miyu
いつもはもう少し落ち着いているのですが・・(笑)
前足の調子が良い時は、こんなふうに病気とは思えない姿も見せてくれ
普通の元気なマルチーズみたいで、それが嬉しい私です♪

* by チーズママ
5歳のモモちゃん、いい笑顔~本当に一緒に大変な事も経験しているって事が、より親密な関係になってるんですよね。・・・だから笑顔もステキになっていくし、嬉しさも感謝も!ですね。
「やけくそお手」はめちゃめちゃ可愛いです。☆☆☆☆☆5つ☆ですよ!連続リプレイですよ~。チーズもご飯の時は、メチャメチャ機敏にもち芸披露です。

けいさんへ * by miyu
ご飯の前はみんな一緒ですね(笑)
それまでの環境を考えると、レミーちゃんの身体に起こる様々な症状も
本当に不憫でなりませんね・・やっと、幸せに暮らせる家庭を得たことで
身体の方も、元気になってくれることを祈っています。
だけど・・けいさんのもとに引き取られたことが何よりの幸運ですから
きっと大丈夫!ゆっくりゆっくり頑張って下さいね♪

うたこmamaさんへ * by miyu
時にはこんな元気な姿も見せてくれるので、何があっても頑張れます♪
まりんちゃんの豪快さ(笑)を目指して、モモにも頑張ってもらわないと・・

チーズママさんへ * by miyu
普通にお座りができなくなった時、二本足で立ったまま「お手」するように
なるなんて夢にも思わなかったので、可愛くて可愛くて・・(笑)
こんな姿が、モモの体調を知るバロメーターにもなっているので
見守る私たちは、我を忘れて感動の嵐です(笑)

5月26日
水分摂取量、22日255(フード84、飲水171)23日285(88、197)
24日241(88、153)25日238(88、150)
この1年ほどは、ブログにも、モモとの生活の記録を中心に書くことが
多くなり、病気についての詳しい記事は減り、自分の意見も控えるように
なってきたように思います。調べたけれど、記事にしようか迷っている事も
事情があって書けないことも、いくつかそのままになっています。自分の
書くことが、参考になる以上に、不安をあおる結果になってはいけないと
自分自身がその怖さを知ったからですが、十分に注意しながら、あくまでも
参考として残せるように努力は続けていきますので、不安に思われる部分が
あるかもしれませんがお許しください。クッシングについて夢中で調べていた
去年の3月に「クッシングと診断されたら」という記事を書いた後、ずっと
その後も調べ続けていたことがあります。なぜ治療が必要なのか?です。
クッシングの症状はいくつかありますが、個々によって状態は様々ですし
具体的な治療の目的も、改善が必要な症状があるかどうかにもよります。
だけど、クッシングと診断されて気になることとして、このまま治療しないと
どうなってしまうのか?クッシングの犬の最後はどうなるのか?このことは
私もずっと知りたくて、それが「なぜ治療が必要か?」という答えでもあると
思っていました。闘病生活の中で少しずつわかってきたこともあります。
免疫が低下して様々な症状が出てくる、コルチゾールが増えると内臓にも
悪影響がある、その結果、身体に色々と不都合が起きるだろうと・・
「最終的にこうなってしまう」という明確な答えが獣医から出てこないのも
それくらい内分泌の病気というのは、どこにどう影響するか、先が読めない
難しいものなのだから仕方ないのかもしれない、そう思っていました。
ところが、先日ネットの医療相談で、めずらしく明快にその疑問に答えている
ものを見つけました。「クッシングの末期症状について」という質問に対しての
獣医の答えです。勝手にですが、その部分をそのままコピーします。
「コントロールしなければ、筋肉量(横隔膜)低下、肝腫大による呼吸の悪化、
心不全、膵炎、糖尿病の併発、皮膚状態の悪化等による全身状態の悪化が
すすんでくると思われます。癌で下垂体、副腎が大きくなってるならば転移を
起こす事も考えられるでしょう。クッシングには現在のようなトリロスタンによる
内科管理と下垂体切除による外科治療があります。」
多分この答えは、今現在のクッシング治療についての獣医の参考資料等による
模範的な回答なのだと思いますが、具体的に何が起こる可能性があるのかを
比較的わかりやすく説明されていると感じました。ただし、回答された先生が
現実にクッシングの犬の治療経験があるかどうかはわかりませんが・・
なぜなら、完治はないと言われるクッシングですが、投薬でコルチゾールを
コントロールする以外に効果的な治療法は今のところなく、たまに今回のように
下垂体切除や副腎摘出などの外科的処置も・・とありますが、現実には
それらを積極的に臨床で行っているという病院はほとんどないようです。
獣医のための研究論文や症例発表、外国の文献などには見られるので
こういう方法もあるようですが・・と説明を受けることもあるかもしれませんが
実際に「手術してほしい」と飼い主が願い出たとしても、即手術はもちろん
それができる病院を紹介してもらうことも、してもらうのも難しいのでは・・と。
大型犬の副腎摘出はそうめずらしいことではないとも言われていますが
小型犬では手術も難しく、危険も大きいとか・・。副腎摘出後のホルモンの
コントロールも容易ではないそうです。下垂体に関しては大小にかかわらず
犬の摘出手術は一般的ではないそうですし・・。一部の高次医療施設や
大学病院などでは、実験的に行われていると聞いたことはありますが
非常に危険度の高いもので、クッシングが高齢に発症の多い疾患ということ
からも、そこまでの危険を冒してまで手術を望む飼い主はいないのかも
しれませんが・・。モモはもうすぐクッシング歴も2年になり、たくさんのお仲間と
知り合うことができましたが、副腎摘出や下垂体切除などの外科的治療を
受けたことがあるというお話は、私も今までに1度も聞いたことはありません。




* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (25) * Trackback : (0) * |

回答は出ません・・・ * by chamahime
御機嫌よう♪ モモちゃん♪♪

今日のお話を見て、確定診断を受けた時に「治療しないと治療するの違い」の説明を受けて時の事を思い出していました。
ワイヤーの平均寿命は14才前後です。
マ~ブルは10才での発症でしたので、治療してもしなくても極端に変わる事はないでしょうとの説明もありました。
ただ、多尿によるお漏らしと段差を上れないという生活の質低下がありましたので、生活のQOL向上という意味では十分治療の甲斐があると判断し治療を開始しました。
開始後、数ヶ月で投薬休止となり2年近くになろうとしています。
その間、3ヶ月置きの検査を実施し体内バランスを見ています。
糖尿病・消化器系(肝・膵・腎)の監視と言う事でしょうね。

治療していても、お休みしていても、体への影響は同じ。
何を基準に考えていけば良いのか本当に悩めるところです。

管理人のみ閲覧できます * by -

chamahimeさんへ * by miyu
病気とはいえ、必ずしも治療の選択をすることがベストとは言い切れない
クッシングにはそんな側面もあるように思え、余計に書くことをためらいます
「治療してもしなくても余命は変わらない」とも言われていたり・・
モモが投薬をしていることで、積極的に治療をするのが正しいというのが
私の考えだと思われると、それもちょっと違う・・と、難しいです。
自分の愛犬にとってベストだと思われる方法を、飼い主自身の判断で
見つけてもらえるように、冷静な情報提供を心がけていくこと
それが大事なことだと強く感じています。
今回の記事も、実はこの3倍くらい長かったのですが(笑)必死でまとめて
それでもこの長さ・・。肝心なところを削りすぎ、誤解を受けたかもと
それも悩みの種(笑)文章にまとめるのは難しいですね・・

○○さんへ * by miyu
情報をありがとうございます。下垂体手術については、同じような話を
いくつか私も聞いているのですが、書き方によって良し悪しの判断が
大きく分かれる危険性もあり、いまだに記事にはできないでいます。
人間のクッシングには第一選択肢になっている経鼻下垂体切除(経蝶形骨法など)
や副腎摘出も、日本の獣医学ではまだまだ実験的な要素が大きいのでは?
というのが私の正直な感想です。弱齢で発症し、先がまだ長いモモでも
手術を選ぶことはないだろうと・・。残された寿命を少しでも快適に
幸せに過ごさせてやりたい、飼い主の本音はみんな同じではないかなと
思ってはいるのですが・・。マルちゃんで経験された色々なことを
参考にと教えていただき感謝しています。貴重な情報を役立てられるように
これからも頑張ります、ありがとう♪

* by ミッキーママ
ミッキーがクッシングだと言われた時 
写真や図を使って 詳しく説明を受けました。
でも 治療してもしなくても寿命は変わらない
と言われたことが とてもショックでした。
しかも その薬も高価だと聞いて絶望感が。。。
ただ できるなら少しでも快適に過ごさせたあげたいと
いろいろ検索して モモちゃんのブログに出会い
トリロスタンの存在と価格を知って 希望が持てました。
ビッケちゃんやbimaままさんのことも紹介していただいて 
とても嬉しかったです^^
お薬を飲んで いろいろな症状が少しでも抑えられたら
たとえ寿命が延びなくても これからもミッキーが
快適な生活を送れるように頑張りたいと思ってます

お久しぶりです♪ * by ひめっち
miyuさん、モモちゃん、お元気そうで嬉しいです♪
モモちゃんがクッシングになってすぐの頃に色々メールでお話させていただいた、ひめの飼い主のひめっちですv-343
覚えていただいてますかぁ~?v-356

ひめは相変わらず元気ですよ♪
ここ1年半、病院で相談するような出来事も無く、病気のことを危うく忘れそうな日々ですe-263
クッシングになってから4年ちかく、来月でひめは10才になります。
モモちゃんも、わりと穏やかに暮らせているみたいで、本当に嬉しく思っていますe-319

クッシングの治療・・・。本当に治療と呼べるものは、無いのかもしれませんね、悲しい現実だけれどv-406
下垂体腫瘍の外科手術は、人間でも危険な手術で、切除しても亢進症から低下症になり、結局はお薬でコントロール・・・というのがほとんどのようです。
ホルモンの病気は本当にやっかいですねv-409

クッシングは薬を使っても使わなくても寿命には関係ないと言われていますよね。私の身勝手な憶測ですが、私は関係あると勝手に思ってます。
クッシングはたいてい高齢で発症するので、寿命に関係ないと言われてるだけなのでは?なんて思っています。
人間でも、痛みなどで辛い思いをしながら生きるのと、痛みやしんどさから解き放たれて快適に生きるのとでは、寿命も違うのではないかと思いますしv-360
うちのひめは、コントロールする前と後では、やる気や目のいききさ、遊びにたいする意欲など、全て違います。
きっと、クッシングのワンコをお薬でコントロールされてる飼い主さんは、ほとんどそういった印象を持っておられるのではないかと思うんですが、miyuさんはどうですか~?e-267

ミッキーママさんへ * by miyu
愛犬の治療に期待する飼い主の気持ちは、ミッキーママさんがおっしゃるように
「少しでも楽に過ごせるなら、症状を抑えることができるのなら」
これに尽きると思います。闘病生活の中で、お仲間の色々なお話を聞き
情報を得るうちに、現在のクッシングに関する治療効果や寿命については
獣医の持っている知識とは違和感を感じることも私は増えてきました。
誤解のないように、あくまでも参考として、上手にその思いを残していけたら
きっと何かの役に立つのではと考えているので、そのための努力は
していこうと思います。同じ病気と闘うお仲間たちの病状が、本当に
参考になっています、ありがとう♪

ひめっちさんへ * by miyu
お久しぶりです、もちろん覚えていますよ~。ひめちゃんが元気で良かった♪
発病直後のモモには、改善を急ぐクッシング特有の症状もなかったことで
治療や副作用との兼ね合いで悩みも多く、ひたすら検索と勉強の日々でしたが
多分生まれつきのクッシングだったのではと思われる発病前のモモと、
今現在のモモの姿を比べると、モモには治療が必要だったと思っています
それでも、現在のクッシング治療の常識(獣医の持っている)には
寿命、副作用、治療効果等で、違和感を覚えると共に、データの少なさや
進歩のなさにがっかりもしています(笑)増えているというよりも
見つかりやすくなった病気として、今後への期待も込めて、自分の感じている
疑問や、いただいた情報をいい形で残していきたいと思っています。
近況をお知らせくださりありがとう、とても嬉しかったですよ♪

覚えて頂いてて嬉しいです♪ * by ひめっち
そうですよね~結局はワンコの一番の理解者は飼い主なのだし、飼い主がワンコに合った治療法を獣医と模索していくしか無いですよね。
モモちゃんは両前足の歩行困難、ひめは両後ろ足の筋肉亢進異常による歩行困難と、一般的なクッシングには見られない症状が出ている場合もありますものね・・・。実際それがクッシングの症状なのかどうなのかも不明だし、miyuさんの気持ちは痛いほどよく分かりますv-409
でもでもv-363お互い前向きに頑張りましょうねe-271

またお邪魔させてもらいますe-266


ひめっちさんへ * by miyu
ひめちゃんやモモのような規格外(笑)ケースをはじめ、たくさんの
お話を聞くことができた私の、この2年の経験を無駄にしてはもったいない(笑)
そう思って頑張りますね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。