FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年9月 外が苦手でも幸せ

9月2日
水分摂取量、8月22日208(フード75、飲水133)23日194(75、119)
24日156(75、81)25日172(75、97)26日144(75、69)27日207
(75、132)28日211(75、136)29日202(75、127)30日219(75、144)
31日236(75、161)9月1日216(75、141)
ブログを始めてからこんなに間があいたのは初めてなので、どこから
何を書けばいいのか困ってしまい、更に数日が過ぎてしまいました(笑)
お久しぶりです♪ ゲリラ豪雨に悩まされた日々も、気がつけばもう9月
不安定なお天気はいつまで続くのでしょうね。我が家のある相模原も
落雷に川の氾濫、停電に浸水、花火大会やお祭りの中止と色々あって・・
そういえば近所で殺人事件までありました・・。自宅に、直接雨の被害は
ありませんでしたが、店の自動ドアが壊れました。夏になってから不調で
とうとうダメになったかと思っていたのですが、すぐそばの牛丼の松屋には
エアコンが壊れたと張り紙があり、マクドナルドのドアにも「手動」と紙が・・
お客様に言われて「落雷での停電のせいかも・・」と気がつきました(笑)
以前修理を頼んだ時に、すでに部品もないほど古い自動ドアだと言われ
今度壊れたら、もう新しくするしかないと業者に宣告されていたのですが
借金だらけの我が家には、自動ドアを取り替える余裕はとてもないので
現在管理会社や大家ともめています(笑)壊れっぱなしならいいのですが
夜強い雨が降るとドアが開いたまま閉まらなくなり、管理会社が見に来る
昼間は、雨もあまり降らないので、直っていたりするのですね(笑)
私が店に出る夜に限って、なぜか突然ドアが開きっぱなしになるという・・
それにしても・・店を借りてるうちが、ドアの修理や取替え費用を払うなんて
どうも納得できません、そろそろ私の出番かも・・(笑)

モモは元気にしています。先日、その元気な様子にちょっと油断して
ホームセンターにアキレスを探しに行く時、留守番がかわいそうだからと
一緒に連れて行ってしまい、車中はもちろん、帰宅してからも約2時間
あえぎ呼吸と目も充血、「ハアハア」がずっと続き、水を飲むのも苦しそうで
横になったまま失禁までして・・。さびしくても、家にいればよかったねと
自分の甘さに反省・・モモにとってどうすることが一番良いのか、もっと
私がしっかりしなくてはいけないのです。喜ぶから、かわいそうだから
そういうことだけで判断していたらダメなのかも・・。お墓参りなど遠出の
時はおいていけませんし、病院も仕方ない、だけど買い物に連れて行く
のはやっぱりちょっと考えが甘かったかも・・ハアハアと苦しそうなモモを
見ながら、私自身が「外に出られないのはかわいそう」と思い込んでいて
散歩も外出もできないモモを不憫だと決め付けていたのではないかと
気がつきました。わかっているつもりでいましたが、外に連れて行きたい
のは私の気持ちで、モモが望んでいるのではないのだと・・。ワンコは
みんなお散歩が大好き、外に出るのが嬉しい、そう当たり前のように
思われていますから 「外に出られない=かわいそう」となってしまう
同情されるのは仕方ないとしても、モモの飼い主である私までそれでは
ダメなのですよね、「外に出られなくてもモモはかわいそうじゃない」
まずは私が、しっかり自信を持ってそう思わないと・・
モモは外に行きたいわけではなく、私と離れたくないだけなのですから(笑)

家でのんびりゴロゴロ・・これがモモには1番幸せかもしれません
DSCF2905.jpg

遊び相手は私と・・
DSCF2912.jpg

家族と・・
DSCF2914.jpg

最近はこの子がお気に入り(笑) 「軍ちゃん」です
DSCF2915.jpg




スポンサーサイト

2008年9月 カットして病院 1

9月5日
水分摂取量、2日219(フード75、飲水144)3日255(75、185)
4日212(75、137)
久しぶりにモモのカットをしました。背中のかさぶたがきれいになくなり
黒ずんでいたり赤みがあったりと、まだらな部分もあった全身の皮膚が
ほとんどきれいなピンクになったので、先生にもよく見てもらえるように・・
この夏、暑くてかわいそうなのになかなかモモをカットできなかったのは
実は・・怖かったのです。私は、バリカンを手にするとなぜかハイになり
いつも切りすぎてしまうのですね。体調も崩れてしまうだろうと思うほど
きびしい暑さだったこの夏、万が一モモに何かあった時、もしもそれが
切りすぎて犬種もわからなくなるようなカットをしてすぐだったら・・
そう考えると怖くて・・。2年前、逃げるように今の病院に駆け込んだ時
全身ピンクのミニブタ状態だったモモに、私はとても動揺していました。
心のどこかで「もうダメかもしれない」という不安も持っていましたが
その時に1番つらかったのは、せっかくマルチーズとして生まれてきたのに
こんな毛の無いかわいそうな状態で3歳で死なせてしまうのか、ということ・・
命さえ助かれば・・と思うのが当然なのかもしれませんが、これも本音です。
当時、数ヶ月前・・もっと前からかもしれませんが、トリミングに出すたびに
モモがピンクになっていく薄毛状態に、私は確かに気がついていたのに
それが病気だなんて夢にも思わず、本当にのんきな飼い主だったのです。
クッシングと甲状腺機能低下症の治療を始めてから毛が増えてきたことで
あの時のような恐怖を感じることはなくなりましたが、それでも・・怖い
アカラスがひどかった頃、そしてかさぶたがなかなか治らなかった頃
思い切って背中をツルツルにして、今後の記録に残そうとしたこともあり
その時は治療のことで必死でしたから、こんな姿で・・なんて不吉なことを
考える余裕がなかったのかもしれません。今、モモが元気でいるからこそ
毛がたくさんある、今の姿を守りたいという気持ちにもなるのでしょうか・・
本当に真っ白で、ツヤツヤ、フワフワの毛並みの最近のモモ、親バカですが
ごめんなさい(笑)もったいなくてもったいなくて・・バリカンをにぎる手が
ためらってばかりなのですね(笑)というわけで・・相変わらずの長話になり
通院のことまで書けなくなりそうですが・・申し訳ありません・・。
このような事情で、自分をセーブしながらカットしたつもりですが・・やっぱり
マルチーズらしいカットはできませんでした、素人だし・・(笑)

これが私の恐怖の始まり・・最後のトリミング直後、モモのミニブタ姿です
当時、モモの写真を撮ることなどほとんどなかったのに、ショックと不吉な
予感で思わず携帯のカメラを向けた私、小さな画像で幸いでした。
大きな写真では見たくないですね・・トラウマが復活しそうだし・・
それにしても・・生後すぐからずっとお願いしていた前院のトリマーさんは
トリミングのたびに、どんどん薄毛になっていくモモの姿に、おかしいとは
思わなかったのでしょうか・・これ以来、モモのカットは自分でしています・・
(2006年5月 3歳0ヶ月)
PIC_0114.jpg PIC_0118.jpg

これは今回、カット前夜のモモ、シャンプー直後でハイテンション(笑)
こんなに毛がフサフサなモモの姿に、私も感無量・・
DSCF2923.jpg
DSCF2925.jpg
なんでこんなに話が長くなってしまうのでしょう(笑)
カット後の写真と通院の話は次回にしますね、ごめんなさい・・




tag : クッシング 薄毛 脱毛 甲状腺機能低下症 アカラス ニキビダニ

2008年9月 カットして病院 2

9月7日
水分摂取量、5日226(フード75、飲水151)6日232(75、157)
前回からちょうど3週間目に、11回目のドラメクチン注射を打ちに病院へ。
初めてアカラスを発症した時よりも長い5ヶ月目、注射の回数も今回で
並びます。4月に虫の死骸が見つかり、様子を見ながら数回・・という
お話でしたが、こんなに長く注射を続けることになるなんて・・(笑)
それでも悲観していないのは、今までと違って、きれいにかさぶたが
消えたから。初めての時は、たった3ヶ月で再発してしまいましたしね・・
モモの背中の皮膚を見た先生は、今日と次回で注射は終わり、その後
様子を見ましょう・・と。クッシング同様アカラスも、完治はない病気だと
言われています。免疫が落ちればまた再発することは覚悟しないと・・
だけど、今までと違ってかさぶたが残っていないので、気をつけていれば
皮膚の変化も見つけやすいのではないかと期待しています。クッシングと
アカラスは仲良しですから、上手に付き合っていくしかありませんね。
少し増やすように言われている体重が3.1キロで、思わず「もう1回!!」
現在、フードを1日10グラム増量しているのにあまり変化が見られず
実は、診察を待つ車の中でフードと水を与えてしまった・・(笑)家を出る
前に3.2キロだったのに減るわけがない(先生には内緒)もう1度はかって
今度は3.3キロでした(笑)あと100グラムも増えれば・・とのことでしたが
「食後に3.5キロ」を目標に、もう少しの間、頑張りたいと思っています。
体重測定前に増量目的で食べさせるというズルをしなくてすむように(笑)
モモのハアハアというあえぎ呼吸についても相談してみました。心臓に
負担が大きいのでは?と気になっていると言うと、クッシングの症状だと
思うけれど、お薬で止めるわけにもいかないしねえ・・と。外出のたびに
こういう状態になるのなら、病院以外の外出はなるべく控えるしかない
でしょうとのこと。先生に聞くまでもなく、それしか方法はないのですよね。
ついポロリと「外に出なくても、この子かわいそうじゃないですよね・・」と
言ってしまったのですが、先生は笑って「そんなことはありませんよ」と。
やっぱり私の方に問題ありで「モモと外に行きたい症候群」なのでしょう・・

カット直前のモモ、暑い暑いと言っているようですね(笑)
DSCF2928.jpg

カット後、こうやって見るとあまり変わっていないようですが・・
DSCF2948.jpg

立ち上がるとこの通り(笑) あちこちギザギザになってしまいました
でも・・これ以上やると、私の中のスイッチが入ってしまうので終わり(笑)
DSCF2936.jpg




tag : ドラメクチン アカラス クッシング ニキビダニ 注射

2008年9月 アカラス治療の記録

9月9日
水分摂取量、7日221(フード75、飲水146)8日216(75、141)
先日、モモのカットをしながら「あれっ?」っと思ったこと。去年の1月に
気がついた両側のリンパ腺の腫れ、どうしても気になり、何度か先生に
聞いてみたこともありましたが、クッシングによる免疫低下のため、色々な
ものと闘っているモモの身体では、原因を特定したり突き止めることに
あまり意味はないようで、いつの間にか私も気にならなくなっていました。
それでも、シャンプーや目薬、カットのたびに時々触って確かめたりは
していたのですが・・私の親指の頭くらいだったはずの腫れが消えた?
いつから消えていたのだろうと、記憶をたどってみてもわからない・・
今回の、念には念を入れての長いドラメクチン注射治療が功を奏して
あれほど頑固に残っていたかさぶたと共に、リンパ腺の腫れもなくなった
ようです。と言うことは・・初めて腫れに気がついた時期とも一致するので
やはりアカラスが原因だったのでしょうか。今まで2回の治療終了時には
かさぶたもリンパ腺の腫れも残っていましたから、ほんの数ヶ月で再発
してしまったのかもしれません。クッシングの身体への影響も考えての
今までのアカラス治療でしたが、今回のように「これでもかっ」というくらい
続けたことが、結果的に、1年9ヶ月の間、決して消えることの無かった
アカラスの痕跡を、ここまできれいにしてくれたのかもしれませんね。
もし、モモのようにクッシングでアカラスを発症してしまうことがあったら
体調や様子には十分気をつけながら、ここまでしなくても・・というくらい
しっかりと治療することをおすすめします。免疫の落ちている身体には
普通以上に、効果がわかりにくく現れにくいということもありますから・・
と言いながら、もし、モモがすぐにまたアカラスを再発してしまったら・・
その時はごめんなさいね(笑)

気持ち悪い写真ばかりで申し訳ありませんが、今までにアカラスを3回
発症した、その治療経過を残したいと思います。

アカラス(ニキビダニ、毛包虫)は、ほとんどが母子感染によるもので
ほとんどの犬が持っているとも言われていますが、健康な犬では
ほとんど発症することなく一生を終えるのだとか・・。免疫の力ですね。
クッシングの場合、コルチゾール増加によって身体の抵抗力が落ち
免疫力も弱ることで発症につながる場合があるようです。治療には
イベルメクチンの服用、ドラメクチン注射、アミトラズ(有機リン系農薬)
の薬浴などが一般的らしいです。モモのようにひどい湿疹やかさぶた
になることもありますが、顔や手足の脱毛だけという場合も多いとか。

 ドラメクチンは牛や豚用の駆虫剤だそうですし、アミトラズは農薬
皮下注射や薬浴で使用するといっても身体への影響もやはり心配です
幸いモモは大丈夫でしたが、経過観察は慎重に・・

モモは先生にすすめられて「サルファサリチル酸シャンプー」も使用
SSCN1276.jpg


2006年12月、あごの下の湿疹から始まり、突然背中にできた1個が
細胞分裂のように毎日2個、4個と増え、その4個が1つにかたまってやぶれ
大きなかさぶたになりました。テープ検査でニキビダニを発見、この時やっと
毛包虫、アカラスなどとも呼ばれる病気だとわかりました。(2007年1月)
たった3日でぐちゃぐちゃのかさぶたになりました・・すごい増殖力です
pic_0373.jpgpic_0374.jpg

イベルメクチンの服用で効果が見られず、ドラメクチン注射による治療に変更
サルファサリチル酸シャンプーも同時にスタート。注射は週1回、2ヵ月後。
20070317132138.jpg

時々細菌による湿疹もできるため抗生物質も飲み続ける
3ヶ月目から注射は2週間に1度。これは3ヵ月後。
初めてのアカラス治療は4ヶ月間、計11回の注射で終了。
20070419102632.jpg

2007年8月の状態。アカラス再発ではないと言われていましたが
かさぶたは残ったまま、皮膚も赤みが増し、あやしい・・と不安も。
ミノマイシンによる抗生物質服用で様子を見ることになりましたが
白いフワフワの毛で、先生は状態がちゃんと見えていないのでは?
と思った私、思い切って背中をツルツルに剃ってしまいました(笑)
この2週間後、「虫発見」でアカラス2回目の発症となる。
SSCN1246.jpg
SSCN1248.jpg

2007年9月の状態、びっしりと細かい湿疹があり、赤みも強い。
特にリンパ腺の腫れがひどいことが気になり、先生によくわかるよう
思い切ってあごと首周りもツルツルにカットしてしまいました。
SSCN1294.jpg
SSCN1293.jpg

ドラメクチン注射2回目、再発のせいか注射の効果が現れるのが早く
感じ、甲状腺ホルモンの投与も始めていたおかげか発毛が早い。
200709072225000.jpg
上の写真から2週間後、良くなっているのか、それとも毛が増えて
目立たないだけなのか迷っていた頃
20070918141620.jpg
思い切って剃ってみると・・やっぱりまだまだ・・
DSCF0086.jpg

注射が2週間に1度になった9月の終わり、赤みも引いてひと安心。
DSCF0135.jpg

治療期間2ヶ月、注射回数も初めの時の半分で治療が終了。
だけどやっぱり残っているかさぶたが気になっていました・・
DSCF0228.jpg

2008年1月の状態。気になって時々写真に残していたかさぶた
しっかりと毛が生えているので目立たないのですが・・
今思えば、常に再発の恐怖におびえていたような気がします。
逃げてるだけじゃダメだと、皮膚に良いと言われるサプリ
ビアクタンプラスを飲ませ始めたのもこの頃でした。
効果は・・モモにはなかったかも・・2ヶ月で中止。
DSCF1303.jpg

2008年4月、3度目のアカラス発症。ただし、テープ検査で
見つかったのは虫の死骸のみ、このことから、抗生物質(ミノマイシン)と
数回のドラメクチン注射で大丈夫ではないかと言われていました。
DSCF2125.jpg
DSCF2120.jpg

2008年5月、ドラメクチン注射4回目の頃。治療の効果は出ていましたが
時々ポツンとした湿疹もできることから、まだまだ注射は続行。
DSCF2258.jpg
DSCF2260.jpg

同じく5回目の注射の頃、目に見えてきれいになっていました。
DSCF2319.jpg

時々できるこんな湿疹を理由に、ミノマイシンも注射も、先生が
「もういいでしょう」と言わないようにけん制しながら、おおげさに
困っていると訴えていた私(笑)ある意味必死でしたね・・
DSCF2373.jpg

2008年6月、アカラスも3度目ですが、ここまでかさぶたがきれいに
なったのは初めてで、もしかしたら、本当にかさぶたがなくなる
かもしれないと期待し始めた頃。ここで注射をやめてなるものかと・・
DSCF2433.jpg

ドラメクチン注射7回目。針の先ほどになったかさぶたを探しながら
たっぷりと毛の生えたモモの全身をチェックすることが嬉しかったです。
DSCF2532.jpg
DSCF2531.jpg

ドラメクチン注射9回目。皮膚の赤みもなく、とてもいい状態です。
DSCF2744.jpg
DSCF2739.jpg

現在(2008年9月)11回目のドラメクチン注射を終えたところです。
あともう1回注射をして治療は終了の予定。
DSCF2977.jpg

かさぶたがほとんど目立たなくなってからは、ノルバサンシャンプー
だけで(左上)週2回洗っていましたが
DSCF0684.jpg

同じく成分がクロルヘキシジンで、リンスインのノルバサンよりも
さっぱりとした仕上がりの「クロルヘキシジンシャンプー」に変えて
現在は週に1度のシャンプーにしています。
モモが使っているのは「薬用酢酸 クロルヘキシジンシャンプー」です
DSCF3033.jpg


こんなにきれいになったのに注射を続けているのには他にも理由が・・
時々できるこの血豆、抗生物質の軟膏ゲンタシンで良くなるのですが
このように皮膚の状態が不安定なことも、できるだけ長く、しっかりと
アカラスの治療を・・と、先生が思われた原因なのかもしれません。
DSCF2615.jpg

2008年10月追記
12回のドラメクチン注射で治療は一段落・・の予定でしたが
注射の間隔を、3週間から更に1ヶ月に延ばして継続中です。
かさぶたも赤みも脱毛もなく、見た目にはアカラスの痕跡は
まったくなくなりましたが、もう少し頑張ります。

2008年11月追記
最後はひと月間隔をあけて14回目のドラメクチン注射を打ち
今回の治療は終了しました。治療期間は7ヶ月でした。

2009年2月追記
治療終了後は、週に1回のシャンプーをしながら様子を見ています
シャンプーは、12月からまたノルバサンを使用しています。

2009年11月追記
最後のアカラス治療を終了してから1年が経過しましたが
再発はありません。クッシングの状態も落ち着いているので
そのせいかもしれませんが、皮膚の状態はとてもいいです。
現在は1週間から10日に1度のシャンプーで、ノルバサンの他
ティーツリーシャンプーを使用することもあります。



tag : アカラス ニキビダニ 写真 画像 ドラメクチン 治療 シャンプー 闘病

2008年9月 めずらしい嘔吐

9月11日
水分摂取量、9日196(フード75、飲水121)10日236(80、156)
昨日の朝と夕方、いつものモモとは違う嘔吐が数回ありました。
朝は2回、黄色い液を吐くという、空腹時に時々起こる状態でしたが
すぐにフードを食べて落ち着きました。吐いた後、お腹が「グウ~」と
鳴るのでわかりやすいのですね。夕方は、突然の吐き気のようで
吐きたいけれど吐けなくて苦しそうでした。やっと戻したのは、最初が
白い粘液で次は消化したフードのようなもの、おさまるとぐったりして
しばらくするとまた・・、この状態が30分ほど続きました。すっきりした
朝の表情とはあきらかに違うモモの顔に、ちょっと不安になりましたが
その不安を確かめるためにフードと水を与えてみると、やっぱり・・
フードを見ると顔をそむけるのです、こんなことはとてもめずらしく
お腹が痛いのか、吐き気がおさまっていないのだと思いましたが
こんな日に限って、あと1時間で店に行かなければならないのです。
30分後、落ち着いた様子を見計らって、いつものご飯を用意すると
今度はちゃんと食べました。これでダメなら、今日は店を閉めようと
思っていたのですが、後ろ髪を引かれながら、不安そうな息子にモモを
預けて出かけました。いつ携帯が鳴るかとドキドキしていましたが・・
4時間後に帰宅すると、元気ないつものモモが飛びかかってきました(笑)
しばらくの間まとわりついてゴロゴロすると、驚くほど一気にたくさんの
水を飲み、ガツガツと晩ごはんを食べ、バタンと倒れて爆睡しました(笑)
あ~良かった・・このまま落ち着きますように・・

これは前日の元気いっぱいなモモ、きれいだこと(笑)
DSCF2954.jpg

これは昨日、体調不良が自分でも不安だったのか、表情が違います。
私が帰宅するなり、待ち構えていたようにベタベタ、文句を言っていました
私の足にすっぽりはまったまま動きません・・この格好「あぐら」・・です(笑)
DSCF3008.jpg

ウガウガ、ハアハア・・うるさいこと。寂しかったのね・・わかったわかった
DSCF3010.jpg

そのうち突然寝ちゃったり(笑)
DSCF3014.jpg

ハッとして目を開けると、私がいるか確認・・足の間で寝てるのに・・
DSCF3015.jpg

この後、やっと安心したのか、いきなり水を飲みに行ってしまいました(笑)
ママの太い足に包まれてホッとするとは・・
DSCF3017.jpg




2008年9月 モモが強かったあの夜

9月13日
水分摂取量、11日198(フード80、飲水118)12日231(75、156)
やはり季節の変わり目ということもあったのか・・と思いつつ、丸1日は
元気なくゴロゴロだったモモですが、すっかりいつもの状態に戻り
その後は嘔吐もありません、ご心配いただきありがとうございました。
長い間クッシングの検査をしていないので、いつもと違う様子や行動に
コルチゾールの数値が高い?低い?と関連づけて考えてしまうこともあり
嘔吐の前日、めずらしく攻撃的な遊び方で「軍ちゃん」を痛めつけている
モモの目が怖かったことを思い出しました。アキレスを食べている姿も
何だか必死で・・。おまけに、ふと気がつくと・・ない、丸のみしたのかと
一瞬不安になった記憶が、翌日の嘔吐の時によみがえってしまったので
真剣に「腸閉塞」まで調べてしまいました(笑)短い間に、あらゆることを
可能性として考えてしまうのは、病気の子を持つ飼い主の悲しい性・・
コルチゾール値が上がってしまい、あの時は興奮状態だったのか・・とか
最近とても調子が良かったモモは、もしかしたらコルチゾール値も低く
今の薬の量では多すぎて「副腎機能低下」になって吐いたのでは?
なんて(笑)自分の夢や希望まで盛り込んだ想像までするのですね(笑)
そして、闘病生活が長くなるにしたがって大きくなる悩み、どのタイミングで
病院に連れて行くか、どこまで様子を見るか、自分の勘を信じるか・・
病気の知識も増え、病院でするだろう処置もある程度想像できる、何度も
大騒ぎで病院に駆け込んだ失敗からも学ばせてもらい、いざと言う時の
自分の判断が、非常に難しいと実感しています。モモのように外出で
呼吸が乱れたり興奮してしまう場合、とりあえず先生に診てもらえば安心
という自分の思いで病院に連れて行くことが本当にベストなのだろうかと。
これは、きっと最後まで答えの出ない悩みかもしれませんね・・。
クッシングのお仲間たちに話し、常に自分にも言い聞かせているこのこと
「その時に、自分が愛犬のためにこうしようと思ったことが最良の選択で、
どうすることを選んでも、愛情ゆえのその決断に間違いはないと信じること」
それしかないと・・何だか偉そうに長々と・・ごめんなさいね(笑)

ちょっと細めのアキレスだったので、いつもなら10分で疲れてやめるのに
2回に分けて全部食べちゃったのですよね・・油断と放置に反省・・
DSCF2996.jpg
DSCF2989.jpg

軍手の軍ちゃんもバラバラになるほどいじめていたし・・
めずらしく怖いモモだったあの日、その元気さが嬉しくてカメラを向けたけど
コルチゾールがいっぱいで興奮状態だったなんてこと・・ないよね・・
DSCF3003.jpg
DSCF3006.jpg
とにかく・・アカラス治療が終了したら、まずACTH検査を受けること
今できるのはこれしかない、そう信じて頑張ろう♪




2008年9月 犬アレルギー

9月17日
水分摂取量、13日200(フード60、飲水140)14日228(75、153)
15日216(75、141)16日165(75、90)
我が家は全員アレルギー体質なのですが、犬アレルギーは娘だけで
小さい頃は病院に駆け込むくらいひどかった症状も、大きくなるに従い
舐められたりすると蕁麻疹が出る程度になったので、モモを迎える時も
あまり心配はしませんでした。ずっと家にいることもないだろうと・・(笑)
ところが、突然私にも・・。モモをギュ~っと抱きしめた時に毛が触れた
部分、顔の下半分、首、胸に蕁麻疹が・・すぐにお風呂に入ったのですが
鏡の前で呆然・・くっきりと地図状に赤いボツボツがびっしり、ショック・・
花粉症だけでなく、植物や日光アレルギーもあるので、ほぼ1年中薬は
飲んでいるのに・・。もちろん今も、毎日朝晩飲んでいます、だけど・・
思い当たるのは、季節の変わり目と体調不良、あとは更年期・・(笑)
とりあえず先生に相談して薬を増量、蕁麻疹の部分にはステロイドの
軟膏を塗って、モモを抱く時には、肌に毛が触れないよう気をつけるしか
ありません。暑いけれど、なるべく首まで隠れる長袖の服を着て、顔には
モモの毛が触れないよう注意することにします。このかかりつけの先生
かなり高齢のおじいちゃまなので、信用していないわけではありませんが
近いうちに、2年ぶりになる健康診断とがん検診も兼ねて別の病院にも
行ってみようと思っています、どうしても更年期との関係が気になる・・(笑)

こんな時に限って、いつも以上にくっついて離れないモモ・・
胸元に近づけないよう、膝にのっけてるだけなのに、うまくバランスをとって
べったりとくつろいでいます(笑)こんな姿も不憫でかわいいのですが・・
DSCF3044.jpg

いつもなら、自分からさっさとベッドに行ってしまうのに動かない(笑)
このまま犬アレルギーになってしまったら・・という私の不安な気持ちが
やっぱり伝わってしまうのでしょうか・・モモもかわいそうなのですが
今回のことは、さすがに私も相当凹みました・・どうしよう・・
DSCF3049.jpg
悩む私に息子のひとこと「治らなかったら、よそにもらわれていくのは
ハム(息子は私をこう呼ぶ)の方だからね(笑)」と。はいはい、わかりました。
たとえ全身タイツ姿で暮らすことになっても、モモから決して離れませんよ
息子こそ、全身タイツのヌーブラヤッホーみたいな母の姿に耐えられるのか・・





2008年9月 薬剤名と製品名

9月19日
水分摂取量、17日221(フード75、飲水146)18日209(75、134)
クッシングのお仲間から届いたメールを読んで気がついたことが・・
自分がわかっているから、ついついあいまいな書き方になっていたかも
しれない「薬の名前」です。何もわからないまま、不安な気持ちで検索し
ここを見つけて下さる方も多いのに、ちょっと不親切だったかな・・と反省
ただ長いばかりでなく(笑)特に病気に関することは 「わかりやすく」を
常に自分に言い聞かせながら書くようにしたいと思います、ありがとう♪

クッシングの治療薬の「トリロスタン」ですが、これは薬剤(成分)の名前で
国や製薬会社によって、色々な名前のトリロスタン製剤があるのですね。
モモが飲んでいる「デソパン」これは持田製薬が販売する製品名です。
ついでに、デソパンは人間用のトリロスタンとして販売されている物で
イギリスの「ベトリール」は、犬のクッシング治療薬として販売されている
カプセル状のトリロスタンの製品名です。他にもあるかもしれませんが
「トリロスタン」は薬の総称で、「デソパン」は製品名だと思ってくださいね。
もう1つ、「ミトタン」というのも、人間の副腎腫瘍の治療に使われる薬で
トリロスタン同様、犬のクッシングの治療薬として使用されることがある
抗副腎製剤の薬剤名です。「オペプリム」というのが製品名になります。
ただし、同じクッシングの治療薬でも、ミトタンとトリロスタンは、作用する
部分というか阻害するものが違う、別の薬だと考えた方がわかりやすい
かもしれません。モモはミトタンを使ったことがないので、無責任に色々
書くことは控えたいと思いますが、私自身は、ミトタンは「抗がん剤」の
一種で、副腎組織の一部を部分的に破壊することで、コルチゾールの
生成を抑制、減少させることが目的の薬だというふうに理解しています。
お薬の説明を受ける場合、病院や獣医によって「トリロスタン」と呼んだり
「デソパン」と言ったり色々なようですから、初めて名前を聞く飼い主さんは
病気について調べながら、他にもいくつかあるのだろうか・・とか、別の薬
だと思って、迷ってしまうこともあるかもしれませんね。


私の蕁麻疹対策のため、ちょっとだけシャンプー頻度が短くなったモモ
せっかく週1回になっていたのに・・
DSCF3062.jpg

真っ白ふわふわになっても「ギュ~ッ♪」という抱っこはお預け・・
クッシングの大敵(笑)ステロイド軟膏をしっかり塗って治すからね
コルチゾールにむしばまれて病気と闘うモモを抱きしめるために
コルチゾールの魔法の力を借りてアレルギーと闘う私、複雑・・(笑)
DSCF3069.jpg

抱っこできないので、横でずっとこうやって私の顔を見ていますが
こんな顔でも、モモはすねているわけではないのですよ(笑)
私は我慢、我慢・・。そしてモモも我慢、我慢・・・、一緒に頑張ろうね
DSCF3079.jpg




tag : クッシング トリロスタン デソパン ミトタン オペプリム 治療

2008年9月 水素水とポチの水

9月23日
水分摂取量、19日183(フード75、飲水108)20日178(75、103)
21日198(75、123)22日169(75、94)
このところ、私の犬アレルギーの蕁麻疹や転倒など、モモの闘病には
関係のない記事ばかりなのに、あたたかいメッセージをたくさんいただき
ありがとうございました。モモに変わったことがないのは元気な証拠だと
私自身はとても嬉しいのですが、参考になる記録が何もないというのは
ちょっと申し訳なくて・・、でもやっぱり嬉しいです(笑)今年の初め頃から
使っている水について、メールでもご質問があったので、感想を残して
おこうと思います。これまでにもいくつかの水素水をモモに試したことが
あるのですが、今飲んでいるのは、ボトルにスティックを入れておくだけの
「ドクター水素水」です。モモの飲み水やフードをふやかしたり、私が薬を
飲む時用に1日1リットル作っていますが残ります。1日2リットルくらい
飲めば(人間の場合)身体にいいのかもしれませんが、コップ2杯がやっと
ですので(笑)正直効果もわかりません・・。シンク下内蔵の浄水器の水を
磁気活水器の「守くん」に通して、それに水素水カートリッジを投入すると
いうトリプル水ですが(笑)こういうものは気の持ちようで感じ方も変わったり
効果を実感できるのかな・・というのが、正直な私の感想です。これの前に
モモに飲ませていたボトル入りの水素水は、清涼飲料水並みのお値段
でしたので、飲み残しがもったいなくて・・1ケースで断念しました(笑)
守くんについては、先日、磁気活水器には科学的には効果は見られない
という新聞記事もありましたが、息子は、シャワーのお湯が柔らかくなって
付けると付けないのでは絶対に違う!と言い張っています、いちおう・・(笑)
歯垢や口内の清掃にも効果があるという「ポチの水」もアドバイスいただき
試してみました。こちらは、気のせいかスプレーするとモモが水を飲まない
ような気がして、しばらくしてやめてしまいました。ここからは個人的な
感想なので、あくまでも我が家の場合だということをお断りしておきます。
実は、しばらくそのままになっていたポチの水ですが、捨てるのももったい
ないし、自分で飲むわけにもいかず、亀のミドリの水槽に入れるようになり
ました。ご存知の方もいるかもしれませんが、ミドリ亀はくさいのです(笑)
毎日水槽の水を替えても、すぐに汚れてにおいが・・。夏のキッチンでは
本当に悩みの種で(笑)そこで、ボトルの裏に書いてある「便のにおいが
しなくなってくるでしょう」という効能に飛びついたのですね(笑)2本あれば
夏の間くらいは使えるかなと・・。8月の半ばくらいに「今年はもうおしまい
かな」と思っていたミドリの産卵でしたが、ポチの水の効果なのか、先週
突然、2個同時にタマゴを産みました、この時期にというのは今までになく
かなり驚きました・・。おまけに、無傷で1個を取り出すことができたので
今年初のタマゴ写真も撮れました(笑)もう1個は即食べていましたが・・
使い始めたのが8月に入ってからなので、関係があるようなないような(笑)
ミドリは怖いくらい元気なので、効果はにおい減少だけでもいいのですが
やっぱり・・くさいです(笑)亀には効果がないということでしょうか(笑)

ミドリの食欲とおそろしい母性愛の餌食になることなく
原形をとどめたまま救われた今年唯一のタマゴです(笑)
DSCF3117.jpg

Mサイズのタマゴと比べるとこのくらい
一人暮らしのミドリですので、赤ちゃん亀になることはないです
DSCF3120.jpg

これが原因かどうかは不明ですが、水槽に入れているポチの水
DSCF3141.jpg

元気なので出番なしのモモ、せっかくなので芸を1つ披露
DSCF3143.jpg

最近は「アキレス」という言葉でこの笑顔になります(笑)
DSCF3144.jpg






tag : ポチの水 タマゴ 玉子 水素水 ドクター水素水

2008年9月 注射は継続

9月27日
水分摂取量、23日174(フード75、飲水99)24日239(75、164)
25日228(75、153)26日224(75、149)
今まで3回発症したアカラス治療で新記録になる、12回目のドラメクチン
注射を受けに病院へ。前回のお話では最後になるはずだったのですが・・
また3週間後に注射、その後は間隔を1ヶ月に延ばしてみましょう・・と。
まだ注射は続くのか・・と心の中でがっかりしながらも、笑顔で了承・・
「この間はこうおっしゃいましたけど・・」と私があえて言わなかったのは
先生の迷いを感じ、同時に自分も「やめて大丈夫だろうか」という不安を
常に持っていたからでしょう。発症を予防するために注射はずっと続ける
べきでしょうか?と私が以前聞いた時、最終的には薬を切るのが目標と
はっきり先生は言いました。今回も同じ言葉を聞いたので、より慎重に
今後を考えた場合、もう少し続けてみよう、という結論になったのかも・・
クッシングという元の病気が、アカラスの再発にどう関わってくるのかが
どこまで治療するべきか、という答えを出しにくくしているのだと思います。
とは言っても、先生もその日によって考えが変わるから・・(笑)この言葉を
鵜呑みにして覚悟していると、突然「注射は終わり」とか言いそうだし(笑)
証拠1、この前は、モモの体重3.3キロで「もう少し体重を増やしても・・」と
言っていたけれど、今回は3.25キロで「少ないくらいがちょうど良い・・」(笑)
完治はなく、今後も何が起こるかわからないクッシングを考えれば、獣医も
飼い主も、手探りでの闘いを強いられるのは仕方ないかもしれませんね。
いつもいつも同じ言葉になってしまいますが、その時の自分が、これが
愛犬にとって1番良いのだと思ったのなら、その決断を信じて頑張るのみ。


「初めて会った時の印象は、毛がホワホワで少なかったけど・・
今はこんなにねえ~・・」と、背中のどこにかさぶたがあったのかも
わからないほど、たっぷりと毛の密集したモモの身体を見ながら
先生が言いました。こんな小さな幸せとモモの笑顔で十分(笑)
DSCF3146.jpg




tag : クッシング アカラス ドラメクチン 注射 回数 ニキビダニ

プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。