12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
9月5日
気がつけば季節は秋に近く・・・でもまだ暑い
夏の疲れも身体に重く感じる今日この頃
久しぶりの更新になってしまいましたが・・・
モモは何とか猛暑を乗り越えて元気に暮らしています

ブログに載せる写真もほとんどなく
こんなのあったっけ?という7月のモモ


これも体調が悪かった頃の・・
ほんのちょっと回復して元気だった合間?
P1000744.jpg

これなんか、そのもっと前?6月のモモ
P1000681.jpg

こうやって見ると、あまり変わってないので
それはそれで良かったな・・・と思ってます
P1000682.jpg

これが8月、だいたい一日中ぐったりで
ゴロゴロダラダラしてました
吐いたり、下痢したり、痙攣したり・・
決して穏やかな毎日ばかりだったわけではないけれど
暑い暑い木造の家の中で、モモはよく頑張りました・・〇
P1000828.jpg

弱ってのびているわけじゃなく
こうやってモモが落ち着いてる時しか
カメラを向けようと思わなかっただけで・・
モモ同様、暑さがこたえる老体には余裕がありませんでした(笑)
P1000827.jpg

実はモモ・・・私の姿が見えなくなると
なんとベッドからおりてドアまで移動するようになり
ある日うっかりドアを開けたら・・
モモが吹っ飛んだ(私が吹っ飛ばしたわけですね)
それ以来、薄いクッションの上に綿毛布を重ね
両サイドには落下防止の障害物で移動を阻止
画像では見えていませんが、正面には扇風機を置き
心理的に威圧して出てこないようにしています
P1000830.jpg

モモが動けるくらい元気ということじゃなく
分離不安が強くなったのか、私がいないと非常に怖がり
ピーピーないたりワンワン吠えたり・・
もしかして痴呆が始まったのかと疑ったことも・・・
そして座ったような姿勢のままバタバタと移動するのです
ころがってるような、いざるというか・・
いざるって差別用語でしたっけ?もしそうならごめんなさい
P1000829.jpg

私の入浴中すら待てないので、いつも浴室ドアのそばに
ベッドを置いて、そこにモモを待たせているのですが
数日前、帰宅した息子が洗面所のドアを開けたら
モモが目の前で自分を見上げて座っていたそうです
「モモって本当は普通に歩けるのじゃないか?
みんながいないところでは走り回ってるのかも・・」と(笑)
そんな、実は歩けないフリをしているだけで
本当は健康そのものかもしれないモモですが(笑)
食欲もあり、体調は安定しているのでホッとしています
P1000831.jpg





スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2013.後期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

* by ピョンコ
こんにちは〜
更新が無いのでモモちゃん、どうしてるかな〜と思ってました!
画像で見たところ顔つきは元気そうですね(^ ^)
ホント一喜一憂してしまいますよね。
うちのモモはクッシング症候群の治療というか薬を飲ませて1年2ヶ月がすぎました。
春のフィラリアの血検で肝臓の数値が悪い事が判明!
また薬が一種類増えてしまいました(・・;)
もうすぐ14歳という年齢からもう検査はやめようと思います。
クッシングの薬はいつまで続けるのか一生なのか不安になります。
が私が以前バイトしていた獣医さんに通っているので金儲けとも思えないし〜ってとこです。。。

まだまだ蒸し暑いですが、そちらのモモちゃんも元気でまた更新待ってますよ〜^_−☆

* by pocopoco
こんにちは。

やっと暑さもひと段落しましたね。

モモちゃん、穏やかそうなお顔で良かったです。
本当に絶えぬ努力の賜物ですね。

ママさんが自分の生命線だということがよく分かってるんですね。
言葉にするほど簡単なことではまったくありませんが、
モモちゃんと一緒の時間を一日でも、一時間でも、一秒でも長く続けていただけばと、思います。

モモちゃん、食欲がちゃんとあって安心ですね。
だって'秋'ですもんね♪

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

ピョンコさんへ * by miyu
こんにちは、ご無沙汰してしまいました、ごめんなさい
9月も厳しい暑さでしたね
モモと私は、なんとか乗り切った・・という感じです
基本的に、クッシングの投薬は生涯続けるものらしいです
モモもそうなるだろうと思っていましたから
検査の数値がどんどん下がってきても、何とか続けよう
飲ませていた方がモモの身体のためになると思い込んでいました
う~ん、個人的な考え方もあるので、コメントやブログに
堂々と書くことができない・・というジレンマもありますが・・
個体差もあり、病状も様々なので、治療方針を決めるのは
本当に難しく大変ですよね・・とにかく元気に頑張りましょうね♪



pocopocoさんへ * by miyu
こんにちは、返事が遅くてごめんなさい
この夏の厳しさを乗り越えた満足感で
ダラダラとゴロゴロと過ごしています(笑)
モモの苦痛だけを取り除き、平和に穏やかに
おまけだと思っている今の時間を過ごしていきたい
そんなふうに考えています、ありがとう♪

10月6日
暑い日も寒い日もありますがモモは元気です
あまりにも普通に日々が過ぎてゆくので
写真が一枚もありません・・・なんて冷たい私・・
娘がくれた何枚か・・・これは真夏の8月でしょうか・・
2013momo.jpg

これも娘から・・。そうそう、こんなことがありました
モモ~モモ~とかまっているうちに
あっという間に鼻水の洪水に襲われた娘
そういえば私も、モモをギュ~っと抱っこしたあと
頻繁に下あごと首と胸に蕁麻疹が出没するなあ・・と
思いきり犬アレルギーでした(笑)
うっかりしてまして、2週間シャンプーしてなかった・・


私は、秋の植物にもアレルギーが強く出るので
この季節は、かなりひどい秋の花粉症になります
こうやってモモがハアハアしてるところに近づくと
それだけでかゆくなったりもします
涼しくなったのでうっかりしてしまいがちですが
モモはオムツ生活だし、アカラス予防もあるので
週に1度のシャンプーをきちんと守りたいと思います
IMG_8078.jpg

何も記録に残すことがない平和な毎日を過ごしています
ガリガリだけど、体重は2.5キロを維持できてます
目の中が青っぽくなってきたので、少し気になってきました
夜中の嘔吐は3日に1度くらいで、吐き気が数分続くようです
前回の神経発作の後、ちょっと気になることがあり
現在、すべての薬を止めています
それがいいのか悪いのか・・正直わかりませんが
何か変わった様子や症状が出るまで
薬と名がつくものを止めてみようと、私が勝手に決めました
病院にも長いこと行っていませんし・・後ろめたい気持ちも・・・





* Category : 闘病の記録2013.後期
* Comment : (13) * Trackback : (0) * |

こんにちはー♪ * by かおり
お久しぶりですー、かおりです(^^)

ももちゃん元気そうですね♪こうして更新される度に嬉しいですー。
お薬止められたミユさんの行動は、私は正しいと思います。
だって、ももちゃんのことを一番分かっているのはミユさんですから。
他人がどう言おうと、結果何か起きたとしても、不安に思ったことや直感を無視してあとで後悔するより、やってみておかしいなと思ったならすぐにまた変更すればいいことですよね。
私は生前のチミに何か不安に思うことがあったとき、ミユさんと同じようにしてきました。
ご飯も、最後の1年くらいはドッグフードはどう工夫しても嫌がったので与えていませんでした。
人間と同じ料理を、チミの好きな味付け(ネギ抜き肉じゃがをみりん多めで甘くしたり、豚肉ソース焼きやオムライスも調味料多めで濃くしました)にして、お水を足してミキサーにかけて舌で舐めて食べ切れるくらいのトロミにしてました。
ベーコンのコンソメスープは片栗粉でトロミをつけたり、シュークリームの中身やプリンを崩してあげたり、とにかくお腹が減った状態で食べたくても食べられないとか(心臓が肥大して気道と食道が圧迫されていました)、美味しくないのに無理やり食べさせるとかはチミの気持ちや楽しみを考えると出来なかったです。
それで、チミは亡くなる当日までご飯を食べてくれていました。
そのことに関しては満足してくれていたと、今も自信を持って言えます。私自身も後悔はないです。
勿論ももちゃんとチミは状況が全く違いますが、私とミユさんの、相手を想う気持ちは一緒です。
だからミユさんの行動はそれで良いんです!大丈夫ですよーー。

でも、ミユさんも娘さんもアレルギーは大変ですよね。
大好きなのに抱きしめると痒いなんて、、そんないけずなアレルギーなんて空に飛んでゆけー(`・ω・´)ゞ



* by ピョンコ
miyuさん、こんにちは!
あー分かります〜
薬って所詮、化学物質が入っているわけだし飲まないに越したことは無いと思うので私も全てやめちゃおうかな〜んて考えたりしますよ。
うちのモモは本日、心臓の超音波検査ですがキャンセルしました。
薬を増やして10年、元気で寿命が伸びるならいいですがね〜

初代のシーズーは先天的に弱く小さかったのですがアカラスでたったの3歳という寿命でした(・・;)

モモちゃん暑い夏を乗り切って、これからはゆったりと過ごしてほしいな(^ ^)
ホントmiyuさんの入浴中は走り回っているのかも♪

無知は罪 * by すべての動物に幸福を
はじめておたよりさせていただきます。愛犬もクッシングになりほぼ2年当時14歳。現在16歳 トリロスタン治療をしつつ様子見の日々でしたが事態が急変しました。この書き込みがクッシング治療をなさっているすべての方のご参考なればと思います。
クッシング:犬の場合はほとんどが脳下垂体の腫瘍でこれは
トリロスタンを服用しても完治しません。これに気付いたのが
3日前。2番目の獣医さんは、クッシングで死に至ることは
ありませんと言われた。これを信じた自分もバカだった。

脳の腫瘍(良性悪性問わず)が肥大化すると脳を圧迫して
弊害が起こり死に至ります。愛犬がそうです。
わずか3日の急変です。現在余命1週間と宣告されました。

トリロスタンは、脳の腫瘍を肥大化させます。
この辺をよく調べて対処なさったほうがよいかと思います。
一番は、手遅れにならないうちにMRI検査、腫瘍の摘出
が一番よいという結論になりました。

費用はかなり高く全部で45万円前後です。
高度先進医療になるので特殊病院か大学病院でないと
行えません。予約に2~3週間必要です。

まだ、手術が可能な飼い主さんは内科的治療をやめ
可能なら手術をおすすめします。

もしかしたら間違っているかもしれませんがあらゆる選択
を探し調べ行動したら愛犬はもっと生きるかもしれません。

クッシングに苦しむ愛犬、飼い主様、希望を捨てずに
探してみてください。

突然失礼しました。
最後にブログありがとうございました。
大変参考になりまたこころのよりどころとなりました。
お礼申し上げます。
2013 10 14

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

本日永眠致しました。 * by すべての動物に幸福を
少し前にコメントさせていただいたものです。
月曜日に東大動物医療センターでMRIで全身を撮りました。
結局クッシングではありませんでした。
もっと早くMRIを撮っていればなと後悔しました。
残念ながらその週の土曜日に心臓停止、呼吸停止しました。
蘇生1回目はなんとか心臓が動きましたが酸素室からでると
もう呼吸は止まっていました。
涙が止まりませんが可能な限りできることはやったので
後悔はありません。
享年16歳 老衰でした。これがせめてもの救いです。
ももちゃんもできるだけ苦しまずに長生きできますように。

かおりさんへ * by miyu
こんにちは
かおりさんがお元気そうでうれしかったです
モモはすでにドロドロ状しか食べられないみたいですが
食欲はあるし、これでいいのだと割り切っています
歯や口の中はすごいことになってますが、それも無視
免疫アップと体力の現状維持だけを目標に頑張ります(笑)

犬アレルギーは結構つらいです
かわいい~っと頬ずりするだけで
あごや首にボツボツが出てかゆくなりますよ(笑)

ピョンコさんへ * by miyu
こんにちは
やっと涼しくなったのに・・すぐに寒いくらいになりましたね
このまま現状維持で細く長く頑張ってくれたらいいかな・・と
あまり積極的ではない毎日を過ごしています

モモもアカラス治療の経験がありますが
亡くなってしまうほどの病状だったのですか・・
つらいご経験でしたね


「すべての動物に幸福を」さんへ * by miyu
はじめまして
返事が遅くなり申し訳ありませんでした
色々なお気持ちが残り、今は辛い日々だろうとお察しします
ここまで愛犬のために一生懸命頑張ってこられたこと
もちろん本当に大変だったでしょうが
愛犬ちゃんにはとても幸せな16年だったと思います
  ご冥福をお祈り申し上げます

クロキさんへ * by miyu
はじめまして
コメントをありがとうございました
14歳ですか・・・他にも症状がある中
頑張っていらっしゃるのですね・・
お互い、大変なこともありますが
愛犬とともに過ごせる日々を励みに頑張りましょうね

11月3日
台風が過ぎるたびに気温も下がっていった10月
気持ちの良い秋は、あっという間に終わってしまいましたね
モモは元気です
体重はちっとも増えませんが、食欲は旺盛で安心しています

今日はここまで・・・

10月下旬に、突然パソコンが壊れました
それも、目の前でいきなり電源が切れ・・・それっきり
6年半前にも同じようなことがあり、その時とても困ったので
こまめにバックアップをとっていましたが・・
パソコン内の別のドライブに入れてるだけで
外には保存していなかったんですよね・・・・
調子が悪くなったらデータを移してリカバリーすれば・・と
不幸中の幸いというか、虫の知らせというか、ムダというか
万が一のことも考え、5月に新しいパソコンを購入済み
だけど慣れないW8にお手上げで・・結局そのまま放置でした(笑)
あれこれ愚痴っても仕方ないので・・
壊れたパソコンからデータを取り出すあれこれ
新しいパソコンを使いこなせるようにする色々・・・
今のところ余裕がなく、申し訳ありません


メールデータもすべてなくなったので
10月中旬以降にいただいたメールに返信できません
ごめんなさいね・・・アドレスがまったくわからなくて・・
今現在、このパソコンには家族のアドレスのみで
どこにもメールできないので、ここで言い訳させてください
・・・本当に申し訳ございません・・・・

来月はいつもどおりの更新ができるよう頑張ります





* Category : 闘病の記録2013.後期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
11月29日
すっかり冬のような寒さになりました
旧パソコン→新パソコン→プロバイダー接続→電柱
これらが次々と修理され、ようやく日常が戻りました
原因が1つではなく、このすべてが要修理だったことに
今年一番の「最悪の時期」だったと実感しました

これは少し前の元気なモモですが・・・
数日前から、ちょっと具合が悪いです
首の傾きがひどくなり、さらに左に曲がっています
一人で身体をまっすぐに起こすことができないので
食事の時が本当に困る・・色々工夫しています
昨夜は一晩中、奇声を上げて鳴き続けるので
痛いのかボケたのか神経発作か・・と
見守る私の心にも、モモの声が重く響きました
今日は今のところ無言(?)なので、ほっとしてます(笑)


日中のリビングでは、クッションに毛布
セシールのスマートヒートのひざ掛けなのですが
モモの毛布代わりにぴったり、肌触りも柔らかさも◎
P1010095.jpg

だけど・・画像の身体がすべて同じ向き
そういえば、最近は寝返りさせてもすぐにこっちに向き
ちょっと気になっていたのですよね・・・
P1010096.jpg

夜のベッドは、新しい厚手のドーム型に変え
ペット用品のボア毛布を敷いています
今は、この向きでしか寝られないので
床ずれや筋肉や骨のゆがみ防止対策を何か考えないと・・
P1010100.jpg

ベッドの中にすっぽりともぐったりもしてるので
弱っているし体力的に不安があるモモには
閉鎖的な空間の方が安心できるのでしょうね
ドロドロ状しか食べられず、口の周りがすごく汚れるので
寒さに向かうのに丸刈りにしてしまったせいか
ちっちゃくなったモモの姿が不憫で・・・でも可愛い
P1010101.jpg



gensakusyun さんへ
長くなりそうなので、こちらにお返事します
「何かおかしい」という飼い主の勘が、病気の発見には
とても重要なポイントになると思うので
愛犬たちをしっかり見ていたgさんはすごいと思います
私は、最近のクッシング治療や検査事情には詳しくないので
ちょっと古い話になりますが、参考程度に聞いていただけたら・・

町の獣医さんや動物病院では、クッシングを疑う場合の検査は
ACTH検査が主流というか・・それくらいかもしれません
モモはACTHではなく低用量デキサメタゾン抑制試験でしたが
普通は先にACTHのようですし、デキサは精度がいまいちというか
原因が副腎か下垂体かを確認できるというけれど、どうかな・・
モモの場合はわかりませんでした、本当にクッシングかどうかも・・
当時は、身体に影響が出ている症状(多飲多尿、腎疾患など)が
ある場合以外は、投薬するかどうかは飼い主の判断で
多飲もなく、特に目立ったクッシング症状もなかったのですが
私は、モモが再び歩けるようになることを願って飲ませました

病院でお薬を処方されて、これを飲めば・・と言われたのは
アドレスタンなどのトリロスタン製剤は、クッシング治療薬というより
症状を抑えるための薬なので、原因が副腎でも下垂体でも
とりあえずこれを飲んで効果を見ようということだったのかと・・
この薬は、コルチゾールを作る副腎の、特定の酵素を阻害することで
コルチゾールが作られすぎないようにするものなので
原因によっては効果が出ないこともあるし、副作用もあるでしょうが
内科的な投薬でのクッシング治療は、モモの頃から変わらず
薬を飲み続けてホルモンのバランスを保つというのが目的で
投薬によってクッシングが治るということは無いようです
現在は、副腎切除や下垂体腫瘍切除、放射線などの外科的治療も
以前に比べるとかなり普及してきていると聞いたこともありますが
それらを経験された飼い主さんを、私はほとんど知らないので・・・
原因が副腎か下垂体かを確定するためには
大学病院や先進医療などのできる病院での検査が必要かもしれません
モモも受けたことがありますが、全身麻酔による脳のMRIなどです
エコーでは、副腎の大きさくらいはチェックできるかもしれませんが
副腎が小さいから、原因は下垂体だ・・というわけでもないようです
同じ結果でも、獣医の説明の仕方や言葉によっても受け止め方は違い
前向きに病気と闘うには、相性の良い獣医に出会えるかどうかも
とても大きなポイントになりますから・・難しいところですよね

最近は、クッシングや治療についてブログに書くことはなく
投薬の効果も、副作用も、怖さも、治療の色々な考え方も・・
それらはすべて、飼い主の自己責任によって決断するべきだと思うので
あまり深く立ち入ることも避けてきましたが
この病気を疑い、あるいは診断や治療に悩む飼い主さんたちが
愛犬のために、ご自分が十分に納得できる道を選択できるよう
どうか頑張ってほしいと心から願っています



* Category : 闘病の記録2013.後期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
12月20日
ちょっと早めですが、今年最後の記録にします
モモは元気に・・・と終わりたいところですが
先月よりも気になることが増えてきました
痴呆というのか・・今は犬も認知症というのかな
鳴き続ける夜はすっかりなくなりましたが
寝てばかり、もぐってしまう、突然ほえる、
目が合わない、目が泳ぐ、呼んでも無視、
触ると怒る、噛みつく、威嚇する・・などなど
私以外の人間にブラッシングや顔を触られると
時々「ガルルル・・・」ということは以前からありましたが
とうとう私にも・・・です
おむつを替えようとすると吠える、威嚇する
抱き上げようとすると噛みつく、ガルルル・・状態

このように、ちゃんとこちらを向いてくれる時もあります
でも、この後だったかな・・私の左手をガブリ
目が本気で怒ってましたねえ


こちらが噛まれることに警戒して腰が引けると
モモも怖がってもっと興奮しますから
落ち着いて対処・・でも犬歯が刺さったところは流血するしね・・
モモは今後どうなってしまうのか、ちょっと弱気になります
P1010187.jpg

リビングで過ごしている間はほとんど寝ています
お気に入りのスマートヒートの毛布をもう1枚購入して
2階でも3階でも、昼でも夜でもこれに包まれています
P1010199.jpg

時々、身体の向きや姿勢、ベッドのかたよりを直すため
うっかり抱き上げようとすると・・噛みつきます(笑)
P1010206.jpg

朝は、ドームベッドの中にすっぽりともぐったまま
呼んでも、顔も出さないことが増えました
上からかけた毛布で、テントのように中が見えません
とにかくよく寝ています、異常なくらい・・・
P1010202.jpg

時々不安になって中をのぞいてしまいます
もしかしたら死んでるんじゃないか・・
嫌な考えですが、そう思ってドキドキします
P1010205.jpg

以前は神経発作の時のモモが怖かったのですが
今はそれ以上の恐怖を感じることもあります
いつものように、目に入った毛を直そうとするとガブッ
毛布を直そうとするとガブッ
おむつの状態を確認しようとしっぽあたりを触るとガウガウ
P1010207.jpg

とにかく、自分のそばに人の手が近づくのが怖いのか
弱った身体の防衛本能なのか、ボケなのか・・・
こんな感じで寝かせても、しばらくすると丸まりながら
中にもぐってしまい、姿を消してしまいますね
P1010210.jpg

食事も普通には食べられなくなったので
まるで虐待か?というような食事風景です
モモを毛布でグルグル巻きにして身動きできないように拘束
暴れて手を出さないように、首の傾きを調整するように
あぐらをかいて座り、足の間に斜めに立てて固定し
首回りと私の足回りにタオルを敷き詰め
ゆるめのドロドロ状にしたフードを食べるというか飲ませる
途中で水を加えながら、ベストなドロドロ状態を保ちながら・・
これを1日2回とミルク1回
舌の動きも老化してるのか、ビッチャビッチャと飛ばしまくり
口の周りも首の回りも床もタオルもドロドロです(笑)
食欲はあるので、1日40グラムのビルジャックを食べますが
なんで全然体重が増えないんだろう?・・と思います
何でも流動食状態なので、水分摂取量も多く、300から400グラム
おしっこは5回くらい、ウンチは2~3回で良い状態です
P1010211.jpg

モモはかわいそうだけど、私には悪いことばかりじゃありません
車に乗っても、ハアハアという喘ぎ呼吸が少なくなりました
抱いて外を歩いているときも、バルコニーに出ても
以前のように興奮して吠えたりハアハアしません
私の入浴中も待っていられます(気づいてないとも言う)
つまり・・私がそばにいなくてもわからない・・のです
家事もはかどります、買い物にも行けます・・でもね・・


これから、シャンプーとカットと爪切りをどうしようか悩みます
だけど、無事に2013年が終わりそうな喜びの方がやっぱり大きいかな(笑)
皆さま、今年もありがとうございました、よいお年を・・・
P1010212(1).jpg




* Category : 闘病の記録2013.後期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。