12345678910111213141516171819202122232425262728
2014年1月22日
今さら・・の1月下旬に「今年もよろしくお願いします」
寒い冬ですが、食欲もあり元気に過ごしているモモです
ベッドにもぐって寝てばかりいるので
顔の毛がくしゃくしゃで、いつも目の中に入ってて
とうとう目の周りの毛が赤くなってきましたので
これじゃいけないと、決死の覚悟でバリカンしました
突然「ガウガウッ」と歯をむき出したりするので
ビクビクしながらのカットで、顔とお尻まわりだけでギブアップ

これはカット前



お風呂でのシャンプーは何とかできるようになり
時々、突然噛みついたりもしますが
湯船でボ~っと気持ちのよさそうな表情になり
そのままちょっと眠ったりすることもあります
これは入浴後、ドライヤーで不機嫌になった
特急カット後の顔
P1010303.jpg

お尻と顔だけは短くカットしてさっぱりしましたし
ご飯も食べやすくなりましたね
最近は、痴呆気味の時は何時間でも寝ているし
正気の時は、私の姿が見えないと泣き続けるし
どっちがいいのかなあ・・・と心配は尽きません(笑)
P1010306.jpg

最近の困ったことは・・おむつ替えです
少し前から、モモの背中が異常に丸くなり
やせているので背骨は尖ってしまい
ちょうど胎児のような形でいることがほとんど
なので、おむつをはずすと「ガウガウッ」
新しいのをつけようとすると「ガウガウッ」
たぶん、足を広げたりテープを止める時に
固まった関節が痛いのじゃないかと・・・

食事の時にも、毛布で固定しようとするたびに
ガウガウと噛みつこうとしますから
丸まった身体をさわられるのが嫌なのでしょうね
それでも、うんちの時だけはトイレに移動して
一歩・・また一歩・・と4分の1回転ずつ回り
何度も何度もころんだりひっくり返りながら
中腰で用を足しているんですよ、すごいね・・・

ベッドから這ってトイレに移動して
終わったら一生懸命ジャンプしてベッドに戻る
ちゃんと習慣は忘れてないんだね
ママの顔はすぐに忘れちゃったりするのに・・(笑)





* Category : 闘病の記録2014.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
大雪で雪かきに苦労した2月も終わります
アルミのスコップ1本しかない我が家
4つのバルコニーにたっぷり積もった大雪に
さすがに家が壊れるかも・・と恐怖を感じ
引っ越したい引っ越したい・・とつぶやきながら
手にマメ、足にはしもやけで頑張りました
バルコニーのドアが開かないほどの雪は
たぶんババアの人生でも初めてだったかな・・・
雪国の皆さんのご苦労が身に染みました


前週の雪の時は、モモの体調が悪かったので
そばを離れることがまったくできず
雪かきどころではなかったのですが
今回は運良く?モモが痴呆状態だったので
数時間ほったらかしでも問題なく
毛布でしっかり閉ざされたベッドの中で
ひたすら眠っていて・・助かりました


写真は1月の終わりに撮ったこの数枚のみ
モモにカメラを向けることも忘れてました
この時も、まばたきもせず、ずっとこのまま
呼んでも反応がなく・・
P1010373.jpg

ちゃんとカメラを見ているようですが・・
顔を近づけても、呼びかけても
実はまったく無視なんです
数日おきに、キャンキャンとひたすら吠える日
まったく反応がなくいつでも眠っている日
それらが交互にやってくる、という状態でしょうか
ご飯はしっかり食べられるし
うんちやおしっこの状態はいいので
体調は決して悪くない、平和な日々かもしれませんね(笑)
P1010372.jpg




* Category : 闘病の記録2014.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
3月29日
寒くて長かった冬も終わり、少しだけホッとする季節です
そんなうれしい春に起こった、がっかりな出来事・・・
ある日突然、ブログの表示がおかしくなり、えっ??
なんだかガタガタとレイアウトが崩れてしまいました
何年も同じテンプレートのままでしたから
同じ物はすでになく、直そうとあちこちいじるうちに
どうにもできなくなってしまいましたので
今日から新しい画面になります。もう少し直していきますが
リンクやトラックバックリストなど不具合のあった部分は
今回は掲載しないことにしました、ごめんなさい
また、ブログが表示できない間、モモに何かあったのかと
ご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした
個別にお返事できませんが、本当にありがとうございました


毎度毎度、同じような画像しか載せられず
こちらも申し訳ありません・・
基本的に寝たきりのモモですし
お気に入りのスマートヒートのピンクの毛布が
寝室にもリビングのベッドにも敷いてあるので
いつでもこんな写真になってしまうのですよね(笑)


寒さを言い訳に、気になりつつも放置していました
モモの顔まわりやお尻まわりがボッサボサ
ほとんどいつも目の中に毛が入ってる状態に・・
P1010427.jpg

身体中に毛玉がボコボコとできてしまい
ブラッシングどころか、おむつ替えの時にまで
指が毛玉にひっかかるくらいなのですが
認知症状態の時のモモには私でさえ触れないという・・
たとえばこの画像、ベッドからずり落ちているのですが
直そうとしようものなら・・ガウガウッ噛みつき攻撃
P1010432.jpg

わかるかなあ・・目が遠くに行ってます(笑)
目の中に毛が入っているからと、うっかり手を出せばガブッ
あららベッドから落ちそうと手を伸ばせばガブッ
P1010434.jpg

そんな中、一大決心してバリカン丸刈りを決行
3時間くらいかかったかな、モモも私もぐったりです
毛玉でまったくバリカンが進まないという経験も初めて
バリカンがひっかかる痛みでギャンッ!怒りでガウッ!
顔まわりに人の手が近づく恐怖でガブッ・・(笑)
年老いた私の身体も、数日間筋肉痛でガタガタでしたが
それ以上に、弱ったモモの現状に胸が痛みました
鎖骨や肛門まわりは、骨と皮ばかりでくぼんでしまい
背骨は尖ってゆがみ、横から見ると恐竜の骨標本みたい
ご飯はしっかり食べていると思うけれど
モモのお肉はいったいどこに行っちゃったんでしょう?
P1010457.jpg

顔まわりは、どんなに頭をふっても目に毛が入らないくらい短く
ドロドロご飯に思いっきり顔を突っ込んでも
口のまわりがぐちゃぐちゃしないオオカミのような口元に
耳毛はお風呂で・・湯船につかりながらむしり取りました
ジメジメしないよう耳の中にも気をつけていましたが
毛を抜くどころか触ることもできないことが増えたので・・・
さすがにお湯の中では攻撃してこないのですよ(笑)
P1010458.jpg

この後、最大の恐怖「爪切り」をしました
後ろ足はともかく、前足は顔が近いので
噛みつかれる怖さと深爪で出血のドキドキで
毎回ロシアンルーレットのようなスリルを味わいます
のんきにくつろいでいる家族たちも
爪切りのギロチン音と共に、サッとその場から消えます(笑)
P1010465.jpg

そんな私の強い味方がこれ
爪切りでは、怖くてなかなか短くできないので
大丈夫だろうってところまでカットしたら
これで時間をかけて地味に削っていきます(笑)
P1010067.jpg

今回の全身大規模トリミングの後からでしょうか
モモがずっと正気です、そして元気です(笑)
もしや・・バリカンがショック療法になった?
そうそう・・そういえば・・この数か月、嘔吐もしていません
どんどん小さく弱くなっていくけれど体調は良いのかも・・・
寝たきりモモの惨状を長々と書いておきながら
今さら何を言いたいんだか・・という気もしますが(笑)
どうか、このまま元気でいてくれますように・・・
P1010463.jpg




* Category : 闘病の記録2014.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
4月27日
暖かく過ごしやすい気温になり、陽射しも気持ちよく
こんな季節が長く続けばいいのにね・・・と
モモのことだけを思えばそう願うのですが
容赦ない花粉の嵐にズルズルしっぱなしの私たち夫婦には
決してありがたくないユーウツな季節です
いきなりの拘束姿ですが、虐待やいじめではなく
モモのご飯用装備です・・そろそろタオルにしないとね


結構ねばってみましたが、今日はここまで・・・
床とタオルに飛び散ったり落ちた量を考えると
いつもよりやや小食だった1回目のご飯
P1010598(1).jpg

顔つきもしっかりしてるし、目も大丈夫なので
今日は食欲があまりなかったのでしょう
P1010599(1).jpg

最近、ガバッと食べたりゴクゴク飲んだ後に
ドバ~ッと嘔吐して、食事の努力が無駄になり
やり直しタイムになってしまう私の恐怖心から
食後しばらくは、グルグル巻きの縦状態を保ちます
背中というか腰が曲がって丸くなってるので
時々ねじれたように反り返ると吐いてしまったり
丸まっているからゲップもうまく出せなくて
それで一緒に戻してしまうのかもしれません
P1010604(1).jpg

荷物のように縦抱きのまま、床掃除と片付けを・・・
吐いた後?ってくらい悲惨な現場です(笑)
夜は、これにミルクも加わるのでさらに汚い・・・
飛び散りを拾い集めて、液体状は拭いて
よだれかけ代わりのタオルにまとめて終了
今日はまだマシな方なので、記録と記念に1枚
P1010602(1).jpg

体調が良く、元気な証拠と思いたいですが
ピッチャピッチャと舌の動きも軽快に
口のまわりだけでなく、おでこや耳のあたりまで
ドロドロ状のフードは飛び散るので
モモの顔まわりをきれいに拭く時もこの姿のまま
時々ガルル~っと威嚇しつつ、きれいになったので
抱いたまま手を伸ばしてシャッターを切る
なかなかカメラの方を向きませんでした(笑)
P1010603(1).jpg

すべてが終わり、やっと解放されたモモ
しっかりとゲップして空気も抜いたのでOK
この大がかりな食事風景は1日2回
モモも私も、終わるとホッとしますね(笑)
来月は、とうとうモモに11歳の誕生日がやってくる
長かったね・・でもあっという間だったね・・・
P1010605(1).jpg






* Category : 闘病の記録2014.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
2014年4月30日午後3時5分
私の腕の中でモモは息を引き取りました
落ち着いたら、あらためてご報告させてください


後日、ここでお知らせしようと思っていましたが
本当にたまたま、モモが亡くなった直後に
まったく別の用件でご連絡下さった方がいて・・・
驚かせてしまったようで申し訳ありません
すぐにお返事できないと思いますので
しばらくの間、メールはお休みさせてください
コメント欄にモモへのメッセージをいただけたら
何よりの供養になると思います

長い間、モモをあたたかく見守っていただき
本当にありがとうございました


          5月1日  miyu


5月5日追記
病気と積極的に闘わず、平和に穏やかに最期へ向かう
そんな日々をモモと過ごすことに決めてから
このブログを続けることのためらいや葛藤
何の参考にもならないだろう記事を重ねる申し訳なさ
かつての自分がそうであったように
必死でクッシングの情報を求めて頑張る飼い主さんには
今の闘わない私たちの姿がどう影響してしまうのか・・・
そんな怖さもあって、更新の頻度もどんどん減り
細々と月に1度のモモの様子だけを記録に残すだけ
モモが一緒に闘ったクッシング仲間は皆すでに旅立ち
長く頑張れる喜びとモモだけが残ってしまった寂しさで
大切だけど重く苦しい「クッシングモモ」でもありました
今の私には、クッシングに挑む気持ちも闘う気力もなく
そんな気持ちでは返信できないとコメント欄も閉じたので
今のブログを見て下さる方の姿は想像できませんでした
先日のお知らせも、メール交換が細々と続くお仲間に
お気遣い無用というメッセージのつもりでしたので
このブログを通して、ずっとモモのことを気にかけ
様子を見守って下さっていた方々からのコメントに
驚くと共に、喜びと感謝の気持ちで一杯になりました
まだ心が落ち着かず、涙のスイッチが入りそうで
いただいたコメントをちゃんと読むことができませんが
モモにはしっかり届けます、伝えます

             ありがとうございました




* Category : 闘病の記録2014.前期
* Comment : (60) * Trackback : (0) * |

ご冥福をお祈りいたします。 * by けい
ご無沙汰しております。
いつもモモちゃんの様子をうかがいにきていました。
昨夜、4/27のお食事風景を拝見して、モモちゃんも11歳か~と思っていたところでした。
たまたま今日は会社が休みで、珍しく朝からPC開いたところでした。
モモちゃん、miyuさんお疲れ様でした。
モモちゃん、今頃はきっとお空を駆け回っていると思います。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

No title * by ピョンコ
モモちゃんの御冥福をお祈り致します。
そうでしたか。
前回の記事でゴハンを食べていたのでまだまだ元気だな〜と思っていたのですが。
でも病院や御家族の留守中ではなくmiyuさんの腕の中で…ベストだと思います。

うちはモモちゃんと同じ名前で、やはりクッシングと戦っている14歳のシーズーです。
何回かコメントさせて頂き、住まいもわりと近いようで影ながらモモちゃん応援していました。

miyuさん!
お辛いでしょうがお身体大切になさって下さい。
そしてモモちゃんはお空からmiyuさんを見守ってくれますね。きっと。

* by リキ
今日から5月だし更新してるかなぁ?と思って、ここへ来たので、今、頭の中は真っ白で、ただ、涙が溢れています。

でも、私は、マルの最期に、マルを抱きしめてあげなかったことを今でも後悔しているので、miyuさんの腕の中で旅立ったと聞いて、ホッとしています。

モモちゃん、本当によく頑張ったね。

モモちゃんとmiyuさんがいたから、マルと私も頑張れました。

モモちゃん、ありがとう。

モモちゃん(@_@。... * by 専業主婦
自由にならない身体で懸命に頑張ってきた歳月
本当に偉かったね・・・
miyuさん介護お疲れさまでした
喪失感は大きいものとお察しいたします
心よりご冥福をお祈り申し上げます<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます * by -

モモちゃん、さようなら * by kupukupu
miyuさん、長い間の看護、お疲れ様でした。
私の犬がクッシングになり易い体質と言われて、こちらにたどり着いたのはもう何年前のことでしょうか。
あの子は、クッシングにはなりませんでしたが、肝臓の病気で3年前に旅立ちました。
あの子がまだ元気な頃から闘病生活をしていたモモちゃん、本当に頑張りましたね。
いつの写真もとても可愛くて、元気そうに見えました。
miyuさんの献身的な看護はなかなかできることではないと思いました。

まん丸お目々の可愛いお顔をずっと忘れないでしょう。
たくさん愛されて幸せだったと思います。
miyuさん、どうぞお身体に気をつけて、悲しさと淋しさを乗り越えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます * by -

はじめまして * by haruおばちゃん
はじめまして
 今回初めてメールさせていただきます。
モモちゃんのブログをずっと拝見させていただいておりました。
といっても我が家のペットのマルチーズ犬が同じ病気になった時からで、約2年前からです。よく見ると違うのですが、一瞬家の犬に見えたくらい似ていまた。
 
ただ、我が家の犬は、昨年1月に他界しました。
自分自身が消えて無くなりそうなくらい悲しくて悲しくて、何カ月も本当に立ち直れない日々が続きました。
誰のどんな慰めの言葉も心には届きませんでした。
大好きな活字も読めませんでした。

 モモちゃんよく頑張ったね。
どうか、miyuさんには、ちゃんと食べて飲んで眠ってくださることをお願い申し上げます。
本当にお疲れさまでした。

 モモちゃんがあちらで、我が家の犬と仲良しになってくれることを願っています。        合掌

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

たくさんのメッセージをありがとうございました
メールにコピーして転送し、印刷して・・
モモの仏前で読み、お供えしています
その生涯のほとんどを家の中で過ごしたモモを
こんなにたくさんの方が知っていて下さり
モモの生きた証と残した記録が報われたような
嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです
8年近く続けてきた闘病記のまとめとしても
30日前後のことをちゃんと記録に残そうと思い
やっとブログに向き合う気持ちになったのですが
どこから、何から、どこまで、どうやって・・
写真は何を、生きてるのだけ?その後の分も?
詳細に書けば、何日分にでもなりそうだし
まとめてしまえばいいのか、でも後悔しないのか
そんな葛藤で、まったく先に進みません
このままでは何も書けなくなってしまいそうなので
とりあえず、今の自分の思いを残していきます


5月9日
モモを見送って10日が過ぎようとしていますが
不思議なほど、私たちの生活には変わりがなく
いつもの場所に、いつものように横になっている
そんなモモの姿が家族全員に見えているのか
ただいまモモ、お休みモモ、モモ、モモ、モモモモ・・
思えば、どのくらい前からだったでしょう
ほとんど同じ寝姿で、声を発することもなく
あっ、そういえばモモは?・・上に寝かせたままだ!
あわてて迎えに行くと、しっかり熟睡してた・・
そんな日中の存在感のなさに慣れてしまい
今でも、ふと「あれ?モモはどこだっけ?」と・・・
自分がいなくなっても家族の日常が変わらぬように
身体も存在感も少しずつ少しずつ小さくなり
そして最後は、私たちのもとから消えるように
そっと旅立って行きたかったのかもしれません
でもねモモ、静かで小さな、ぬいぐるみのような姿が
この家には、かけがえのない大きな存在だったんだよ


大きな悲しみを乗り越えるためには
我慢せずに泣き、苦しみ、後悔し、思い出すこと
闘病生活の中で、多くのお仲間の飼い主さんに
そんな言葉をかけていた私なのですが
現実にその時がやってきた自分に待っていたのは
悲しみや喪失感よりも、何が起こっているのかを
頭と心が受け入れず、何も聞く耳を持たず
これから戦いにいどむような高揚感でした
何かが起こったり、ピンチになったりすると
自分を奮い立たせるつもりなのか覚悟を決めるのか
やたらとハイテンションになり動き続ける性格・・
そういえば、子供が小さい頃に具合が悪くなると
今夜はひと晩中看病かも、と腹をくくった途端
台所のレンジやシンクの大掃除を始めたり
バカみたいに料理を作り置きして備えたりした私
モモが亡くなった日、体調はどんどん悪くなっても
いつものようにまたちゃんと復活してくれるはず
しっかり備えて看病に専念しようと奮起した私は
起きてすぐの朝から、人間の晩ごはんの準備を始め
ふらついてベッドわきにハマっていたというモモを
子供がキッチンに連れてくるまで忘れていたくらい・・
今思えば、かなり動揺してたのかもしれませんが・・
モモの死の直後も、どう見送るか、どこで火葬するか
とにかくちゃんとしなきゃ、しっかり責任を果たして
モモをきちんと送ってあげないと・・頭の中はそれだけ


すべてが終わった後、夢の中にいるような自分に
「もう泣いてもいいよ」といくら言い聞かせても
中途半端な悲しみだけで、胸がギュッと詰まったまま
今度は、悲しんでいたらモモが成仏できない・・と
モモの物を片付け始め、見るのがつらいと捨てました
それでも、どこかでモモが見てるかもしれないから
モモはもう走れるよ、嬉しいねえ・・と笑顔のまま
その途中で、仏前に供える写真が古いものしかなく
この数年、まったくプリントしていないことに気づき
最近の写真の中から、モモらしい1枚を選ぼうと
片付けを途中で放り出し、写真の整理を始めました
カメラに残ったまま、見ることができずにいた
結果的に、死の前後を記録することになった画像
これを見ながら、自分らしく今回のことを乗り越える
ヒントのようなものを得たような気がしました・・・



* Category : 闘病の記録2014.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月11日
パソコンに保存された画像をチェックしながら
今年のモモの画像が非常に少ないことに驚きました
なんと2月には1枚も撮っていないのです
そして、どれも寝たままの同じ姿、同じ表情
月に1度、変化のない日常をブログに更新し続け
でも、似たような写真ばかりだったということは・・・
モモが平和で穏やかに毎日を過ごしていたという
幸せな生活の証でもあったのかな
今回も、急変する前日からの画像は何枚もあり
いつもと違うモモの様子や、何かが起これば
以前のように記録に残そうと写真も増えていたはず
目をそむけたくなるようなアカラスの皮膚も
薄毛の身体も、首の腫れも、汚い歯石の口の中も
全部このブログに残してきた過去を考えると
この数年は、大きな変化もなく無事に過ごせた
神さまからの贈り物のような日々だったのかな
悲鳴を上げ暴れるような神経発作も起きなくなり
モモを抱きかかえオロオロと右往左往したり
どうかこの子を苦しめないで・・と祈ったことも
私自身がすっかり忘れていたくらいで・・・
もちろん、モモが本当にどういう状態であったのか
今となってはわからないし、知ることもできません
痛みに耐えていたのか、本当は苦しかったのか
こんなにあっけなく逝ってしまうくらいですから
体調に何も問題が無かったなんてありえないし
モモの身体には何かが起こっていたことは確かです
でも、亡くなる直前までわからなかった私と
それを私に訴えることなく、気づかせなかったモモ
お仲間の中には、聞くだけで苦しくなるような
つらい最期やお別れを経験された方もいます
それを思うと、申し訳ないくらいに恵まれた
幸せな最期だったと感謝しなくてはいけないですね


最近の写真をたくさん残してやれなかったことを
自分が後悔しているからではありませんが
様子がおかしいと思い始めてから数日で
突然旅立つことになってしまったモモの記録を
画像で残すためのスライドショーDVDを作ろうと
そんな物を作った経験もないくせに、突然決めました
私たち家族がモモの死をいつか乗り越えた時
よかったね、可愛かったね、いい旅立ちだったねと
思い返しながら見て、また思いきり泣けるように・・・
私も、これでもかっというくらいモモの姿を見ながら
悪戦苦闘して、DVDを作ることに集中し向き合い
誰にはばかることなく泣き、偲び、思いを吐き出す・・

我が家の宝物作りは、こうしてスタートしましたが
今年の1月と3月分しかないモモの数少ない画像と
亡くなるまでの3日分の記録と、お通夜とお葬式
全部合わせても100枚足らずしかありませんでした
モモの2014年の記録がそれだけ・・4か月分で・・
もうそこから号泣でした・・泣けて泣けて・・・
その後、毎日明け方まで泣きながら作業しました
写真のモモは、いつも私をじっと見つめているので
それを1枚見るごとにティッシュも1枚必要でした
毎朝、試合後のボクサーみたいな目だったので
モモが亡くなってからの1週間、私が外に出たのは
買い物1回と回覧板をこっそりポストに届けただけ
スライドショーはできたけど、DVDにできないとか
BGMの入れ方もわからない、音楽の取り込み方すら
調べないとわからない情けなさと悔し涙も混ざり
数日間、突然ふくらはぎが痙攣して何度もつるほど
体内の水分がほとんど涙に変わりました
何とかやっと完成したDVDをチェックしながら
少しだけ気持ちが軽くなった自分を感じることができ
とても嬉しかったし、ホッとしました・・・
楽しみにしていた家族は、日が経つほど臆病になり
いまだに、このDVDを観ることができずにいますが・・


* Category : 闘病の記録2014.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |