123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
2014年4月30日午後3時5分
私の腕の中でモモは息を引き取りました
落ち着いたら、あらためてご報告させてください


後日、ここでお知らせしようと思っていましたが
本当にたまたま、モモが亡くなった直後に
まったく別の用件でご連絡下さった方がいて・・・
驚かせてしまったようで申し訳ありません
すぐにお返事できないと思いますので
しばらくの間、メールはお休みさせてください
コメント欄にモモへのメッセージをいただけたら
何よりの供養になると思います

長い間、モモをあたたかく見守っていただき
本当にありがとうございました


          5月1日  miyu


5月5日追記
病気と積極的に闘わず、平和に穏やかに最期へ向かう
そんな日々をモモと過ごすことに決めてから
このブログを続けることのためらいや葛藤
何の参考にもならないだろう記事を重ねる申し訳なさ
かつての自分がそうであったように
必死でクッシングの情報を求めて頑張る飼い主さんには
今の闘わない私たちの姿がどう影響してしまうのか・・・
そんな怖さもあって、更新の頻度もどんどん減り
細々と月に1度のモモの様子だけを記録に残すだけ
モモが一緒に闘ったクッシング仲間は皆すでに旅立ち
長く頑張れる喜びとモモだけが残ってしまった寂しさで
大切だけど重く苦しい「クッシングモモ」でもありました
今の私には、クッシングに挑む気持ちも闘う気力もなく
そんな気持ちでは返信できないとコメント欄も閉じたので
今のブログを見て下さる方の姿は想像できませんでした
先日のお知らせも、メール交換が細々と続くお仲間に
お気遣い無用というメッセージのつもりでしたので
このブログを通して、ずっとモモのことを気にかけ
様子を見守って下さっていた方々からのコメントに
驚くと共に、喜びと感謝の気持ちで一杯になりました
まだ心が落ち着かず、涙のスイッチが入りそうで
いただいたコメントをちゃんと読むことができませんが
モモにはしっかり届けます、伝えます

             ありがとうございました




スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2014.中期
* Comment : (60) * Trackback : (0) * |

ご冥福をお祈りいたします。 * by けい
ご無沙汰しております。
いつもモモちゃんの様子をうかがいにきていました。
昨夜、4/27のお食事風景を拝見して、モモちゃんも11歳か~と思っていたところでした。
たまたま今日は会社が休みで、珍しく朝からPC開いたところでした。
モモちゃん、miyuさんお疲れ様でした。
モモちゃん、今頃はきっとお空を駆け回っていると思います。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

No title * by ピョンコ
モモちゃんの御冥福をお祈り致します。
そうでしたか。
前回の記事でゴハンを食べていたのでまだまだ元気だな〜と思っていたのですが。
でも病院や御家族の留守中ではなくmiyuさんの腕の中で…ベストだと思います。

うちはモモちゃんと同じ名前で、やはりクッシングと戦っている14歳のシーズーです。
何回かコメントさせて頂き、住まいもわりと近いようで影ながらモモちゃん応援していました。

miyuさん!
お辛いでしょうがお身体大切になさって下さい。
そしてモモちゃんはお空からmiyuさんを見守ってくれますね。きっと。

* by リキ
今日から5月だし更新してるかなぁ?と思って、ここへ来たので、今、頭の中は真っ白で、ただ、涙が溢れています。

でも、私は、マルの最期に、マルを抱きしめてあげなかったことを今でも後悔しているので、miyuさんの腕の中で旅立ったと聞いて、ホッとしています。

モモちゃん、本当によく頑張ったね。

モモちゃんとmiyuさんがいたから、マルと私も頑張れました。

モモちゃん、ありがとう。

モモちゃん(@_@。... * by 専業主婦
自由にならない身体で懸命に頑張ってきた歳月
本当に偉かったね・・・
miyuさん介護お疲れさまでした
喪失感は大きいものとお察しいたします
心よりご冥福をお祈り申し上げます<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます * by -

モモちゃん、さようなら * by kupukupu
miyuさん、長い間の看護、お疲れ様でした。
私の犬がクッシングになり易い体質と言われて、こちらにたどり着いたのはもう何年前のことでしょうか。
あの子は、クッシングにはなりませんでしたが、肝臓の病気で3年前に旅立ちました。
あの子がまだ元気な頃から闘病生活をしていたモモちゃん、本当に頑張りましたね。
いつの写真もとても可愛くて、元気そうに見えました。
miyuさんの献身的な看護はなかなかできることではないと思いました。

まん丸お目々の可愛いお顔をずっと忘れないでしょう。
たくさん愛されて幸せだったと思います。
miyuさん、どうぞお身体に気をつけて、悲しさと淋しさを乗り越えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます * by -

はじめまして * by haruおばちゃん
はじめまして
 今回初めてメールさせていただきます。
モモちゃんのブログをずっと拝見させていただいておりました。
といっても我が家のペットのマルチーズ犬が同じ病気になった時からで、約2年前からです。よく見ると違うのですが、一瞬家の犬に見えたくらい似ていまた。
 
ただ、我が家の犬は、昨年1月に他界しました。
自分自身が消えて無くなりそうなくらい悲しくて悲しくて、何カ月も本当に立ち直れない日々が続きました。
誰のどんな慰めの言葉も心には届きませんでした。
大好きな活字も読めませんでした。

 モモちゃんよく頑張ったね。
どうか、miyuさんには、ちゃんと食べて飲んで眠ってくださることをお願い申し上げます。
本当にお疲れさまでした。

 モモちゃんがあちらで、我が家の犬と仲良しになってくれることを願っています。        合掌

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

たくさんのメッセージをありがとうございました
メールにコピーして転送し、印刷して・・
モモの仏前で読み、お供えしています
その生涯のほとんどを家の中で過ごしたモモを
こんなにたくさんの方が知っていて下さり
モモの生きた証と残した記録が報われたような
嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです
8年近く続けてきた闘病記のまとめとしても
30日前後のことをちゃんと記録に残そうと思い
やっとブログに向き合う気持ちになったのですが
どこから、何から、どこまで、どうやって・・
写真は何を、生きてるのだけ?その後の分も?
詳細に書けば、何日分にでもなりそうだし
まとめてしまえばいいのか、でも後悔しないのか
そんな葛藤で、まったく先に進みません
このままでは何も書けなくなってしまいそうなので
とりあえず、今の自分の思いを残していきます


5月9日
モモを見送って10日が過ぎようとしていますが
不思議なほど、私たちの生活には変わりがなく
いつもの場所に、いつものように横になっている
そんなモモの姿が家族全員に見えているのか
ただいまモモ、お休みモモ、モモ、モモ、モモモモ・・
思えば、どのくらい前からだったでしょう
ほとんど同じ寝姿で、声を発することもなく
あっ、そういえばモモは?・・上に寝かせたままだ!
あわてて迎えに行くと、しっかり熟睡してた・・
そんな日中の存在感のなさに慣れてしまい
今でも、ふと「あれ?モモはどこだっけ?」と・・・
自分がいなくなっても家族の日常が変わらぬように
身体も存在感も少しずつ少しずつ小さくなり
そして最後は、私たちのもとから消えるように
そっと旅立って行きたかったのかもしれません
でもねモモ、静かで小さな、ぬいぐるみのような姿が
この家には、かけがえのない大きな存在だったんだよ


大きな悲しみを乗り越えるためには
我慢せずに泣き、苦しみ、後悔し、思い出すこと
闘病生活の中で、多くのお仲間の飼い主さんに
そんな言葉をかけていた私なのですが
現実にその時がやってきた自分に待っていたのは
悲しみや喪失感よりも、何が起こっているのかを
頭と心が受け入れず、何も聞く耳を持たず
これから戦いにいどむような高揚感でした
何かが起こったり、ピンチになったりすると
自分を奮い立たせるつもりなのか覚悟を決めるのか
やたらとハイテンションになり動き続ける性格・・
そういえば、子供が小さい頃に具合が悪くなると
今夜はひと晩中看病かも、と腹をくくった途端
台所のレンジやシンクの大掃除を始めたり
バカみたいに料理を作り置きして備えたりした私
モモが亡くなった日、体調はどんどん悪くなっても
いつものようにまたちゃんと復活してくれるはず
しっかり備えて看病に専念しようと奮起した私は
起きてすぐの朝から、人間の晩ごはんの準備を始め
ふらついてベッドわきにハマっていたというモモを
子供がキッチンに連れてくるまで忘れていたくらい・・
今思えば、かなり動揺してたのかもしれませんが・・
モモの死の直後も、どう見送るか、どこで火葬するか
とにかくちゃんとしなきゃ、しっかり責任を果たして
モモをきちんと送ってあげないと・・頭の中はそれだけ


すべてが終わった後、夢の中にいるような自分に
「もう泣いてもいいよ」といくら言い聞かせても
中途半端な悲しみだけで、胸がギュッと詰まったまま
今度は、悲しんでいたらモモが成仏できない・・と
モモの物を片付け始め、見るのがつらいと捨てました
それでも、どこかでモモが見てるかもしれないから
モモはもう走れるよ、嬉しいねえ・・と笑顔のまま
その途中で、仏前に供える写真が古いものしかなく
この数年、まったくプリントしていないことに気づき
最近の写真の中から、モモらしい1枚を選ぼうと
片付けを途中で放り出し、写真の整理を始めました
カメラに残ったまま、見ることができずにいた
結果的に、死の前後を記録することになった画像
これを見ながら、自分らしく今回のことを乗り越える
ヒントのようなものを得たような気がしました・・・



* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月11日
パソコンに保存された画像をチェックしながら
今年のモモの画像が非常に少ないことに驚きました
なんと2月には1枚も撮っていないのです
そして、どれも寝たままの同じ姿、同じ表情
月に1度、変化のない日常をブログに更新し続け
でも、似たような写真ばかりだったということは・・・
モモが平和で穏やかに毎日を過ごしていたという
幸せな生活の証でもあったのかな
今回も、急変する前日からの画像は何枚もあり
いつもと違うモモの様子や、何かが起これば
以前のように記録に残そうと写真も増えていたはず
目をそむけたくなるようなアカラスの皮膚も
薄毛の身体も、首の腫れも、汚い歯石の口の中も
全部このブログに残してきた過去を考えると
この数年は、大きな変化もなく無事に過ごせた
神さまからの贈り物のような日々だったのかな
悲鳴を上げ暴れるような神経発作も起きなくなり
モモを抱きかかえオロオロと右往左往したり
どうかこの子を苦しめないで・・と祈ったことも
私自身がすっかり忘れていたくらいで・・・
もちろん、モモが本当にどういう状態であったのか
今となってはわからないし、知ることもできません
痛みに耐えていたのか、本当は苦しかったのか
こんなにあっけなく逝ってしまうくらいですから
体調に何も問題が無かったなんてありえないし
モモの身体には何かが起こっていたことは確かです
でも、亡くなる直前までわからなかった私と
それを私に訴えることなく、気づかせなかったモモ
お仲間の中には、聞くだけで苦しくなるような
つらい最期やお別れを経験された方もいます
それを思うと、申し訳ないくらいに恵まれた
幸せな最期だったと感謝しなくてはいけないですね


最近の写真をたくさん残してやれなかったことを
自分が後悔しているからではありませんが
様子がおかしいと思い始めてから数日で
突然旅立つことになってしまったモモの記録を
画像で残すためのスライドショーDVDを作ろうと
そんな物を作った経験もないくせに、突然決めました
私たち家族がモモの死をいつか乗り越えた時
よかったね、可愛かったね、いい旅立ちだったねと
思い返しながら見て、また思いきり泣けるように・・・
私も、これでもかっというくらいモモの姿を見ながら
悪戦苦闘して、DVDを作ることに集中し向き合い
誰にはばかることなく泣き、偲び、思いを吐き出す・・

我が家の宝物作りは、こうしてスタートしましたが
今年の1月と3月分しかないモモの数少ない画像と
亡くなるまでの3日分の記録と、お通夜とお葬式
全部合わせても100枚足らずしかありませんでした
モモの2014年の記録がそれだけ・・4か月分で・・
もうそこから号泣でした・・泣けて泣けて・・・
その後、毎日明け方まで泣きながら作業しました
写真のモモは、いつも私をじっと見つめているので
それを1枚見るごとにティッシュも1枚必要でした
毎朝、試合後のボクサーみたいな目だったので
モモが亡くなってからの1週間、私が外に出たのは
買い物1回と回覧板をこっそりポストに届けただけ
スライドショーはできたけど、DVDにできないとか
BGMの入れ方もわからない、音楽の取り込み方すら
調べないとわからない情けなさと悔し涙も混ざり
数日間、突然ふくらはぎが痙攣して何度もつるほど
体内の水分がほとんど涙に変わりました
何とかやっと完成したDVDをチェックしながら
少しだけ気持ちが軽くなった自分を感じることができ
とても嬉しかったし、ホッとしました・・・
楽しみにしていた家族は、日が経つほど臆病になり
いまだに、このDVDを観ることができずにいますが・・


* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
最後の3日間をまとめたDVDに使用した画像の中から
経過のわかるものを使って、簡単ではありますが
モモの旅立つまでを、このブログにも残そうと思います
後半には亡くなった後の画像も掲載しています
とても迷い、悩んだのですが、加工せずそのまま残します
不適切と思われる場合は、ご覧にならないようお願いします

4月27日に食事風景を記事にしてから2日後のモモ
27日の夜から食欲はなく、結果的にあのブログ記事が
モモがちゃんと食事をした最後の姿になってしまいました


28日の夜から、数回の嘔吐はありましたが
まだ水分はしっかり摂れていて
ふらつきながらもトイレに行こうとしたり
寝返りをしたり、反応もしっかりしていました
P1010609.jpg

約12時間後、日付が30日になりました
元気はなく、ミルクと水しか飲まない
おしっことうんちは、まだしていました
朝まで、静かにずっと目を開けていて
ただずっと、そばで見守ることしかできませんでした
P1010616.jpg

吐き気もないまま、突然ゴボッと液体を嘔吐し
その後は落ち着いている・・・それを数回
P1010617.jpg

オムツにうんちをしていましたが
おしっこが出ていないことに気づく
だけど水もミルクも飲みません
モモの体内で何が起こっているのかを
やっと気づき始めた私ですが
どうするべきか・・悩み、迷い・・でも
病院に行く、点滴してもらう、という道を
私は選びませんでした
P1010621.jpg

どうしようか悩み、迷いながらも
晩ごはんの準備をしている私のもとに
息子がモモを連れてきました
もうほとんど動かない身体で私を追い
ベッドとクッションの隙間に挟まったのか・・
あれこれ考えて落ち着かないとはいえ
肝心のモモをベッドに残して私は何をしてるのか?
片時も離れずモモのそばにいようと思いました
とにかく今はそれだけしかできないと・・・
P1010623.jpg

抱いたり下ろしたり向きを変えたり
背中をさすったり、肉球をマッサージしたり
バルコニーに出て風に当たったり・・・
この時の私は何を考えていたんだろう?
その1時間後、突然モモの呼吸が乱れ
ゼーゼーと詰まったような音が続き
これが続くなら、酸素の手配も必要かと
あれこれ考えているうちに
オムツから緑色の水様便が漏れているのに気づき
慌ててオムツをはずしてお湯でお尻を洗うと
呼吸が正常になり、スッキリした表情に・・

オムツを取り替えてホッとしたところです
呼びかけるとじっと私の顔を見つめ
お腹がラクになったのかな?よかったねえ・・と
すっきりしたかわいいモモの表情に
思わずカメラを向けたのですが・・・・
P1010630.jpg

この時は、まさかこれが最後の1枚になるとは
P1010632.jpg

午後2時37分40秒に撮ったこの顔
本当に穏やかでかわいい表情でした
P1010702.jpg

この数分後・・はっきり記憶していませんが
突然、ゴボッと吐いて・・あわてて口を拭き
モモを抱き上げると、手足の力が抜けたようになり
目もどこを見てるのかわからない状態でした
心臓の鼓動も脈も感じられず、息をしてない
驚いて、とっさにモモの鼻から息を吹き込むと
2回目に、我に返ったように手足に力が入り
驚いたような感じで大きく息を吸い込み
モモは戻ってきました・・
でもすぐにまたぐったりと力が抜けて・・
私は自分に言い聞かせるように、夫に言いました
「もう逝かせてやらなきゃ・・苦しいだけだよね」
そして、ぐったりしたモモを胸に抱いたまま
いい子だね、頑張ったね・・と繰り返してたような・・・

寝かせて、口からだらりと出ていた舌を戻し
開いていた目を閉じ・・ふと思い出して
夫に時間を確認すると、午後3時5分でした
本当に亡くなったのは3時ちょうどの頃だったのでしょうね
P1010634.jpg

その夜にお通夜
この夜は私のベッドで一緒に寝ました
モモは死んでも大人気でひっぱりだこ
明け方には息子に連れていかれました
P1010641.jpg

翌日に、自宅でお葬式のような
お別れをしていただきました
その直前まで、みんなで抱っこ
P1010664.jpg

人間のお葬式のように・・・
P1010673.jpg

映画の「おくりびと」みたいでしたね
P1010674.jpg

笑顔になったモモにお別れをして
お経もあげていただき
P1010697.jpg

お弁当をしっかりと胸に抱いて
P1010691.jpg

用意していただいた棺ではなく
結局、火葬炉に入るまで私が抱いていました
最後までみんなに見守られて・・・
そして、お骨はそのまま自宅に届けて下さり
恐竜の骨格標本のようにきれいに並んだ姿を
家族で1つ1つ思いを込めて骨壺に収めました
P1010683.jpg

骨壺に収まったモモは
生きてる時よりも大きくて重かったです
P1010687(1).jpg

「クッシングモモ」を見守って下さった皆さまへ
モモと私からは感謝の言葉しかありません
長い間、本当にありがとうございました
P1010690(1).jpg

* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
モモが旅立った2014年4月30日
明日で、あれから一年になります
色々なことがありましたから
ふり返りたくないような・・・
だけどあの頃に戻りたいような・・・
複雑な気持ちをどこかに残し
今現在の平和な日々に感謝

P1030268(1).jpg
先延ばしにしたまま放置していた
モモの写真額を作り始めた先日
ふと思い立ってDVDを観ました

P1030270(1).jpg
去年、数日間号泣しながら作った
例のモモの旅立ちの記録DVDです
その中でBGMに使った古い曲が
この春のドラマの主題歌になり
番組のCMで流れてきたのを耳にして
モモの映像が頭の中にグルグル
音の記憶ってすごいですねえ(笑)
でも、あんなに辛く苦しい中で作ったのに
脱水するほど身を削る思いだったのに
久々に号泣か?・・という予想を裏切り
なんと、私に幸せな時間をくれました
可愛くて可愛くて・・・会えて嬉しかった

P1030279(1).jpg
よしっ、この勢いで命日にブログに残そう
と思いついたまではよかったのですが
かつて動画をアップしていたサイトは閉鎖
このブログ内に貼ったいくつかの動画も
他に移さず観られないまま放置した私
どこから手を付ければいいのか・・・
何とかYouTubeに元のファイルをアップ
だけど長すぎてダメ、短くしないと・・・
BGMが著作権に引っかかるのでダメ・・
あれこれ編集し直していたら、あれ?
元のDVDとは全然別物になってしまいそう
結局また元に戻り、画像を半分に減らし
問題のないBGMに変更して・・できた



モモの命日を迎え
思い出と愛しさと悲しみに包まれつつ
こんな供養もいいかな・・・と
復活した体調と体重で平和に過ごしています
ありがとうございました



* Category : 闘病の記録2014.中期
* Comment : (10) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

おひさしぶりです * by おしょう
miyuさん2回目のコメントです。
私はたまたまmiyuさんのブログを見つけてずっと拝見してい
ただけの者ですので、失礼かとは思ったのですが、
ずっとブログが更新されるのを待っていたのでついつい
コメしちゃいました。
miyuさんがお元気そうで何よりです。
そしてモモちゃんに久しぶりに私も会えたような気がして
とてもうれしいです。
私も愛犬を亡くして4年が経ちました。
新しいワンコを迎えていますが、今でも写真や動画を見な
がら笑ったり泣いたり後悔したりしちゃいますね。
そして今のコには絶対に同じような目にはあわせないぞっと
決意したりします(笑)
きっとそういうことを最後にあのコは教えてくれたんだなって
思いながら、うちのコになってくれたことに感謝しています。
miyuさんとモモちゃんの姿からも本当にいろんなことを教え
ていただきました。ありがとうございます。
miyuさん、またぜひブログ更新してくださいね。
待ってます。
では。

さとうさんへ * by miyu
こんにちは、あたたかいお言葉をありがとうございます
節目の時だけでも・・とブログの更新をして
だけどその後は、しばらく開くことができず(笑)
いただいたコメントも読めないという情けなさで・・・
日常生活はまったく平常運転に戻っているのにね(笑)
元気な老後のために?もっと頑張ろうと思っています

ピョンコさんへ * by miyu
こんにちは、気にかけて下さりありがとうございます
病気や高齢で弱ってくる愛犬を見守る気持ちは
愛しくて悲しくて切なくて・・お気持ちわかります
食べたいものが食べられて、おだやかに平和に
モモちゃんと、少しでも長く一緒にいられますように・・・

さくらさんへ * by miyu
こんにちは
モモと私を見守って下さり、ありがとうございました
16歳まで頑張ったモモコちゃんの旅立ち
まだまだつらい日が続いているのでは・・と
さくらさんのお気持ち、お察しします・・・
そしてのび太ちゃん、12歳のお誕生日おめでとう
モモも今日が12回目の誕生日です
姿はないけれど、私にはとてもうれしい日です(笑)

おしょうさんへ * by miyu
こんにちは
モモが亡くなった時にコメントを下さり
励ましていただきありがとうございました
小さな命に教わること、学ぶことは多いですね
私も、モモとモモの病気に育てられた気がします
泣いたり後悔したりの繰り返しでも
いつか、一緒に生きた幸せな日々の思い出だけが
大切な宝物として残る日が来たらいいなと思っています
そんな痛みを知るあなたと共に暮らす今のワンちゃんは
きっと、とてもしあわせだろうと思います


承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。