12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
11月の下旬にバリカンを使ってカットしてから、胸のあたりの
ピンク色が目立ってきたような・・。
後ろ足の肉球が硬く盛り上がっているようにカサカサしています。
前足の肉球が、ほとんど使わないせいか色も薄く柔らかいので、
余計に目立つのかもしれません

12月10日
11時少し前に病院に着きました。今回はトリロスタンを飲ませてから
ちょうど4時間後です。 実は、11月27日にACTHの予約をする時、
前回のことが気になっていたので、思い切って先生に
「投薬後、4~6時間後が最適らしいのですが」と言ってみました。
先生は、食事の時間なども考慮してくれて、ちょうど4時間後に受けられるように
11時にしましょうと言ってくれました。なんで今まで遠慮なんか
していたのでしょう。この先生はいつだって話をちゃんと聞いて
答えてくれるのに、この時そう思いました。
今回は血液検査も一緒にお願いしたので、やはり気になっている、
カリウムとナトリウムも調べてほしいと頼んでみました。
試薬を注射して1時間待つあいだに血液検査の結果が出ました。
今回も、ここの検査表ではすべて参考基準範囲内です。
前回と比較できるのはGOT25が34、GPT57が53、ALP224が242、
GLU106が106、BUN14.8が26.4、その他CREが0.6、TPが5.9、ALBが3.1、
Naが144、Kが3.9、CLが104でした。先生もこれなら問題はないでしょう、と。
ただ、私としては毎度気になるTCHOとTGが入ってなかったので、
ちょっと残念でした。その後採血を待つ間、ここに通い始めて半年になりますが、
こんなにたくさんの人と話した事は初めて、という位色々な方に話し掛けられて、
モモも私もとまどってしまいました。嬉しかったのですが、
検査中で安静にさせたい気持もあり車の中へ。すると今度は隣にタクシーが止まり
暑くて窓を開けていたのですが、モモを見て何か言っています。
「随分興奮してるね、水を飲ませたら?」そう心配して声をかけてくれたようです。
運転手さんもマルチーズを飼っているとのことで写真を見せてくれました。
おしゃべりしていてふと気がつくともう時間でした。先生に呼ばれ、
採血して帰宅しました。
支払い 16500円




スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月11日
夜の9時近く、先生から電話が。前回は検査の結果を聞いたのは6日後でした。
こんなに早く、この時間にかかってきたことに私は動揺していました。
「検査結果がきたので・・」と先生は話し始めましたが、
悪い知らせだろうと思いました。思ったとおり
「前値は4.2だったのですが、1時間後が50・・・」と。
動揺していた私は、もう1度数値を確認しました。50・・以上なのか
50なのかわかりません。しっかり話を聞かなくちゃと思いつつ、
間違いではないかと聞いたような気がします。
先生の話では、刺激に対してこれほど反応してしまうのは、
薬でコントロールしていても何かのはずみでコルチゾールがかなり
増加してしまうということで、今の量の薬では足りなくなっている可能性もあること、
病気が悪くなっているかもしれない、1日の中で何度か増加している状態が
起こっているとも考えられるのではないか、と。
ただ、血液検査の結果を見ても今の所異常はないので、今回の結果だけですぐに
投薬量を増やさなくても・・。多分こんな内容だったと思うのですが、
メモしながら聞いていたにもかかわらず、後で見ると、自分の書いた字が
読めないのです。この時の私は、本当にかなりのショックを受けていたようです。
私は、この結果だけで薬を増やすのは不安なので、近いうちにもう1度検査をして
それでも同じ結果がでたら、その時に、投薬量を増やす事も含めて
考えたいと言いました。いつ再検査を受けたらいいかと尋ねると、
何とも言えないといったような感じです。
それで、ひと月分ある薬がなくなる頃に病院へ行くので、
その時に相談させてもらいたい、と言いました。すると先生は
「実は、今月で退職することになっています」と。2度目のショックです。
先生は「他のスタッフでちゃんと対応できるようにしておきます」
「何かあれば連絡も取れるので大丈夫」と言ってくれたのですが、
それなら安心です、とは言えませんでした。今回の検査で問題がなかったら、
同じショックでも違ったでしょう。
「病状が落ち着いているので大丈夫です、お元気で」
とお別れできたかもしれませんが。こうなったらなんでも聞いておこう、
と思いました。モモのクッシング治療について先生はどうすることが
1番いいと思われますか?と。
                        つづく




* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
つづき
先生の話。投薬量を増やすことはあまり薦めない、モモのような小型犬の場合は
薬の量も少なく、飼い主の負担もなんとか続けていける金額で済むかも
しれないが、大型犬ではとても負担が大きく、トリロスタンの投薬治療を
薦める事はないだろう。多飲多尿やひどい脱毛その他の重大な症状がない場合、
まったく治療をしないでそのままということもある。モモの場合は、
歩行異常が改善する可能性を考えて投薬を薦めたが、数ヶ月の投薬でも
改善は見られず、これ以上の回復は考えにくい、しかし、血液検査の結果も
いい状態になっていることもあり、今の量を続けたまま経過を観察して、
脱毛の状態、毛のつや、多飲多尿などに変化や悪化があればその時に考える方が
いいのではないか。今回、検査の結果が悪かったけれど、モモの状態に
特に変化がないのなら、このまま様子を見るという方がいいのでは。
こういう話だったように思います。先生は言いにくそうだったので、私が
「治療してもしなくても、余命や生存率は変わらないといわれてますよね」
と言うと、先生も、そうですねと。
先生のお話は、現在のクッシング治療のありかたの標準と言われる
考え方だと思います。積極的に薬の量を増やし、症状に応じて更にそのための
薬も投与して、検査も頻繁に行いその結果をもとに、更に投薬や治療を変更する。
そういう考え方の病院もあるでしょう。どちらが良くてどちらが悪いと
いうことではありません。どういう治療を選択するかは
何よりも飼い主の判断が大きいからです。というか、どういう治療をするのかは
飼い主がそうしたいと希望するものでなくてはならないからです。
私自身はどちらの考え方も納得できます。そして、治療を始めて5ヶ月過ぎても
いまだにどうしたいのか決める事ができません。




* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月13日
ブラッシングしている時、あごの下から首にかけて1列に3個並んだ湿疹を見つける。
そういえば、前回のフロントラインから2ヶ月近くになる。これが湿疹じゃなくて、
ダニかノミに刺されたのなら、その方が嬉しいなあと思いながらフロントラインする。
家計簿に前もってシールを貼り、毎月かかさずにしていたフロントラインですが
発病以来、ちょっとしたことに神経質になってしまい、これも殺虫剤かと思うと
身体に悪そうに思えて、少しずつその間隔が長くなっています。
前の病院では、何も言わなくても「フロントライン、もう無くなる頃ですよね」と、
トリミングや健診の時に聞かれるので、自分で勝手に間をあけたり
できませんでした。今の病院ではフロントラインについて聞かれたことは
ないのですが、どっちが普通なのか、他の病院は知らないのでわかりません。
今は、処方食やサプリも通販で購入したりしてますが以前は、フロントラインも
処方食も病院でしか手に入らないと思っていた無知な私です。



* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

承認待ちコメント * by -

12月15日
今日から、食事を3回にしてみることにしました。トリロスタンも
2回にわけて投与することに。コルチゾールは朝多く出るので、
薬は朝1回飲ませるようにと聞いてはいますが。
この2~3日、今後の治療について考えていましたが答えは出ません。
そこで気になったのが、以前からずっと知りたかった「クッシングだと、
どんなことがつらいのだろう」という事。ペットは口がきけませんから、
その様子や症状で見る事しかできないのですが、具体的に知るのは難しく、
モモのように多飲多尿もなく血液検査でも落ち着いていると、病気による
不快な症状があるのか、つらいと思う事か起きているのかどうかもわかりません。
薬を飲むとどんな感じなんだろうかと言う事も気になります。
人間の場合、クッシングの治療は手術が多いようですが、
何かわかればと探してみました。まずは症状、肥満、ムーンフェイス、にきび
、高血圧、うつ、パニック障害などが病気のきっかけや悩みに
なることがあるようです。他にも、野牛肩、糖尿、肝数値の上昇、
そして女性なら月経異常も。あらためて本当に大変な病気だと思います。
ストレスが強い時や空腹時にたくさん分泌されてしまうのが、
ストレスホルモンといわれるACTHやコルチゾール。これは犬でも同じですね。
増加したホルモンで免疫細胞が減少して皮膚炎や感染症にかかりやすく
なってしまうのも同じ。治りにくい傷やあざから別の病気を疑われる場合が
人間でもあり、骨粗しょう症の心配、骨折で見つかる場合も。
トリロスタンについては、人間の場合まず日に4錠を3~4回に分けて服用とあります。
やはり、これらのホルモンは朝に多く産出されると。でも分けて飲む方が
いいのでしょうか。別の所で見た記事では、トリロスタンの効果は投薬後、
数時間しかないとあります。それなら分けた方がいいのは納得です。
副作用は、吐き気、嘔吐、発疹、かゆみ、だるさ、眠気、脱毛、
肝機能値の異常、関節痛。他の薬に比べると、副作用が少ないと言われる
トリロスタンですが、軽いものでは無いようです。脱毛というのはちょっとショック
人間の場合、症状に多毛というのもあったので、副作用で脱毛というのが、
どういう状態をいってるのかはわからないのですが。
私は、モモがトリロスタンを飲み始めてから、特に気になる副作用は
ないと思っていましたが、自分勝手に副作用が少ない薬だと思い込んでいて、
気付かなかったのかもしれません。とりあえず、良いのかどうかわかりませんが、
空腹時間が長くならないように食事は3回に、投薬は、犬のトリロスタン治療の
記事に、将来的に投薬は2回が望ましいということになるかもしれない、
とあったので、今だって1回でなければダメということはないだろうと
勝手に判断してみました。あくまでも自己責任ということですね。






* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
食事
発病までは減量のため1年間ユーカヌバライトとラムライス、
その前はビルジャックでした。初めて家に来た時、譲ってくださった方が
持たせてくれたのは、ペディグリープリンシパルとシーザーでした。
シーザーの缶詰は、処方食になるまで時々食べていました。
そういえば、花王のヘルスラボというのも試したことがあります。
5月から、ヒルズの肝臓用処方食エルディー、7月からは糖尿用ダブリューディー。
運動量も少なくなり、1日のカロリーは300以下になるようにしています。
1日分が、フードを80グラム、蒸したとりのささみを50グラム、
たまにおやつをあげます。といっても週に1~2度、ヒルズのトリーツを
1~2個ですが。フードは毎回計り、ささみも1週間分蒸して50グラムずつ
計って冷凍します。糖尿用は、減量用を兼ねているせいか低カロリーなので
量はたっぷりです。発病前はおやつも時々与えていました。
ささみジャーキー、ブタ耳、砂肝、グリニーズ、クッキー、ガム、りんご、
ヨーグルトなど、誕生日には犬用ケーキも。こうやって書き出してみると、
今は楽しみがなくてかわいそうな気もしますが砂肝って漢字で見ると身体に悪そう。


トリロスタンをピルクラッシャーで4つにカットして、
15日からは1日分をさらに半分にカットフードをふやかしたものに
くぼみをつけて、アズミラのビタミンBコンプレックスを
カプセルから出してくぼみに耳かき2杯程のせて、その上からフードでふたをします。
お団子にしたものに薬を埋め込んで、元気玉の出来上がり。これは直接口の中へ。
少し前ですが、掃除をしていたらキッチンの隅に白い小さなかけらが・・。
飲ませたはずのトリロスタンでした。それ以来気をつけて確認することにしました。
その後に、ふやかしたフードにささみを混ぜたごはんを食べさせています。
モモは水をあまり飲まないので、フードをそのままあげると、
うんちが粉みたいになるので、このやり方にしました。
糖尿用フードは繊維質が多くお腹の中でかさが増えるみたいです。
水分を十分に与えるようにと書いてあったような・・。

1日2回、食後に目薬をします。今はムコファジンという点眼薬を
通販で購入しています。
1本5mlですが、ちょうど1ヶ月で使い切ります。

飲水量は毎日計っています、フードをふやかすのに80~100、
直接飲む分が100~120合計200cc前後です。
少ないように思うのですが、心配ないと先生に言われています。



* Category : 食事と投薬の記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月16日
あごから首にかけての湿疹は数が増えました。2~3日前から腕や足
その他を噛むような仕草も時々します、かゆいのではないか?
床に顔をこすりつけていることもあります、
ダニかノミならいいなあと思っていたけど、もしかして、今になって副作用?
トリロスタンの副作用について調べてしまったせいで、
今までなら気にも止めなかったモモの様子が、急に心配になってきた
という可能性もあります。
私も経験があるのですが、医学全書とか家庭の医学なんかを読んでいるうちに、
症状がみんな自分にあてはまるような気がして不安になる、そんな感じでしょうか。

12月17日
あれこれ考えるより病院に連れて行こう、と夕べまで決めていたのに、朝になると
また迷ってしまいました。今朝はごはんの後もかゆそうな様子は
まったくありません。湿疹も、白っぽくなり治りかけているようなカサカサ状態で、
増えてもいない。今日シャンプーして、もう1日様子を見る事にしました。
病院へ行くストレスの方がモモには大きいような気もするし。
ストレスといえば、空腹時間を減らそうと食事を3回にしたのに、逆効果だったかも。
今まで夕ご飯をあげていた6時になると、張り切って催促に来るモモ。
8時と2時に食べているから次は8時です、お腹も空いていないはず。
そんなこといっても、身についた習慣は簡単には変えられるものではありません。
仕方なくベッドに戻り遠慮がちにクンクン鳴いているのを見ると、
ストレスでホルモン漬になっているモモの身体の中が目に浮かぶようです。
更に、そんな不憫なモモの姿を横目に夕食をとる人間たちのストレスも相当です。


* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
投薬治療をスタートされたばかりとのこと、不安がいっぱい・・
お気持ちよくわかります、これからどうなるんだろうと私も悩みました
ちょうど↑の記事の頃も(笑)お先真っ暗で必死でした・・
落ち着くまでは心配も不安も大きいと思いますが、きっと大丈夫♪
そう信じてミミちゃんと一緒に頑張って下さいね

12月18日
夕べシャンプーしたので、脱毛もわからないくらいにふわふわで真っ白なモモ、
このまま時が止まればいいのにと思うほど、普通の元気なマルチーズに見える。
今日は、ほとんど水を飲まない。仕方ないのでフードをふやかす量を増やすことに。
それでも全部で170cc、直接飲んだのは多分70ccくらい。

12月19日
首の湿疹は、触ってもわからないくらいになった。ノミとりコームで
細かくとかしながらよーく見ると、まだ赤くぽつんとあるのがわかる程度なので
大丈夫だろうとひと安心。3回食にも少し慣れたようです。
まだちょっとかわいそうな気もするけど。2回の時は、夕飯前の1時間位、
お腹がグーっと鳴ることもあり、空腹を我慢しているのがわかったけれど、
昨日も今日もそれはないので良かった。

12月20日
ごはんの時、嬉しくて嬉しくて、ものすごいスピードで走ってきたモモは、
私の前でクルクルと何度も回った。その時は気がつかなかったけど、
食べている時も前足がついていた。
4本足でゆっくり歩けず、立っていることもできないのに、なんで走れるのだろう。
「おいで」と呼ぶと2本足で立ち上がり、「せーのっ」という感じでいきおいよく
ダッシュして走り、私の前で止まるとまた2本足で立ち上がり、
よちよち歩きの赤ちゃんがだっこをせがむみたいに両手を上げて歩いてくる。
今はこれが当たり前になっている。知らない人が見たら、
得意芸のひとつだと思うかもしれない。
もしかしたら、前足を交互に出す事ができないのか・・・不思議でならない。

* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月22日
1度は治りかけていたと思った、あごから首にかけての湿疹、
昨日のブラッシング時に増えているのに気がついた。
さらに、モモがあお向けで首を大きく反らせた時、あごに近い部分に
やや大きなしこりを見つけた。普通の状態では触っても手にふれないので
見落としていたのかも。おできのような赤く腫れたかたいしこり、いつできたのか
無理やり押さえつけてよく見ると、左右対称というか平行した位置にもうひとつ。
ポツンとした湿疹も、首から、さらにその下にむかって2個増えている。
不思議なのは、それらが1本の直線上に並んでいること。ちょうど、あごの下に
しこりを先頭に2本の線が平行して湿疹をつくって並んでいるみたい。

12月23日
年末やお正月の休診を考えると、これ以上ひどくなっては困るので病院に行く。
初めて診ていただく若い男の先生でした。状態を説明し、患部を診てもらうのに
モモがあごを上げません。寝かせて押さえつけてもダメ、
先生と2人がかりでも大変でした。セロテープみたいなものを湿疹にぺたっと貼って
検査してもらい、細菌性のものだろうということで、お薬を
処方していただくことに。抗生物質の飲み薬と塗り薬です。
クッシングには、免疫が低下することによって起こる皮膚疾患がつきものです。
今までは、このような症状がたまたま出なかっただけなのかもしれません。
薬が増えるのは心配ですが、かゆみも出てきたように見えるし、
この薬で治るのならたいしたことじゃないから大丈夫、そう思うことにしました。
支払い 2490円




* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
時々ブログをのぞいてくれる友人から、「闘病記なのはわかるけど、なんか暗いよ」
「実際は元気なんだから、もっと気楽に」とアドバイスをもらう。
それもそうだと納得。真面目に書かなくちゃと気をつけていたけど、
無理することもないんだと少し楽になる。

12月24日
昨日もらってきたACTHの検査結果、あらためて見るとためいきが出るような
暗い気分になる。前値4.2、1時間後が >50、まぎれもなく、
50オーバーっていうことだったのですね。
今日のモモは寝てばかり、薬のせいか、昼間でもいびきをかいて熟睡している。
真っ白い毛は、黄色い塗り薬でグチャグチャしている。その哀れな姿がまた不憫で
思わず、「モモ~っ」と寝ているのを起こして抱きしめてしまう。モモは迷惑そう。
今日はクリスマスイブ、サンタクロースがモモに健康な身体を
プレゼントしてくれますようにと思わず祈ってしまいました。
でも祈る場所が仏壇の前じゃ、期待はできそうもない。
せめて今夜は特別にささみを1本おまけして、ほぐさずにそのままあげるからね。
喜ぶ姿が目に浮かぶ、そしてそのモモの顔が、
家族みんなのごちそうになると思うから。



* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 海ぱぱ
メリークリスマス ~☆
サンタさんに 健康な体 ♪ お願いしたんだね ☆彡☆彡
僕も同じおねがいしたよぉ~~~  w('o')w
仏壇の前かぁ~ @@;  僕は海とケーキ食べながらだもん(^_-)
今日はクリスマスだから ちょっちクッシングのことはあえて書かないよ(^凹^)
お願い聞いてくれますように♪♪♪ 

海パパさんへ * by miyu
メリークリスマス
せっかくのクリスマスに、今度は抗生剤仲間となりました。
なんか海くんを追いかけてるみたい。
海くんは飲み終わったんだね、よかったよかった・・
モモはケーキもらえず、ささみ1本だけど大満足
「えっ!!あっしがいただいて、ほんとにいいんですかい?親分。」
ていう顔だったよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。