123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月1日
水分摂取量、30日207(フード88、飲水119)31日208(88、120)
クッシングの投薬治療を開始する際に、どのくらいの量からスタートする
かというのはとても重要な問題で、ほとんどの場合それは獣医が決める
ことになるのだろうと思いますが、余計なお世話と思いつつ、今までに
皆さんにお聞きしたり、クッシングを調べていた時に得た情報をもとに、
どうしても残しておきたいと思っていることなので、また長いですが・・。
クッシングの治療薬トリロスタンには、日本の持田製薬のデソパン錠
をはじめ、カプセルに入った粉状の海外の製品など数種類があります。
投薬治療をスタートする場合に、多くの獣医が参考にしているのではと
思われるほど、よく見かける資料がこちらなのですが

「最初の投与量は5kg以下は30mg、5-20kgは60mg、20-40kgは120mg、
40kg以上は120-240mgを基準とする。
平均的な投与量は6mg/kgであるが、2-12mg/kg,1日1回である。
評価は、臨床症状、身体検査、ACTH反応試験、血液・生化学検査を中心に
投与前、10日後、4週間後、12週間後、その後は3ヶ月毎に必要となる。
重度な肝疾患や腎不全、妊娠犬、出血傾向には使用しないこと。
投与は1日1回、朝、食事と共に与えるが、期間は生涯投与となる。」

この資料、2005年に第2回改訂となっていて、その後の日付のものは
見つからないので、今もこれが参考基準になっているのでしょうか・・。
自信はありませんが、この資料は、イギリスのトリロスタン「ベトリール」
の発売元であるアーノルド社が出している、犬のクッシング症候群の
トリロスタン使用法のガイドラインをもとに作られたのではないかと・・。
モモが投薬を始める時に調べた時は、他にも投薬量についての資料が
あり、最初は体重1キロあたり3~5ミリグラムでスタート、検査数値により
増減というような文章を見た記憶があるのですが、獣医の症例発表か
論文のようなものだったのかもしれません。日本のトリロスタンである
デソパンは、人間の薬ということで、犬への使用に関する指針などは
出していないのでしょうね、多分・・。このガイドラインをもとに、獣医が
投薬量を決めるとなると、例えばモモだと体重5kg以下で30㎎が基準に
なりますが、スタートは1日1回15㎎でした。多飲などクッシング特有の
症状がなかったこともあり、慎重に最少量から始めて様子を見るという
ことだったのかもしれませんが、当時の主治医も、私の記憶している
最初は3~5mgスタートという、同じ資料を見ていたのかもしれません。
体重1キロあたり約4mgでスタートしたモモは、検査数値が上昇した後
8mgに増量、今度は数値が下がりすぎて再度6mgに減量、さらに
投薬回数を2回に分けたので、1回に体重1キロあたり3mgのデソパンを
12時間おきに投与しているということですね。上の資料の平均も6mgと
なっていますから、ほぼ標準の量ということになるのかもしれません。
症状の重さなど色々な条件の違いはあるにしても、この資料、体重に
かなり幅のある設定基準だなと感じます。これを、それぞれの獣医が
どう判断するのか・・。私が今までに聞いたことがある、投薬によると
思われる副腎機能低下の副作用は7~8件、全部体重5キロ以上の
ワンちゃんで、1日60mg以上の薬を飲んでいたようです。といっても
犬の体重は様々ですから、重要なのは体重換算で1キロあたり何ミリ
になるかということで、症状の改善の必要性も色々違いがありますし
投薬量の比較は簡単にはできません。でも、投薬の効果の出方も
それぞれでしょうが、副作用を考えると、少なすぎるくらいの量から
スタートするのが安全ではないかなと思います。最初のうちは大変
でしょうが、ACTH検査で数値をチェックしながら徐々に増量する方が
愛犬の身体への負担も、副作用に対する飼い主の不安も少ないの
ではないかと・・。副作用ではないかと思われる副腎機能低下の後
クッシング特有の症状が治まり、そのまま休薬して経過観察している
ワンちゃん、しばらく休薬後、週2回、隔日と投薬を再開したワンちゃん
休薬の後、投薬量を減らして再開したワンちゃん、別の薬に変更した
ワンちゃん、その他・・など、私が知っているケースでも、副作用後の
対応や、その後の治療方針など様々ですが、中でも特に投薬量の
再調整は大変だろうと思います。副作用がまた起こるのではないかと
いう不安や、クッシングの状態の悪化を心配したり、また治療を1から
やり直すことになる負担も大きいでしょう。投薬量については、獣医と
良く相談して、できればより慎重にスタートする方が安心だと思います。
あくまでも、素人の私の個人的な意見ですが・・。



スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (13) * Trackback : (0) * |

* by naco★
治療をしていて、一番気になる部分ですね。こういうの有り難いなぁ。
クッシング治療の説明を受ける際、12.3cm程の紙の束を持って現れ、
3人の先生+研修医お2人、看護士さん達含め、
治療の選択をいくつか話してから投薬治療での具体的な相談をしたのですが。
きっと、miyuさんのいうものも、含まれてますよね。
その時の束はあーちゃんの為に集められた資料らしく、事前に打ち合わせを
していてくれた様で、こちらの問いに対して、確認しながらの長時間。
その中でも治療薬に関して、私が事前に調べてしまったお薬の事を話すと
あーちゃんの場合、副腎腫瘍性だったので、○○の投薬で、○○%の見込みで、
○○が○○%で副作用は...という感じで、更には、あーちゃんの検査結果から
その時のあーちゃんの病状からのおおよその余命も。
具体的な数字を仰っていたので、それはその時の数字で、
その数字は、常に動いているのでしょうね。
同じ時期にクッシングの猫ちゃんがいたのですが、高齢で猫ちゃん、
ワンちゃんではいないのと、あーちゃんは年齢が若い、と言っていたので
一つとして同じ例はなく、常に変動するものなのでしょうね。
獣医大に転院~手術~その後の問題点、あーちゃんの性格から通院が可能か等、
具体的なおおよその費用も、教えてもらいました。
それまでの通院、検査、我が家のワン子の数から、家の経済状況もちらっと(笑)
生涯の治療ですもんね。
病院とのコミュニケーションや信頼関係にも繋がる事で、
こちらから疑問をぶつける事で、病院とスタッフに動いてもらうのが理想かなぁ。
当時、あまり聞く事のない病気だったから、うちだけ?なんて、
あさはかに思った事もありましたけど(^^::)
通院するごとにあらゆる病気があり多くの患者さんがいる中の、1ワンなのだと
認識するまで、数日かかりました(笑)
あらゆる病気に向かい、ワン子にゃん子達を治療してるのですから
こちらから積極的になるのが、近道ですよね(^_<)★

長々と、いつもすみません。
話がそれてましたら、削除してくださいねm(__)m

あらためて勉強になりました * by ルルママ
こんにちは~☆
お久しぶりです
つい先日ルルのACTH試験の結果が出て
デソパンが20mgから30mgへ増量されたばかりです
3月の検査で15mgからスタ-トして毎月の検査の度に薬の用量が増えて来ています
投与前の数値が2.2 投与後の数値が7.0
先月に検査では投与前が2.2 投与後10.0だったので
多少の最善はみられたものの、まだデソパンで十分な抑制があるとは言えずに・・さらに一昨日から一日一回30mgの服用となりました
徐々に増やしているとは言え、副作用も心配で
毎度ながら検査の結果にはガックリさせられることが多く
でも・・・頑張るしかないんだと自分を奮い立たせています
miyuさんの様に病気に対する勉強もきちんとしていないのに
凹むのもナンですが・・・
でもモモちゃんの経過を良く見させて頂き本当にいつも勉強させて頂いています・・・有り難う

naco★さんへ * by miyu
話がそれているなんてことはないですよ、ありがとう。
あーちゃんの先生は、とても勉強熱心だったのですね、データまで示して
詳しい説明をして下さるなんて・・。モモは使っていないので、どうしても
記事にはしにくいのですが、副腎腫瘍性の場合、あーちゃんの使用していた
ケトコナゾールやミトタンが、良い治療成績を上げる確率は高いそうですね。
いずれにしろ、色々な情報が飼い主にもわかりやすく、たくさん手に入り
十分納得して、わが子にベストな治療を選択できるようになることが
安心して病気に向かっていくためには大切だと思っています。

ルルママさんへ * by miyu
こんにちは、何だか余裕がない毎日で・・ご無沙汰してごめんなさいね
数値を見ながら少しずつ薬を増やしているのは安心ですね、検査数値も
徐々に下がっているので、とても慎重な良い先生だなあと感じました。
ルルちゃんは5キロくらいかな?30mgだと、今のモモの投薬量とほぼ同じですね
モモは3.4キロで20㎎ですから。コルチの数値が急に下がりすぎる方が
身体にとっては負担が大きいと私は思っているので、副作用の不安を考えると
今のルルちゃんの治療経過はとても順調なのでは?と思えるほど・・
でも、ちょうどいい投薬量が決まるまでは心配ですよね、特に検査結果は・・
いつになっても、結果を待つ間の不安とユーウツな気分には慣れませんね(笑)

* by ここあ
はじめまして。モモちゃんもママさんもいつもえらいなぁと陰ながら応援しつつ、読み逃げしています。昨日の歯についてですがTVでアルカリイオン水が歯石(歯周病菌)を剥がしてくれるって言ってました。
水素水を飲ませたりフードや飲み水にシュシュとスプレーする水(我が家愛用はポチたまの水)がありますよ。口臭予防、体臭、ウンチの臭い軽減、とこうかあります!

* by ここあ
ポチタマの水でした。チヨペットさんにはプラチナというもっとすごい水もあります。

ここあさんへ * by miyu
初めまして、長い記事を読んでもらえることに感謝(笑)です、ありがとう。
歯石にアルカリイオン水が効果的とは知りませんでした・・偶然ですが
数ヶ月前から、アルカリイオン水に水素発生カートリッジを入れて
「アルカリイオン水素水」を作ってモモに飲ませています、それなのに・・
やはり4回ご飯が歯の汚れの原因かもしれませんね・・回数が多すぎる・・
ポチの水タマの水は初耳でした、早速調べてみましたよ、プラチナも(笑)
耳よりな情報をありがとうございました♪

* by bimaまま
miyuさんはホントにとっても細かく調べていらっしゃって
すごいですねぇ
とても勉強になります
ビッケもお薬が多すぎて副作用が出たワンコの1人(1匹)
21.5キロのビッケは1回1錠(60mg)を1日2回(計120mg)飲んでいました
飲んで1ヶ月くらいでひどい副作用が起こし
立ち上がることができなくなり 眼振が起こり
まともにお水を飲むこともできず
一時は最悪なことも考えてしまいました
しばらくお薬をお休みして再開の時は量を半分に減らし それでも多すぎて
さらに半分 またさらに…と
そして現在1/4錠を1日1回1日おきに飲んでいます
このペースになって1ヶ月 そろそろACTHをしに行きます
大きいビッケでこの量…大きいからっていっぱい飲むとは限らないのですねぇ
ビッケは軽いクッシングなのかと獣医さんに聞いたら
そうとは言えない ビッケはお薬に反応しやすいのかも と言われました
ホントに難しい病気ですね
でもmiyuさんのおかげで1人で悩まずにいられて
本当に感謝しています
ビッケのことも参考になればいいなぁとも思っています
これからもがんばっていきましょうね
よろしくお願いします



bimaままさんへ * by miyu
ビッケちゃんの場合を詳しく書いていただきありがとうございます。
最初は体重で投薬量を決める場合が多いのでしょうが、お薬への反応は
本当にそれぞれなので、難しいですよね・・今までにも聞いていましたが
ビッケちゃんが副作用で休薬したときに、やっぱりこのことは情報として
残しておきたいなと強く感じたので、お節介だけど書いちゃえと・・(笑)
色々な場合があるとは思うけれども、身体への負担を考えれば、やっぱり
時間がかかっても、少ないくらいの量から慎重にスタートしてほしいなと・・
なかなか効果が出ないと、不安になったりあせったりしてしまうことも
あるとは思うのですが・・。体重や病状、コルチの数値と、投薬量は
必ずしも比例しないということがわかって、私はすごく勉強になりました。
情報交換の成果ですよね、ありがとう♪

* by 小型犬
トリロスタンは飲ませているうちに効かなくなると言うことはないのでしょうか?クッシングで飲ませているのですが不安です。

6月3日
水分摂取量、1日220(フード88、飲水132)2日194(88、106)
お天気も気温差も変動が激しい季節の到来で、モモの体調には
十分気をつけて・・と思ったら、私の方が体調を崩してしまいました(笑)
きっとただの風邪ですが、ちょっとひと休みします。

モモは元気です。
DSCF2413.jpg

DSCF2414.jpg

DSCF2417.jpg





* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (20) * Trackback : (0) * |

* by Meg
気温の差が激しいので体調を悪くされる方が多いですね。
お大事になさってください。

モモちゃんの赤いお洋服、似合っていますね。*^^*
スクはパテラが外れるようになってから足に負担をかけない
ように被って着せるお洋服をちょっと加工して背中で結ぶ
タイプにしました。

洋服の「ひらき」みたいです。(笑)

モモちゃんっていつも笑顔ですね。v-218

お大事にして下さい * by うたこママ
梅雨入りしましたね。
大阪は肌寒くて昨夜は毛布を出しました(うちだけかな…笑)

モモちゃんとゆっくりされて、元気になってください!(^^)!
赤い服を着た可愛いモモちゃん♪癒されますね(*^。^*)

* by マナママ
miyuさん 風邪ですか?
この頃気候が変だから体調崩しちゃいますよね
ゆっくり休んでくださいね

赤いお洋服のモモちゃん とってもかわいいですね

* by ミッキーママ
miyuさん 大丈夫ですか?
ゆっくり休んで お大事になさってくださいね^^

モモちゃん 赤のお洋服が似合ってて可愛い~♪
お顔を見てるだけで癒されますね^^
ミッキーは昨日 ACTH刺激試験と生化学検査を済ませましたが
肝臓の数値が悪くなってるらしく 薬を飲むことになりました。
クッシングの方は 相変わらずの多飲多尿ですが 
薬を増やすことは考えてないと 検査の時に先生が言ってました。
数値の結果によって変わるのかもしれませんが 薬が増えるのは
心配だったので その言葉を聞いてちょっと安心しました
でも 飲んでても効果が分らないのも不安ですけど^^;

こちらはやっと暖かくなってきました
なので ミッキーはアイスノンが手放せません
そちらはそろそろ梅雨入りですか??

* by naco★
このところ、気温差が激しいので、風邪引いちゃう事多いですよね。
ゆっくりしてください(^^)
モモちゃん、変わりない様で、何よりです♪

* by サムライのママ
MIYUさん、大丈夫ですか?この際、ゆっくり、のんびりして、大事にしてくださいね。

Megさんへ * by miyu
ありがとうございます。
飼い主の健康も、愛犬の闘病生活には大事ですね・・気をつけます(笑)
モモは洋服をほとんど着ないので、サイズもよくわからない私は
いつも大きすぎたり小さかったりで苦労してます(笑)
「ひらき」いいアイデアですね♪

うたこママさんへ * by miyu
ありがとうございます。
風邪を引いたので、私は電気毛布も復活しました(笑)
家でモモとずっとゴロゴロ・・ちょっと幸せな時間をもらってラッキーかも♪

マナママさんへ * by miyu
ありがとうございます。
はい、ものすごく久しぶりに風邪を引きました。丸2日何もせずサボり
私はとても幸せでしたが・・(笑)

ミッキーママさんへ * by miyu
ありがとうございます。
肝臓の数値が・・ご心配でしょうね・・。モモも、最初の病院で肝数値が
悪いと言われ、しばらく肝臓のお薬を飲んだことがあります。
モモの場合は、結局クッシングが原因での数値上昇だったのですが・・
どこにどう影響してくるのかわからないので判断も難しいですよね
暑がりのミッキーちゃんには、これからの季節が頑張りどころかな
北海道には梅雨はないのでしたっけ?こちらは4月頃から梅雨みたいでした(笑)

6月7日
水分摂取量、3日206(フード88、飲水118)4日258(88、170)
5日214(89、125)6日235(86、149)
ちょっとだけ間があきましたが、とりあえず通院の記録から・・
2週間ぶりになる4日、6回目のドラメクチン注射で病院に行きました。
抗生物質(ミノマイシン)を朝晩50mgずつ2回、2週間飲みましたが
背中の湿疹は消えませんでした。といっても、最初にあった1つは
治り、次に別のところにまたできる、という状態なので、ひどくなって
いるということではなく、先生も投薬の継続には悩んでしまったようで
とりあえず塗り薬に変えて様子を見ることになりました。朝晩2回
ゲンタシン軟膏を試してみて、治らないようならまた飲み薬を出します
とのことでした。ドラメクチン注射もまた2週間後、シャンプーも週2回を
継続です。クッシングの投薬に抗生物質を2回、ドラメクチン注射まで
していても、これっぽっちの湿疹1つ治らないモモの免疫力って・・
などと、先が不安になってしまったのは事実ですが、こんなのくらいで
悩んでも仕方ない、と思っているのも正直な気持ち。ひどくなったら
またその時に考えることにします。

この数日、たくさんのコメントやメールをありがとうございました。
年齢的にも、あちこち不具合が起こるのは当然だと思っているので
それなりに元気な私にとって、風邪くらいどうってことはないのですが
少しPCから離れてしまうと、きちんと続けてきたレールからはずれて
気が抜けたようにボーっとしてしまったり、何も手に付かなくなったり
ちょっと不思議な感覚におちいってしまいました。うまく説明できない
のですが、あきらめというか無力感のような・・。体調が復活しても
気持ちや気力がなかなか戻らない、やる気が起きないという・・。
ところが、お返事を書きながら・・顔も知らない皆さんなのに、頭の中に
浮かぶのです、たくさんのワンちゃんたちと共に飼い主さんの姿が・・。
顔は見えないけれど、確かにつながっているという実感はネット上でも
十分にあるのですよね・・。何だか現実に引き戻してもらったような・・
特に、クッシングについて書いているといつも感じる、もどかしさのような
「何とかならないの?」という焦りにも似た感情が、私にだってまだまだ
できることはあるはずだという力に変わる不思議・・これに救われました。
クッシングでも他の病気でも、健康で元気なワンちゃんでも、命ある限り
悲しいことも嬉しいことも色々起こるけれど、そんな時にかけあう言葉の
優しさやありがたさを励みに、これからも一緒に頑張りましょうね・・



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by Meg
お元気になられてようで良かったです。
モモちゃんも皮膚ですか・・・・
スクも暑さの為か皮膚の状態が悪くなって、暫くの間
抗生物質を飲むことにしました。とりあえず収まったら
その後は天然の抗生物質に切り替える予定です。

免疫力は数字で現れないので難しいですね。

miyuさんはお薬の量などきっちり記録されていて
関心します。自分はデソパンの量も把握していなくて
先日病院へ行った時に先生にお聞きしてきました。(~~;

これから梅雨をへて暑い夏がやってきます。
わんこには辛い季節です。

頑張りましょう!

Megさんへ * by miyu
スクちゃんも抗生物質ですか・・不安定なお天気や気温の上昇で
体調の維持も難しい季節なのかもしれませんね。モモは以前にも
数ヶ月間抗生物質を続けても効果が見られなかったことがあるので
長く飲ませたくないという私の心の声が先生にも届いたかな・・と。
デソパンの量は・・自分でカットしているのできっちりなのですよ(笑)
梅雨も夏も頑張って乗り切りましょうね。

* by naco★
会った事がないのに、なんとなーく、浮かんできますよね♪

診断された頃、治る薬がないのはなんで?とか、
もう気がつけばそこらじゅうに...なんで?だらけでヒドいものでした(笑)
ある時には、自分のがんばりが足りないのではないかと、メソメソして、
早く、皆の頑張っている所まで、追いつかなきゃと焦ったり。
皆に追いつく事なんてないんですけどね、気持ちはからだを置いて先走り(笑)
ある日、皆同じ空を見ているんだなぁと思ったら、なんだか心が落ち着いて。
それからは、毎日毎晩、行き詰まると、空を見上げていました。
今でも続いています(^_^*)

お知り合いの方もお話した事のない方達も、同じ空を見て、応援しています。
私の場合、治療を始めるまでの経過が主で、治療中の経験がほとんどないので。
...メインにはなれませんが、せめて刺身のつま程度に、お役に立ちたい
と、ひそかに思ってます(笑)

naco★さんへ * by miyu
ブログを始めてからわかるようになったというか、感じるようになったのですが
少なくとも、何かの情報を求めてここに来てくれた方の、愛犬への思いは
みんな同じなのだろうなあ・・と。そのことが私の支えになっています
色々あるけれど、みんなも同じように悩み、迷い、だけど頑張っている
そう思うことで前に進めるのだなあ・・なんて(笑)
刺身のつま・・ですか(笑)じゃあ私は刺身をのせるお皿で・・(笑)

6月9日
今年も約半分が過ぎましたが、病気と闘うお仲間が増えていくように
残念ながら、その生涯を終え旅立つお仲間も・・

4月21日、13歳の流ちゃんがクッシングを卒業しました。飼い主のkazuさんは
クッシングと診断されたご実家の流ちゃんを引き取り、できるだけのことを
してあげたいというお気持ちで頑張っておられました。投薬を開始してから
3ヶ月あまりだったそうです。高齢の愛犬が難病を発症した時、誰もが
悩むであろう「どうすることがベストか?」という選択。流ちゃんにとって
何が幸せか?自分には何ができるのか?迷い悩みながら、何よりも
流ちゃんが幸せに暮らせるようにと精一杯頑張ったkazuさんに、自分を
信じることが愛犬にとってベストなのだと、あらためて教わりました。

5月18日、13歳のヨーキー、ラブちゃんが卒業しました。約1年間のクッシング
闘病生活でしたが、ラブちゃんとママさんは本当によく頑張りました。
ラブちゃんの闘病については、あらためてご紹介したいと考えています。

6月4日、13歳のシーズー、ピッピちゃんが骨肉腫を卒業しました。
去年の10月、プレビコックスの情報をいただいたのがご縁で、モモと私を
いつも励ましてくださったソラさん、私には、今でもピッピママさんという
イメージが強くて・・。今年になってからの骨肉腫との闘いは、本当に
大変だったと思います。ピッピちゃんのためにできる限りのことを精一杯
頑張っておられた姿に、命の大切さ、愛犬と共に過ごす日々の喜びを
たくさん教えていただき、病気と闘い、決してあきらめない気持ちや
家族の愛情に応えて頑張るピッピちゃんの姿にはとても感動しました。

愛犬のその姿が、自分の元から旅立ってゆくつらさには、どんな言葉も
慰めにはならないでしょうが、病気から卒業し、解放された愛犬たちの魂は
今自由な姿になって、目には見えないけれど、いつかまた飼い主さんと
再会できるまで元気に待っている、そしていつも近くで見守っている・・
私はそう信じます。皆様に出会えたことに感謝しています、ありがとう

私の持っているイメージでは、虹の橋のたもとには、こんなお花畑が
一面に広がっているのですよ
ha_108.jpg
写真素材



* Category : 色々なこと
* Comment : (20) * Trackback : (0) * |

* by sofia
可愛いみんな、よく頑張っての卒業、
感無量です
一緒に闘った日々、かけがえない時がきっと永遠の絆を結ぶのだろうと思います
卒業して、また新たな日々がやってきます
元気一杯、瑞々しい命を持ってまたパパママの元に帰っておいでね!
miyuさん、体調大丈夫ですかぁ~?
まだまだうっとおしい日が続きますが気を付けてお過ごし下さいねぇ♪
骨ガムと闘うモモちゃんに惚れました(*^^*)

* by えり
病気からの卒業ですか。。。
うちのメイは、普通の検査ではクッシング症と診断され
なかったけど、詳しく調べるなら1日の預かりと言われ、
断りました。
12歳のメイに、痛い・苦しい思いはさせたくないから。
何より、心臓が悪いのに、病院へ行くと心拍が上がり、
ストレスになるから。
いろんな考えがあると思いますが・・・

この低い雲や雨の時(低気圧)、私達も調子が悪いけど、
ワンもそうだという今の先生の考え方です。

お体を大事になさって下さい。

* by chamahime
つい昨日の事のように思い出される事がたくさんありますね。
どの子を見ても、本当に愛されていた事が感じられます。
だから、安心して旅立ったと思います。

愛犬は空から飼い主さんを見守り、飼い主さんは愛犬を心の中で守っています。
だから、再開できるのだと・・・信じています。

      たくさんのお友達、ご苦労様でした。
          そして、ありがとう♪

こんにちは * by やな♪
偶然なのか3ワンとも、同じ年なのですね。
愛犬が旅立つ時の飼い主の気持ちは言葉では言い表せませんね。
流ちゃん☆ラブちゃん☆ピッピちゃん☆ 3ワンの冥福をお祈り致します☆彡

* by くみ
miyuさん モモちゃん こんにちはです~^^
ワンちゃんのいろんなプログを見せて頂いて、『旅立ちました』『お星様になりました』という言葉を見ますと、残念でとても悲しい思いになりますが、悲しい思いするのではなく、また元気で出会える事を楽しみにしたいです。心よりご冥福お祈り致します。

* by kazu
miyuさんこんばんは。
昨日は流の四十九日でした。
何も特別なことをするわけではありませんが、実家の母も来てくれてお花を供えてくれました。
もうあれから49日。。。いつものお散歩コースで思い出すのは
背中を丸めてうん○をする流の背中(笑)
その姿が一番かわいかったと思う私はひどい飼い主ですね~
きっと虹の橋で「もっとかわいい姿を思い出せーー!!」って
怒っていることでしょう(^_^;)
唯一ある動画はいびきをかいて寝ている姿。
その姿もとってもかわいいです~
もう一度流に会いたい。。。

* by bimaまま
病気と闘った3ワンちゃん 卒業したんですねぇ
ビッケよりも少しだけ若い3ワンちゃん
みんながんばったんですねぇ
なんとコメントを入れたらいいのか…言葉が見つかりません
でもきっときっとお空から飼い主さんを見守っているのでしょうね
ご冥福をお祈り致します

miyuさん体調はいかがですか?
ご無理なさらないように…です!
 

* by ラブまま
先日はぶしつけな長い文章を読んでいただきありがとうございました。   そして、あたたかい慰めと励ましの言葉、ありがとうございました。       又々、涙・・涙・・でした。
本当に、ラブは今頃、あのような花畑を走り回ってると思います。

それにしても、miyuさんには頭が下がります。 
この歳で(多分私より少し若い?)よく頑張っていらっしゃいます!    モモちゃんの事、家の事、ご主人の仕事のお手伝い、
そしてこのブログ。・・すごいです! ・・・・ここには、いろいろな人の思いや期待がいろいろな形で送られてくると思います。
それをきちんと受け止め、ひとりひとりに心を寄せて、親身になり
返事をくださる。・・・大変ですよね。 疲れる時もありますよね。   「頑張って下さい」とは言えません。 でも、ここで
どれだけの人が励まされ、勇気づけられ、病気の治療のヒントをもらい、力をもらってることかわかりません。
目の前にある状況をどうしてやることもできないというのは、本当に辛いし、先が見えない不安感で頭の中がいっぱいになります。
でも、「あー、わかってもらえる人がいる」 「同じ様に闘ってる人・ワンコ達がいる」だけで心の支えになります。


本当にありがとうございました。



☆また会えますよね☆ * by うたこママ
ピンクのお花の中から、うたこが「おかあさ~ん♪」って出てきてくれそうで…涙が出るけれど…なんか嬉しい気持ちです。
卒業したワンちゃん達は、元気になってゆっくり休憩して、またそれぞれのパパやママのところに縁があって来てくれるんですよね♪
私もmiyuさんのブログが大好きです♪

sofiaさんへ * by miyu
たくさんの愛情をもらって旅立つ子たちは、本当に幸せな一生だったでしょう
頑張った飼い主さんの姿には色々なことを教わります、ありがとう。



6月11日
水分摂取量、7日208(フード87、飲水121)8日233(85、148)
9日193(86、107)10日212(84、128)
ゲンタシン軟膏を朝晩2回塗って1週間、新しい湿疹ができなくなり
かさぶたになりました。なるべく乾燥した状態を保つため、薬を塗る前と
塗った後にドライヤーの冷風をあててみたり、飲んでいる水素水で
湿疹の部分を拭いたりもしました。気休めかもしれませんが(笑)
今日から薬をやめて様子を見ています。来週病院に行くまで、このまま
治まっていてくれることを願っています。昨日シャンプーをする時に
ついでにお風呂で歯磨きをしたのですが、気のせいか歯がちょっとだけ
きれいになっているように感じました。もう1つ、骨ガムを噛むようになって
しばらくしてから、歯磨きの時に歯茎から出血しなくなりました。実は
骨ガムを与えて2~3日は、ガムが赤く変色するほどでした。硬い物を
噛まなくなっていたので、歯茎も弱っていたのか、ちょっとした刺激で
出血しやすくなっていたのかもしれません。硬い物をしっかりと噛むと
いうのは、歯や歯茎、そしてあごのためにも大切なのですね・・
ただし、モモは喉に詰まらせやすいので、今はひたすらかじるだけです。
一生懸命カミカミしてちぎれたかけらは、すぐに私に取り上げられる・・
どこに行ったのかとあちこち探す姿はかわいそうで、モモも欲求不満に
なりそうですが・・。食べ物以外で、モモが喜んでカミカミするものを
何とか見つけたいですね(笑)

5分ほど骨ガムと戦い、疲れてベッドに入ると・・
DSCF2428.jpg

あっという間に眠ってしまいます。最近は口のまわりが汚いです(笑)
DSCF2429.jpg



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

ゲンタシン軟膏・・・万能薬ですね * by chamahime
おはようございます。

モモちゃんにとって強い見方が出来てよかった~。
骨ガム・・硬いカミカミ出来る物は顎や歯茎にとてもいいですものね。
ただ・・・千切れたガムには要注意!詰まらせたら大変。
我が家は何度、慌てさせられた事か・・・。

ゲンタシン軟膏・・殺菌作用で湿疹が止まったかな。
切り傷には必ずと言っていいくらい処方されるゲンタシン軟膏。
そらみにガブされた傷にもゲンタシン軟膏でした。
我が家の薬箱には必ずありますね。
ちなみに動物用もあるのですか?

とにかく良かったですぅ。

* by パンドラ
モモちゃんのオネムなお顔、可愛いですね。
湿疹も治まりつつあるようで、このまま治まりますように。
miyuさん、ご丁寧なメールありがとうございました。
喜んで頂ければうれしいです☆

* by みえ
モモちゃん、骨ガムで歯が綺麗になってきたんですね。
我が家はガジガジやって物凄い勢いでなくなってしまいます。
なので歯石が取れるまでに何個、骨ガムを与えればいいものやら(笑)
ポポも硬いものは丸飲みしてしまうので、一緒にいるときでないとあげれません。
しょっちゅう、喉につまって、私が手で突っ込んで取ったりと大変な思いをしているのに一行に丸飲みです。

湿疹も治ってきて良かったですね。
今週の病院では良い結果が出ることをお祈りしてます。

chamahimeさんへ * by miyu
こんにちは。
そうですね、1番心配なのが喉に詰まらせることで、それが怖くて
長いこと与えられませんでした。十分気をつけようと思います。
ゲンタシンは、以前息子が皮膚科でもらったのとまったく同じ物でした。
違うのは金額・・さすが自由診療、1本1500円でした・・

パンドラさんへ * by miyu
アカラスの注射もまだ続いているので、湿疹が消えただけでも本当に嬉しいです
この不安定な季節を、何とか乗り切りたいと頑張っています。
パンドラさんもお忙しいでしょうが頑張って下さい、ありがとうございます。

みえさんへ * by miyu
歯磨きをサボっていたことを悔やみますね・・せっかくきれいだったのに・・
ポポちゃんも喉に詰まらせてしまうのですか、怖いですよね・・
ちぎれたりせずに長くカミカミできる物はないかと探していますが
なかなか難しいですね。ポポちゃんの体調も早く良くなりますように・・

* by bimaまま
ガムをかじって小さくちぎったものは miyuさんがとってしまい
それを探すモモちゃん…その姿想像つきますぅ
まりも食べるものによりますが そういうことがあるので…
以前まりったらガムのかけらをのどに詰まらせたことがあって
私が慌てて口に手を突っ込んでとったことがあるんです

食べ物以外で喜んでカミカミするもの…
おもちゃはあまり興味を示さないんでしたっけ?
ロープのおもちゃとかヘチマでできたおもちゃとかもダメかしら?


bimaままさんへ * by miyu
モモも、オヤツ、ガム禁止になったのがグリニーズ丸呑み嘔吐で・・(笑)
それ以来すごく久しぶりなのですが、やっぱり怖くて目が離せませんね
おもちゃは全滅(笑)近寄りませんし、見せると逃げる・・
何が嫌なのか、まったくわかりませんねえ(笑)

6月13日
ラブままさんから寄せられた、ラブちゃんのクッシングとの闘いの記録を
ご紹介します。改行などの編集はさせていただきましたが、ラブままさんの
様々な思いがこめられた文章ですので、私は、そのままの形で皆さんに
読んで欲しいと思いました。今日のこのブログは「クッシング ラブ」です。
正直な気持ち、お仲間の壮絶とも言える最期の様子を、このような形で
そのままご紹介することを少し悩みました。個々によって様々な病状が
考えられるクッシングですから、どんな最期になるかもそれぞれですし
参考というより、読んだ方が、将来を悲観したり絶望感を持ってしまったら
せっかくお知らせくださったラブままさんのお気持ちまで無駄にしてしまう
ことになるのではないかと・・。だけど、今までこのようなご報告を何度か
いただいた私は、こういう現実にも絶望することはなかったし、希望だって
捨ててはいません。頑張ったお仲間の闘いの様子を知ることで得たものが
モモの闘病を支える私の力になってくれたと思っています。なので・・・

ラブは多分クッシングの典型的な症状だったと思います。
実は、5月18日に虹の橋に旅立ってしまいました。13歳と4ヶ月でした。     
治療を始めて1年って、長かった? 短かった?
もっと違う選択があった?と、いろいろと考えます。
miyuさんの参考にはならないかもしれませんが、ラブの経過をお知らせします。
ラブは4年位前からぽっこりお腹がありました。でも、毎年ワクチン、フィラリアで
通ってる病院からは、「太りすぎ!ダイエット!」と言われるだけでした。
(私も何の疑いもなく・・・・) 1年半位前から、何となく元気がない、
散歩も途中で立ちすくむ事が多くなり、歳とったなぁと思っていました。
そして1年前、突然後ろ足が立たなくなりました。 この時違う病院に行き、
クッシングを疑われ大学病院を紹介されました。
足は、この病院でもらったステロイド剤3日分でほとんど良くなりました。
その後、大学病院で血液検査、レントゲン、エコー。  
ALPが3206、GPTが386でした。後日ACTH検査で、前13.7 後54.4 でした。
その後デキサメサゾン負荷試験をして下垂体に異状のあるクッシングと
診断されました。 そして、1日1回のデソパン10mg服用。
(これって、miyuさんの調べた体重の割合に対する薬の量と比べると、
随分少ないですね。ラブは5.2kgでしたから。) しばらくすると元気になりました。  
その後も特別変化もなく、 数字も安定していたので、薬の量もこのままで。
でも、多飲多尿、食欲大盛、ビール腹、暑がり、薄毛、荒い呼吸、乳頭症は
相変わらずでした。10月に、ガァガァと言うひどい咳が止まらないので、
気管虚脱?と思い、大学病院へ。 レントゲン検査で「気管が曲がってる」
「何かで圧迫されてる?腫瘍?」・・・・でも、のどは危険だから
詳しい検査はできないと言われ、咳止め、抗生剤をもらいました。
3日間飲んでも効き目がないのでまた病院へ。
薬は飲まずに 様子をみることに。幸い日に日に良くなってきました。
この頃、肝臓あたりに500円玉位にしこりがありました。でも、私達家族は
積極的な治療はしないと考えていました。 抗がん剤も使わないと。

それからずっと安定していたのですが、肝臓のしこりは少しずつ大きく
なっていました。 それで、外科の先生に診てもらうことになりました。
肝臓の腫瘍は大、中、小と3個位。大きいのはこぶし大との事。
「このままだと内臓を圧迫して苦しくなるだろう」
「幸い大きいのは肝臓の外側で取りやすいから手術を進める」と、先生。
私 「クッシングである事、年令を考えて、だいじょうぶですか?」
先生 「きちんと検査するから大丈夫でしょう。」
私 「考えさせて下さい」・・このままだと内臓が圧迫されて苦しむことになる。  
でも、本当に手術は大丈夫? 家族で悩みました。セカンドオピニオン!!!
他の病院に相談してみようと、ご近所のワンちゃん達に評判の
救急病院も持つ外科手術も得意なT病院へ行き、今までの経過を説明し、
手術を迷ってることを話しました。 「僕だったら、しない!」 「肝臓は
出血しやすいし、クッシング、年令を考えたら手術台で死なせる事になるかも」
「エコーに映っていない腫瘍があるかもしれないし、肝臓の腫瘍を取っても
どこか他の腫瘍が急成長する可能性もある」と、言われました。
でもこの時、「ほっといたらどうなるんですか?」とは聞けませんでした。
危険な手術はしたくない。 痛い思いはさせたくない。 1日でも離れたくない。
・・・・・この思いで手術はしないことにしました。 でも、この頃からだんだん
食が細くなり、便も少しずつ軟らかいのを何回も絞り出すように。
そして、5月15日、目もあまり見えていないのか、足もふらつき、立てなくなり、
16日には全く食べなくなり。16日の夕方からは、どこか痛いのか鳴きだしました。
大学病院は閉まっているのでT病院へ。「どこが痛いのか、脳の腫瘍か、
体が動かないから不安で鳴いているのか、わからない」と言われました。   
でも、こんなに鳴いているのに・・・・どうにかしてほしい。
私「鎮痛剤を下さい」 先生「モルヒネは出せないけど・・」 と、3回分の鎮痛剤を。
でも、効いているのかいないのか、 その夜、2時間置きには鳴き、眠っていない。
外が明るくなるのが待ち遠しくて、待ち遠しくて・・早く病院が開いてくれないかと。
そして、朝1番に診てもらい、鎮痛剤と抗生剤の注射をしてもらい、 倍の量の
鎮痛飲み薬をいただきました。 針のついていない注射器で口に入れるけど、
飲み込めていない? 全然薬が効いていない感じ。
病院に電話して、「素人の私が注射してもいいですか?」と頼み、
皮下注射だから大丈夫だろうということで注射を主人に取りに行ってもらいました。
最初は効いてた感じもしたのですが、・・・・この日も長い一日でした。
明日もこんなに苦しむんだったら・・・先生に楽にしてもらおうか・・・・ 
安楽死を真剣に考えました。 そして、18日日曜日。
主人と息子はこの日に限って仕事でした。 朝からずっと鳴いてる。  
何もしてやれず、ずっと撫でて、早く楽にして下さいと祈るしかありませんでした。
そして、午後2時25分、逝ってしまいました。

クッシング、・・・憎いです。

でも、この病気のおかげでこの1年、明日逝っても後悔しないようにつきあってきた。
ラブは4日間辛い痛い思いをしただろうけど、最後まで一緒にいれた。
ラブはお母さんっ子だったから、私がいないと夜も眠れないだろうし、
散歩もできないから、私より先に逝ってくれて、よかった。
私の母も、86歳で1人暮らし。今は元気だけど、私しか診る人がいないから、
実家に帰ることも多くなるだろうし・・とか、いろいろ考えると、
親孝行な子だったと思います。 今では涙なしで思いで話ができるようになりました。
でも昼間一人で家に居る時が寂しいです。 外から帰った時、
お帰り!って居ないのが寂しくて、写真を抱いて ヨシ、ヨシして落ち着きます。

「13年間ありがとう」です。






* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

勇気をもらいました。 * by naco★
うなずきながら読んでしまいました。
1年以上後回しにしてきたあーちゃんの足跡、残したいと気持ちばかりでしたが
私に足りなかった勇気を今、ラブちゃんとラブママさんもらいました。
ラブちゃん、あーちゃんと同じく、デカヨーキーちゃん♪だったんですね(^0^)
虹の橋で、もう遊んでるかな?

...卒業したワン子達、いい子でよくがんばったよね(^^)
ママ達、そして家族の方も本当に精一杯頑張ったと思います(^^)
このような記事を読むと、いつも我が事の様に涙があふれます。
同時に、よしっ!と、気の引き締まる思いも湧いてきます。
今、頑張っているワン子達やママ達に向けたエールかな?
大変な場面もあると思いますが、一日一日を笑顔で過ごせます様に。

* by チーズママ
私もうんうん・・・と思いながら読ませていただきました。
チーズは今は大きく健康上に問題ないですが?・・必ず老いも訪れます。前犬のポギ君は、半年ほどの闘病でしたが、とても長かったように感じます。私が無知で何もしてあげれなくて長かった・・・。
後悔しないように今日を大切にしよう!とまた、緩んでいる生活に渇いれます。
頑張っているワンコ&わんママさん、一緒の時間を大切に、穏やかに過ごせます様に。

お久しぶりです。 * by いちえ
miyuさん その節は色々と大変お世話になりました。
いつも読ませていただき コメントは出来ないでいましたが 
モモちゃんにも毎回癒されています。有難うございます。

ラブママさんのコメントを読ませていただき 我が家のハッピーの旅立ちの時を思い出し どうしてもコメントしたくなりました。
ハッピーは クッシングと診断された時は もう大分体が弱っていた為 私としては とにかく楽にさせたくて投薬を開始してしまいました。ハッピーにとって それが一番良い判断と思ったのですが・・・
結局 投薬を始めて一週間も経たずに 薬の副作用か肺の方に水が溜まってしまい肺水腫になり 三日間 苦しくて身の置き所も無いように「ウ~ウ~」と うめき声をあげ苦しみぬいて逝ってしまいました。
あのまま投薬もしないで ゆっくり最後を迎えさせた方がどんなに ハッピーにとって良かったか もっと大きな動物病院に行っていたら 治療の方法も違っていたのでは?とか 自問自答を何度も繰り返しながら泣き続けました。 
どちらにしても私の病気への勉強不足が 引き起こした悲しい結果だったと3ヶ月近く 後悔とハッピーが居なくなった悲しみに明け暮れました。
 
miyuさんのお宅と同じように お店をやっていますが店を開業して3年間 ハッピーも看板犬として接客での大事な仕事をして 日に日にランチも忙しくなって来ていました。
それなので 立てなくなっても店の中に居させようと私が居る場所の隣にワゴンを置きその上に寝かせておくようにしました。 
お客様もそのワゴンを覗きながら「頑張れよ!」と声をかけてくれたりしていました。
亡くなる前の二日間は店を休みにして店の座敷に寝かせ 私は酸素をハッピーの口にあてながら側にずーっといましたが2月14日午後1時 ハッピーの最後は壮絶な死との戦いでした。
現在 私の部屋の小さい箱の中で静かに寝ています。

ハッピーが私の側から居なくなって3ヶ月近くなった時 PCでペットを亡くして同じ気持ちの人達の話を読んでいる時 保護犬の里親探しサイトを見つけ 何気に見たら ハッピーに似たワンコを見つけました。その時は見ただけだったのですが どうしても気になり里親として応募したのですが その仔はとっても人気があり 到底私に決まるとは思いませんでした。
それが・・とっても嬉しい事にお見合いを経て私のところに来てくれました。
現在 2代目ハッピーとして店で頑張って接客してくれ売り上げに貢献してくれています。
私は きっとハッピーが毎晩泣き暮らしているお母さんが可哀想で 自分の身代わりに 保護犬のけんけんを合わせてくれたのだと思いました。毎朝毎晩ハッピーに手を合わせ いつもハッピーの事を忘れた事はありません。そして毎日必ず誰れかがハッピーの話をしています。それはこれからもずーと同じだと思います。本当に ラブママさんと同じように私もハッピーに「12年間一緒に居てくれて ありがとう!」と感謝したいと思います。

因みに けんけんは現在7・8歳だそうです。どんなに長生きしても後10年位でしょう 私が先に逝くか けんけんが先か判りませんが 欲を言えば けんけんを見送ってから私は逝きたいですね! 其れまでは少しでも一緒に居られるようにしたいと思っています。
長くなってしまい 申し訳ありませんでした。  

今は元気に虹の橋で * by みえ
miyuさん、こんにちは。
ラブママさん、はじめまして。

クッシング・ラブと言うタイトルを初め見た時、クッシングとうまく付き合っていこう的なタイトルだと思いました。
だけど読んでみると、ラブちゃんと言うクッシングと戦ったワンちゃんのお話だったんですね。
最後まで大好きなママと一緒にいた事、ラブちゃんにとっては安心できたかと思います。
不安な病室で亡くなるより、安心できるお家が一番ですよね。
ラブちゃんにとって何が一番良かったのかとか、色々と悩んで今まで過ごしてきたと思います。
でもラブママさんが選択してきた事がラブちゃんにとって一番良かったことだと私は思います。
今頃は苦しい思いもなく、虹の橋を渡って元気に走り回っているかも知れませんね。

* by Meg
クッシング症は免疫力が低下するので二次的に
様々な病気の発症を誘発すると聞かされました。

高齢ですとさらに危険ですね。

スクに悪性の癌が見つかった時、アメリカのブリーダーさん
に検査結果(英文)のコピーを送りました。再発率50%
と知って、これから彼女が癌で苦しむかもしれないと
酷くショックを受けていたのを思い出します。遠く離れて
いるから尚更心配だったのでしょう。

ラブちゃんは頑張ったのですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

皆様へ * by miyu
naco★さん、チーズママさん、いちえさん、みえさん、Megさん
これはラブちゃんの記録なので、私がコメントのお返事をして良いものか
色々迷ってしまい遅くなりました、ごめんなさいね。
あたたかいコメントの数々、本当にありがとうございます。
皆様のお言葉も含め、読んで下さる方の参考になると思います。
こうやって言葉をかけあうことのできるご縁に感謝致します、ありがとう。

6月15日
水分摂取量、11日204(フード88、飲水116)12日221(87、134)
13日204(87、117)14日201(87、114)
小さな島国の日本だけど、私が名前も知らない市や町はたくさんあって
見たことも聞いたこともない所も数え切れない程あるのに、縁のある所
ばかりが地震の被害にあう偶然、とても怖いです。昨年7月に起きた
新潟中越沖地震の柏崎市は、母の実家があり親戚もたくさん住む所
子供の頃に毎年夏休みを過ごした、私にも思い出の場所でした。
そして今回の岩手・宮城内陸地震の栗原市には夫の実家があります。
土砂崩れの被害が大きな花山ダムも近く、そういえば昔行ったことが
あったなあ・・と。なかなか電話が通じないのでまだ詳細は不明ですが
前ぶれもなく突然やってくる地震、本当に怖いですね・・命や被害だけ
でなく、被害にあわれたたくさんの方たちのその後の運命も、きっと
大きく変えてしまうことになるのだろうと思うと胸が痛みます。

こんな時にモモのかさぶたの写真なんか・・と気が引けるのですが・・
ゲンタシン軟膏をやめても湿疹はできません、赤みもなくかさぶたも
さらにきれいになってきました。アカラスを繰り返して3回目の治療に
なるのですが、ここまで患部がきれいになったのは初めてです。
アカラス治療は、虫がいなくなっても油断せずにある程度長く続ける
ことが大事だと、以前読んだことがあるのですが、クッシングもあるし
免疫力は低下したままですから、どこまで治療を継続するのか・・
その見極めが難しいところなのでしょうね。
DSCF2434.jpg

DSCF2433.jpg

皮膚にトラブルが起こりやすいので、そろそろ短くカット(あるいは丸刈り)
しようかと考えています、皮膚の状態をチェックしやすいように
なるべく涼しく、通気性が良くなるように・・
DSCF2440.jpg

最近は暑さのせいかすぐ「ハアハア」が始まりちょっと気になります
骨ガムを5分程かじっただけでもその後は「ハアハア」でぐったり・・
DSCF2443.jpg




* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
メールでお返事しますので少しお待ちくださいね。

遅くなりました * by ラブまま
ラブままです。

私は自分の気持ちを言葉に表すことが苦手で・・・・コメントを下さった皆さん、遅くなってすみません。  miyuさん、ご迷惑をおかけしました。

miyuさんへ
驚きました!! 「クッシング ラブ」
そして、複雑な気持ちで、読んでくださった方々のコメントを待ちました。
抗がん剤治療を受けながら頑張っているワンちゃん。
手術を待っているワンちゃん。
治療薬を飲みながらもいろいろな症状が出て、治療に悩んでいるワンちゃん。
そして、いろいろなおもいをしながら虹の橋に行ったワンちゃん。
・・・・・どんな気持ちで読まれたかしら?・・・心配でした。
でも、miyuさんのおっしゃる通り、私達家族とラブの経験をひとつの症例、現実として受け入れ、絶望を感じるのではなく、これからの闘病の力にしてもらいたいのです。
理解してくださったmiyuさんに感謝します。
そして、この場を借りて私にコメントをくださった方々にお礼をさせてください。

nacoさんへ

はじめまして。
「勇気をもらいました」の言葉、ありがとうございます。
うちのラブ、 1995.1.21 ♀ デカヨーキー まったり犬です。
似てますね。  きっと、いい友達になっていると思います。
後悔、反省、悲しいって言わないでください。私達がどんな選択をしても、ワンコ達は私達の思いをわかってくれると思います。
あーちゃんも絶対!「ありがとう」って言っています。
3ワンコ達の為にも、元気を出してブログを続けて頑張ってください。

チーズママさんへ

はじめまして。
人間もワンコも、病気、老い、死は避けられないですよね。
そして、先のことはわからないので、今日一日を大切に!!ですよね。
あと4日で5歳ですね。 おめでとうございます。
3兄弟の末っ子(?)だったらヤンチャでしょうね。
今度ブログにおじゃまさせていただきます。 よろしくお願いします。
  
いちえさんへ

はじめまして。
ハッピーちゃんの最後も辛かったですね。
私も、あの時こうしていれば・・・  私にもっと知識があったなら・・・・と後悔しました。
そして、苦しむラブをみながら、「こんなに辛い思いをするのなら
もうワンコはいらない」と思いました。
でも、見送った時、満足感? 達成感?・・・何なんだろう?
「犬っていいなぁ」「ありがとう。感謝!」でした。
2代目ハッピーちゃんとまた新しい絆をつくっていかれると、先代ハッピーちゃんも喜んでくれると思います。
けんけんちゃんの為にも、いちえさんも体に気をつけて頑張ってください。

みえさんへ

はじめまして。
長い文章を読んでくださってありがとうございました。
そして、あたたかいお言葉に感謝します。


Megさんへ

スクウィークちゃんもクッシングなんですね。
いろいろと病歴もあるみたいですが、何だかとても元気そうですね。
15歳まで299日、 頑張ってください。
ありがとうございました。

miyuさんへ

毎日のニュース、ワイドショーの報道で、大きな事件に胸を痛めているところに、今度の大地震。  怖いですね。
被災された方々、関係者の方々には気の毒で言葉もありません。
1日でも早く平和な日々が戻ってくることをお祈りします。





  




ラブままさんへ * by miyu
ラブちゃんの頑張った記録が残せたこと、とても感謝しています。
私もうまくこの気持ちをお伝えできないのですが、最後はみんな頑張って
それでもつらいお別れをするけれど、きっといつか笑顔でありがとうと
感謝できる日が来るから・・それまで大切に毎日を過ごしていこうと
思って下さる方ばかりではないかと・・そう感じて欲しいと・・
やっぱりうまく説明できませんが・・
私の大切なモモのブログに、ラブちゃんの頑張った記録、生きた証が残せて
とても嬉しいです、本当にありがとう♪

* by bimaまま
「クッシング ラブ」を読みながら涙がポロポロ…
なんとコメントを入れたらいいのかわからず 
コメントを入れずに閉じてしまいました
今、ビッケの手術のことで頭がいっぱいで 余裕のない私
胃の調子まで悪くしてしまい 最悪の日々です…
同じ病気のお友達 がんばったのですねぇ
ビッケもがんばります!!

地震は怖いですねぇ
ご親戚の方に連絡はつきましたか?

bimaままさんへ * by miyu
手術を控えた今のbimaままさんにはつらかったでしょうね、ごめんなさいね
たくさんのお仲間が、みんな同じように悩み、苦しみ、頑張っていること
自分だけじゃない、一人じゃない、そう思っていただけたら嬉しいです
一緒に頑張りましょうね♪

夫の実家、壁が崩れたり物が落ちたりしたそうですが、怪我などはなく
とりあえずホッとしました、ありがとうございます。

6月17日
水分摂取量、15日246(フード87、飲水159)16日173(88、85)
タイトルがスペースにおさまらず「、」を省いてしまったので、これでは
まったく何のことだかわからないタイトルに・・ごめんなさいね・・・
色々なことが気がかりで落ち着かない、というのは私にはよくある事で
そんな時は、ひたすら動き続けるのが1番の気分転換になるのですが・・
掃除して洗濯して買い物して・・物入れを片付けているうちに思い出した
賞味期限がとっくに切れたクリームチーズのこと・・4月29日・・でした(笑)
ダメもとでチーズケーキを作りました、大丈夫・・美味しかったです、多分。
夫に庭の草むしりを命じた以上、自分も忙しそうに働いていないと気が
引けるので、何かやることは・・と見回すと、目に入ったのがモモ(笑)
ということで、きれいに掃除を済ませたのに、再び居間でモモの丸刈り・・
バリカンだと毛が飛び散るようなことはないのですが、毛の少ないモモ
でも、終わった後は大掃除です。おまけに、モモはお座りができないので
膝の上に仰向けに寝かせたまま、当然私も毛だらけ(笑)ママさんバレー
をしていた頃のハーフパンツ(ブルマーじゃないですよ)にタンクトップ姿で
終わって着替えるまでは、誰が来ても居留守です、決して動きません(笑)
マルチーズから普通の白い犬に変身したモモも悲惨でしたが、それより
もっと悲惨なものを見つけてしまいました・・右後ろ足の指の間の腫れ。
クッシング発病後ずっと、モモの両後ろ足の同じ指の間には、血豆の
ような赤い腫れがあり、爪を切った後にはそれがこすれるせいか、特に
ひどくなったり・・。前足を床につけないため、2本足で立っていることが多く
身体を支えフラフラしながらなので、いつも足がグーになっているモモ
指先にかかる力は相当大きいのではないかと思います。出血した痕も
あったので、背中に必要なくなったゲンタシン軟膏を塗って、明日の病院
まで様子を見ることにしました。ついためらって先延ばしになったままの
「ゲロチン爪切り」を、4週間伸びたままになっているすごい状態の爪に
やっと使ってみる気になり、おそるおそる・・やっぱりダメみたい・・(笑)
「ジャキッ」っという音に、私もモモも震え上がりました・・今回も先生に
切ってもらうことになりそうです(笑)足先や足裏の毛が伸びたままで、
伸びすぎた爪にも、赤く腫れた指の間にも気がつかなかったなんて・・
片付けやチーズケーキより、もっとモモをよく見ていなきゃ・・反省です。

狭い物入れに買いだめしたシーツをしまって・・
DSCF2451.jpg

賞味期限をひと月半過ぎたチーズと、レモンの代わりにポッカ100レモン
大丈夫かなあ・・と思ったけれど、見た目はいつもどおり・・
DSCF2476.jpg

バリカンを見るなり不安そうな表情のモモを丸刈りに・・
DSCF2455.jpg

その1時間後、白い犬になったモモの足に・・
DSCF2459.jpg

異常な腫れを見つけ・・
DSCF2466.jpg

よく見るとこんなに腫れていました・・肉球1個分くらいでしょうか
となりの指の爪が、下の方に押しやられるほど・・・
DSCF2464.jpg

これは左足、いつもは両方ともこの血豆状態です
DSCF2478.jpg

ゲンタシン軟膏を塗って、また出血しては薬を塗って・・
丸1日後、やっと腫れが小さくなってきましたが・・
DSCF2481.jpg

そして「ゲロチン爪切り」失敗・・私にはもう無理かもしれません(笑)
それにしても・・やっぱり変なネーミング・・
DSCF2056.jpg






* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

爪きり、私も苦手です・・・ * by けい
こんにちは。
いつもロムばかりで、すみません。
私もワンコの爪きり苦手です。いつもトリマーさんか病院でお願いしています。
こまめに見てあげたほうがいいのはわかっているものの・・・
痛がったりしないかと、不安で怖いんですよね~
子供の爪は、全然問題ないのに・・・

レミーも、足の指が腫れ上がりました。
痒かったみたいで、噛み噛みしたみたいです。
モモちゃんも早くよくなるといいですね。

タイトルを見て・・・ハラハラ・ドキドキ * by chamahime
タイトルを見て、想像いっぱい膨らんでしまいましたよ。
朝から、ハラハラ・ドキドキでしたぁ~(笑)

サマーカットのモモちゃん!いつ見ても可愛いねぇ~。
血豆は見るからに痛そうですねぇ。
何か良い方法が見つかる事を願います。

爪きり・・・私も泣きたいほどです。
ワンコの床屋は娘の知り合い。
トリマーさんからは、「怪我するよぉ、切りなさ~い!」と毎回怒られて、もう何年になるでしょうか・・。
そんな私が、意を決して今日から5~7日毎に、2~3mmづつ切る事を実践し始めました。
次の床屋の時は怒られないようにしようかと・・・。
相変わらず、人間用の爪きりでチマチマ切ってます。

* by ミッキーママ
我が家の納戸にも 買いだめしたトイレシーツがたっぷり!
人間用のトイレットペーパーよりも多いです(笑)

モモちゃん 丸刈りになったんですね^^
笑顔がとっても可愛い♪
でも 足が痛々しいですね(>_<)
先日爪きりした時 ミッキーの前足の爪の根元付近が
赤く腫れてるのを発見しました
痒そうな素振りはないけど 肉球も赤っぽく腫れてる気がするので
病院で診て貰おうかとパパと話してます

チーズケーキ とっても美味しそう~>▽<

* by ソラ
爪きりって大変よね~・・
私も病院で切ってもらうことが多かったな~~
下手な私に切ってもらうより、本人も安心だったかも・・
私も気が楽でしたもの・・
ピッピもよく手先を赤く腫らしてしました。。なめすぎで・・・
皮膚が弱いとちょっとした事で腫らしちゃうんですよね・・
モモちゃん早く直るといいね^^

けいさんへ * by miyu
こんにちは。
とんでもない、いつも読んで下さってありがとう♪
私も爪切りは苦手で・・肛門腺しぼりの方が痛そうで怖いじゃない!
と、友人に言われますが、私には肛門腺の方がずっと簡単でした(笑)
レミーちゃんも指が腫れましたか・・ワンちゃんは痛くてもかゆくても
カミカミしますものね・・。指くらい・・と気にしないようにしていますが
結構気になるものですよね(笑)頑張りましょうね~

chamahimeさんへ * by miyu
時々びっくりさせてしまいますね、ごめんなさいね(笑)
記事が増え、自分でもどこに何を書いたか見つけるのが一苦労なので
タイトルで思い出せるよう、なるべく内容に合ったものにしないと・・
なんて思ったのですが・・「どうしちゃったの?」と、驚きますよね(笑)
爪切りねえ・・道具じゃなく度胸の問題かもしれません(笑)私の緊張が
しっかりモモに伝わるようで、どっちも震えていますから・・(笑)

ミッキーママさんへ * by miyu
ミッキーちゃんのとこもシーツどっさりでしたか(笑)うちは収納がなくて・・
ミッキーちゃんも腫れてますか?そうそう爪の根元です、もうずっとですが・・
モモは足先の骨も変形しかけているので、仕方ないかなとあきらめも・・
そうは言っても、赤いとか腫れてるって、気になるものですよね・・
クリームチーズは賞味期限切れでも大丈夫だと確信を持ちましたよ(笑)

ソラさんへ * by miyu
爪切りが苦手な人はたくさんいるのね・・と思うと、自分でやらなくても
別にいいか・・と開き直ってしまいます(笑)おまかせして安心するのも
決して悪いことはない、ってね(笑)
爪がこすれて出血すると、モモも舐めてますね・・それでまたひどくなる
また薬が増えないように願ってます(笑)ありがとう♪

☆こんばんは☆ * by うたこママ
あはっ♪私もタイトルを見て(・・?でした(笑)
でも、読んで納得!!でした(^^♪
耳が短くなったモモちゃんも可愛いです~♪キョトンとした真ん丸お目目がCuteです♪
足は痛々しいですね…早く腫れがひきますように!(^^)!
爪切りは難しいですね…私はうたこの爪を切り過ぎ、痛がって…かわいそうな事をしてしまったことがあります(>_<)
クリームチーズは賞味期限切れでもOKですね~了解しましたっ(笑)美味しそうです♪食べたいです~(*^。^*)

うたこママさんへ * by miyu
このタイトルでは内容はかえってわからないですね(笑)
爪切りのご苦労や失敗は、みんな経験があるようでホッとしました
無理しないでおまかせしようかな・・と気持ちがすっかり傾きました。
我が家では賞味期限切れ食品が堂々と食卓に並びますが・・
くれぐれもお早目に・・とおすすめします(笑)

6月19日
水分摂取量、17日211(フード87、飲水124)18日206(88、118)
17日の夜、突然モモがけいれん発作を起こしました。入浴中の私の所に
息子がモモを抱いて飛んできて「モモがおかしい!」と。びっくりして
浴室から飛び出しモモを受け取ると、小刻みに震えながら身体を硬くして
両手も胸の前で万歳したまま。呼吸は荒く、小さく舌を出したまま歯が
ガクガクしているのが見えました。私の身体がビショビショなので、モモも
余計に怖かったのか、それともけいれんのせいなのか、両手足の爪が
私の腕に食い込み、身体をやや丸めて必死に私にしがみついていました。
何もできず、ただモモを抱いたまま「大丈夫、大丈夫・・」と声をかけ続ける
だけの数分間、多分ほんの5~6分だったのではないかと・・。すうっと
力が抜けるように身体が柔らかくなり、我に返ったようなモモの表情から、
おさまったのがわかりました。モモが突然両手を上げて震えだしたので
息子は、手が痛いのではないかと心配していましたから、それを確かめる
ために、フードを5~6粒と水を持ってくるように言いました。クッションに
モモをおろすと、もう目はフードに釘付け、手が痛むような様子はまったく
見られませんでした。もちろんフードは喜んで食べたので、安心して再び
お風呂に戻りました。その後は、特に変わった様子もなく元気でしたので
夜食もいつものように与え、遊ぶ元気があるかどうかを確かめるために
骨ガムではなく、束ねたヒモを使って、少しモモを挑発してみましたが
ほんの数分だけガウガウとヒモをかじっていたので、これなら大丈夫だと
やっと落ち着きました。入浴中だったことを除けば、自分でも驚くほど
冷静だったのではないかと・・。もしかしたら、闘病生活が長くなるに従い
何が起こっても不思議はないのだという覚悟は、自分でも気がつかない
うちに心の中に根付いているのかも・・なんて、嬉しいのか悲しいのか
わかりませんが(笑)これが病気と共に暮らしていく現実かもしれません。
翌日はドラメクチン注射の予定だったので、肉球の腫れと、このけいれん
についても相談してきました。足の腫れは、足がグーになっているモモの
爪が食い込んだりこすれたりして傷つき、化膿して炎症を起こしたようで
このままゲンタシン軟膏を塗る処置で様子を見ることに。けいれん発作は
甲状腺ホルモンの補充や薬でコルチゾールを阻害していることで、やはり
ホルモンのバランスが崩れやすいことが原因の神経症状の1つとか・・
先生は、特に甲状腺ホルモンの低下を疑っているのでは、と感じました。
1日2回の甲状腺ホルモン剤を飲んでいても、一時的にホルモン値が
異常に下がり過ぎることもあり、そうなると神経の何とかが・・こうなって・・
けいれんなどの神経症状が起こりやすくなる・・忘れてしまいました(笑)
この発作が頻繁に起こるようになったら、抗けいれん剤などの投薬も
考えなければならないようです。今できることは特になく、発作の起きた
日付や時間、様子などをチェックして、投薬経過時間との関連などを
突き止めることくらいでしょうか。けいれんしたモモを見て、最初に頭に
浮かんだ「副腎機能低下(アジソン)状態」ですが、数分で落ち着いたのと
その後の様子で、私は違うと感じていました。先生も同じ意見のようで
デソパンによる副作用なら、今回の投薬経過時間(ちょうど3時間半後)
では、薬の影響はもっと出ているはずで、何もせずに数分で治まることは
考えにくいとのことでした。それでも、一応は可能性も頭に入れておき
しばらくの間は、特にしっかりと観察していこうと思っています。
足の腫れと化膿、そしてお腹に2つの湿疹も見つかり、まだドラメクチンは
打っておいたほうがいいでしょう、ということで7回目の注射をして、問題の
爪切りもお願いしました。同じような爪切りだと思うのですが、先生がやると
あっという間にサクサクと終わり(笑)やっぱりこの方が安心かも・・

モモはこんな感じですが・・元気です♪
DSCF2470.jpg





* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

* by sofia
読んでてドキドキしました!
最後のモモちゃんのお顔を見て安心~~(´▽`) ホッ
突然の麻痺はほんとビックリします
私も経験があるのですが、抱き上げて失禁したり
すごい力に驚いた覚えがあります
miyuさんの洞察力もすごいです
モモちゃんも自身でビックリしたことでしょうね(*´_`*)
あんよの治療も含めて早く良くなって下さいねぇ!
爪切りがサクサク終わる・・分かりますよ~
我が家も同じタイプの爪切りでして
未だオドオドしながらやってます(∩。∩;)ゞ

* by naco★
そんなことが(><)
息子さんの慌てた様子は、なんだか...うちの旦那みたいです。

あーちゃんもクッシングになるなんて夢にも思わない3歳の時にありました。
急にヨタヨタして→4つの足がバラバラに動いて小刻みに震えて、
→前足をつっぱって→身体がくの字になって全身がつっぱって、
→目は焦点が合わず、口をぎゅっとつぐんで、頭をユラユラさせて、
→立ち上がろうとしても立ち上がれなくて、生まれたての子馬みたいな感じで、
→小刻みが激しくなってきて、かろうじて目線だけが少し動いて。
この間4分位→少しおさまってきた頃にあくびをして
→6分後位に震えが止まって。
何分も続いたのは、この1度でしたが、1.2分程のけいれんが2回位あった様な。
その時は、また発作があったら詳しい検査をという感じで
その後数年、変わりがなかったから詳しい検査はしていないので謎のまま。
クッシングと判る前までは、「てんかん」だと思い込んでいて...
診断されてからは、クッシングに関係あったのかなぁと頭をよぎったり。
(お医者様には聞いてないです)
けいれんといっても、色々な可能性があるから、判断も難しいのですね。
治療中でお薬飲んでるなら、なおのこと。
先生達も飼い主の細かな観察が頼りなんですものね。

また、万一同じことが起きた時は、刺激を与えず、慌てず(^_^)/
【TVを消して、光を遮断して、毛布に包んで、10分以上続くなら、病院へ】
↑これ、うちに貼ってあるんです、我が家2人共情けないもので(笑)




こんばんは~ * by いちえ
タイトルを見て ビックリ!!
慌てて読ませて頂きました。
さすが miyuさんです。 
落ち着いて行動できて凄いですね~

きっと私だったら 突然痙攣など起きたら
とんでもなく慌てふためいて 大声を張り上げ 
ハッピーの身体をゆすぶり続け 刺激して 
もっと悪い症状にさせてしまったかも知れません。

でも 大事に至らなくて本当に良かったです!!
これからも miyuさん 色々と大変でしょうが
お体に気をつけて頑張ってくださいね。

モモちゃんって 本当に可愛い目をしていますね~
いつまでも モモちゃんの可愛いお顔で
ずーっとずーっと癒されたいです。

* by くみ
miyuさん~おはようございます。
昨夜はお世話になりました。どうも有難うございました。
ももちゃん大変でしたね。
けいれん発作を聞きますと・・・ドキッとします。
発作の原因も色々ありますが、わが子の場合は、やはり刺激を与えると発作につながりやすいそうです。
大事に至らなくて良かったです。
お大事にしてあげて下さいね。

こんにちは * by Meg
モモちゃん 元気になって良かったです。
けいれん発作ってありうるのですね。
驚きました。(@@;
勉強させて頂いております。

我が家では帰宅すると必ず「今日は良い子で一日寝ていた」
と報告があります。いちにちじゅうねていて良い子?(笑)

相変わらず可愛いクリクリおめめですね。
らぶりぃ~v-344


* by bimaまま
題を見てびっくり・・・ドキドキしながら読みました
けいれん発作だなんて驚かれたことでしょう
でも落ち着いて対処されたようで さすがです!
すぐに元気になって良かったですね
モモちゃんのお顔 お目目クリクリでとってもかわいいですね
手足が見えなくて アザラシちゃんみたいですぅ

* by chamahime
痙攣・・ただ事では無いですよね。
miyuさんの落着いた対処、見習わなくてはといつも思います。
モモちゃんのお顔を見ると「何かあったぁ~?」と言ってるような可愛さで安心しました。

この1回で終わりますよう~~にv-22

* by うたこママ
ビックリしました…。
怪我とか腫れみたいに目で見て確認が出来たら、あ~しよう、こうしようと考えられるのでしょうが…体の中での変化は見えないだけにビックリしますよね…(>_<)
モモちゃんのけいれんがすぐに治まって、良かったです(^^♪
あざらしモモちゃんですね♪可愛いです(●^o^●)

皆様へ * by miyu
sofiaさん、nacoさん、いちえさん、くみさん、Megさん、
bimaままさん、chamahimeさん、うたこママさん、
けいれんについてご心配いただいているようなので、まとめてのお返事で
申し訳ありませんがお許しくださいね。
おおげさにならないように・・と冷静に記事を書いたつもりではいたのですが
やっぱり驚かせてしまったようで・・ごめんなさいね
これが続くようなら話は深刻だけれど、今はまだ大丈夫だと思っています。
これくらいどうってことはないと・・本当ですよ(笑)
むしろ皆さんのコメントを読んで、気を使って下さるそのお気持ちに
涙が出てしまいました・・ありがとう。
けいれんの原因は様々で、クッシングとの関連も様々ですから
今後の闘病の参考になるように、自分なりに調べて、考えて
ちゃんと記録に残していこうと思っています。私は大丈夫ですよ♪

よかった・・ * by jasmaine
びっくりしましたが・・
よかった。
ほんと、よかった。
それにしてもmiyuさんの冷静な対応、素晴らしいです。
miyuさんのような方と一緒にいられるモモちゃんは本当に幸せだと思います。
大丈夫。モモちゃんはmiyuさんがいる限り大丈夫v-218

6月20日
水分摂取量、19日146(フード67、飲水79)
クッシングとけいれん、今回のモモの発作で、そんなことも起こるの?と
不安を大きくされたお仲間もいるでしょう、私もその一人なのですが(笑)
今後の経過を見なければ、はっきりとした答えは出ないし、たとえ頻繁に
けいれん発作が起きるようになっても、答えは出ないかもしれませんが
とりあえず、モモに限って言えば・・ということで、前回の補足をします。
実は、モモがけいれんを起こしたのは、今回が初めてではありません。
病気の可能性などまるで考えたこともなかった頃で、記憶もはっきりと
しないのですが、多分2歳前後ではなかったかと・・。横にいたモモが
突然手足を突っ張り、身体を硬直させたまま失禁しました。口を小さく
あけたまま歯を食いしばるような感じだったと・・。現在も、調子が悪く
足の痛みがあるのでは?という時に、歯を食いしばってふるえますが
それとはまったく顔の表情が違いましたね。その時、子供のひきつけが
頭に浮かんだ私は、モモの口に思わず指を差込み、思い切りかまれ
それにびっくりした記憶があります。すぐにおさまり、その1度だけでした
ので、病院に連れて行こうとは思いませんでした。3歳でクッシングと
わかった時、症状も年齢もめずらしい発症のモモは、生まれつきの
クッシングという特殊なケースではないかと私が思ったのは、この時の
けいれんや、やはり2歳過ぎから気になっていた手足が細く中心部が
がっちりの体型、トリミングに出すたびにピンク色の地肌が目立つように
なっていた薄毛・・etc。すべてクッシングとわかってからの後付けの
理由で、その当時は、それがおかしいなんてまったく思ったこともなく
年に1度の検診や血液検査くらいでは、見つけようもなかったのだろうと
納得もしていますが・・。モモはクッシング症候群ですが、それは病巣が
下垂体か副腎かわからないまま治療を開始したからで、検査結果でも
判断しにくいケースだと、当時の先生に言われました。下垂体腫瘍が
原因ならクッシング病、副腎などその他が原因ならクッシング症候群と
呼ばれるのですが、そのどちらとも決めにくい結果だったのでしょうか。
前足の異常の原因が脳にあるのではと疑って撮ったMRIで、どこにも
異常は見当たらないと言われたことで、下垂体にも問題がなかったの
ではないか(ただし下垂体まで確認したかは不明)その後に受けた
低用量デキサメタゾン抑制試験では、試薬で経過時間ごとに十分な
抑制が見られれば、下垂体が原因の可能性が高いのだそうですが
モモの場合、検査前のコルチゾールがすでに異常に高かったせいで
はっきりとは言い切れないと・・。もう1度MRIを撮るか、副腎のエコーなど
どちらが原因か調べることはできたでしょうが、当時の私はそこまで
望む気持ちにはなれませんでした。コルチゾールを抑える薬があるなら
とにかく早く投薬治療をスタートして、その効果を確かめたいという思いが
とても強かったので。それは、クッシング治療の現実が十分にわかった
今でも同じです。どちらが原因でも、できることに変わりはないと思って
いますから・・。個人的な考えですが、けいれんなどの神経症状の原因
になるのは、副腎よりも下垂体の方が確率は高いかなと思っています。
もちろん先生が言っていたように、モモには甲状腺機能低下症もあり
ホルモンが原因で起こる可能性も十分承知しましたが・・。ということで
クッシングでも、モモのようにけいれん発作が起こるとは限りませんし、
普通に歩けなくなったという症状も、モモ特有かもしれませんから
同じクッシングでも、あまり不安に感じることはないですからね(笑)

元気です♪
DSCF2497.jpg

DSCF2509.jpg





* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

はじめまして * by パル母
はじめまして。犬3匹(12歳、10歳、4歳)の飼い主です。
実は数週間前からモモちゃんのブログを読ませて頂いていました。4歳のパルがクッシング病の疑いがでて・・・今日、コルチゾールの検査結果が出て、可能性が高いことがわかりました。(前11台、後26台)今日また病院に行って、これからのことを聞く予定です。投薬は今日からの予定です。
今は肥満くらいしか症状のないパルです。でも、過去に思い当たることは沢山あります。
モモちゃんが必要のない手術をされた記事には涙が出ました。これからも度々、過去の記事を読ませていただくと思います。よろしくお願いします。

パル母さんへ * by miyu
はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
1番小さなパルちゃんにクッシングの可能性があると診断されたら
きっと、とてもがっかりされただろうとお察しします。モモと同じく
比較的若い年齢での発症になるのでしょうね・・。不安は色々あるでしょうが
できることはたくさんありますし、大丈夫!一緒に頑張りましょうね♪

* by チーズママ
モモちゃんの骨ガムをかじってる姿がほんわか可愛いです♪
☆チーズにハッピーバースデイありがとうございました☆

痙攣って怖いですね~~~チーズがヘルニアとか、ぎっくり腰だとかって診断されたとき、アレって痙攣だったんだ!と今、気づきました><!硬直して死んでしまうのではないかとパニックになり、チーズを毛布でくるんでタウンページ片手に家を飛び出して、チーズはその時に失禁しました。病院に着いたときには、ほぼ普通になっていましたが、その時にパテラだという事もわかったんですね。
今日のチーズは眼球が白くなっています。新たに何か潜んでいるようで怖いです。チェリーアイもBOLGに記録しておこうと思いながら記録していないのですが><
TVでもそうですが、何か気になる症状があるときにネットなどで調べだすと、気になること思い当たる事だらけで撃沈です。
我が家に来て5年。初めの1年は何もわからず可愛い~~♪それだけ。2年目からは皮膚、目、耳、毛並み、など基本的な心配事も一杯!それは全部小さな種で大きな心配につながる・・・そんな不安な心境の今日です。
モモちゃんの痙攣にも冷静に対処できたmiyuさんを、本当に闘っている強い母だと思いました。


チーズママさんへ * by miyu
チーズちゃんとモモ、同じ5歳のこの1年を元気に頑張って過ごしましょうね♪
チーズちゃんもけいれんの経験があるのですか・・あれはやっぱり怖いです(笑)
そうですよね、気になる症状を調べると、みんなあてはまるような気がして
どんどん落ち込んでしまいます。眼球が白い・・目の異常も目立つので
気になるものですよね・・。私も、モモの目の濁りは気になりましたね・・
ころぶたびに「目が見えないのかっ?」とドキドキしたことを思い出します・・
やっぱり色々心配なことも出てきますね・・でも頑張ろうね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。