123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
11月5日
今年も残り2ヶ月を切りました、長かったのか・・あっという間だったのか・・
ひと月半の長いモモのパンツ生活に慣れてしまったせいか(私がね)
裸のモモを見ていると「大丈夫かなあ・・」とちょっと心配になったりする
急に寒くなってきたこともあり、今年の冬は過保護になるかもしれません
先日のシャンプー後、私も寒くて、モモをドライヤーで乾かすまでに
少し放置してしまったのですが、自分でバスタオルに顔をこすりつけ
ブルブルと水分もふり払っていたから、自分のことは自分でするなんて
なんていい子なんだろう・・と油断してしまいました。突然クッションから
飛び降りたと思ったら・・おしっこをもらしていました・・私の大失敗・・
モモはお風呂の時、いつもシャワーのお湯をたくさん飲んでしまうので
シャンプー前と直後はトイレに連れて行かないといけないのに忘れた・・
ぬれたまま放置してしまったので、寒くて我慢できなかったのでしょうか
けいれん発作の時以外に、モモが失禁するなんて・・今まであったかな?
モモもびっくりして固まっていたけど、私もすごく驚いてしまいましたね
その後、明け方近くに今度は嘔吐・・これも私の油断かもしれません
モモは時々嘔吐するのですが、特にシャンプー翌日に多いことが気になり
もしかしてシャンプー剤を舐めてしまうから?身体が冷えるから?など
あれこれ考えて、顔まわりは洗ったらすぐに流す、シャンプー後は
何をおいてもモモを乾かす、そう決めていたのに・・。出血が続いていた
ひと月半、シャンプーの回数も減らしていたからなのか、そういえば
嘔吐したことはほとんどなかったかも・・。元気だからと油断していたけど
免疫力の低い身体には、これからやってくる寒い冬は要注意・・反省


お漏らしした後、ふわふわに、そしてホカホカにあったまるよう
全身をしっかり乾かしてもらったけど・・
DSCF6266.jpg

「おいで」と言ってもらうのを待っているモモです
何を期待しているのか・・それは・・
DSCF6267.jpg

目の前のでっかいマルチーズのお母さんに抱っこ・・
訂正・・でっかい白くまのお母さんでした(笑)
DSCF6269.jpg

これでやっとひと安心、白くま母さんの身体に包まれて・・
まわりの白い色に同化していきます(笑)
DSCF6274.jpg

冬眠の準備完了(笑)おやすみなさい・・
DSCF6277.jpg





スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (16) * Trackback : (0) * |

ちょっとびっくりでしたが・・・ * by 専業主婦
過去に経験されていたことが起きたんですね?
当然のことかもしれませんが よく観察されているので
大事に至らず良かったと思います(白くま母さんってmiyuさん?)
冬眠完了^^までのモモちゃんの表情 かっわいぃなぁe-266



* by youzi
シャンプーって、ストレスになる事もあるし、
結構体力を使うと聞いた事があるので、ももは夏に2回だけ
シャンプーをしただけなんです。
モモちゃんはシャンプーをした後に具合が悪くなる事があるんですね。
でも、洗わない訳にはいかないので、シャンプーの後はすぐに
暖かい部屋に置いて、乾かすとかするのがいいんですかね。
白クマのおかあさんに抱っこされて寝ているモモちゃん、
とっても可愛いですね。

* by けい
お風呂に入ってフワフワのモモちゃん。
抱っこされて安心して眠っていますね~
秋の夜長は、のんびり眠って過ごして、冬の間の体力を
温存したいものですね~

専業主婦さんへ * by miyu
タイトルがお騒がせだったかも・・ごめんなさいね
記事も多くなり、どこに何を書いたか自分でも覚えていられず(笑)
見出しで内容がわかるように、自分の覚え書きメモみたいな題をつけて・・
また同じ失敗をした時に確認と比較するため・・だけど何度も繰り返す(笑)
でっかいマルチーズじゃ厚かましいし、白くま母さんでもかわい過ぎる
古い雪だるまのようなママですが・・これを着ているとモモが飛びつくから
母に甘えるモモの本能かな?と勝手にワンコママになりきっています(笑)

youziさんへ * by miyu
皮膚トラブルなどの問題がなければ、シャンプーの回数は少なくていいかと・・
モモもアカラスを発症するまでは月に1~2回?忘れちゃった・・(笑)
再発が怖くて週1度を続けていますが、慣れと油断で適当になっていたかもと
モモが元気なのが当たり前と感じつつある自分を反省しました・・
水をあまり飲まない子なので、シャワーのお湯でも何でも飲めばいいか・・と
大量のおもらしに愕然として・・恥ずかしい限りです
ぬれたままの身体は体温を奪うので、これからの季節は特にですが
すぐに乾かす!これが大切だと・・白くま母さんは思い知りました(笑)

けいさんへ * by miyu
モモは、自分が白い犬だとわかっていないのではないかと思うのですが
私が白くまの時は本当に抱っこしてほしそうなので不思議です・・
失敗の穴埋めに、白くま母さんでモモのストレスを癒します・・(笑)
夏も冬も心配だけど、お互い元気で乗り越えられるよう頑張りましょうね

* by まきまき
おひさしぶりです。
シャンプーは健康な子にも負担がかかりますので、老犬や病気をもったワンコには慎重にですね・・
うちのお客さんにもドライヤー中に下痢をしちゃったり、
シャンプー中にけいれんしたりと、
ほんとに何が起こるかわかりません  汗っ

モモちゃんのことをよく観察されているmiyuさんなので
シャンプー後の様子を確認、比較することは大事だと思います。


まきまきさんへ * by miyu
こんにちは、ご無沙汰ばかりでごめんなさいね
お仕事柄、色々なワンちゃんと接しているまきまきさんのご苦労は
自分の愛犬以上に神経をすり減らすことも多いでしょうね・・
あなたはとても優しいから、こんなトリマーさんが近くにいらしたら
安心してお任せできるのに・・と思ってしまいます(笑)
シャンプーを舐めるから、口の周りは手早く・・と思っているのに・・
モモにも「舐めないで」と何度も言っているんだけれど(笑)
同じ失敗を繰り返す、懲りない私とモモでした・・

ご無沙汰しましたm(__)m * by リンママ
お元気そうで…ママさんの更年期話・・
読ませていただきました(笑)
モモちゃんもあれから色々とあったのですねっ(*_*;
うちも色々ありすぎるくらいあって疲れ果ててました(T_T)
実家で療養してて今月の6日に帰ってきました
少しずつUPしていこうと思います♪
また仲良くしてくださいねっ(*^_^*)

リンママさんへ * by miyu
お久しぶりです、お帰りなさい♪お元気そうで何よりです
ご実家に戻られていたのですか・・手術のことなど気になっていました・・
ババの更年期もだけど(笑)モモは発情らしい出血と共に首の腫れが消え
やっぱり甲状腺との関係もあるのかなあ・・と思ったり
この夏から秋は、私も思い悩みながら過ぎていきましたね(笑)
あなたはご自分の体調を最優先に、ゆっくりのんびり過ごしてくださいね

11月13日
11月も半ばというのに、まだ2度目の更新で・・モモを気にかけて
のぞいて下さる方には申し訳ないような・・ごめんなさいね
たいして変化もない日常なので、これでは参考にならないかと
自分のブログなのに遠慮する自分もいて・・(笑)
おかげさまで、来月には無事にブログ丸3年を迎えられそうなので
それまでは、気合を入れてモモの健康管理に頑張らないとね(笑)

気温の上下も激しい今日この頃、人間達もモモも、身体の調節には
やっぱりちょっとだけ苦労しています。今週も夜中に1度嘔吐して
吐いたのは1度ですが、何度も吐き気が襲うようで、めずらしく
モモが声を上げたのには驚きました。お腹がきゅっとかたくなって
ウエッとなるのですが、その後口をモグモグして・・飲み込んだ?
まさか、きれい好きでベッドを汚したくない・・なんてことはないよね
吐きたいけれど吐けないのは人間でも苦しいから、背中をさすって
「ゲ~していいんだよ」と声をかけたところで・・わかるわけないか・・
だけど涙目になっているから苦しいのは間違いないようで、こんな時
どうしてやればいいのか・・途方にくれてしまいますね
その場にモモを置いては離れられないので、片手にモモを抱いたまま
キッチンでフードをふやかし、ビオフェルミンの粉を混ぜてみようかと
悪戦苦闘していたら・・なんと、皿ごとシンクに落としてしまった・・
逆さになった皿が、いいタイミングで「グワングワン・・」と音を立て
あわてて拾うのにモモを下におろしたら・・全速力で逃げて行きました
ベッドに飛び込んだモモは、吐き気も忘れたように「ハアハア」
グワングワンに起こされたのか、ミドリも水槽にへばりつき立ったまま
私を見てる・・何だか急におかしくなって、夜中のキッチンで大笑い・・
こんな日常です・・(笑)


こんなところにポツンとモモがころがっていると・・
DSCF6371.jpg

気になって様子を見に行ってしまうのですが
いきなり寝るし・・(笑)
DSCF6372.jpg

ほっとけばいいのに、寒くないかな・・と
雪山で遭難した友を励ますように
「寝ちゃダメだよ、ここは寒いから・・」とお節介(笑)
DSCF6374.jpg

仕方ないから眠気覚ましに遊ぼうかと・・
ちょっとだけ元気に笑顔で2~3分
DSCF6380.jpg

だけど抱っこしたら・・やっぱり寝ちゃった
こんな日常です・・(笑)
DSCF6385.jpg





* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

笑えることも大事よね * by 専業主婦
気温差が激しすぎて付き合い切れない日々ですね?
吐けない吐き気はきつい!と経験者の私は思います
けれど犬は人間のようにじたばたせずじっと耐えてるんだなと
感じます モモちゃんの苦しそうな表情を見てないから言えるの
かも知れませんね・・・どの画像もかわいいな(^^)モモちゃん

こんばんは * by けい
きっとモモちゃん、気持ちがのんびりして眠たい季節なんですよ~きっと!
我が家のワンコも寝てばかり。
コタツ出したら、いつもコタツの中ですよ・・・

専業主婦さんへ * by miyu
そうですね、この気温差は身体の調節機能がオーバーヒートするほど(笑)
体調が悪い時のモモに、私のできることなどないのですが・・気休め・・
もしかしたら、それもモモには迷惑かもしれないのですけれどね(笑)
「放っておいて!」きっとモモの本音はそんなところじゃないかと・・

けいさんへ * by miyu
寒くなると、生き物はなぜこんなに眠いのでしょうかね・・私も(笑)
掃除が面倒で片付かないし、動かないし・・とコタツなし生活になって
もう10年近くなるかな・・最近、心から恋しいです「コタツ」(笑)

こんばんは * by リキ
昨日、4ヶ月のマルチーズを家に迎えました。
マルと重なる部分もあって、辛くなるかと悩んだけど、夫のお気に入りのワンコで可愛い子だったので迎えました。
マルはポメちゃんとのハーフだったので、生粋のマルチーズとは顔も体付きも違っていることはわかっていたけど、実際、家に迎えてみると想像以上に全くの別犬でした(笑)
マルは色素がしっかりしていたので、本当に正統派の美人顔で可愛らしく、おばあちゃんになっても子犬と間違われるような子でしたが、今度の子は少し色素の薄い子なので、アイラインも薄くこげ茶色で肉球も所々ピンクです。
この子が家にいるってことは、やっぱり、まーちゃんはいないんだと悲しくなることもあるけど、お転婆で、お座り一つ出来ない子なので教えることも沢山あって大変ですが、家の中がマルがいた頃のように明るくなりました。
名前は、モコモコなので、そのままモコになりました(笑)

リキさんへ * by miyu
こんばんは、嬉しいご報告をいただき・・嬉しくて・・泣けた(笑)
いつもブログを見に来てくれていたのがわかっていたから
どうしているかな?・・と、呼びかけでもどこかに書き込もうかと
本気で思っていたのですよ(笑)「どうしてますか~?」って(笑)
よかった、よかった・・。きっとマルちゃんが1番喜んでいますね
モコちゃんが元気に育ってくれること、そしてマルちゃんのように
あなたたちご夫婦と共に、愛情と幸せいっぱいの毎日を過ごせますように・・

* by ららのママ
ほんとにおひさしぶりです。苦しい時ばかり頼りにしてごめんなさい。でも毎日拝見していますよ。今日はちょつとだけ時間ができたので、メールさせて頂きました!
 らら(ラブ)がクッシングと診断されてから約2年たちました。
おかげさまで、私共に元気で過ごしています。
2ヶ月ほど前に受信した時判明したのですが、どうやらクッシングによる異常にでるホルモンが未熟ながら私が知っているものとは違うホルモンらしく(正式名は忘れちゃいましたが)、おそらく生涯、薬を服用しなくてもよいかも?と言われました。最初、クッシングと診断された際、ホームドクターに報告すると、なんと余命のことまで宣告され おおきなショックとその医師への不信感?を持ちました。 が、その期間も過ぎ 言葉は悪いですがざまあみろ!って思いです。 油断している訳ではありませんが。

   みんな、がんばりましょう!

   ごめんない、ちょつと支離滅裂ですね!
  また、おじゃまします。

ららのママさんへ * by miyu
こんにちは、お元気そうで何よりです
ラブちゃんはこの2年、投薬なしで経過観察されていたのですよね?
今後もずっと投薬しなくてもよいという言葉は嬉しかったでしょうね
いつかは薬を・・と覚悟しながら様子を見ているのもつらいものですから
お墨付きをいただいたようなホッとした喜びだろうと・・良かったですね
これからもまだまだ一緒に頑張りましょうね♪

初めまして。 * by ポッキー
はじめまして。久しぶりの平日休日でゆっくりパソコンを眺めていて、こちらに参りました。ももちゃんの闘病記拝見いたしました。クッシング症候群と闘っているんですね。内分泌のこと、私も気になっていたのですが、うちのポッキー(パグ10歳♂)も3歳ごろから甲状腺機能低下症の薬を飲んでます。これを飲むと多飲多尿で10㌔の体重に対し、1㍑以上の水を飲み沢山の薄いオシッコをしています。時々お漏らしもします。ももちゃんの診断の時に首の後ろの皮が伸びる事、ポッキーも7~8㎝伸びます。
甲状腺の薬を飲んで体重は13㌔→10㌔に落ちましたが、お腹の皮がチョット下がり気味になっていました。

多飲多尿以外には元気なので甲状腺の薬以外は治療をしていませんが、クッシングだとしたらこのままでいたらどうなってしまうのでしょう?

クッシングの事はあまり詳しく知らないのでいろいろ教えて下さい。追伸私はもっとおばさんです。

ポッキーさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
ポッキーちゃんも甲状腺機能低下症なのですね、この病気については
クッシングが原因となる場合もあるようですが、そうではなく
これだけを単発で発症するケースの方がはるかに多いのではないかと・・
ポッキーちゃんの多飲が、この薬を飲んだ後に多いと限定される場合
甲状腺ホルモンの補充による一時的な上昇で起こっている可能性も
否定できないかな・・と。低下症とは反対に、甲状腺機能亢進症の場合
症状に多飲もあったように思うので・・よくわかりませんが、推測です
伸びる皮膚についても、クッシングであることが関係しているかもと
以前から私は考えていますが、コラーゲン繊維の形成異常で起こるので
その因果関係ははっきりしないのが現状かと・・
クッシングの心配があるようでしたら、検査ではっきりさせることも
できますので、かかりつけの獣医にご相談されてみるのもいいかと・・
ただし、クッシングの治療についても、改善しないと身体に悪影響がある、
内臓などの数値に問題がある・・などによってどうするべきかを考える
ことになると思うので、個体差も大きく、治療する、しないも含めて
もしクッシングをこのままにしておいたら・・という疑問については
人によっても獣医によっても考え方は色々だと思いますので、わかりません
モモの場合を見て、似ている部分に不安を大きくされてしまったのなら
ちょっと申し訳なく思います、ごめんなさいね(笑)
年上の方だと聞くと「おばちゃん仲間」だと嬉しくなりますね(笑)

11月21日
上映延長になったおかげで、先日やっと観に行くことができた
マイケルジャクソンの「THIS IS IT」 最終回のレイトショーだし
席はたくさん空いていたけれど、根が真面目なので指定された
席を移動できず・・始まってすぐに隣の席の男性が立て始めた
寝息の音にイラッとしながら・・時々リズムをとるフリをして床を
足でドンッと踏み鳴らして起こした。マイケルに失礼だろう!と(笑)
最後の方は熟睡しているようだったので、エンドロールの間ずっと
「Heal the World」のサビを耳元で歌った・・ババアの歌声でね(笑)
突然の死がニュースになった時は、やっぱり健康上の問題が
あったのかな・・と思ったけれど、リハーサルの模様を記録した
この映画を観て、こんなに元気だったこと、全盛期を思わせる
ような素晴らしいパフォーマンスが着々と準備されていたことに
別の意味で衝撃を受けた・・「もったいない」 それに尽きる・・
もう1度観にいこうかな・・と思うくらい、とにかく感動、感動でした
できれば、映画が終わった時、立ち上がって拍手したかったな・・
隣の熟睡男性はともかく、悲しいくらいに静かだったのが残念です
大ファンでもないのに、これ以上あれこれ語るのはおこがましいから
同じ時代を生きられたことに、同年代としてただ感謝するのみ・・



DSCF6412.jpg

この翌日、少し前に注文していたアバのDVDが届きました
31年前にプロモーションで来日した時のテレビの特別番組と
その2年後に実現した、日本公演の舞台裏のドキュメンタリー
二度と観ることはできないとあきらめていた幻の映像でした
私も含め、当時のアバファンには「感動」のひと言でしょうね
このテレビの特番の放映当時、ちょうど九州に旅行中だった私は
移動の予定が遅れ、ホテルに飛び込んでテレビをつけた時には
半分以上見逃していたという・・非常に悔しい思い出があったので
まるで、あの時の21歳の自分にタイムスリップしたような感じ(笑)
80年の日本公演は武道館に3回観に行き、今回のDVDに登場する
開演を待つ、いかにも昭和な人々の中に自分もいたのだなあ・・と
これまた当時の記憶がはっきりとよみがえり、懐かしさに感動(笑)
今回マイケルとアバのおかげで、自分にも青春時代があったのだと
はっきり思い出すことができたから、あの黄金の70年代に拍手♪

おまけ・・映画館での楽しみの1つはバターをかけたポップコーン
1976年、アメリカの映画館で受けた大きな衝撃がこれ(笑)
見たこともないバケツのような大きな容器の山盛りポップコーンに
水道の蛇口のようなポンプでジャブジャブかけるバターの黄色・・
この国の豊かさを目の当たりにしたようなショックと感激でしたね
今は、ワーナーマイカルでこれを食べるたびに思い出すのだけれど
こうやって過去のことを懐かしんでばかりというのは・・もしかして
自分の人生が終わりに近づいているのか?・・と、怖くもある(笑)




* Category : 色々なこと
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by youzi
ABBA、とても懐かしいです。
マンマミーアの中でも沢山曲が使われていますが、
いい曲ばかりですよね。

youziさんへ * by miyu
アバは私の青春を語る時に、なくてはならない宝物でして・・(笑)
早くに活動を停止したことで、更に貴重な宝物に感じるのかもしれませんね・・

11月22日
確かに最近の私はのんき過ぎた・・6歳にして初めての発情期出血に
不安もとまどいも大きかったけれど、出血が46日で止まったことで
すっかり安心してしまった。因果関係は不明だけど、今年始めから
ずっと心配の種の1つだった首の腫れが、発情出血の終わりと共に
きれいになくなったことも、その安心に自分で更に太鼓判を押していた・・
今までに何度も頭に浮かび、何か起こると打ち消していたあの思い
「モモはクッシングではないのでは?」「もしかして治ったのでは?」
これらが再び頭に浮かび始め、本気でそう思い始めていたし・・
体調が良いから、今さらとはいえ、普通の犬のように発情が起きたと
1番信じたかったのは、まぎれもなく私だったのだと思う
モモの多少の不調には動じなくなり、病院に連れて行こうとも考えない
自分で何とかできるというおごりすら持ってしまっていたかもしれない

前夜、お風呂上りのモモ
今回はシャンプーを舐めたりしないよう、十分に気をつけたはず・・
DSCF6445.jpg

前回のカットから、まだひと月ちょっとなのに
毛玉がいくつかできたりして、毛をとかすのも大変なくらい
そして「太った?」と思うほどモコモコで真っ白でした、この時は・・
DSCF6446.jpg

昨日の午後、突然の電話に2階と3階をバタバタと行ったり来たりして
ふと気がつくと・・モモが座布団におしっこを漏らしていた。最近たまに
こんなことがあるのだけれど、私に置き去りにされた状況で起きることが
多いので、あまり気にしないようにしていた。座布団のカバーと中身を
ざっと洗って戻ると、今度はベッドに嘔吐していた。これも時々あるので
雑巾とティッシュ、代わりに置くベッドを取りに行き、再び戻ると・・
更にカーペットとクッションに吐いていた、口まわりと前足まで汚れている
前日シャンプーしたばかりだったので、思わず「うわ~っ」と叫ぶ私
嘔吐したモモよりも、汚れた身体とカーペット掃除に怒りが先に出た?
それとも、これ以上余計な仕事を増やしてほしくないと思ったのかどうか・・
モモを階下のリビングに連れて行き、サークルの中に入れてドアを閉めた
ところが、汚れた物を洗って洗濯機に入れている間に3度目が・・
サークルに入れられたことで、モモは私が外出すると思ってあせったのか
あわててトイレでうんちをして、そのまま嘔吐。狭いサークルの中だから
行き場がなくなり、2本足で立っている・・臆病なモモに大声は厳禁なのに
「どうしたの!!」と叫んでしまったからだろうか・・ひきつけみたいにふるえ
前足がバンザイの格好のままガクガクと・・ただならぬモモのその姿に
我に返ったのは私の方だった・・いったい何をやっているんだろう?と・・
てんかんの可能性も指摘されているのに・・薬の副作用にも要注意なのに
何よりもまずモモの様子を見てやるのが当たり前ではなかったのか?
あわててモモを抱き上げ、何も言わずにしっかりと抱いた。覆いかぶさる
ようにしながら数分・・硬直してガクガクしていたモモの身体から力が抜け
だらんと身を任せるように柔らかくなり・・悪夢の時間は終わった。今までの
けいれん発作とは少し違う・・私が怒っていると思い、怖くてふるえたのか?
あわてて踏んだのだろう、後足にはうんちと嘔吐物、抱きしめた私の足と
腕も、あちこち汚れて臭い(笑)一緒にシャワーでも・・と思ったけれど
連続して嘔吐したモモをぬらすのはちょっと・・また置き去りにして私だけ
シャワーというわけにもいかない、こうなったら汚れた身体も掃除も洗濯も
どうでもいいね、と開き直り・・とは言っても、これではモモが移動するたびに
床中がうんちまみれになってしまう(笑)そして・・バリカンと掃除機の登場・・





* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (5) * Trackback : (0) * |

おはようございます * by リキ
モモちゃん、心配ですね・・。
なんて、声をかけていいのかわかりませんが、私も不安です。

モモちゃんの体調が少しでも良くなりますように。。

* by まきまき
おひさしぶりです。
我に返ったことに感謝ですね。
ワタシも明日はわが身です。置いてかないで~って気持ちですが
ここは試練??自分が成長する過程だと無理無理言い聞かせてます。
ほんと・・・汚れやうんち・・・どーでもよくなりますよね。
そういうふうに思えたならもう大丈夫ですね~
アタシも目先のことに意識しすぎて、大事なこと忘れること
ありますわっっ汗
まだまだだわ・・・・

* by けい
嘔吐すると、犬も驚くようですし、人間のほうもびっくりしてしまいますよね。
コロンが我が家にやってきた当初、よく嘔吐していました。
胃酸過多だといわれて、ご飯を小分けして与えていたものです。
モモちゃんの様子はその後、大丈夫ですか?

* by トトコ
緊張と不安で嘔吐だと・・回復を祈りますね。
モモチャンがmiyuさんを頼りまくってる必死な姿が、目に浮かび・・
miyuさんも電話バタバタの中、カタズケ色々な中で、抱きしめながら、落ち着こうしてる・・尊敬します。モモチャンも胸の中で、安心したでしょうね。モモチャンの動悸なども伝わる・・
危険な状態で無い事を祈ります。倒れないでね。

みなさんへ * by miyu
リキさん、まきまきさん、けいさん、トトコさん
まとめてのお返事でごめんなさい、
今日更新した確定診断の記事は、バタバタしていて昨日アップするのを
忘れていたので、嘔吐その他については特に問題なしでしたので大丈夫です
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした、みんなありがとうね♪

11月23日
連続して嘔吐したモモを、汚れたからとはいえ、いきなりバリカンで
カットするなんて・・虐待にも等しい仕打ちかもしれませんね
確かにかわいそうでした。実はカット後に病院に行こうと決めていて
あちこち汚れて臭いモモを、そのまま連れて行くのをためらったのは
私の事情です、こんな時にも見栄を張る・・あきれた飼い主です

毛の伸びたフワフワの身体にはちょうど良かった
セール商品の洋服・・前夜のシャンプー後に初めて着せてみた
DSCF6447.jpg

丈が長いでしょう?ダックスちゃん用しかなかったの(笑)
DSCF6456.jpg

お尻まであったかいからいいよね・・と思っていたけど
DSCF6459.jpg

その半日後・・まさかこんなことになるなんてね
モモもびっくりの6ミリアダプターで全身カット
DSCF6473.jpg

腕もすっぽり抜けるほどブカブカに・・
モモもあきれて笑顔なし
DSCF6483.jpg

3回嘔吐の直後にカットして、そのまま約1ヶ月ぶりに病院へ行きました
46日目に出血が止まったこと、出血で頭がいっぱいで診てもらうことも
すっかり忘れていた首の腫れがなくなったことなども、今回は忘れずに
報告しました。体重は3.45㎏、最近は家で体重を測ることもしておらず
夏に比べると少しだけ減ったかもしれません。
発情出血の後、1ヶ月くらい過ぎた頃に子宮蓄膿症の危険が大きいと
いうことで、超音波検査を受けました。一緒にモニターを見ていても
私にはまったくわかりませんが、嘔吐や失禁の原因が子宮蓄膿症なら
やっぱり手術になるのだろうか・・と不安でした。先生が何も言わないまま
別の男先生を呼びに行ったので、何かあるのか?と急に怖くなりましたが
呼ばれてやって来た先生とのやり取りで、副腎もチェックしているのだと
わかりました。右の副腎のサイズを調べ、大きさと腫瘍の有無を確認して
いたようです。やはり少し大きくなっているようで、わかりにくい左側も
念のために・・となった時、先生が「この子はこの体勢が苦手なので・・」と
男先生に言うのを聞き「どんな体勢も苦手なのは同じなので、是非!」
少なくとも、モモの先生よりは超音波検査が得意だと思われる男先生に
私から訴えてしまいました、このチャンスを逃がしてなるものか・・です
肋骨が邪魔ではっきりとは確認できなかったようなのですが、それでも
やはり問題ないとは言えない大きさだということはわかったみたい・・
結果としては、子宮には問題はない、副腎は両方ともやや大きくなっている
ただし、副腎に腫瘍がある可能性は低いのではないか・・だそうです
つまり、モモは「クッシング症候群」ではなく、下垂体が原因の「クッシング病」
である可能性が高いのではないか、ということ。もっとはっきりさせるには
下垂体のMRIを撮るか、もっと精度の高い超音波検査を受けるのでしょう
クッシング生活4年目のモモに、私はこれ以上の検査は望んでいませんが・・
今さらですが、とにかくモモがクッシングであることだけは間違いないわけで
だからどうした・・ということではないけれど・・今までと何も変らないけれど・・
下垂体か副腎か、それともまだ別に何か原因が?・・というはっきりしない
クッシング症候群という状態でいることが、私のかすかな希望の根拠であり
「この子はきっと大丈夫」「もしかしたらクッシングじゃないかも・・」という
最後の砦だったような・・そして、いつの間にか自分の頭か心のどこかで
元気なモモの姿に期待がふくらみ、夢が現実になると信じていたのかも・・
そしてこれこそが現実・・この子はやっぱり「クッシングモモ」なんだね・・






* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (15) * Trackback : (0) * |

* by リキ
あの後、更新されてなかったので、とても心配しましたよ~。

何事もなくて良かったです♪

クッシングモモでもいいじゃないですか・・。
モモちゃんはモモちゃんですよ♪
大切な存在です♪♪

* by ららのママ
大丈夫! 泣かないで!

* by 専業主婦
miyuさん 疲れていませんか?気持ちに焦りがあるような
気がしませんか?私の見当違いだったらごめんなさいね。。。
どんな病気でも これなら安心という病気はない気がします...
強いて言うなら病名がはっきりしたので これからの方針が、
日々の過ごし方が わかりやすくなったのではないでしょうか?
うちのホワイティは初め僧帽弁閉鎖不全症ということでしたが
先月の検査で心室中隔欠損と言われ 毎日1回のむ薬は1日も
欠かしてはいけないとも言われ 病状の重さを知りました
いつ何があるかわかりませんが その時まで いつものように
接していきたいと思っています



管理人のみ閲覧できます * by -

みなさんへ * by miyu
ごめんなさい、お返事ちょっと遅くなると思います、お許しを・・

* by トトコ
いつも、何が起こるか分からないと、病気の色々を考え、たくましい人生も乗り越えてきたんだもの・・
観察しながら安心してた日々・・そんな平和が戻るね・きっと♪
miyuさんを癒す為に、出合ったモモチャンに違いないもの・・




* by モモペコ
頑張らないで・・・モモは愛されてることわかってますよ

リキさんへ * by miyu
お返事が遅くなってごめんなさい
私はダラダラと記事を書くので時間がかかってしまって・・
久しぶりにバタバタしてしまい、余裕がありませんでしたね・・
元気だった数ヶ月で、また悪い虫が・・クッシングじゃないかもなんてね
今のままで十分だとわかっているけれど・・欲が深いのかも(笑)
ご心配おかけしてごめんなさいね、どうもありがとう

ららのママさんへ * by miyu
大丈夫ですよ、また頑張るから(笑)ありがとう

専業主婦さんへ * by miyu
おっしゃるとおりです、疲れてはいないけど焦りと憤りと悔しさと・・(笑)
今までと何ひとつ変りはないのに、もしかしたらモモはこのままずっと
普通の子みたいに生きられるのではないかといつの間にか期待してた・・
病気でも十分幸せだと、どんな時だって思っていたはずなのにね
クッシングで死なせるのは嫌だと、頭にこびりついてしまったのかも・・
今生きていることが何よりも大切だと、あらためて頑張りたいと思います
ご心配おかけしてごめんなさいね、どうもありがとう

11月24日
嘔吐騒ぎはおさまり、病院での検査にちょっとがっかりもした私ですが
自分の検査結果も今後についても、考える必要もわかるはずもないモモは
いつもの毎日に戻るはずだった・・もちろんすっかり元気になっていたし・・
気分転換も兼ねて美容院に行った私が帰宅した時、モモは3階にいた。
私の気配で部屋を飛び出したのだろう、廊下を走る音が聞こえたと同時に
すべってころんだのがわかった。娘に抱かれて階段をおりてきたモモを
抱っこした途端、ものすごい声でキャンキャンと悲鳴を上げた。外出時に
興奮して、あえぎ呼吸と共に車内で奇声を上げることもあるモモだけど
それよりもっと激しく、瞬間的に、どこかが痛いのだと思った。あわてて
4本の足をチェック、元々、両後足には膝蓋骨脱臼があると言われており
右だけ手術して逃げるように転院したので、左はそのまま放置している
前足が変形していて普通には歩けなくなったことで、運動量はほぼゼロ
前足をかばうために後足だけの2足歩行も当たり前だから、当然負担は
大きいだろうが、限られたカーペットの上しか移動しないし、大丈夫だろうと
最近は・・やっぱり油断していた。説明するのが難しいけど・・相変わらず
普通に歩くことはできないのに、かなりの勢いでダッシュして走るモモ
それを十分にわかっていながら、私の注意が足りなかったということです
どうしていいかわからず、先日のモモとは逆に、私の身体が震えてしまった・・
モモの叫び声に驚いて飛んできた息子が、モモを連れてきた娘を責めている
確かめるために歩かせてみようと、モモをおろして床に置くようにと言うけれど
私にしがみつくモモと、ひと言も弁解せずに黙っている娘のどちらもが不憫で
モモを抱いたまま離すことができませんでした。だって誰も悪くないのだから・・
もし責められるとしたら、家に家族がいる時は、サークルでの一人留守番より
はるかに騒いで私を恋しがるモモだとわかっていながら出かけた私だろう
気持ちを切り換えて頑張るどころか、行かなければよかったと後悔するばかり
必要以上にモモに神経質になり、あれが良くない、これはいけないと気を使い
何かあるたびにピリピリしてしまう子供達の姿は、かわいそうで見たくないから
不安や迷いはブログに吐き出し、子供の前では「大丈夫」で片付けてきたのに
こんな思わぬアクシデントには、でっかい強い母の顔が崩れてしまうんだね
そしてその私の姿が子供達の不安をあおり、結局みんなで落ち込んでしまう
その後、どの足も普段以上にガクガクしながらもご飯を食べ、トイレにも行き
大丈夫かな・・と思ったけれど、足だけではなく、背骨や腰をひねった可能性
痛みを我慢していることも考えられる・・身体がぬれた時などによく見られる
ブルブルッとする仕草、注意して見ていると・・それをまったくしない、途中で
やめてしまうような感じなので、やっぱりどこかが痛いのかもしれない
このまましばらく様子を見て、気になるようなら病院に行こうと思う、だけど
それは家族が誰もいない時にこっそりと・・そしてそのことは誰にも言わない
モモを心配したり大切に思う気持ちは、みんな同じだとわかっているけれど
何か起こるたびに誰かを責めても仕方ないから、それだけは絶対にしたくない
モモに色々なことが起こっても、今は私のことだけは誰も決して責めないので
ちょっと心苦しくて・・モモをこの家に迎えたのも、この子を選んだのも私の独断
心配で、不安で、不憫で・・そんな思いをみんながモモに対して持っていることも
よくわかっているけれど、モモに関するすべての責任は私が引き受けるから
普通の元気な犬と暮らすように、ただモモを可愛いがって愛してくれれば十分だ





* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by トトコ
病院に行けたか心配でしたが、とりあえずは・・良かったのかな?検査の結果に・・細かく色々で難しいんだなと思いました。
ビビリで病気からくる何か痛み?不安は、1匹留守番は可哀相ですが、miyuさんも行動をカナリおさえて・・頑張ってるのだから、気分転換で元気なったら、モモチャンもママ良かったねって言ってくれる♪
ビビリ太郎なんか、私が2階で寝てるのを知ってるから、1匹で10時間でも待ってるが・・1匹だと今でもビビリ興奮で待ってるから、☆難しい病気治療なったら、心配です。自宅以外だと、ソコで又、悲惨な心理なるし・・好きな自宅でも、誰も居ないと・・・太郎を甘やかしすぎかも。
きっと家族の心は1つ♪モモチャンは幸せ♪そして、病院に行かなくても安心になる様に祈ってますね。
メマイおこさないでね。

管理人のみ閲覧できます * by -

トトコさんへ * by miyu
モモに何かあったら・・と思うと気が引けて外出できなくなって
ストレスがたまるとかえって良くないからと出かけるとこうなる(笑)
物事は思ったとおりには行かないものですよね・・それも人生か(笑)
自分のできることをしながら、自分のペースで頑張りましょうね
大丈夫、更年期だけど、幸いめまいはないです(笑)

○○さんへ * by miyu
初めまして、コメントをありがとうございました
実は私もヘルニアを疑って・・それで不安がどんどん大きくなったような・・
ただでさえ普通に歩けないのに、その上もしも・・と本当に怖かったです
気にかけていただき嬉しかったです、どうもありがとう

11月25日
色々ご心配いただいたのに、記事を書く余裕がなくて遅くなりました
昨日の夜には、まだ手足がちぐはぐな動きながら、自分でトイレにも
行けるようになり、痛みでキャンッもなくなりました。引き続き慎重に
様子を見守りますが、大丈夫だと思います。ありがとうございました

昨日のモモ・・落ち着いた表情になったように感じます
DSCF6561.jpg

前夜、元気がなく寒そうに見えるので、毛布でベッドをくるみ
しばらくそばで添い寝しましたが、私が寒くて限界になり
DSCF6547.jpg

私が自分のベッドに入ったら・・うらめしそうにずっと見てました
何だかすごく嫌な感じがして・・不安でした
DSCF6548.jpg

ここからは、ころんだ翌日の話です

夜中に、眠っているモモが「キャンッ」と鳴いたので飛び起きた
びっくりしたのは私だけでなく、自分のそばに地響きをたてて近づく
でっかいママを見つけたモモも同じ、目を丸くして私を見ていた・・
昼間のアクシデントで痛い思いをした夢でも見たのか、寝言みたい・・
朝になってから、モモはほとんど動かず、ベッドの10センチの段差も
フラフラとやっとのぼってキャンと鳴く・・とても目を離せる状態ではなく
それならずっと抱いてれば・・と試したが、ふとしたはずみで「キャンッ」
やっぱりどこかが痛いようで、姿勢が変ったりすることで響くらしく
心配で仕方ない。1日中モモをそばに置き、トイレはもちろんご飯まで
その場所に運んで済ませ、終わったらベッドに運ぶ、その繰り返し
ピンポ~ンとチャイムが鳴ると、条件反射でベッドを飛び出してしまい
やっぱりどこかが痛いのか、遠慮がちに小さくキャン・・そのたびに
息子が3階から飛んでくる。なぜみんな家にいるのよ・・と思ってしまう
モモだけでなく、ストレス厳禁と医者に言われている持病がある息子の
身体まで気になり始め、もう我慢の限界、病院に行くことにしました
モモから離れず気分転換・・何か明るく・・色々考えて、息子が以前から
作ってくれとうるさく言っていた「ケンタッキーのビスケット」に挑戦して
半日で2回も作ってみたけど、こんなの作っても雰囲気は変らなかった
ひと月ぶりに来たと思ったら、2日後にまた、先生も何事かと思ったはず
事情を説明し、全身を確認してもらうことに。4本の足もくまなくチェック
気になる背骨や腰も手で押しながら診ていただいたけれど、モモは
じっとしているだけで、ハアハアは相変わらずだけど声は出ない・・
結構強く押しているから、痛みがあれば鳴き声を上げると思うけど・・と
「家じゃなく、ここで「キャン」て鳴かないと先生にはわからないんだよ」
モモにもそう説明はしたけれど、遠慮しているのか緊張か・・無言のまま
これなら多分大丈夫、だけど安静にして様子を見るように、との言葉に
やっと安心しました。クッシングなので、足の筋なども痛めやすいから
気をつけて下さいとも言われました、おっしゃるとおりです・・反省・・
おまけに、しっかり診ていただいたのに、診察代はなし・・申し訳ないです

できればこっそりと病院に行きたかったけれど、みんないるから無理だし
私に抱っこされているのがモモは1番安心なんだからと、息子が運転して・・
診察室には入ってこなかったけれど、本当に大丈夫?足は?腰は?
診察の結果を何度も確かめる言葉に、相当不安を持っていたのがわかる
心配するなと言っても無理だよね・・こういう細かい繊細な性格だから
身体を壊したのかもしれない息子なんだから仕方ない・・それに比べて
前の日のモモの様子なんかすっかり忘れてやって来て、寝ているモモを
せっせと自分のデジカメで撮っている娘・・二人を足して半分に割りたい・・

2日間、まったく見向きもしなかったアキレスにかじりついた
DSCF6555.jpg

嬉しくて私が大声を出したので、思わず立ち上がる・・
DSCF6558.jpg

何が起こったのかわからず、呆然とするモモ
どうして私は静かに見守ることができないのか・・また反省・・
でも嬉しかった・・「モモが立った」
DSCF6559.jpg




* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

* by sofia
((o(б_б;)o))ドキドキハラハラで読ませて頂きましたぁ
大事に至ってなくて良かったです~ε-(^、^;
モモちゃんがご家族みんなに愛されてるのがmiyuさんの軽快な語録に乗って伝わってきます
立っちしたモモちゃん♪
ネットからもみんなきっとやった~!って叫んでますよ~ヘ(*^0^*)ノ

sofiaさんへ * by miyu
ご心配おかけして申し訳ないです・・本当にホッとしました
今はたまにモモの様子を書くだけになっていたこのブログなので
突然のバタバタに動揺して、何が何だか・・自分を見失いました(笑)
忙しくもないのに恥ずかしい・・(笑) どうもありがとう

* by トトコ
焦ったら書いたのが、消えちゃった~
良かったです!いつもより少し疲労?のモモチャンに見えるけど、
立って元気なった合図・・嬉しいですよね。良かった。
分かろうしても、ナカナカだから・・普段と違うキャン触ると痛いよ、は、私達には助かる合図だよね。お医者では少し我慢したかも?でも、痛い治療や入院ならず、良かった。
子供さん達、息子さんも本当に優しいね。ストレス性になるね・・文面に伝わります。お大事にされてね・・私は単に神経質、下痢・・・・更年期の失禁もだが、マダ動けるから自分で何とかだが、
モモチャン失禁もヒトゴトでは無いです。。
心で、ママ有り難うって言ってるね。太郎は、当たり前顔だが・・
足の筋・・大変ですね。太郎でさえ、大丈夫か思う時ある細い筋だから、病気の事で、モモチャンの足にかかる負担も考えると・・心配したら、キリないよと、miyuさんに言われそう(笑)

miyuさんは、いつも静かに判断、明るく見守りしてる思うよ♪
焦りながらも、モモチャンきれいにして服の着がえとか色々考えたり、胸がキュン・・
私が言えた事では無いけど、miyuさんの言う通り今を感謝に、ですね。miyuさんのハラハラや、今の嬉しさ伝わる。私も読みながらハァハァ(笑)。 不安な人には、焦りmiyuさんも救いです。(笑)
良かったモモチャン・・ずっとだよ・・祈り

ひと安心^_^ * by 専業主婦
私にはわからないmiyuさんなりの事情があるとは思いますが
病院へ行かれたこと 全身を診ていただいたことで 少しの
安心感を得られたのではないでしょうか? 
モモちゃんの足のこと 今回の記事も含めて改めて知りました
心配の種は尽きないけれど頑張りすぎないで下さいねmiyuさん

* by まきまき
ちょっとドキドキしましたが・・・
安心です。モモちゃんの表情を見たら、がまんしてるようには見えない・・・(ガマンしてるかわからないですがっっ汗)
まきまきは以前より少し強くなった気がしてますが、

本当は心ざわざわしてます。
自分のブログではやっぱり本音は書けなくて・・・
miyuさんのちゃんと自分のことを書けてるのを見ると
少し安心してしまう。
前向きな言葉や態度を意識すれば大丈夫と思っていても
後ろから津波にのように不安や悲しみが押し寄せてくるんです。

これはず~っとあるんでしょうね・・・。

スミマセン自分のことばかり書いてしまいました。  ペコリ

トトコさんへ * by miyu
切羽詰って行った病院なのに、入院になったらどうしよう・・とか
お金がいくらかかるだろう・・なんて、モモの身体だけでなく
現実的な心配までしている自分が悲しかったかな(笑)
だから余計にホッとしたのかもしれませんね・・お恥ずかしい・・
息子はストレスで腸に穴があいちゃうかもしれないので気を使います
モモにも子供にも神経を使い、それでもタフな自分の神経と身体
やっぱり介護の運命を背負っているのだと自信を持たないとね(笑)
我が家のことで、トトコさんの方が具合悪くなりそうで・・ごめんね

専業主婦さんへ * by miyu
素人では判断できないこんなアクシデントの時、病院に行くだけで
モモだけでなく私の不安解消までしてもらえたから・・ありがたいですね
色々な事情をかかえているのは誰もが同じだから・・それを受け入れて
自分のできることをほどほどに頑張る、それに尽きますね(笑)

まきまきさんへ * by miyu
心がざわざわ・・よくわかりますよ、私はそれに更年期プラスで(笑)
頭の中でも不安がどんより渦巻いて、得体の知れない恐怖に包まれる時も・・
あなたはとてもよく頑張っているから、そして明るくいようと努力して
つらい本音を残さないようにしているのかもしれないけれど
それぞれに状態の違うたくさんの愛犬の命を守る重圧はどれほどのものかと・・
吐き出してしまうことで少し軽く感じることもあるから、無理しないでね
私はね、どちらかというと、きれいごとを並べて取り繕う性格だけど
時々、どうしようもない本音を手が勝手に書いてしまうの(笑)
それができるのは、このブログを、家族も病院の先生も実生活の友人も
多分見ることはないだろうとわかっているから、知られる心配はない(笑)
顔を会わせる人間には、この人が裏でこんなことを思っているのか
なんて、心の中まで知られるのはちょっと恥ずかしいものね(笑)
だけど、いつか最後の日は必ず来るわけで・・その時に、そしてその後に
自分が立ち直るために、頑張った記録を振り返ることが必要になる時が
きっと私には来るのではないかと思っているので、そのためにも
たまにはためらう本音もいいか・・と開き直ってしまいます
もっと醜い本音も、実は心にあるけれど・・それはさすがに吐き出さない(笑)
私自身がみなさんに言われてばかりなんだけど、無理をしない程度に
マイペースで、自分の心もいたわりながら頑張りましょうね(笑)

11月28日
足元がおぼつかないのは仕方ないとして、モモは元気になりました
前は、ご飯の時間には毎回ダッシュでキッチンまで催促に来ていたけれど
今は1日1回くらい・・あとはベッドの上でピイピイと鳴いて催促しているので
まだ回復したとは言えない様子ですが、それでも大丈夫だと思います

ただ・・私がそばを離れたり、上へ行ったり下に行くたびに鳴きます
最近はこんなことはなかったのですが(鳴かない代わりにおもらしはした)
やっぱり自分の身体に不安があるからでしょうか・・以前のように元気に
移動できるまでの間、モモの不安を最優先に、つきっきりでいてやれれば
いいのでしょうが、そういうわけにもいきません、こうなったら・・

モモを常に携帯すればいいのだということで・・
1年ぶり以上になるでしょうか・・スリングの登場です(笑)
手が届かないので・・鏡に向かって写真を撮るのは難しい・・
DSCF6653.jpg

こんな感じでべったりです、これなら文句はないでしょう(笑)
DSCF6656.jpg

ただし私・・いくら太っても、ここまでお腹がせり出しているのは
遥か昔の妊娠中以来ですから、ドアの出入りや物にぶつかる等
モモにも危険なのですが、揺れてもぶつかってもモモは平気
気がつくと、こんな感じですぐ寝ていますから・・(笑)
DSCF6666.jpg

「いつまで写真を撮ってるの?眠れないよ」
きっとそう言いたいのでしょう・・だけどねモモ
この状態でこれから掃除だよ。モモのケガと私の腰痛に注意(笑)
DSCF6668.jpg




* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

グッドアイデア♪ * by リキ
モモちゃん、安心しておねむですね~。

miyuさん本当に腰痛やギックリ腰には気をつけて下さいね!

モモちゃん元気になってネ * by 専業主婦
miyuさん 腰に負担がかかるでしょう? お大事に。。。
私は頚も肩も腰も 鍼灸とカイロプラクティクで調整して
もらうほど衰えているので できそうにないわ(>_<)
モモちゃんはmiyuさんと一緒で嬉しくて安心してるわね*^-^*

リキさんへ * by miyu
そうですね・・モモをくっつけてなくても、すでに腰痛に注意の体重だし(笑)
ケガがトラウマなのか、このところピイピイと後追い鳴きばかりです
でも元気なので、それでよしと・・我慢我慢・・
パピーのモコちゃんもお世話が大変でしょうね・・頑張りましょうね♪

専業主婦さんへ * by miyu
腰に負担はあるけれど、お腹まわりがポカポカあったかいので
もしかして脂肪燃焼効果はあるかもしれないと期待しながら・・(笑)
寒い季節は肩や腰にはつらいですよね、モモには関係なく私も肩が・・
寒くて身を縮める姿勢が良くないのかと思うけれど、室内は省エネ(笑)
お互い元気に冬を乗り切って頑張りましょうね♪

管理人のみ閲覧できます * by -

安心顔ですね♪ * by トトコ
後おい泣きがピイピイだなんて、可愛いけど、
転倒の激痛後に、聞くと辛い泣き声ですね。
・・miyuさんの腰痛と肩こりが心配ですが、
モモチャン本当に安心顔・♪だし、
2人?暖かなりながら?冬の多忙を過ごしてね。

管理人のみ閲覧できます * by -

トトコさんへ * by miyu
痛い目に合うと、どうしてそうなったのかがモモにはわからず
不安が強くなるのだと思うので、今はひたすらくっついているしかないと(笑)
私は頑丈なようで・・今のところ大丈夫(笑)

11月30日
スリングで日に2~3回べったりとくっついている時間を過ごしているので
モモは寂しさ知らず、私は運動不足解消・・とまではいきませんが(笑)
掃除や洗濯など、両手がふさがっている時に気になるのがモモの首
頭を手で支えてやれないし、スリングの生地は薄いのに、その薄い端に
頭をのせて顔を出しているから、首が苦しそう・・こすれて毛も抜けそうだし
何かいい方法は・・と考えている時に目に入ったのが・・彼女

DSCF6677.jpg

これ、4~5日前に息子がモモに買ってきたおみやげなのですが
気持ちは嬉しいけれど・・モモはこういう物が大の苦手
みんなでその気にさせようと頑張ったけど・・完全に無視(笑)
何だか形がおかしいから、気味が悪くて近寄らないのかも・・と
「お友達だよ~」と、モモの服を着せてみたら・・震えて逃げた・・
もっと怖がってしまいました、確かに↑洋服は余計だったかも
ところがスリングに一緒に入れてみたら・・いい感じ(笑)
DSCF6670.jpg

パウダービーズの優しい感触と柔らかさが首を保護
彼女の長い手が、モモをしっかりと抱きしめてくれています
ピンクのヘルパーさんの大活躍で、モモがよく寝るのです(笑)
写真ではヘッドロック状態に見えるかもしれませんが
モモも舐めたりスリスリしているので大丈夫、枕としてはね(笑)
DSCF6676.jpg

気を緩めてはいけない、という警告かと思うほどバタバタの11月が
元気なモモに戻って終わりそうです、きっと、まだまだ大丈夫だね・・
ここに何も書くことがないくらい、平和な時間が続くことを目標に(笑)
明日からの師走を乗り切っていきたいと思っています
冬の寒さも本番です、身体に気をつけて、みんなも元気でいて下さいね



* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (10) * Trackback : (0) * |

なるほど~ * by 専業主婦
名案ですね^~^ 総重量が気になるところですが
余裕で動きまわれますか? 



更にアイデア♪ * by トトコ
ママにくっ付け、ピンクのウサギさん枕?で、首もラクそう♪
愛情たっぷりのモモチャンの不安が和らぐといいね。・・
頑丈というmiyuさんの身体に少し安心しながら、
多忙な師走を、2人で1人?状態で乗り切り、平和が続きます様に祈りますね♪♪♪

専業主婦さんへ * by miyu
重さは大丈夫ですが、足元の視界が悪くなり危険です(笑)
とにかく・・離れるとピイピイキュンキュンうるさいです・・

トトコさんへ * by miyu
夜だからいいかと、これでハガキを出しにポストまで行き・・
この姿はまわりから見ると、とても異様なのだと自覚しました(笑)

それは大変 * by 専業主婦
>足元の視界が悪くなり危険です(笑)
階段の昇り降り 段差のある所 みんな当てはまりそうですが
これもモモちゃんのためだから・・・ですね
miyuさん気をつけて下さいねぇ
ホワイティは今 私の膝の上で寝息をたててます
間もなくワンごはんの時間です  

専業主婦さんへ * by miyu
まあ偶然(笑)ちょうどモモも5時のご飯が終わったところで
メールしている私のひざの上で寝たばかり・・

足元が見えないのも、お腹が重いのも・・怖いものですよね
お相撲さんはすごいなあ・・と、つくづく思いました(笑)気をつけます・・

お薬の反応 * by マックの母
はじめまして。
うちのこもクッシングになりまして、つい最近トリロスタンをはじめました。それで、微量からはじめたにもかかわらず、初日からずっとお薬を飲むと身体が赤く、熱くなってしまいます。ごく微量にした日もなってしまいます。(薬を飲まない日は正常です)やはりこのような状態でこれからも飲ませつづけるのは危険でしょうか?中止したほうがいいですか?後日病院へ行きます予定ですが、なにかアドバイスいただけませんでしょうか。どうぞ宜しくお願い致します。

マックの母さんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
トリロスタンの副作用や身体の反応など、今までに色々なお話を
聞いたことがありますが、身体が赤く熱くなるというのは私も初めてで
そのように皮膚に現れるというのは、やはり薬が身体に合わないのかな・・と
個人的には感じました。薬に対してのアレルギー反応(薬疹)の可能性も・・
これを飲むと起こるということなら、とりあえず中止した方が安全かと
私は思いますが・・。トリロスタンは、クッシングを治療するわけではなく
ホルモンの産生を阻害して、出過ぎるコルチゾールを抑えることで
高すぎるコルチゾールが引き起こす症状を改善する目的で使うので
一般的には投薬の効果は数時間と言われていますし、気になる症状や
副作用と思われる良くない体調の変化が見られる場合には、投薬をやめ
なるべく早めに病院に行かれる方がいいかもしれませんね
副作用として代表的な、副腎機能低下による、ふるえ、嘔吐、食欲不振
元気消失などは、内臓への影響で起こるものですが、皮膚にというのは
めずらしいかもしれません・・おどかすつもりはないのですが
これが薬による反応であるならば、もっと強いショック症状の引き金に
なることもないとは言えませんし・・すぐに病院に行くことが無理なら
電話で連絡して、この状態を報告してご相談されるのもいいかと・・
色々大変だと思いますが、お大事になさって下さいね。

お返事ありがとうございます。 * by マックの母
お返事、ありがとうございます。こちらでは、獣医さんより本当に詳しく、ご親切にいろいろな情報を拝見できるので、ほんとうにありがたいなあと思っております。薬の件、私も同感で、中止したほうがいいかとおもっていました。(わからないなりに)当面中止し、病院へ行こうと思います。。また、なにか緊急の場合、お伺いさせていただけるとうれしいです。すみませんが、その際はまたどうぞ宜しくお願い致します。この度は本当に有難うございました。

マックの母さんへ * by miyu
大丈夫かな・・と気になっていましたので、ちょっと安心しました(笑)
ただ私は素人で、モモもクッシングらしい症状の少ない病状なので
病歴は長くなりましたが、あまり色々な経験もないので
緊急の場合に役に立つアドバイスができるかどうかは自信がありません
もちろんご相談には喜んでお答えしたいと思いますが、それとは別に
おかしいなと感じた時には、かかりつけの先生にご連絡されることを
おすすめします。私は、今まで自分の思い込みや独断で失敗したことも多く(笑)
わからない時には、獣医の意見を聞くことがやっぱり安心かな・・とも
実はすごく感じています(笑)自分がホッとできることが愛犬の安心にも
つながると思いますので、私のような失敗にはご注意を・・
大切な愛犬のために、情報交換しながら一緒に頑張りましょうね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。