123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月9日
デソパンの投薬量を、半分の3.75ミリグラム朝1回にして約2週間
自分の不安が大きいからなのか・・モモの様子が気になって仕方ない
気の持ちようで全然違った顔に見えるから不思議だなあ・・と

ただボ~ッとした顔で抱っこされているだけなのに
元気がない?副腎機能低下か?と心配したり
DSCF8624.jpg

眠いだけなのかもしれないのに
DSCF8639.jpg

どこかが具合悪いのでは?と思ったり・・
DSCF8640.jpg

ハアハアしながらこんな表情をすると
以前なら「笑ってる!」と喜んだはずなのに
DSCF8646.jpg

興奮してコルチゾールの数値が上がっているのか?と
今度は逆の心配をする・・
DSCF8645.jpg


グズグズ悩むのはやめて、とりあえずモモの元気を信じよう・・
そう気持ちを切り換えようとした途端、久々にけいれん発作
すぐに病院に電話をして、けいれんのことはあえて言わずに
検査をしたいと申し出た・・ところが今週は先生が忙しそう
自分でも何をどうすればいいのかわからない状態だったので
来週でいいです・・と電話を切った数分後、今度は失禁と嘔吐
投薬後の経過時間を考えても、今回は副作用の可能性が高いと判断
実は・・この数日あれこれ調べて、薬を飲まない状態での検査を
したいと気持ちが揺れていたけれど、これがチャンスかもしれない
とにかくしばらくの間、デソパンの投与を中止することに決めた









スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2010.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月19日
デソパンの投与を中止して1週間が過ぎ、どうするべきかの答えも出せず
今のモモの状態を冷静に判断することもできそうもなく、徹夜の勉強も
お仲間のアドバイスも、獣医への医療相談も・・頑張ったんだけどね・・
結局、モモを連れて病院に行きました。ここで言い訳を・・
普通は、こんな1週間を過ごす前に、かかりつけの先生に連れて行くだろう?
そう思われるのが当然だと・・もちろん先生を信頼してはいますが
モモのクッシングに関しては、自分が納得できる治療と闘病生活を選択し
飼い主であり、残念ながら素人でもある私が主導権を持つと決めたので
考えられる可能性もその他も、自分が前もって理解しておきたいと
先生には失礼になるかもしれませんが、そう思っています。

ミトタンと違い、デソパンの体内への蓄積はほとんどないと言われており
投薬を中止すれば、コルチゾール値もクッシングの症状もすぐに戻る
だからこそ、内科的治療で完治はなく、投薬は生涯続ける必要があると
いうことなのですが、現実には・・そうでない話も多く耳にします
薬が合わないことによる副作用、効きすぎの副作用、一過性ではない
何かの影響が体内に起こりクッシングではなくなる・・ということも。
素人の私があまり余計なことを勝手に書くと、色々差し障りもあるので
やめておきますが、クッシングさんの数だけ経過も色々ということですね

話が関係ない方へそれましたが・・
1週間、薬をまったく飲まない状態のモモの身体で調べて欲しいのは
ACTH刺激検査、もしくは血中コルチゾール濃度
先日のけいれんや失禁や嘔吐の原因がデソパンによるものだとするならば
副腎機能低下になって起こった可能性は高く、この前のACTH検査結果で
異常に低い数値だったことからも、そう考えるのが普通だと・・
私が気になるのは、これほど投薬量を減らしているにもかかわらず
低すぎる結果が出ることの原因で、デソパンへの反応が過敏になったとか
突然身体に合わなくなった、蓄積による影響などがないか?ということ
だけど、デソパンをやめている間にコルチゾール値が元どおりに高く
クッシングらしい数値に上がっていた場合、そこにACTH刺激検査するのは
やっぱり危険だし・・でも体内のコルチ数値だけでは・・と悩むわけです
結局、先生のアドバイスで血中コルチゾールとミネラル関係の血液検査を
することにしました。低すぎるACTH結果の時にも、同時に受けた生化学で
ミネラル関係にはまったく異常なしだったから、必要なのかなあ?と
ちょっと疑問に思いましたが・・
結果、ナトリウム、カリウム、クロールどれも問題なしでした

血中コルチゾールの結果は、後日電話でお知らせいただけるようです

追記・・先生から結果の連絡あり
    血中コルチゾール値は8.2だったそうです
    薬を飲んでいない状態ということから考えれば
    クッシングとは言えないかもしれない微妙な値です
    う~ん・・今は何も言葉が出てこない・・






* Category : 闘病の記録2010.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月22日
血中コルチゾールの検査結果をどう考えればいいのかわからなくなり
この数値を元に、あれこれ検索し調べ・・やっと落ち着きました
結論・・やっぱりわからない・・終わり(笑)
とりあえず、このまま投薬なしでひと月くらい様子を見て
また検査をしましょう・・と言う、先生の提案に従おうと思います
コルチゾールは朝が高値になると言われているので、念のため
次回は朝にACTH刺激検査を受けた方が・・と思っているけれど・・
ところで、私の心をかき乱すようにモモの飲水量が増えている
今まで多飲とは無縁だったモモが・・と、ちょっとびっくり
5月まで50~80グラムだったのが、この10日で3倍になっている
とは言っても・・多飲では?などと騒ぐ量ではないのですが・・
それでも、デソパンをやめたことが原因か?とあせりを感じながら
過去の記録をチェックしてみると・・毎年この時期は増えていた(笑)
4年間、毎日かかさず飲水量を記録し続けて良かった・・
暑くなったので、いつもどおりに過ごしていてもハアハアが増え
時々不安にもなりますが、自分の目と今までやってきたことと
このブログに残してきた記録を信じて頑張ります

暑くなったのでモモもゴロゴロ・・
甲状腺ホルモンのおかげでフサフサの身体がうらめしい時も・・
そろそろバリカンかなあ・・と、私がつぶやくと
DSCF8738.jpg

「バリカン」に反応したのか、突然こっちを見た(笑)
DSCF8740.jpg


これは↓もう1つのブログから転載しました、戒めのために・・
モモの闘病生活に不安があるとすれば・・それは私の記憶力(笑)
頑張らなければいけないのは、モモじゃなく私なのですね・・


6月22日
今日は父の命日だったので、朝一番に買い物
お供えする花を買うつもりで出かけたのに
ようかんとケーキと飴とおせんべい・・
肝心の花を忘れてしまった・・ありえない・・

モモの誕生日からもう一ヶ月なのねえ・・と
しんみりしていたら、フィラリアの予防薬!!!
忘れないように毎月20日に決めたのに・・
あわてて飲ませ、もう忘れることのないように
家計簿の20日にシールを貼っておこうと開いたら
12月分まですでに貼ってあった・・それも忘れてる(笑)
思い出した・・貼った時↓写真まで撮っていたんだよね
どうか私が2度と忘れませんように・・
DSCF8509.jpg

モモの体調が悪い時用に・・と、モラタメのお試しで
デビフの肉のスープ煮缶詰セットを購入
万が一、投薬による副腎機能低下の副作用が出た場合に
1番効果的な対処法は点滴、つまり水分補給だということで
水を飲まないモモには、これがきっと必需品になると・・
DSCF8594.jpg

先日のけいれん、失禁、嘔吐騒ぎの後に
さっそく缶詰の出番が来た
中身の肉をパイレックスに移して保存
スープだけを水で薄めて飲ませたら・・
あっという間に大喜びで60グラムを飲み干して・・ホッとした
ところが・・それっきり中身のことを忘れてしまい(笑)
数日後、なぜかすっかり「ツナ缶」だと思い込んだ私
サンドイッチにしようとほぐして・・気がついた

こうやって、ちゃんと写真まで撮っていたのにね・・
本当に愕然とするような記憶力の低下だ
DSCF8667.jpg

ギリギリのところでしたが
「鶏肉のスープ煮」の中身は無事モモに・・(笑)
大丈夫、大丈夫、もう忘れたりしないよ・・たぶん・・
DSCF8741.jpg





* Category : 闘病の記録2010.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月30日
24日の夜、運悪く家族が誰もいない時にモモがけいれん発作を起こした
私が入浴する間、浴室のドアの前で待っていた時・・タイミングが悪い・・
髪にヘアパックをして、洗い流すのを待つ間に身体を洗っていたので
全身泡だらけのその時、突然「ドタッ、バタンッ」と変な音がした
遊んでいるのか?と思った瞬間、浴室のドアにモモがぶつかった気配が・・
びっくりしてドアを開けると、手足をガクガクさせてヨロヨロするモモの姿
自分でもどうしていいのかわからないのだろう、私に助けを求めるように
そばに行こうとするけれど、身体が思うように動かないといった様子だった
すぐに抱き上げてやりたいけれど、全身泡だらけの身体でモモを抱いたら
モモも洗い流さなければならなくなる・・「動いちゃダメ!」「待って」
いくら声をかけてもモモにはわかるはずもない、待てるわけもない・・
浴室のドアを開けたまま、いそいでシャワーで泡を流し、ぬれたままの身体で
モモを抱き上げるまで1分くらいだったろうか・・ガクガクはしているけれど
けいれん発作とは違うような・・その後、数分で身体が柔らかくなり
モモは我に返ったような様子を見せた。ポタポタとしずくがたれたままで
髪に塗ったヘアパックも洗い流さないままだったので、モモをベッドに寝かせ
浴室に戻り、今度は全身をシャワーで流し、急いで身体を拭きながら出てきた
ところが・・モモがベッドの上でひきつけていた・・カチカチにかたまって・・
さっきの様子とはまた違う、今まで何回か「てんかん?」と思ったのと同じ
バンザイしたまま身体が硬直する、あの発作である・・約3分続いた
デソパンの投薬はしていないけど、甲状腺ホルモン投与後半日がたっていたので
急激に甲状腺ホルモンが低下したか・・脳の異常によるてんかんか・・脱水?
今日はほとんど水を飲んでいないことを思い出し、そういえば、けいれんには
いつもセットで起こることが多い失禁がないことにも不安を覚えたので
原因はともかく水分補給が今の私に唯一できる処置なのだから・・と水を・・
予想通りまったく飲まないので、モモを抱いたままスープ煮の缶詰を開けて
中身を取り出してスープを水で薄めて飲ませた・・狂ったように飲んだ、60グラム。

バスタオルを巻き、髪からしずくをたらしながら、モモを抱いて放心状態が続く
カチカチからぐったりになり、私にしがみついたままだったモモが起き上がり
私の顔を振り返って見ながら「下におろせ」という合図をしたのは10分後くらい
不安に思いながら床におろすと、モモは走ってトイレに駆け込んだ・・もう大丈夫
濃い黄色の10センチほどのおしっこの跡を見て、さらにスープを50グラム与えた
すべてが終わり、バリバリにつっぱったババの顔にも化粧水でうるおいが戻り
しずくのたれる髪もすっかり乾かした頃・・娘が帰宅した、運の悪いやつだ・・
「何であと1時間早く帰ってこないのよ!!」とわけもわからず私に怒鳴られる(笑)

先日、デソパン投与による副腎機能低下の副作用ではないかと疑ったあの発作も
もしかしたらまったく関係なかったかもしれない、そう思うと不安が広がる・・
デソパンを飲ませていないけどいいのか?だけど再開するのもやっぱり怖い・・
モモの身体の中では何が起こっているんだろう?何をどうすればいいんだろう?
病院に相談や駆け込むこともできない時間帯に起こる突発的なトラブルの場合
私は運に任せるしかないと思っているので、今さら病院探しをするつもりはないが
たとえ気休め程度にしかならなくても、そんな時に自分でできることがないのか
効率的な水分補給の方法も含め、色々考えておいた方がよさそうだと思った・・
悩みすぎたのか、混乱したのか・・その後、ぐっすり眠るモモの寝顔を見ていたら
突然の腹痛と吐き気に襲われ私が嘔吐・・もちろん「つわり」ではありません・・

暑さ対策も兼ねてバリカンカットしました
DSCF8859.jpg

もうちょっと短くてもよかったかな・・と思うところで
やめておいたほうがいいかもと学んだので、こんな感じ
DSCF8864.jpg

求肥のような感触のお腹も記念に・・
モモの場合は・・求肥=牛皮かも(笑)
DSCF8863.jpg

こんなに黒々とした肉球も記念に・・
DSCF8865.jpg

黒々ついでに鼻も・・(笑)
DSCF8866.jpg

首の腫れのその後も・・
大きくなったり小さくなったりしながらですが
現在、首のプヨプヨはほとんどわからないくらい小さいです
原因は相変わらず不明ですが・・いいよ、元気ならね(笑)
DSCF8870.jpg






* Category : 闘病の記録2010.中期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
現在はほとんど休眠中のため、お役に立てる情報提供もできず
ご訪問いただく皆さまには申し訳なく思います
トリロスタン中毒や依存性については考えたこともなかったので
なるほどなあ・・と興味深く読ませていただきました
モモのけいれん発作との因果関係も、このまま経過観察を続け
あらゆる可能性を考えながら、自分なりに見つけたいのですが
命がそれまで続くのだろうか・・と不安にも思っています

薬を飲まないと震えが起こり、飲ませると出ないというのは
初めて聞きましたのでびっくりですが、単純に考えると
薬によってコントロールがうまくできている状態なのかな・・と
依存症が気になっても、飲み続けて状態を維持するほうが
ワンちゃんにはラクなのではないかと思いました
私の知る限り、副作用や薬が合わなくて休薬したお仲間はいましたが
安定したので薬をやめるとか、中毒というのは・・記憶にないかな
デソパンは飲んでいる間だけ効果を発揮する薬ということなので
病気を治療するための薬ではなく、やめれば元どおりとのこと
ちょうどよい投薬量を見つけ、それを一生維持していくのが目的・・

だけど・・そういう定説に対して疑問や?も持っている・・
私たちと同じような??や不安を持っている飼い主さんは
他にもいるかもしれませんね(笑)
うまくアドバイスもできなくてごめんなさい、頑張って下さいね♪

管理人のみ閲覧できます * by -

○○○ママさんへ * by miyu
はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
まだ心配なことも色々あって大変でしょうね・・
症状はコルチゾールの過剰分泌が原因の多飲多尿と
免疫力低下によると思われる皮膚疾患・・でしょうか
モモが治療を始めた4年前と比べると、今は症例も増えてきて
この病気に関する新しい情報なども色々あると思うので
きっと大丈夫、希望を持って頑張って下さいね
なんだかここは情報も古臭くて・・ごめんなさいね(笑)

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
初めまして、ずい分前から見て下さっていたのですね
どうもありがとうございました
言葉を交わしたことはなくても、一緒に頑張ってこれたことが
とても嬉しく、それだけにとても残念です・・

続きのお返事はメールでさせていただきますね
少しお時間をいただきますが・・申し訳ない(笑)

* by みえ
画像で見るモモちゃんはいつものようで、発作が起こった用には見えず、余計に心配になってしまい、ついつい書き込まずにはいられなくなってしまいました。
その後、モモちゃんはどうですか?
発作が頻繁に起こらないことを願ってます。

みえさんへ * by miyu
ご心配おかけして申し訳ないです(笑)きっと大丈夫
けいれんしたり、吐いたり、震えたり・・色々なことが起こるので
いったい何がどうなっているのかわからないことばかり
だけど「これが普通」という状態にちゃんと戻っているので
まだまだモモは大丈夫なんだと確信しています(笑)
読んでいる方にまで不安を与えるようで、書くのも気が引けますが
これが現実なので仕方ない・・と開き直る(笑)ありがとう♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。