123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
10月31日
一ヵ月半ぶりの更新で、もしかしたら10月の記録は抜けてしまうのかと
昨日まで、覚悟したりあきらめたり・・だけど書く気にならず・・
いつもと違う何かをすると、モモの体調が崩れるんじゃないか?
ブログを書いたり病院に行くと、その後、なぜか待ち構えていたように
具合が悪くなったり発作が起こったりすることが多かった気がして
息を潜めてそ~っと毎日を過ごしていたような・・おかしいね(笑)
モモの平穏な日々が続いてこその、我が家の平和・・ということです
というわけで、数日前、モモの写真を数枚撮ったので、今日はそれを・・


最近の定番の位置、下まぶたのふちにものもらい
いつも抗生物質の目薬を数日して・・それでダメならエコリシン目軟膏
今回はエコリシンまで進みましたが、その後3~4日で小さくなりました
でも反省・・今回モモの目のかゆそうな様子で早めに気がついたのだけど
いつものことだからと数日放置してしまい、不自由な前足で顔をこすり
ある日、目の周りとタオルに血が・・上まぶたを引っ掻いたようです
もし眼球を爪で傷つけたりしたら・・しっかりしろよ自分!油断大敵!
DSCF0704_20111030120908.jpg

秋になってから、夜中や明け方の嘔吐が増えました、ほぼ毎日です
食後経過時間のわりに、びっくりするほど未消化な場合が多く
食事回数を調整して「基本的に1日2回+様子を見て夜食」に変更
あまり食欲もないようで、体重は2.6~2.8くらいでしょうか
なんとか3キロまで増やしたいと張り切ったのは私だけ、空回りです
病気のせいか老化なのか、物を飲み込むのが大変そうに見えます
大好きだったビスケットも食べないことが増えました
なので、寝ている姿がこんなに細長いこともあります(笑)
DSCF0701.jpg

暑い夏を乗り越えた疲れが出た10月
ご飯を食べたら寝る・・家族の帰宅にほえる、宅配便にほえる
伏せて警戒、時々歯ぎしり(起きている時のみ)・・こんな毎日です
モモの歯ぎしり、半年くらい前からでしょうか・・結構怖いです
DSCF0705.jpg

オムツ生活ですが、モモなりにトイレのリズムができたようで
朝は、トイレ用にペットシーツを敷いたクッションに自力で移動
ギリギリ4本足立ちに見える姿でうんちもできるようになりました
ころがったり、壁にぶつかったり、ひっくり返ったりドキドキで
そのままでしてほしいのが本音ですが、モモの本能を尊重します
DSCF0706_20111030120908.jpg

このところ、厳しい病状や今後についてのお話を聞くことが続き
クッシング闘病生活の最後について考えることが多くなりました
一番に感じるのは、かかっている獣医さんの考え方によって
最後は・・とか、この先起こることの可能性は色々だということ
これでいいのか?自分の判断は正しいのか?物言えぬ愛犬に代わり
その命の最後を託された飼い主さんの苦悩は大変なものですよね
こうするべきだ、これが正解だ、などと断定できる答えはなく
納得できなければ他の獣医の意見を聞く、自分だけで悩まない
こんな時の判断材料になるものは、実はものすごく少ないのですね・・
そして、とても苦しいと思うけれど自分で決めるしかないのでしょう
どんな判断をしても、後で後悔しないことはないだろうと思うので
愛犬はもちろんなのですが、自分の心も守る努力をして下さい
大切な愛犬のためにと飼い主が選んだ道が、一番正しいと思います





11月3日追記
記事の冒頭にも書いた、不吉な予感が当たったのか(笑)
更新の翌日から、モモにしてはめずらしい下痢をしています
粉の整腸剤を練って上あごに塗りつけたり
ビオフェルミンの錠剤を割って、むりやり口にねじ込むなど
まるで鬼ママのような虐待まがいの方法ではありますが
現在、私の勝手な自己判断とやり方で治療中です・・
メールやコメントのお返事がいつも以上に遅くなるかもしれません
大変申し訳ありませんがお許し下さい



スポンサーサイト
* Category : 闘病の記録2011.後期
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

* by yuna
miyuさん お久しぶりです。ウィーンのyunaです。
ももちゃん頑張っていますね。食欲が出てくるといいですね。

ポチは現在14歳と半年になりました。ここ最近は咳が止まらず、家族も夜は寝れないほど、激しいものでした。
病院では気管支炎と診断されました。そして何度行っても咳は収まりませんでした。
もしかしたら他に原因があるかもしれないので、大学病院で検査をして下さいと言われましたが、私の判断でまだ行っておりません。
検査でストレスや負担をかけたくないですし、この高齢ですから、私はまず咳が止めてあげたいと思ったからです。
ポチのことは私が一番分かっていますので、きっと薬の影響で肝臓肥大の為、肺を押してしまっている事も、原因だと思いました。
勝手な判断ですが、病院で出された強い咳止め薬を中断し、肝臓と、咳に良いハーブティーを1日2回餌の中に混ぜて与えました。
一週間後、咳が随分収まりました。やはりクッシングの薬が肝臓に随分負担かかっていたのですね。
随分良くなりましたので、来週大学病院の予約を取ろうと思っております。
目やにも沢山でてきましたので、ハーブティーのカモミール茶で目を拭いてあげていましたら、随分良くなりました。
素人判断ですが、飼い主が大切な愛犬の為に選んだ道、が一番正しいというmiyuさんの意見に私も大賛成です。
これからもポチと一緒にこの病気を戦って行きます。一緒にがんばりましょうね。

* by ミセスダウト
初めまして
ジンジャーと言う名の キャバリア♂(12月で三歳)を飼っています
三歳前の若さでクッシング症候群と診断され 投薬を始めたばかりです
分からない事ばかりで ネットで同じ悩みをお持ちのmiyuさんのブログに行き着きました

過去ログなどゆっくり読ませていただき 勉強させていただいています
私も覚書のように記録中ですが 先の長い戦いになりそうなので
気長に頑張るしかなさそうです
色々と教えていただけたら嬉しく思います

管理人のみ閲覧できます * by -

Aさんへ * by miyu
こんにちは
お返事が遅くなってごめんなさい
そうですね、12月でもう一年になるのですね・・
あなたは精一杯愛して、本当に頑張ってお世話されていたから
この一年はさびしくてつらい時間をたくさん過ごされたでしょう
でもね、愛犬ちゃんはとっても幸せだったと思いますよ
今でもこんなに恋しがってくれて、会いたいと願ってくれて
遺骨になっても、そばを離れられないくらい愛してくれる
そんな飼い主さんの心にずっといられるのだしね・・
こうやって、皆さんのわが子への思いや愛情を目の当たりにして
もっと頑張らなきゃいけないと、自分を反省する私です(笑)

Mさんへ * by miyu
こんにちは
気の緩みなのか、慣れなのか、あきらめなのか・・
病気についての記録を残すこともためらうような
複雑な心境で日々をやりすごしている今日この頃の我が家です
皆さん本当によく頑張っているし、現実に心を痛め悩み
だけど愛犬との日々をすごく大切にされていてすごいです
色々なことができなくなったり倒れたり、弱ってきたり
不憫なその姿にまたつらくなる・・お気持ちわかります
だけど私たちの笑顔が愛犬の幸せだから頑張るのですよね・・

モモはもう歩けないから、ころんだり倒れたりすることもないし
これ以上、ケガしたりする心配はなさそうで、まあいいか・・と
オムツ姿に開き直って笑いに変えて、私も頑張りますよ(笑)

yunaさんへ * by miyu
こんにちは
あなた、お久しぶりって・・もしかして2年ぶり?でしょうか(笑)
元気で頑張っている様子をお知らせいただき、とても嬉しくなりました
クッシングとの闘いも、もう3年目に入ったのですよね?
高齢での発症なのに、ここまで本当によく頑張って・・
咳はつらいでしょうね、ポチちゃんも見守る家族もどちらも苦しいはず

治療や検査の重要性も、通院のストレスや身体への影響も
その両方を考えながらできることを探していく難しさは
愛犬の病気と闘う飼い主みんなに共通する悩みであり
自分の判断が命の行方さえ左右するのでは・・と、これまた悩みますね
間違えるかもしれないし、冷静ではいられないし・・
だけど、この私が決めたことなら愛犬は納得できるはず
そう信じて、まだまだ私もモモと一緒に頑張りますね

ミセスダウトさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
今思い出せる限りでは、モモの発症と同年齢の3歳以下で
クッシングと診断されたワンちゃんは、ほんの数例しか知りません
現在ではホルモン系の異常も見つかりやすくなったと言われますし
クッシングの症例や治療についても、少しずつ進歩しているのかなと
勝手に思うばかりで、今は本当に勉強不足で・・
だけどお気持ちはわかります、びっくりされたでしょうね
まだ2歳なのにクッシングなんて・・
私も、わらをもつかむ思いでこのブログを始めた当時は
まさかモモがここまで生きているとは・・8歳になれるとは・・
まったく夢にも思いませんでしたし・・だからきっと大丈夫(笑)
大変なことは色々あると思いますが、頑張ってくださいね♪

M S さんへ * by miyu
初めまして・・だけど「初めまして」ではないお仲間だったのですね
一緒にクッシングと闘ってこられたことを嬉しく思います
今は不定期に様子をつづるだけの適当ブログになってしまいましたが(笑)
もうすぐ6年目になるこの長い長い時間には、たくさんの飼い主さんたちの
愛犬への愛情と頑張りと涙と悲しみにどれだけ心を揺さぶられ励まされ
私自身が成長させてもらったことか・・のぞいて下さるだけでも・・ですよ
そうそう、最近はすっかりご無沙汰ですが・・ヤギミルク(笑)
飲水量の少ないモモに、なんとか水分を・・と飲ませていた時期もあります
体重の増加にも役立ちそうですし・・また考えてみますね、ありがとう♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。