FC2ブログ

 トップページ はじめに

クッシングモモのmiyuです
これは愛犬モモのクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の闘病記録です
トリロスタン(デソパン)によるクッシング治療開始は2006年7月からですが
なるべく詳細な記録を残しておきたいと思い、モモの異常に気がついた頃から
クッシング症候群と判明するまでの経過も書きました。
第三者から見ると、わかりにくい部分もたくさんあるとは思うのですが
同じ病気の子をもつ飼い主さんに、少しでも参考になることがあれば・・・
                        2006年12月9日公開
                          
初めての方へ
クッシング診断までの病状は、カテゴリー「クッシングとわかるまで」
治療開始後の病状についてはカテゴリー各時期の「闘病の記録」をご覧下さい
検査、投薬、食事については「検査結果表」「食事と投薬の記録」にあります
必要なカテゴリーから選択する方がわかりやすいかもしれません。
カテゴリーからは10記事ずつを古い順に表示するようになっていますので
下まで読んだら「次へ」をクリックして次の10記事へ進んでください。
過去の記事一覧(月別)の「+月を選択+」をクリックすると、年月が一覧で
表示されますので、それで月の選択をしても10記事ずつまとめて表示されます
また、全部の記事のタイトルと記事のはじめ部分が表示される全記事表示や
目的の言葉を入力して関連記事を探せる検索フォームなどを利用して、
必要な情報を探していただければと思います。よろしくお願いします。
こちらも1ページに1度に表示されるのは10記事となっています

2008年7月 追記
クッシングについて特に関連があると思われる記事を一覧にまとめました
こちらからどうぞ→ 「クッシングという病気について」

2008年11月 追記
アカラス治療について、過去の経過を簡単にまとめたページがこちらです
「2008年9月 アカラス治療の記録」

2010年8月 追記
固定のトップページ以降に続く記事は新しい順の5記事表示に変更しました
カテゴリー別、過去記事、月別は今までどおり日付の古い順に表示されます 

SSCN0254.jpg


2018年12月31日
飼い主の闘病ブログです

S状結腸がんステージⅢbの記録と終活日記





テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

tag : クッシングモモ クッシング症候群 副腎皮質機能亢進症 トリロスタン マルチーズ デソパン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クッシング症候群の解説

クッシング症候群クッシング症候群(Cushing症候群、くっしんぐしょうこうぐん)は、慢性の糖質コルチコイド過剰による症候群。尚、下垂体腺腫が原因で起こるクッシング症候群を特別にクッシング病(Cushing病)と呼ぶ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Secre

モモちゃん はじめまして♪

くりくりお目目がなんともキュートで、かわいぃなぁ~~ ☆彡☆彡
ブログ開設おめでとう♪ 
今まで本当に色々大変な出来事があったこと、もし自分が同じような経験をしたとしたらと思うだけで、察するに余りありません。 モモちゃんはまだまだ若く本当なら一生のうちでも一番元気で走り回っているそんな時期・・・・
そんなこんなを思うと本当に、心が痛みます。 

さっそく、僕のクッシングブログにリンク張らせてくださいませませ ~☆
ガンバだよ♪  ではでは

海ぱぱさんへ

さっそくありがとうございます
リンク私も張ってみましたが、これでいいのかなあ・・
わからないことばっかりで先が思いやられます。
ブログ始められたのは海ぱぱのおかげと感謝してます。
これからもよろしくお願いします。

こんばんは。
リンクありがとうございました。
記事、全て読ませて頂きました。
一気に読めました。
とても深く勉強されていますね。
参考になりました。
それにしても、最初の病院はひどいかったですね・・
私もリンクさせて下さいね。
モモちゃん、頑張ってね。

haruさんへ

読んでいただいて嬉しいのですが、例の大学病院のところが・・
haruさんにとっては苦しい記憶を思い出させてしまうかと、
是非読んで下さいとは書けませんでした。
コメントいただいてほっとしました、ありがとうございます。
最初の病院は今でも時々夢に出てきますよ・・
でも、飼い主の努力不足と無知を思い知るいい経験だったと
考えるようにしています。

結果報告

miyuさん、おはようございます。

モモちゃんの皮膚、落ちついているようで何よりです(^-^)
花のアレルギーとは違うと思うのでなんともいえませんが、花はすぐ手足の奥やお腹(いわゆる毛が少ない部分)が赤くただれるので、シャンプーとは別に、水色の液体(名前が今わからない(*_*))を散歩から帰って洗うときに使うってます。
その液体は用途が色々あって、花は違う容器に入ったその水色液体を耳に入れて洗浄もしています。そうすると、耳の中は取りあえずきれいで痒がりません。

昨日、病院に行ってきました。(一人だと不安だったので二人で)

30分弱話したでしょうか。結局結果的には、今の所ではわからないようです(;_;)

まず、皮膚の異常が見られ→血液検査で何個かの数値が高い(副腎が悪いかな?)→次の段階の検査(クッシングのおそれあり)→エコー検査(やはり副腎が大きいが下垂体にも腫瘍があるかもしれない)→MRI(下垂体には異常が見られず目の下にシコリ?あり)→最終結論(副腎だけではそれ程の数値はあがらないと思ったが下垂体には異常なし・・・と言うことは他に原因があるのではないかと思いますがここではそこまでは調べられない。かといって副腎が大きいわりには、他の数値や症状がみられない?だか副腎も目も腫瘍だからちゃんと検査は必要だと思う・)ということ
一見何とも煮え切らない態度にちょっと不満があったけど、「先生だってプライド的にこんだけ検査させて結果が出ないとははっきり言えないんじゃない?」家に戻ってから言われ、だね~と何となく納得。
でも私的には、なら最初から大学病院を紹介してくれればな~と、あとの祭り的なことちょっと考えてしまった(^^;)

大学病院に今日予約を取ってもらいあまりにも日数がかかるようなら眼科も考えています。
何よりも花が全く変わらないから、身体には影響ないようなシコリじゃん?だよねー!何て話をしてます(^^;)

まだ聞きたりませんでしたが、自分で聞いて状況がわかって、色々な面で大変だけど、応援してもらったし頑張らねば威力増大しましたd=(^o^)=b

花といっしょさんへ

こんにちは、
なんだか大変ですね、私にもよくわからないのですが
あらゆる可能性を考えて、多少待つことになっても大学病院で
診てもらった方がいいのではないかと感じました。
早くはっきりと確定診断が出るといいですね。
あなたが元気そうなので安心しました、頑張ってね!

モモちゃん元気ですか?

miyuさん、こんにちは・・・
来週の火曜日に東大の方予約が取れましたので、行ってきます。
先生的には あざぶ? という病院を希望だったのですが、
東大が早く予約がとれ膳は急げでそうなりました。

もう少し、花に頑張ってもらい行ってきます。

モモちゃんは元気ですか?

また報告します。

花といっしょさんへ

こんにちは、
来週の予約が取れてよかったね、モモは麻布に行った事ありますが、
神奈川だから、花といっしょさんには東大の方が近くてよかったのでは?
なんだかほっとしました、今度こそ診断がはっきりして、治療に専念
できるといいですね。
モモは相変わらずですが元気なので大丈夫ですよ。
花ちゃんといっしょに頑張ってくださいね。

はじめまして~v-10ひろ吉ともうしますっv-16
モモちゃん3歳ですか~かわいい~v-238

クッシング症候群と言うんですか・・・。若いのに通院って辛いですね・・・(お年でもつらいですけど・・・)

うちはキャバリアのおんなのコがいてるんだすけれど 生まれつき腎臓が悪く、最近の検査では1つ腎臓が機能していない事がわかりました。

いろいろとたいへんですが、お互いめげずにがんばりましょうねっv-218(すみません 初対面なのにv-12

去年の9月には相棒のマルチーズがなくなりました。(14歳で心臓と気管が悪く・・・)

モモちゃんを見たとき なんか前から見たことあるような気持ちになりましたっv-22

ちょっと気持ち悪いですね・・・ごめんなさい・・・。

モモちゃんのがんばる姿 またのぞきにきまっすv-10



ひろ吉さんへ

はじめまして、
若くても年でも、病院通いはかわいそうですよね。
腎臓も大変ですよね、ひとつ機能していないとは・・心配でしょうねえ。
マルチーズもいたんですね、まだ亡くなって半年では、モモなんか見ると
思い出してつらいのではありませんか?
でも14歳までよく頑張りましたね、ちょっとうらやましい気もします。
愛犬の闘病では大先輩ということなので、どうぞよろしくお願いします。

初めまして。
ひろ吉さんのところからお邪魔します。

モモちゃんもmiyuさんも頑張っているんですね。
でも、とっても穏やかなお顔してますね。
miyuさんと一緒で嬉しいんでしょう。
こんな言い方は変ですけど、
miyuさんがモモちゃんの家族でよかった。
治療代がもったいなからと手放してしまう
飼い主さんもいますから。
ただ手放すだけならいんですが、
保健所へ預けたり。。。
そんなワンちゃんはどんな気持ちでしょう??
考えるだけで涙が出ます。

私も夫婦で初めて飼った猫ちゃんを
5歳で亡くしたときには
相当落ち込みました。病気のことを考えたり、
保険のことを考えたりするきっかけにはなったのですが。

こちらのブログはまだ全部は見ておりませんが、
これからじっくりと回って読みたいと思います。

また寄らせていただきます。

りんごさんへ

初めまして、
ひろ吉さんのブログでの楽しいコメントとのギャップで、最初どなたか
まったくわかりませんでした「シジミさんありがと」のりんごさん(笑)
でしたか~。ひろ吉さんとの面白いやりとり、いつも楽しみにしています。
ペットというと、なかなかそこまで考えられないかもしれませんが
生き物を家族として迎えるというのは、本当はとても覚悟のいることですよね
人間より寿命の短いその一生を、まるごと引き受けるということですから。
残念ながら現実にはそうでないことも多く、おっしゃるとおり胸が痛みます。
私もりんごさんのところにお邪魔させていただきたいと思います。
これからもよろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

○○さんへ

ご訪問ありがとうございます。
バナーも今日初めて貼り方を知ったくらいの初心者ですので(笑)
ゆっくり検討させていただきたいと思います。

ウチはダルメシアンです

すみません・・。いきなり、書き込み失敗しました(TT)

気をとりなおしまして・・
miyuさん、はじめまして。ウチのダル(9才・♀)は平成16年にクッシングと甲状腺のホルモンが少ないことが分かり、昨年6月に食道拡張症がみつかり、今年4月にアカラスがみつかりました。
モモちゃんと似ているなぁ~と思って、コメントさせていただきました。
どの病気もなかなか獣医さんに上手く発見してもらえず、ダルも随分苦しみました。先月末から病院もかえました。
(前の病院はイベルメクチンしかしてくれず、ダルはずっと痒がっていました。
今の病院でドルメクチンになり、驚くほど快方に向かっています)
色々とお話したいことばかりです(^^;)
また、ゆっくりブログ読ませていただきますね。

何度もスミマセン

先のコメント、名前抜けてました。norikoです。よろしくお願いします。

norikoさんへ

はじめまして、ここを見つけて下さってありがとう♪
クッシング歴3年になるのですか、色々と大変でしたね・・
甲状腺やアカラスなど、ダルちゃんとモモ、よく似てますねえ~、って
喜ぶのもおかしいですが・・なんだか心強い味方に出会ったような(笑)
これからよろしくお願いします。モモの記録が参考になるかどうか
わかりませんが、わかりにくい部分や聞きたいことがもしあったら
非公開コメントでメールアドレスをお知らせ下さればメールしますので
そういうときはいつでもどうぞ♪一つ目のコメントは削除しますね。

はじめまして

ランキングみてまいりました。
私は、最初に暮らした子を(シーズーでしたが)10年前、クッシングで亡くしました。1年とちょっとの闘病、そして、享年7歳でした。
当時はまだクッシングは知られていなかったみたいで、かかっていた獣医さんは知らずに、甲状腺の病気と診断され、その治療を続けていましたが、転院して、大学で研究されていた先生にめぐり合いました。
10年前に比べると治療法も格段に進歩したのでしょうか。
モモちゃん、がんばってくださいね。
10年前のことなので、アドバイスなどできませんが、もし、何かお答えできるようなことがあれば、おたずねくださいね。

現在、うちには腎臓が悪く週2回の補液を欠かせない子と、心臓に欠陥のあるマルチーズ、そして健康な狆がおります。

雛のママさんへ

はじめまして。
ここを見つけてくださってありがとうございます。
10年前ということで、今よりもずっとクッシングの情報も臨床例も少なく
診断や治療についても大変だったのではないかと思います。
今も、病気の子たちと頑張っていらっしゃる大先輩ですね(笑)
これからもよろしくお願いします、どうもありがとう♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

クッシング症候群について調べていて、お邪魔しました。
私の実家にも、クッシング症候群のオスのマルチーズがいます。
現在11才ですが、発症を確認したのは、昨年10月でした。
母によると、夜中に睾丸が異様に腫れ、元気がなくなった為、翌日すぐにかかりつけの病院へ行き、程なく睾丸摘出の手術をしたそうです。腫瘍があったそうですが、悪性ではなかったものの、皮膚と癒着しており、思った以上の手術になったと病院より説明があったそうです。
その後経過は順調でしたが、今まで1度となかった失禁の症状が出て、睾丸摘出の影響かと病院に相談したところ、すぐに詳しく検査をし、クッシング症候群の診断がつきました。手術により、ホルモンの関係など、色々な要因で表面に出ていなかった症状が出たのかもしれないとの事でした。
この犬は、私がトリマーとして働いていたペットショップで、同じケージ内にいた犬の中でただ一頭売れ残り、不憫に思い衝動的に購入し、家族に相談もなく連れ帰った犬です。実家を離れましたが、私の転居先の事情と、すでに両親と離れることは出来ない存在でもあった為、世話を頼みました。
現在の症状を保つことが出来れば、年間30万円程の薬代がかかるとの事です。私が負担すべきであると思い、支払っています。
失禁は、水分量を毎日記録し、合った治療を始めたことで激減したそうです。肝臓の薬も飲んでいるのですが、数値は下がって安定したものの、腫れは大きくなってきているようで、大きなおなかをしています。このおなかは、どうにもできないようです。
病気との因果関係は今となっては分かりませんが、元々、興奮しやすい性格でしたし、ハアハアと舌を出すことも多く、「ごはんちょうーだい!」の催促もかなり強烈で、水もよく飲んでいました。後肢の膝がゆるく、脱臼することも何度かありましたが、歩行、走行とも、日常生活の支障は今のところ、まだありません。ただ、常に肥満気味であったことは少なからず負担であったかもしれません。過去にもダイエットにトライしてきましたが、食欲のセーブはほとんどさせることは出来なかったと思います。
同じく実家の、一昨年前に死んでしまったオスのマルチーズは、15年弱生きましたが、最後の数年は、この犬種に多いといわれる心臓病になり、目が離せない状況でした。この犬の時は、病院の先生が、「心臓病の子は、いつ容態が変わるか分からない。何かあったら、夜中でもいいから電話してください。」と、携帯電話の番号を教えてくれました。信頼できる良い先生に出会える事は、とても幸せな事だと思いました。その前に飼っていたマルチーズは、別の病院にかかっていましたが、熱があり、具合が悪くて連れて行ったところ、原因は特定出来なかったようで、とりあえず注射を射ち、「様子を見ましょう。」との診断でしたが、明け方、チアノーゼを起こし、とてもとても苦しんで日の出前のたったの数時間で死んでしまいました。病院側は、首をひねるだけでした。私達には因果関係の証明はできず、諦めるしかありませんでしたが、その後、その病院への不満のうわさを聞くこともあり、私達は二度と動物を連れて行くことはありませんでした。
非常に劣悪な環境のブリーダーに飼育されていたハスキーの子犬を購入したこともありました。飼育環境との因果関係は証明できませんが、すぐにジステンパーを発症し、必死に治療を続けましたが、日々、犬が苦しんで、幻覚を起こし衰弱し、これからの回復の余地がない事を悟った時、泣く泣く安楽死を決心しました。
動物を飼うことは、とても大きな責任を負わなければいけないのだと思います。失った時には、財布が痛かった、という思いもあるかもしれませんが、なによりも心が痛みます。
人間側にとっても動物側にとっても100%幸せな答えは見つからないのかもしれませんが、とてもとても大事に病気を見守っていらっしゃる飼い主さんの闘病日記を読ませていただいたことは、今、同じ病気の犬を愛する私にとって、本当にありがたいことでした。
初めてのコメントにも関わらず、こんな長文のものを送りつける無礼をお許し下さい。
今後も、心からモモちゃんを応援します。

さ☆さんへ

初めまして。どうもありがとうございます。
たくさんの病気のワンちゃんたちを看取り、そして今も病気と闘っていること
嬉しくて上手く言葉にできませんが、本当にありがとう。
いつも思うのですが、病気はかわいそうだけど、飼い主に愛されて
病気と闘い、頑張れる子は決して不幸ではありませんね。
そして病気のおかげで、小さな命の大切さや愛しさを、普通以上に
実感することのできる飼い主でいられることも幸せですよね・・。
クッシングのマルチーズ君、モモと経過など似ていることも多いですね。
モモは、クッシングにつきものの多飲多尿や腹部膨満がないので、
闘病記を書いていても、同じクッシングさんたちの参考にはあまりならず
申し訳ないような気もするのですが、こうやって見つけて読んでいただくと
ブログを始めて本当に良かったと、嬉しくて胸がいっぱいになります。
そして、こうやって詳しい経過を書いていただいたことで、これが次に
また誰かの参考になればいいなと嬉しく思っています。
これからも一緒に頑張りましょうね、よろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして、ペットブログランキングを運営しております、[きっずねっと]と申します。
ブログを読ませていただきまして、是非、当ペットブログランキングにご登録願いたく思い、書き込ませていただいました。
ペットブログランキング
http://www.yoshincha.com/pet/html/index.html

また
http://www.mickey1.net/
こちらで10/1より相互リンクで、逆アクセスランキング1位のサイトに賞金を進呈させていただくことを検討しております
是非このご機会に、ご登録をお願いしたく思います。
こちらの賞金の配布元も当社となりますが、当社と賞金配布のサイトとの契約が切れた場合は、賞金の配布が中止となりますことがありますので、ご注意ください。

疑問点などございましたら、こちら rank@yoshincha.com にご連絡いただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

**********************************************
ミッキーワールド本サイト
http://www.mickey1.jp/
運営元サイト
http://www.yoshincha.com/shop/
ペットブログランキング
http://www.yoshincha.com/pet/html/index.html
**********************************************

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

○○ママさんへ

初めまして、ここを見つけてくださってありがとう。
あとでメールでお返事しますね。

愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト「woofwoof」への協力のお願い

はじめてコメントさせていただきます。
ワンオンワンの木村と申します。

いつもブログ楽しく拝見させていただいております。

弊社では、愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト「woofwoof」
http://www.woofwoof.jp/では、愛犬家の皆様のブログをご紹介するサービスを
開始予定です。

ご登録いただいたブログには、月間150万ページビューを誇るwoofwoofからリン
クが貼られ、より多くの方にブログをご覧いただけるようになります。
是非この機会に、オフィシャルブロガーとしてご登録いただき、人と犬とがもっ
と豊かに楽しく過ごせる環境づくりに力を貸していただけないでしょうか?

以下のホームページに情報が出ていますので、ご登録をお願いします。
http://www.woofwoof.jp/bloger/?PHPSESSID=f9a1d5b553fbd3b45400bb3ebc86572d


///////////////////////////////////////////////
〒107-0061 港区北青山3-15-16
株式会社ワンオンワン
TEL.03-5879-6033/FAX.03-6418-6101
http://www.1onwan.jp/
e-mail:kimura@1onwan.jp

愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト
http://www.woofwoof.jp/

木村さまへ

ご訪問ありがとうございます。
よく検討させていただきますね。

初めまして

モモちゃんと同じくクッシングの治療を続けているワンコが1頭(8歳)いてます。(もう1頭は1歳)
私は、元VTなんですけど、実際、いろんな知識がある分、余計に辛くなる時もあるんですよね・・・。

元々いろんな遺伝子疾患になった事から、VTになった訳なんですけど、現在は愛犬の看護をしたい為にバイト生活してます。
いろいろ意見ってあると思うんです。
私は、疾患と闘いながら、それでも楽しく明るい生活を送って欲しいと夢を見ているので、現在の目標はまた旅行に連れて行くこと!にしてます。
クッシング以外にも他に疾患もあるけど、頑張って!といわれると辛いけど、モモちゃんご家族のようにブログでも書きたいけど・・・って悩む日々。

リンク貼ってもよろしいですか?

maryさんへ

はじめまして、ここを見つけていただきありがとうございました。
VTってなんだろう?と(笑)ブログを読ませていただきました・・(無知)
今まで、クッシングは食欲との闘い、というお仲間ばかりでしたので
食欲がなく、投薬でさらに・・というレオちゃんに驚きました。
皮膚の状態も、モモの場合はクッシングの治療を優先しなければ治りが悪く
コルチを抑えることに必死でしたので、皮膚治療のために休薬することも
あるのかとびっくり・・本当に症状も様々なのですねえ~。
最初「ホルモン剤投薬」とあったので「??」と思いましたが、
「ホルモン抑制剤」ですよね、モモと同じトリロスタンですか?
体重があるから費用も大変でしょう、頑張っていらっしゃるのですね。
膝蓋骨脱臼に皮膚にクッシング・・3つも共通点があるとは(笑)
ざっと一通り読ませていただいただけですが、楽しい話題も多く
とても素敵なブログですね、若々しくて・・(笑)
色々大変なことも多いけれど、同じクッシング、一緒に頑張りましょうね♪
リンク、もちろんです、私も貼らせていただきますね、ありがとう。

はじめまして

はじめまして
愛犬情報局と申します。
http://aiken-info.net/

突然の書き込み申し訳ありません。
当サイトは愛犬と楽しく暮らす為の情報サイトとして1月1日にオープンしました。
皆様からの小さな情報をご投稿いただきその情報を共有できればとの発想です。
もちろんオープン間もない事もあり情報も少なくて参考になる情報は少ないかもしれませんが、是非当サイトを一度ご覧いただきご参加いただければ幸いです。
topページにある「お知らせ」の中の「コチラ」をご覧いただければ当サイトの趣旨をご理解いただけると思います。

※オープン企画としてプレゼントもご用意させていただきました。

よろしくお願いします。

PS
私の知り合いにもクッシングのワンコがいるんです。
参考にさせていただきます。

愛犬情報局さまへ

はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
たくさんの情報が集まるといいですね、よく検討させていただきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りゅうままさんへ

初めまして、ここを見つけて下さってありがとうございます。
クッシングと診断されたばかりで、今は悩みも迷いもたくさんあるでしょうし
きっと不安でいっぱいだろうと思います。そんな時にコメントをいただいたことが
私はすごく嬉しいです。目の前のかわいそうな姿に、何とかしてやりたい
後悔はしたくない、と思うことが「自己満足のため」と人に言われるのなら
私も究極の自己満足飼い主です(笑)ほめられているような気さえします(笑)
体重を考えると、確かに治療費は高額になるかもしれませんし、簡単に
大丈夫!なんて気休めを言ってはいけないとは思うのですが、それでも
とりあえず今できることをやってみようと思われた、りゅうままさんの
お気持ちと愛情に、私も何か少しでもお力になれたら、と強く思いました。
何か役に立つことがあればご相談下さいね、今回のように非公開コメントで
アドレスを書いていただければメールしますし、コメント欄でもいいですし
気になることなどありましたらいつでもどうぞ♪
これから一緒に頑張りましょうね!

はじめまして

副腎皮質機能亢進症を検索していて モモちゃんのブログを知りました。
我が家の愛犬が昨年 脱毛が気になって病院へ行ったところ
この病気の疑いがあると言われ 12月に検査を受けました。
そして コルチゾールの値が3→61という結果が出ました。
この病気については何にも知らなかったので 治す治療ではなく
症状を抑える治療だということを聞いて 目の前が真っ暗になりました。
薬代も高価だし だからといって寿命が延びるわけでもないと聞き
当初はかなり落ち込みました。
そんな時 あちこち調べていてモモちゃんの闘病日記を知り
モモちゃんの笑顔と 他にもこの病気と闘ってるわんちゃんがいることに 
とっても勇気をもらいました。
今は 低容量刺激試験?を受けての結果待ちです。
治療はまだ始まってませんが 少しでも長く元気でいられるように
頑張っていこうと思ってます。

リンク 貼らせていただいてよろしいでしょうか?

ミッキーママさんへ

はじめまして、ここを見つけて下さってありがとうございます。
ACTHでコルチゾールが高い反応を示し、下垂体性か副腎性かの特定のため
低用量デキサメタゾン抑制試験を受けられたのかもしれませんね。
完治はないと言われるクッシングですから、この病気が判明した時の気持ちは
皆さん同じで、本当に目の前が真っ暗になりますよね、私もそうでした。
治療を開始して1年半が過ぎた今、やっと、病気でも不幸じゃない!なんて
思えるようになりましたが・・(笑)少しでも元気でいられるように・・
本当にそうですね、私もそれが何よりの願いです。
リンクの件、ありがとうございます、よろしくお願いします。
これから一緒に頑張っていきましょうね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

miyuさん こんにちわ♪

リンク 早速貼らせていただきました。
どうもありがとうございます。
不安と心配の毎日ですが 
他にも頑張っていらっしゃる方がいることを知り
とっても心強く感じてます(^^)
まだまだ勉強不足なので・・・(^^); これからいろいろと
参考にさせていただくかと思います。
どうぞよろしくお願いします♪

りゅうママさんへ

こんにちは。
いえいえ、鍵コメで全然かまわないですよ(笑)
せっかくお知らせいただいたので、
お返事は、あとでメールでさせていただきますね♪

ミッキーママさんへ

こんにちは。
リンクありがとうございます、私もさせていただきました。
経過とブログのタイトルを見せていただこうとお邪魔したのに
長々とコメントを残してしまいました(笑)
記事でもコメントでも、私は話がダラダラ長くて・・(笑)
でも、元気そうなミッキーちゃんの様子にホッとしました・・
これからもよろしくお願いします♪

はじめまして。我が家には原因不明の病気でほとんど歩けない犬を飼っています。1歳半の頃からおかしくなって3歳前から状態がよくありません。検査データに異常はないんです。涙が止まらないこともしばしばです。人間でも原因不明の病気がいっぱいあるから仕方ないと思ってはみるのですが。。かわいそうでかわいそうで気持ちの整理がつかないでいます。

他人事とは思えなくて初カキコしました。
モモちゃん miyuさん がんばってね。

すみれさんへ

はじめまして、ここを見つけてくださってありがとうございます。
病気と闘う日々もつらいことは色々ありますが、原因がわからないままの
長い闘病生活は、どんなに苦しいかとお察しします。モモがMRIを受けた時
原因がわからず、教授に言われた「人間と同じようにまだまだ原因不明の
病気はたくさんあって・・」という言葉、今でも思い出すと、あの時の
絶望感とショックがよみがえるほどです。すみれさんは、私が感じた
あの思いのまま、今も頑張っているのでしょうか・・。気持ちの整理など
いくら考えてもつかないですよね・・。そんな大変な状況の中、モモに
励ましの言葉をかけてくださって、本当にありがとう。
うまく言えないけれど、すみれさんが愛犬を思う気持ちや愛情は
ワンちゃんにとって何よりの幸せです、あきらめないで頑張ってくださいね。
コメントいただいてすごく嬉しかったです、ありがとう♪

はじめまして。
我が家にもクッシング治療始めて半年のヨークシャ♀12才がいます。そして、昨年成人した息子も。v-290
ここで、モモちゃんと出会って2週間になります。モモちゃんの記録を半分くらい読ませてもらいました。 大変ですよね。いろいろありますよね。    モモちゃん、かわいいですね。miyuさんの深い愛情を感じます。  いつも、モモちゃんの笑顔とmiyuさんの言葉に励まされています。
 うちの子ラブは、昨年の6月に突然後ろ足が立たなくなりました。
私は、「最近足腰弱ってきてたし、老化が進んだんだろう」と思い、いつも行ってる病院ではない病院を受診しました。 そこで、
「このビール腹はいつから?」と言われ、クッシングの疑いで、大学病院を紹介してもらいました。 そして、レントゲン、血液検査、エコー、・・・で調べて、下垂体に異状のあるクッシングだという事がわかりました。  
初めて聞く病名、一生治らない病気、一生薬を飲み続けなければならない・・・・・私は、パニック状態でした。   インターネットであっちこっち調べ、相談しまくりました。
現在、デソパン10mgを1日1回飲んでいます。 コルチゾールの検査も異常がなければ3ヶ月に1回でいいかな?と言われています。  
でも、のどと肝臓に腫瘍らしきものがあるみたいで、様子をみている状態です。    
多飲多尿、異常食欲、薄毛、ビール腹は以前とかわらないけど、元気で歩き回り、私のそばにいてくれる事が幸せです。
毎日を心穏やかに過ごして行きたいと思います。
また、モモちゃんの笑顔を見にきます。   

ラブままさんへ

はじめまして、ここを見つけて下さってありがとうございます。
私の長い長い(笑)記事を読むのは大変ですよね・・嬉しいです。
クッシングの愛犬に同年代の息子、こういう一緒も何だか嬉しい(笑)
治療開始から半年だと、まだまだ心配なこともあるでしょうね・・
でも、おっしゃるとおり、毎日を心穏やかに過ごすことが何よりの幸せで
とても大切なんだと、私もいつも思っています。
クッシングのお仲間に、今年12歳になり、クッシング歴も丸9年になる
大先輩のヨーキーちゃんもいますよ!発病年齢がモモと同じ頃で、
私が目標にしているワンちゃんです。ラブちゃん?もヨーキーちゃんで同じ年
頑張る励みにしてくださいね。これからもよろしくお願いします。
一緒に頑張りましょうね♪

はじめまして! 10日程前、クッシングを検索してこちらに行き着きました。 我が家も「クッシング もも」です。 クッシング、マルチーズ、名前はモモです。 びっくりしました。歳だけはもうすぐ10歳です。
多飲多尿・薄毛・太鼓っぱら等の要因で以前よりお世話になっている獣医さんで「クッシング」の疑いを指摘され、先週月曜に検査を受け、結果すぐに服薬が始まりました。 昨日、服薬効果を調べるため二度目の検査を受けて結果待ちです。
全部の記録を読ませて頂いてから…と思っていましたが8割がた拝見したところでなかなか進まなくなりまして、とりあえずご挨拶させていただきますね。
モモは我が家で生まれ、生まれたときから「ブヒブヒ」と豚鳴きする子でした。後に先天的な気道閉塞が原因とわかり、興奮・夏の暑さ・ドライヤーなどの要因で簡単にチアノーゼを起こし危険な状態になることが分かりずーとお薬のお世話になっています。
モモの母「アリス」、姉(同腹)「ネネ」がマルチーズ三匹です。
あと、庭に19歳の雑種と8歳のダルメシアンがいます。
猫2匹(15歳)も…
獣医さんにご無沙汰する暇がありません。
ショックでした。クッシングを知ったときは… でも、こちらを読ませていただき、多くの方々が頑張っていらっしゃる事を知り、今は受け止める余裕が出てきた気がします。
ありがとうございます。 息子さんの100万、お散歩仲間の方の早とちりの涙…うるうるしてしまいました。 素晴らしい息子さんですね! うらやましいです(⌒o⌒)
また、時々お訪ねさせていただきますね。宜しくお願い致します。

 

アリスさんへ

はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
このブログを始めて1年2ヶ月、そっくりのクッシングモモちゃんに
めぐり会えるなんて・・私もドキドキしてしまいました(笑)
最初の頃に比べると記事もどんどん長くなって、関係ないことまで色々・・
読むのは大変だろうと、申し訳なく思います、ごめんなさいね(笑)
投薬を始めたばかりでは、心配なことも色々あるでしょうし、持病もあって
不安も大きいのではとお察しします。お薬の効果が出て、コルチゾールを
抑えることができれば、症状の改善も見られると思いますので頑張って下さいね
お母さんやお姉さんもいて、他にも・・すごい大家族ですね(笑)
こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します。一緒に頑張りましょうね♪

はじめまして☆
モモちゃんクッシング症候群なんですね。
かわいそうだけど、がんばってくださいね。
家の子は、それほど大きな病気ではないかもしれませんが、
アトピーが酷くて、ステロイドの錠剤を常備し
かゆみが酷くなると、半定ほど取らせています。
お医者様へもいくつも回ってみたのですが、中々よくなる傾向もなく、いまだに模索中です。
中々、いいお医者様に出会うのも大変ですよね。
奮闘気を読ませていただき、涙が出そうになりました。
もっと早くきちんと診断してくれるお医者さんに合えたら
モモちゃんも不安な思いをしなくても済んだのにと。
まだまだ、大変でしょうけどがんばってください。

こんな中で宣伝してしまうのは申し訳ないとは思いつつ
けど、是非登録して、知っている病院などを登録していただきたく思い、あえて書かせていただきたいと思います。
このたび、Pet-Webというペット専用の情報サイトを公開いたしました。
このサイトは、ペットと一緒に行ける施設や、ペット関連施設のクチコミサイトとなっております。
なぜ、このようなサイトを作ったかといいますと、
やはり、私も病院で苦労していたのもあります。
ネットで調べたり、散歩仲間に聞いて回ったり。。。
こういう実際に使ったことのある方のクチコミを集めて、誰でもすぐにいい病院を知ることが出来たらと思い、ペットのクチコミサイトを開発させていただきました。
また、引越しや旅行先でも急な病気の場合、まったく知らずに行くのと、ある程度情報を見てから行くのとではぜんぜん安心度もちがうと思います。
少しでも多くのペットと飼い主さん達の安心と安全のために、皆さんで情報を共有できればと思っております。

まだまだ、日本のペット社会は海外からみて遅れていると言われております。
飼い主様のマナーの方も然り、そういったペット施設側の知識や良識も然りだと思っております。
このサイトで、より多くの方々へ情報を提供し提供してもらうことで、少しずつでも日本のペット社会を良い方向へすることが出来ればと思っております。

是非、ご登録していたき、病院等のクチコミを書いていただけたらと思います。

これからも、モモちゃんが少しでも幸せに暮らせるよう、がんばってくださいね。
応援しております。

ラッキーさんへ

初めまして、コメントをありがとうございます。
ペット社会でもどんどん増えているアトピーも、人間の場合と同様に
治療も大変だろうとお察しします、皮膚の状態やかゆみなど、見ていて
そのつらさがよくわかる病気は、悩みや心配も大きいですよね・・
病気と闘うこと、獣医を選ぶこと、自分の後悔も含めて知っていただくことで
何かできればと私も思っていますので、このような情報サイトが増えて
多くの飼い主さんたちの助けになることを心から願っています。
病院の情報というのは感じ方に個人差も大きく、集めるのも大変でしょうね
こんな小さな個人的なブログでも、色々と苦労はありますし・・(笑)
検討させていただきますね、ありがとうございます。頑張って下さい♪

2/8にコメントさせていただいた 「クッシング モモ 10歳」です。

その後、二度目の検査で数値が下がりすぎているのでお薬を少量に調整いただきました。

最近は、併発の甲状腺機能低下症が進んだのでしょうか…ハキがなく、うつろな目でジッと見つめたり、ごはん以外寝ていることが多くなり、獣医さんにお話してお薬を増やしていただきました。

二日もすると、目に☆が戻り動きが違ってきました。
今日は、少しスリムになったと(私しか感じていません)納得しています。

モモの母 アリス(マル12歳)も甲状腺機能低下症とアトピーで長く獣医さんにお世話になっています。

アトピーの発症は、なくなった父がモモ、ネネそして男の子…この子は三口で直ぐにこの世を去りました…の難産を頑張ったアリスの二度目のお産のご褒美にと、お昼のおかずの鰯の梅干煮を自分のお皿からほんの少しあげたら、3・2・1で目の周りが赤くはれ上がり、直ぐに獣医さんで注射して頂いてその場は治まったのですが、それからアトピーが出始め、甲状腺機能低下症、酵母菌が発生したり…

モモの甲状腺の状態はアリス症状から判断がつきやすいです。(こんなこと慣れても嬉しくないですが(>_<)

犬・猫7匹もいると並べるとすごい病歴です。
なぜか珍しい病気が多いです。
過去に送った多くの子達も含めるとすごいです。

送るたびに寂しくて、笑顔を戻す為に又増えていくのかもしれません。

モモのクッシングはまだ始まったばかりです。
モモちゃんと同様、落ち着いた日々が長く続くことを願っています。今はハゲハゲのモモも、モモちゃんのように真っ白ふわふわに可愛い元気な笑顔にいつか戻ります。きっと…

アリスさんへ

その後、モモちゃんは元気に頑張っているのですね、よかったです。
甲状腺低下まで同じだったのですか・・モモはクッシング治療を開始する時
甲状腺も低めでしたがそのままで、1年近くたって脱毛の改善が見られないので
やっとホルモン剤を始めたという遅すぎる開始でしたが、毛が生えて
脂肪の代謝も良くなったので良かったです。甲状腺とステロイドは微妙で
元気がなくなることも、ステロイドが抑えられているせいか、薬が効きすぎか
甲状腺ホルモンが少ないからか・・色々考えられるので難しいですね
たくさんの犬、猫ちゃんがいるからとはいえ、たくさんの病気大変でしょう・・
実は、酵母菌による湿疹もあると最近知ったばかりの私、家でパンを焼くので
そのイースト(酵母)や天然酵母が原因になったりするんだろうか?
なんて、この前真剣に考えてしまいました、空気中に舞ったりしてとか(笑)
検査数値を見ながらお薬の調整もうまくされているのですね
ちょうど良い状態に落ち着くまで頑張って下さいね♪

がんばれーー!!
私の愛犬のマル女の子は、心臓病を元々持っていて、クッシングで8歳から戦い始め、去年9月に13歳で虹の橋を渡りました。毎週2回以上は病院に走ってた日々でした。大変な日々はよくわかります。今マル男の子は、5歳からの心臓病と腎不全で2日に一回の点滴で戦っています。よく発作で夜中も走りますが、頑張っています。BUNは140になることも多く、ハラハラしながらの毎日です。共に頑張ろうね・・・元気な姿しかプログには書いてませんが、「うちの子、WAN・ダフル」見てみてください

おたべちゃんへ

初めまして、ここを見つけて下さってありがとうございます。
心臓病とクッシング・・13歳まで本当によく頑張ったのですね・・
今のマルちゃんもまた心臓と腎臓とは・・病気はもちろんですが、
心配や不安な気持ちとの闘いも大変でしょう・・
元気な姿をたくさん残せるのはとても素敵なことですね
私ももっと頑張らなくては・・と力をいただきました、ありがとう♪

ペットブログランキングへのご登録のお願い

こんにちは。
Pet-Webというペット専門クチコミ情報サイトの運営局です。
今回ご連絡させて頂きましたのは、2月よりベータ版をリリースした『Pet-Web』へ新たにブログランキングを開設致しました。
つきましては、是非あなた様のブログをご登録して頂き、他の皆様との情報交換や情報共有にお役立ていただければと思い、ご連絡させて頂きました。
http://www.pet-web.jp
からサイトにて会員登録して頂きプロフィールよりブログURLをご入力いただければ、簡単にランキングへ参加できます。
また、あなた様のブログに専用バナーを貼り付ける事で、あなた様のブログからのアクセスをカウントし更にランキングを上げることもできます。
その他にも、ペット施設検索機能や、施設へのクチコミ情報の投稿や閲覧、マイマップ機能、アルバム機能など、皆様が楽しめる機能も満載です!
きっとあなた様のブログのアクセス数アップや、あなた様とペットの生活を更に素敵なものにするお役立てができると考えております。
是非一度遊びに来ていただければ幸いです。

■ サービス名:Pet-Web(ペットウェブ)
■ URL  :http://www.pet-web.jp.jp
■ 登録料  :無料
■ 利用料  :無料

長文になりまして、誠に申し訳ございません。
よろしくお願い致します。

ペット情報サイトさまへ

よく検討させていただきたいと思います。
ご訪問ありがとうございました。

皆さんはじめまして
今日クッシングで
おばあちゃんの
愛犬ななが眠りました
明日お墓に

6月5日18時20分

さくらさんへ

はじめまして
クッシングを卒業されたのですね・・
ななちゃんのご冥福をお祈りいたします

こんにちわ

始めましてBowRing事務局と申します!!
ワンちゃんのためのコミュニティーサイトBowRing(バウリング)http://www.bowring.jp/ がOPENしました。

新規ご登録していただきマイページを持つと、オリジナル記録チェックもつけられます!
是非、楽しんでご参加ください♪ コチラカラ⇒ http://www.bowring.jp/club/

バウ写真館にてかわいい愛犬写真募集しています!!
応募はこちらから⇒ http://www.bowring.jp/album.php  
みんなでつくるカレンダーが毎月掲載されますので、是非ご応募ください♪
応募いただいた方の中にはTOPページのメインワンちゃんモデル♪♪として採用させていただいております!!

ワンちゃんを愛する飼い主様とワンちゃんを愛する皆様から、愛されるBowRing(バウリング)を運営してまいりますので、末永くお付き合いいただければ幸いです。
もっとこんな機能が欲しい! こういうことが出来たらいいな~などのご希望にも応えて参りますので、是非ご連絡下さい。

運営事業者名:バウリング事務局
URL:http://www.bowring.jp/
MAIL:info@bowring.jp

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
いつも読ませていただいてます。
家の仔も水頭症を患っていますが今のところ症状も落ち着いて
元気にしてくれているので私としても嬉しい限り。
病気の仔を持つと心身共に大変な事もあるけど
愛おしさは、その何百倍ですよね。
これからも応援してます。頑張れ!モモちゃん♪

keinaさんへ

初めまして、いつも読んでいて下さるとのこと、ありがとうございます。
水頭症ですか・・大変ですね・・。元気で普通に過ごせているのなら
それが何より嬉しいのでは?病気があると元気のハードルも低くて(笑)
何事もなくそこにいるだけ、ワンと吠えただけ、尻尾を振っただけ
そんなことまで嬉しくて嬉しくてたまらないこともありますよね♪
共に過ごす時間の大切さも、愛おしさと同じように何百倍も感じて・・
こんな時間をずっと過ごせるように、一緒に頑張りましょうね♪

お久しぶりです。

すぐにクッシングと診断されたアニーでしたが、最初vetoryl(トリロスタン)60mgを毎日飲んでいると1か月くらいで元気がなくなって大好きなご飯も食べなくなってしまいました。
少し休んだ後、今度は60mgを隔日で飲んでいましたが、またすぐに元気がなくなってお休み。
年末に飲水量が1.2L(体重の10%)を越えたため、薬局で#5の大きさのカプセルを買ってきて15mgづつに小分けして、(顆粒のカプセルなので小分けには便利です。)毎日与えると一旦飲水量は減ったのですが、また増えてきて元気もなくなってしまいました。
最近は飲水量が2Lを越えてしまい、またACTH検査をしましたが、薬を止めてやった過去3回の検査でコルチゾール値が上昇しなかったので先生はクッシングではなかったと言いだす始末。
でも私はホルモンの病気は間違いないと思ってましたのでクッシングをまだ疑っていました。でなければ尿崩症だろうと。。。
少し離れた大きな病院を紹介してもらい、紹介状の数値で、まず甲状線ホルモンの値が低いのが、薬の副作用の原因だろうということでモモちゃんと同じように甲状腺ホルモンの薬とトリロスタンを併用してみることになりました。2週間分で560円でした。
近くの先生は数値が低いのに気付かなかった様です。
このブログをもっと真剣に読んでおくべきだったと反省してます。
本日、血液、電解質、ACTH、内分泌、X線、エコーを1日かけてやって副腎に腫れがなかったのは判りました。43,000円でした。今週だけで6万円くらいかかりました。
ほんとはCTもやる予定でしたが、甲状腺ホルモンが低いので麻酔が難しいということで後日となりました。やってたらいくらになってたことか。。。
クッシングは治らないと聞いてました。ご存じだかもしれませんが、片方の副腎腫瘍が原因の場合は摘出で治るそうです。また下垂体線腫の場合は、神奈川の大学で放射線治療を4-5回受ければだいたい治っているのでCTで原因がわかれば、神奈川まで通えますか?と本日行った病院の先生に聞かれました。薬を一生飲み続けるのも相当お金が必要なので、20万円くらいまでなら行ってもいいかな?と思ってます。もっと詳しく聞く必要はありますが。
長くなりましたが、お互い頑張りましょう。

オーチャンさんへ

お久しぶりでした、コメントをいただいた去年の春ごろから
ずっとアニーちゃんと一緒に治療を頑張っていらしたのですね・・
すぐにクッシングとわかって良かったと思っていたけれど
色々大変でしたねえ・・。放射線治療も検討されているという
お仲間から、以前少しお話は聞いたことがありますが・・
神奈川ですか・・モモもクッシングとわかる前に脳のMRIを
神奈川の麻布大で撮りましたが・・確か1度で7万近くかかったと・・
脳腫瘍で放射線治療を受けていたワンちゃんのお話も前に
聞いた事がありますが、治療費はかなり高額だったような・・
とにかく記憶力が衰えてしまったので、詳しい内容が思い出せず
何の参考にもなりませんね・・ごめんなさいね
副腎摘出は小型犬にはリスクが高く、術中の危険が大きいのと
術後のホルモンバランスの管理も難しい場合が多いようで
5キロ以下のワンちゃんは、試験的適用術の対象らしいと聞きました
大きなワンちゃんは、治療薬の金額もかさむのと、比較的安全に
摘出が可能なので検討の余地はあるのではないかと思います
アニーちゃんはまだ7歳ですから、放射線などの外科的治療で治ると
言われたのであれば、先を考えても、選択肢の1つになりますね
本当にクッシングかどうかも含め、早く落ち着いて治療に取り組み
アニーちゃんが元気で過ごせるようになることを祈っています
そうですね、お互い愛犬のために頑張りましょうね♪


はじめまして。
突然の書き込み、失礼します。
この度、東京都の動物病院検索サイトを作りました。
携帯からのアクセスも可能なので、ぜひご利用ください。

貴重なスペースに書き込み、失礼しました。
もし、相応しくない内容でしたら、お手数ですが削除してください。
それでは失礼します。

東京都動物病院検索サイト ぺっとらいふ
http://petlifenet.web.fc2.com/

ちーさんへ

はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
そのサイトが、ここを訪れる誰かのお役に立てば私も嬉しいです

はじめまして

こんにちは。ろた母と申します
クッシングで検索していてここを見つけました

うちには16歳になるダックス♀が居ます
先月クッシングと診断されました・・
2年前に甲状腺機能低下症との診断で治療していたのですが、もしかしてその時からクッシングだったのではないかと疑ってます
ただ、モモちゃんと同じですねクッシングの症状が無いのです
多飲多尿、多食、脱毛、腹部が膨れる・・何も当てはまらない
血液検査の結果は確かにクッシングなのですが・・
ここでモモちゃんの事を知り症状の出ない子は他にも居るのねと安心しました。
詳細な記録でとっても勉強になります。
またモモちゃんに会いに来ますね~

ろた母さんへ

はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
16歳で頑張っているのですね、すごいです♪
クッシングと甲状腺も同じで、症状があまりないのも一緒ですね
検査結果でクッシングでも、臨床症状が出ていなければ治療しない場合も
よくあると聞きますから、このまま様子を見ていかれるのかな?
少しでも長く元気で過ごせることが、愛犬を思う飼い主さんたちの
1番の願いですから、症状がなくこのままでいられるといいですね
不安も心配もたくさんあるでしょうが、一緒に頑張りましょうね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

○○さんへ

初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
このブログは闘病記がメインで、モモは散歩も外出もできませんので・・
声をかけていただきありがとうございました

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

今日突然逝ってしまいました。。

こんにちは。
先日からなにかとご相談に伺いました、ともです。その節はいつもご親切にアドバイス頂き、
本当に有難うございました。。
実は、本日心臓発作をおこしまして、逝ってしまいました。。
突然のことでした。
今までの治療のこと、獣医さん選びなど、自分の選んできたことを
やはり自問自答してしまいます。けれど、そのときそのときで、
自分で決定してやってきたこと、それを悔やんだりすることは、
この子に申し訳が立たない気がして、すべてこのこと全てを
いまは静かに受け入れ、そして、協力してきてくださった、
皆様すべてに、感謝しようと思います。そして、最後に、
本当にしあわせなきもちをいっぱいくれた、この子にこころから
お礼を言いたいと思います。。
どうぞ、モモちゃんも本当に治療の大変さはお察しいたしますが
一日でも長く、たのしくお過ごしになれる日が続くことをお祈り申し上げます。
突然の御質問など、ぶしつけな点多々ありましたこと
お許し下さい。お世話になり本当に有難うございました。

ともさんへ

突然のことで残念です
お役に立てるようなアドバイスもできず
お力になれなくてごめんなさいね
だけど、ともさんが一生懸命に頑張ったこと
愛犬のためにできる限りの努力をされたこと・・
そして、あなたの決断や選択がベストだったと思うから
ともさんの愛犬ちゃんは本当に幸せな子だったと・・
今は、ただそう信じてほしいです
愛されて・・愛されて・・愛されて・・それが一番
ともさん、よく頑張りましたね・・ご冥福をお祈り致します

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

クッシングと診断されました

初めまして。
実は今日の夜、我が家の一人娘である7歳のコーギーが、クッシングの診断を下されました。
まだ気持ちが動揺してしまっていて、どうすればいいのか、これからどうなるのか、不安な気持ちを埋めるようにネットで情報を集めていたところ、こちらにたどり着きました。
まだまだアップされている情報は読み切れていませんが、細かなでデータやご意見が出ているので、大変心強く感じています。
明日、病院に連れて行き、投薬治療を開始することになっています。長い道のりになること、そして飼い主も共に闘ってくことになることを考えると、不安もありますが、大切な家族の命を守るためであれば、何でもしていきたい、その情報源にさせていただきたいと思っています。
ももちゃん、頑張っているのですよね。家のひめにも頑張ってもらいたいと思います。

ひめママさんへ

初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
お返事が遅くてごめんなさいね
クッシングと診断されたばかりとのことですから
治療や今後のことなど、不安も大きいだろうとお察しします
難しい病気であるのは確かなのですが、希望もあると思います
うまく症状をコントロールして病気と付き合うことができれば
平和で幸せな闘病生活も可能、私はずっとそう思ってきました
これからもそう信じて頑張ろうと・・まだあきらめていません(笑)
ひめちゃんとひめママさんも頑張ってくださいね

クッシング仲間です!

初めまして。
北海道でマルチーズを3匹飼っています。
実はそのうちの1匹、8歳の子(メス)がクッシングです。
うちの子は副腎腫瘍が原因です。デソパンで内科治療を続けていましたが、ちょっと限界が見えてきてしまって、近々大学病院で検査を受け、可能であれば摘出手術を行う予定です。
ここのところ毎日が不安で色々ネットで調べているうちにここに辿りつきました。これも何かのご縁と勝手に感じています。
よろしくお願いします。

プチチョコさんへ

初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
副腎腫瘍性のクッシングだと、デソパンなどのトリロスタン製剤による
ホルモン産生の抑制治療より、物理的に原因を取り除く外科処置が
効果的で有効な場合もあると聞いたことがありますが・・
小型犬なので手術も不安でしょうね・・お気持ちお察しします
何回か・・副腎摘出手術を受けた飼い主さんにお話を聞いたことがあり
幸い皆さん成功されて、よかったなあ~と思った記憶があります
検索でこちらに飛んでいらしたのなら、もう読んだかも・・ですが
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-entry-473.html
以前、副腎腫瘍摘出手術を受けた方について書いた記事です
まだでしたら、何かの参考に・・  頑張ってくださいね♪

ありがとうございます♪

miyuさん

さっそくのお返事ありがとうございました。
急な展開ですが、あす大学病院に行くことになりました。
明朝は4時起きです(焦)
かかりつけの担当のドクターいわく、多分、エコーだけではなく全身麻酔でCTもとることになると思います…とのことでした。
手術の前に全身麻酔だなんてと思いますが、仕方ないようです…。でも今は前向きに考え、まずは検査から無事に帰ってこられることを祈るばかりです。
本当はmiyuさんやここにいらっしゃる皆さんに、うちの子の病気の詳細をお伝えできれば、何かの参考にしていただけると思いますが、今はまっすぐ治療に専念して、必ず元気に帰ってきたら、ご報告させていただきますね。
でも、miyuさんとモモちゃんの存在は本当に心強いです。
ありがとうございます、そして一緒に頑張りましょう!!
では、また。

プチチョコさんへ

こんにちは
ずい分急だったのですね・・全身麻酔での検査は心配でしょう
モモの脳のMRIを撮った時、万が一に備えての誓約書のサインが
大丈夫だと思う心と裏腹に、手が震えてミミズだったのを覚えています
迷いも不安も、闘病生活にはずっとついてくるのでしょうが
おっしゃるとおり、頑張るしかないのですよね・・
どうか良い結果でありますように・・祈っています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Pさんへ

お疲れさまでした、大変でしたね・・
副腎はエコーでしっかり確認するのが難しい臓器のようで
うちも、別の目的でのエコー検査で、ちょうどよく写ってたので
ついでに大きさの確認した・・なんてことが数回ありましたねえ
下垂体を疑うとのことなら、脳のMRIでないと確定診断はつかないので
麻酔がかけられずにCTができなかったのは、身体への負担を考えると
幸いだったのかもしれませんね・・
色々と複雑な思いもあるでしょうが、気持ちを切り替えて頑張って下さいね

初めまして

副腎皮質機能亢進症でたどりつきました。
我が家にはボストンテリアの3歳の女の子がいます。

半年程前からよく水を飲みおしっこの量も増え、
お腹が膨らんできて生理もありませんでした。
ちょうどフィラリアの薬をもらいに行く時期でしたので
病院で診てもらったのですがエコーをしただけで
「想像妊娠でしょう」と言われ安心していました。

先週から怪我をしたわけではないのに、
背中にしこりのようなものが出来始めて皮膚が割れてきました。
昨日、改めて病院に行って血液検査をしたところ肝機能が通常の10倍の値が出ました。
「副腎皮質機能亢進症」ではないかとの診断でした。
精密検査は来週行いますが、ほぼ間違いないとの事…。
薬はとても高額で、副作用もあると聞きました。
症状が出始めて病院に行った半年前に強く言って色々な検査をしていたら…とショックでたまりません。
完全に私の責任です。

調べてみると高齢の子が多く、
何故うちの子はまだ3歳なのに…と落ち込んでばかりいます。
でも、モモちゃんも3歳で発症されたんですね。
通院の記録では金額も書かれていて、
だいたいどのくらいの費用が掛かるのか目安が分かりました。
病院では「とにかく高額で」としか言われずに、
いくらぐらいするのか全く想像がつかなかったので助かりました。
今後、どのようにしていくか、情けないですが決められずにいます。
気持ちを落ち着かせたくて書き込みしてしまいました。

これからもモモちゃんの記録を読ませていただきます。
我が家も、うちの子の為にどうしたら一番良いのかを
家族でしっかり話し合って方針を決めたいと思います。

ななさんへ

初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
クッシングの疑いが濃厚とのこと、不安でしょうね・・お察しします
多飲と腹部膨張はクッシングの症状で、見つけるサインにもなりますが
3歳という若さから、大丈夫だろうと見逃されたのかもしれませんね
モモは多飲がなく、最初はALPの上昇から肝臓疾患と診断されましたし・・
クッシング歴6年目ですが、モモのように3歳くらいで発症した例を
私はほんの数件しか聞いたことがなく、やはり高齢犬の病気として
獣医も認識しているので、見落としもあるでしょうね
私なんか、入院や手術で瀕死の目にあっているモモを救うこともできず
当時の自分の無知をいまだに恥じているくらいのダメ飼い主でしたから
半年前に・・などと、あなたが責任を感じることはありませんよ
とてもよく愛犬の健康管理に気を配っている、良い飼い主さんです

きっとこれからACTH検査などを受けられるのだと思いますが
その結果でクッシング(副腎皮質機能亢進症)だと確定しても大丈夫
もちろん難しい病気であることは間違いないと思いますが
今は、たくさんの同じ病気のお仲間たちが頑張っていますよ
モモが治療を始めた頃は、人間用の薬(デソパン)が主流でしたので
1錠が1000円くらいと非常に高価で、治療費は大きな問題でしたが
現在は犬用の治療薬アドレスタンがあり、飼い主の負担も減ったとか・・
動物の薬代は病院によって大きく違い、私もあまり詳しくないですが
「とにかく高額で・・」とおっしゃる獣医さんが、どんな薬を使い
どのくらいの金額が高額という判断になるのかわかりませんが
もしクッシングと確定した場合、治療費について詳しく聞き
ななさん自身が高額と感じた場合、可能ならセカンドオピニオンや
いくつかの病院に問い合わせるなどして、納得できる治療を選び
愛犬ちゃんと一緒に頑張ってほしいと思います



承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Dのおねえちゃんさんへ

初めまして、コメントをありがとうございました
返事が本当に遅くて・・申し訳ありませんでした

病気がわかる3歳前よりも、今のモモの方が元気そうで
鼻も目も毛並みも改善されたことが何より嬉しいです
人間も動物も、健康は本当に大切なものだと実感しています
はい、これからも元気で過ごせるように頑張りますね

初めまして

初めまして。

シーズー2匹(桜♀8歳・春♂1歳半)を飼っています。

8歳の桜が4日前に「クッシング症候群」と診断され、色々調べていたら、こちらに辿り着きました。

毎年春のフィラリア検査の時に他にも健康診断を受けてるのですが、去年まで平均位(300)だったALPの数値が今年(2000)超えました。

再検査をお願いしたのですが、肝臓・腎臓など、ALP数値以外は正常で、毛も抜けていない・お腹も膨らんでいないっという事で「ストレス」で済まされてしまいました。

引越しを機に転院し、心配だったので8月に検査したら、ALPが1000でした。ここでも「ストレス」との診断。
2週間位前から多飲多尿が目立ちまた検査。
ALPは「1000」で「ストレス」と言われましたが、強引に検査をお願いしました。
ACTH検査の結果、コルチゾールが「Pro12.3」→「Post47.8」で、クッシング症候群と診断されました。

何が何だか未だによく解らないのですが、今かかっている病院は、ACTH検査までしかしてくれません。脳下垂体・副腎?癌?っと解っていないのに「アドレスタン」を処方された事に疑問を抱いています。エコー検査をお願いしても「多分解らないよ」「どちらにしても、この薬で良くなるから」と言われてしまいました。

薬の副作用が恐くて、まだ薬の投与をしていません。総合病院へ連れて行くか迷い中です。
ALPの数値異常が春に出ていたのに、強引にでも検査をして貰えば良かったと後悔しています。

モモちゃん、可愛いですね。
色々とあったんですね・・・。

私もしっかりしなきゃ!っと思いました。

長文ですみません・・・。
どうしたら良いのか、誰を信じたら良いのか解らなくて・・・。
すみません。

gensakusyunさんへ

はじめまして
コメントをありがとうございました
長くなりそうなので、11月29日更新記事の最後にお返事しました
そちらを読んでください

ありがとうございます(><)

11月29日の日記、拝見しました。
どこに書いて良いのか解らなかったので、こちらから失礼します。

温かいお言葉、本当に嬉しかったです。
涙涙です。

あの後転院し、血液検査・エコー・レントゲン・無麻酔CTをの検査を受けました。結果、副腎の大きさを動画で見てミリ数を測り、下垂体によるものだと判明しました。しかし、その前に白血球の数が異常に高い事が解り、感染症・炎症を起こしている可能性が高い事が判りました。半年前には通常値だったのに、ここ最近の血液検査で白血球数を検査していませんでした。完全に私の見落としです・・・。今、抗生剤を服用させています。

診断を受けてから1日の水摂取量・水を飲んだ時間・オシッコをした時間を付け始めました。

私は、気管支喘息・不整脈・パニック障害を持っているせいか、病院の先生や薬に対してどうしても敏感になってしまいます。新薬だと治験に使われないか、製薬会社と組んでないか・・・。適当に検査して「これだけ頑張ったんだから納得したでしょう?」みたいな先生ではないかと。自分で頓服時にステロイド(プレゾニン)や抗痙攣薬(デパケン)などを服用する事があるので、副作用も経験済みです。

旦那に「自己満足じゃないのか」母には「検査ばかり可哀想」と言われました。桜は私・旦那・母以外の人に触られただけでウンチオシッコ漏らしちゃう程の怖がりで、無理はさせたくないですし、自分が桜の立場だったら検査は辛いかもしれません。
でも、ちょっとだけ我慢して、治療の方向性だけでも・・・と思っています。

先代のワンコ「源」が心臓弁膜症で2年半前に亡くなって、先が見えなくなり色々考えた時期がありました。
今、弟分の「春1歳10ヶ月」がいます。桜春共に可愛くてたまりません。

すみません・・・。

モモちゃん、気持ち良さそうですね。
暖かそう。ママさんは温かい方ですね。
私は、モモちゃんとママさんの絆の深さが凄いなって思いました。

頑張ります。
また遊びにきますね。

長文、失礼しました・・・。

gensakusyun さんへ

こんにちは
またまたお返事が遅くなり申し訳ありません

クッシングだと、免疫力が落ち感染症にも弱くなりますよね
コルチゾールを抑えてホルモンバランスをコントロールすることで
症状が治まり体調も良くなる可能性もあるでしょうね
その一方で、副作用や急変などの心配をされるお気持ちもわかります

ご家族も、愛犬の身体を思い、精一杯愛しているのでしょうね
といっても、病気や治療についての考え方は人それぞれですから
みんなが納得できる「今後」を選ぶのは大変ですよね
各家庭、夫婦の関係も色々なので・・参考にはしないでほしいですが
我が家の場合、モモに関するすべての責任と決断は
私が一人で決めます、それで何が起こっても文句は言わせませんし
非難も覚悟、自分の後悔も覚悟、私の決断がベストだと信じています

今あなたが、こうしよう・・・と決めたことがベストな選択です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ライ○さんへ

ライ○さんへ
モモと私へのメッセージをありがとうございました
住んでいる地域を直接質問されたのは初めてだったので
とてもよく覚えています、京都の方ですよね?
短い闘病でお別れすることになってしまったつらさは
私よりもずっと深い悲しみだったろうとお察しします
でも彼女たちは、おっしゃるように、もう病気ではなく
痛みも苦しみもない場所で、私たちとの再会を待っているはず
その時を楽しみに、私たちも一生懸命生きていきましょうね

ご無沙汰しております

miyuさん、ご無沙汰しております。
今はこちらのブログを見てくれているか分かりませんが、こちらにてコメントを書かせて下さい。
うちのポポもクッシングの合併症から亡くなってもう今年で9年経ちます。
あの頃、miyuさんのブログを見つけてとても参考になりました。
同時期に飼っていた子も一昨年、亡くなってしまいましたが、その亡くなる前にFBで高齢犬loveというコミュニティに入りました。
あの頃はクッシングなんて聞きなれない病気でしたが、今は高齢犬loveで割りとクッシングで悩んでいる方々が多く、miyuさんがモモちゃんの病気の事を事細かに綴られているこちらのブログを参考にと紹介させて頂きました。
私はこちらのブログで何時も一喜一憂出来て、当時は助かりました。
勝手にご紹介させてしまったことお許し下さい。
少しでも同じ病気で苦しんでいる子の参考にして欲しくて。
私のブログは参考になるような書き方ではなかったもので💦

みえさんへ

みえさん、ごめんなさい
コメントの通知がメールで届いたのですが、管理画面に入れなくて・・・
仕方ないので、自分のブログにコメントをしてお返事します(笑)
反映されてないコメントが他にもあるみたいで、どうしたらいいのかと
今ここに来て、頭が真っ白になっている私です
10年以上も前にスタートした闘病記が、今のクッシング治療に役立つか
訪れた方をかえって混乱させてしまうのではないかと悩み
削除しようか、閉じようか・・・と悩んだこともあったのですが
老婆の頭にはそんな記憶も長くはとどまらず、すっかり忘れていました
古い情報です、ひと昔前の記録です、と、どこかに記載して
残しておいてもいいのかな・・・と、みえさんのコメントでホッとしました
もうすぐモモの誕生日、年に1度の更新すら迷っていた私ですが
何かを書いて残しておこうと思いました、ありがとうね
だけど、何とかして管理画面に入らないと、更新どころじゃないですよね
プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード