123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
4月21日
飲水量、19日181、20日180。
モモの膀胱炎疑惑は、やはり私の勘違いだったようです。
背中の湿疹とリンパ腺に不安になった私が、いつも以上にモモをいじくりまわし
それに不安になったモモが、私を喜ばせようと何度もおしっこに挑戦。
普段、トイレが済むと「いい子だねえ~」と褒めるので、お留守番の時も
気配を察すると、おしっこやウンチで引きとめようとする子なんですね。
ところが前日の水分も少なかったため、5cm大のシミに。喜ぶどころか
顔色が変わった私に、更に何度も挑戦するモモ、そしてシミが4個に・・
あわてて電話を手にウロウロする私の姿に、ただならぬ雰囲気を感じたモモも
外でしか出ないはずの「ハアハア」が始まった・・のではないかと。
結局この日、病院から戻り、12時の夜食を食べ終わるまで、モモは1度も
トイレに行きませんでしたから・・。
この1年、色々なことを乗り越え、それなりに落ち着いて病気と向き合えるように
なったと過信していましたが、発病以来、私の頭の中に常にある「もしも」は、
ちょっとした刺激でいきなり増えてしまうモモのコルチゾールと同じように
突然コントロールを失い、私を暴走させるのに十分なほどの存在に成長し
見えない恐怖となっているのだと実感しました。性格にもよりますし
みんながそうだとは思いませんが、愛犬の病気と闘う飼い主さんたちは
多少の違いはあっても、同じような不安や恐怖を持っているのでしょう。
病気との闘いだけでなく、自らの心の不安と闘うこと、慎重に様子を
見ながらも、神経質になりすぎないこと。課題はたくさんありますが、
だからこそ、情報交換や励ましあうことが大切だ、とも言えるわけで、
また1つ、頑張って記録を残していこうという思いを強くする出来事でした。
検査のためにつぶした湿疹の腫れが引かないので、いただいた抗生剤も
飲ませています、これもちょっと大げさかなあ・・と悩むところ(笑)

* Category : 闘病の記録2007.前期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

同感です(^^;) * by naco★
膀胱炎疑惑、ひとまず安心ですね、よかった!

もしも...が暴走してしまわぬよう、気をつけましょう(^^)
まず、自分を信じる事が大切なのかもしれませんねっ。
なんて、不安のかたまりに押しつぶされそうになる私が言うと
説得力ないですが(__;)

* by ひろ吉
miyuさんっこんにちわあ^-^☆☆
よかった~モモちゃん膀胱炎じゃなかったんですね~^-^♪
でもほんとすごいわかりますっ・・・私もまさに不安と恐怖と心配の毎日で、えっ?って思った事を冷静に考える事が出来なくなってました。すぐ、病院へ電話‘J‘。まだ調子がすごく悪く無かった時はすぐ、病院へ。今から思い出すと先生も苦笑いを押し殺してたよに思います・・・
モモちゃんはママが一緒に居て、喜んでくれるのすごくうれしいんですね♪♪そですね、きっと同じ病気の方やこれからこの病気に立ち向かう方からしたら、とっても心強いと思います☆☆
細かいこと書き記してるmiyuさんのがんばりは、モモちゃんだけでなくっていろんなコの為にもこらからも頑張ってくださいー!!
モモちゃんのドキドキなお顔見たら私もハラハラしますう~



naco★さんへ * by miyu
あせって大騒ぎしたのは恥ずかしいけど、病院に行ったことでほっとしたし
不安なまま様子を見ていられたかどうか・・今でも自信がないかなあ(笑)
こういう不安も失敗もよくあることで、自分だけじゃないのねって
ほっとしてくれる人もいるかもしれないし、などと都合良く考えてます。
だけど、みなさんには「落ち着いて、しっかり!」とか言っちゃう私(笑)

ひろ吉さんへ * by miyu
こんにちは、
ひろ吉さんもそうだったのですね、なんだか安心しました(笑)
私のように、まわりを巻き込んで大騒ぎするのはどうかと思うけど
(反省)
不安なまま様子を見ていて、後で「もっと早く・・」って後悔するより
「あせっちゃって恥ずかしい」という後悔の方がしあわせだよね。
ただし・・モモのように私につられて異常に興奮してしまう子には
それなりの冷静さを持たないといけません(ここがポイント(笑)です)

モモちゃんの写真沢山♪ * by 花といっしょ
miyuさん こんにちは・・・
モモちゃんと同じ出来物は花のあご下にもあります・・・

今日は歯とコルチゾールの検査結果を聞いてもらおうと思い書き込みしました。
まず・・歯
別の獣医さんに見せたところ、その日だけでは結果が出ないが(レントゲンのみの判断だけでした。)歯からの感染では臨床が出ていないので、その獣医さんとしてははっきりと病状が言えないが腫瘍の恐れもありかな??でした。
年齢も年齢だし、痛さや症状がないならもう少し様子を見るか、お薬(抗生物質)が有るのでしばらく飲ませて様子を見て改めてMRIをとるのもいいと思いますと言われ・・・悩みどころは・・・病院を新しく変えるかどうかです。
そしてかれこれ考えている間にコルチゾールの検査の日になってしまい、先週検査をしましたが、結果前3・後11と上がってしまっていて結局かかりつけの獣医さんの方でも、歯の治療はもう少し待ちましょうといわれました。とうとうトリロスタンが1日1錠になってしまいました。思うように結果がよくならないことをしみじみ考えさせられた先週でした。


コルチゾール→前3・後11と上がってしまいました!!
そしてまたお薬の量が増えてしまい21日から多分トリロスタン1日1錠飲ませています。
まだ薬を始めて何ヶ月もたちませんが、思うような結果が出ず

花といっしょさんへ * by miyu
歯の方も原因がはっきりせず、コルチの検査結果も前回より上がって
かわいそうに・・つらかったでしょうね。後値が11というのが、私には
すぐにお薬の増量に結びつくほど高いとは思えないけど、歯のこともあるので
仕方がないのかなあ・・。1日1錠ということは、花ちゃんの体重でも
1キロ当たり10ミリグラム以上だよね。4キロ弱のモモも、悪化した場合は
45ミリまでは問題なく増やせると言われているけれど、割合としては
ちょうどそのくらいかな。花ちゃんの場合、治療開始からまだ短いので
どんどん増量しているような気もして、不安も大きいですよね。
歯の方を診てもらった獣医さんでは、クッシングも治療できるのですか?
それにもよるけど、病院を変えるというのは悩むところですよね。
何か参考になるようなことはないかと考えてみるのですが、難しい・・
いいアドバイスができなくてごめんなさいね、頑張って!!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。