123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月1日
3日間連続で病院へ。今日は男の先生です。モモの反応が心配でしたが、
大丈夫そうです。モモは生後2ヶ月でうちの子になってからというもの、
外出先では常に呼吸が速く口が閉じていることはほとんどありません、
ずっとハアハアと舌を出した状態でいます。
車に乗っている時もほとんどそうです。長いドライブでも、1時間程は
その状態が続き疲れて眠り、起きるとまたハアハア。抱いていても、
私と2人だけでも同じです。家の中でハアハアしていることはまず無いので、
今でもとても気になることの1つです。というわけで、
病院で診察を受ける場合に、安静な状態では無い事が心配になるのです。

今日の先生は、まずモモの皮膚が気になったようです。
「この皮膚はいつからですか?」
そう聞かれたのですが、何を聞かれているのか私は理解できなかったようで
「29日にトリミングで短く刈ったのでピンクに見えるのかも・・」などと
おかしな答えをしました。脱毛に気がつくチャンスだったかもしれないのに。
先生は、ピンクなことよりも、モモの異常にのびる皮膚が気になったようです。
両手で首の後ろをつかんでもまだ余るくらいのびました、
私もびっくりしましたがいつからこうなのか、
もともとなのかわかりませんでした。つかんでみたことがないので。
それから、今までの2人の先生と同じように丁寧にあれこれ診察してくれましたが、
狭い診察室ではモモが2本足で立ったまま動かないので外へ出て様子を見ることに。
前日の先生も加わり、私がモモと追いかけっこをするみたいにして観察しました。
立っているか、前足をかろうじて使い走るか、伏せているか、カンガルーおすわり。
走るといっても、手足はバラバラガクガク、静止状態ではまったく
前足はつきません。4本足で普通に立っている事も、ゆっくり歩くことも
まったくできないモモを見て先生も頭をかかえてしまいました。
歩行の様子を20分位観察すると、診察室に戻り前足の反射のテストなどをしました。
「昨日撮ったのですが、ちょっと気になるのでもう1枚レントゲンを」ということで
頭と首を撮りました。「この分は結構ですから」と先生が言ったのですが、
意味がわからず、会計の時、今日のレントゲン代はいらないということだと
わかりました。診断の結果、まだわからないが、脳か神経に問題がある
かもしれないとのこと。この歩行異常は膝蓋骨脱臼とは関係ないと思う、
というものでした。脳の異常でそのための歩行運動障害の可能性というのは、
正直、大変なショックでした。大学病院でMRIを撮ってみませんかと提案され、
お願いすることにしました。この日、結局1時間以上かけて診察していただき、
本当に感謝の気持でいっぱいでした。
支払い 1000円

* Category : クッシングとわかるまでの記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。