123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
7月3日
検査の結果を詳しく聞きに病院へ行きました。
先生は、検査結果の余白に、今回の検査について詳しく書いて
説明してくれました。そして、今回の結果だけでは下垂体性か副腎性か
はっきりとは診断できないこと。MRIの結果で脳に異常が見られなかった
ことを考えると副腎の可能性が高いが、MRIは撮った目的が違うので、
はっきりとは判断できない、というような話でした。
更に詳しく検査することもできるけれど、結果的に治療の方法は変わらないことや
少なくとも今のコルチゾール値を考えると、早く治療を開始した方がいいのでは
ということになり、薬についての説明を受けました。
自分でも調べていて、先生の説明も納得できました。
とりあえず薬の効果を試したいという、期待する気持も大きかったので、
すぐに投薬治療を始めることにしました。

先生は、ケトコナゾール、OP-DDD(ミトタン)、トリロスタン、
3種類の名前を書きました。そして、トリロスタンを使ってみてはどうか
と提案されたのです。実は、この3種類の薬については、少しでも予備知識を
持っていたほうがいいのではと、ある程度調べ、臨床例や副作用で比較を
していました。もし自分で選択できるなら、まだ治療効果の報告も少なく、
臨床例も多くないけれど、トリロスタンを使いたいと申し出るつもりでした。
病気について自分で調べている事をあまり知られたくないと、この頃の私は
考えていましたので、先生の方からこの薬を使おうと言ってくれれば
何もいうことはなくひと安心です。ただ、高価な薬だということも
わかっていたので、それは気になっていました。病院にトリロスタンはなく
取り寄せになるので、この場でいくらとは言えないようで
先生もその点を心配していたのか「なるべく安く手に入れられないか探してみます」
「ずっと続けなければならないけど大丈夫ですか?」と私に聞きました。
かえってそれで不安になったのを覚えていますが治療費の心配をしてくれるような
先生のやさしさに感激して、なんとでもなる、と思いました。
薬が届いたら連絡をくれるということでした。
支払い 2890円


* Category : クッシングとわかるまでの記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。