12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
7月7日
前日に薬がきたと電話をもらったので、病院にもらいに行きました。
前もって金額を聞かなかったので、
支払うときに「お金が足りなかったらどうしよう」と不安でした。
財布には5万円入れてきましたが、これで足りなかったらこの先ずっと払えるかと
家を出る前から心配だったのです。28日分で6650円。ほっとしました。
モモの体重から、まずは一日15ミリ(4分の1錠)で様子をみることになっていたので
28日分で7錠、1錠950円です。量が増える事もあるので
ずっとこのままではないかもしれませんがそれでも良かった。
確かに高価なのですが、高い、高い、とわからないままに心配しすぎて、
頭の中では何万、何十万と想像していたのかもしれません。
でも、小型犬だからこれで済むけれど、何十㌔もある大型犬だったら
無理だろうと思います。そのことで苦しんでいる飼い主さんは
きっといるでしょうし、どんなにつらい思いをされているかと考えると
たまらないです。

副作用など特に問題がなければ、2ヵ月後にACTH検査をすることになっており、
2ヶ月も先?と思いましたが、その間、副作用が起きなければいいなと
願っていました。
支払い 6650円

クッシングの治療を始めるにあたって、気になることがありました。
肝臓のことです。ずっと肝臓が悪いと思っていたけど、違うのではないかと。
血液検査の数値の異常は肝臓ではなくクッシングが原因だとすると、
肝臓用の処方食は逆効果になるのでは。
3日にそのことを聞いてみましたが、「フードについてはよくわからないので」と。
クッシングに最適な食事というのは確かに調べても参考になるものはほとんどなく、
先生も、食事はなんでも大丈夫だと思いますよと言ってくれましたが、
私はそう思えず、自分なりに考えて試してみたかったのだと思います。
私には、肝臓処方食がコレステロールや中性脂肪を上げる原因のように思えて
トリロスタンの投与を始めるこの機会に、今の処方食もやめたいと考えていました。
多くのクッシング症例が、糖尿病と関係していることも無視できません。
モモのように若齢や先天性の場合はともかく、加齢による糖尿病の発症と
その合併症としてのクッシング、そういう例はたくさんあるようです。
それなら、糖尿病を予防することがクッシングを発症しないための予防策には
ならないのか?なってしまってからだって、そのあたりに何かキーポイントが
あるんじゃないか、そう考えたのです。ものすごくおおげさに書いてしまいましたが
糖尿病用の処方食を与えてみようか、それだけのことだったんですが。
手作りも考えましたが自信がありません。とりあえず効果があるかどうか、
まだ元気でなんでも食べる今なら試してみることができるのではと。



* Category : クッシングとわかるまでの記録
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

初めまして! * by chamahime
初めまして、こんにちは。

我家の娘マ~ブル(ワイアフォックステリア・10歳)もクッシング症候群で治療中です。
海くんにも秋頃からお世話になり、中医学治療の経過を拝見させてもらっています。
マ~ブルは「トリロスタン」にて治療中です。
発症時の症状はモモちゃんと違いますが、使用薬・肝臓数値の心配等、同じ項目が有りますので情報交換させて頂ければありがたいです。

当方、HPの開設はしていません。
こちらにお邪魔しても宜しいでしょうか?
宜しくお願い致します。

chamahimeさんへ * by miyu
はじめまして、情報交換、よろしくお願いします。
私は、クッシングについて調べるうちに海ぱぱさんのブログに出会い
メールで経過を聞いていただくうちに、闘病記を公開しようという気になりました。
ブログ初心者ですので、先行き不安ですが・・
一緒に頑張りましょうね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。