12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
8月30日
水分摂取量、28日252(フード160、飲水92)29日274(160、114)
ゆうべ先生から電話があり、26日に受けた甲状腺ホルモン(T4)の検査結果は
7月の「0.6」から「2.8」に増えていて、この数値で大丈夫とのことでしたので
このまま1日2回のホルモン剤投与を今後も続けていくことになりました。
いつもの私の悪い癖ですが、安心したのはもちろんなのに、気になることが・・
薬の投与時間と、検査のための採血をした時間との関係が引っかかるのです。
7月に「0.6」だった時は、投薬を開始する前よりも低くなった数値に驚いてしまい
考える余裕がなかったのですが、その時、1日1回だった甲状腺ホルモン剤を
モモに飲ませていたのは毎日昼の12時です。検査をしたのは投薬から23時間後。
回数はともかく、投薬開始8週間後の6月と今回は、どちらも薬の投与から
約6時間後に検査を受けています。甲状腺ホルモン剤は、治療というよりも
少ないホルモンを補充するために投与しているので、飲んでから時間が経つほど
少なくなるのは当然でしょうから、7月の「0.6」という検査結果も、次の薬を
飲む直前の数値だと考えれば、低くても仕方ないのかなあと・・。
1日1回では、その効果を24時間保つのは難しいということがわかった、とも
言えるわけで、12時間ごとに1日2回投与することになったのは、モモのためにも
良かったのかもしれませんが、定期的にホルモンの効果や状態をチェックするなら
なるべくいつも同じ時間に受けなければ、比較するのは難しいのではないかと
今回勉強になりました。クッシングのACTH検査も、血液生化学検査等も同じです。
前回と比べたり、薬の効果を見るのなら、なるべくいつも同じ条件で受けること、
これが大切なのでしょうね。特にホルモン数値は繊細なので、時間帯やストレス
色々なことが影響すると言われていますから・・。
もう1つ、ホルモンというのは、薬などで外から与えられていると、自分で
作るのをやめてしまうと言われています。医原性クッシングなどで、急に
薬を切ってしまうと危険だというのもこういう理由からです。それまでずっと
クッシングの状態になるほどステロイドを与えられて、自分の副腎は休止状態。
そこで急にステロイドを切ってしまうと、副腎機能低下状態になりショック状態を
引き起こすこともあるからです。話がそれてしまいましたが、モモの甲状腺の
数値が、薬を飲んで23時間後、投薬開始前よりも低い数値になったというのは
ホルモンを補充していることで、モモの甲状腺は自分でホルモンを作る機能が
以前よりももっと低下してしまったのでしょう。ということは、クッシングで
過剰になっているコルチゾールをトリロスタンで抑えるのと同様に、不足している
甲状腺ホルモン剤の投与も、モモにはこの先、生涯必要だということになります。
もちろん覚悟はしていますし、モモの生活の質を保つために必要で、効果が
あるのならそれで満足ですが、やはりホルモン剤ですから、正直怖いです。
これからも十分に注意し、気をつけて経過を見ていかなくては、と思っています。
書き方のせいもあるでしょうが、わかりにくいホルモンの話を最後まで
読んでくださった方、我慢強さに感謝します、どうもありがとう(笑)




* Category : 闘病の記録2007.中期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

こんちにわ * by けんまま
メールありがとうございましたv-2
ホルモンって難しいですよね~。
ケン太も今日検査に行ってきました。
前回フロリネフが1/4増えてたので効いているかどうかの検査です。
電解質だけですが・・・8/15の時Na127k4.8cl 89→8/30今日Na134k4.4cl102とまあまあでした。
家もなるべく同じ時間に検査に行っています。
同じ時間でも、気温湿度とかいろいろストレス(大きいワンコがいたりとか)が、かかったりしますが、しょうがないけど・・・。

甲状腺ホルモン剤は1日の量を2回に分けたんですか?
生涯投与は覚悟していても怖いですよね。この判断が正しいかどうかは先生もわからないのですから。
miyuさんがももちゃんを守っているから大丈夫ですけど!v-238



けんままさんへ * by miyu
こんにちは。
「フロリネフ」さっそく調べてきました(笑)電解質の代謝に作用する
ホルモン剤?やや低めだったナトリウムとクロールが上がったので
効果があったのですね、良かったですねえ~♪
私は、クッシングのACTH検査には気をつけて、投薬後4~6時間にすごく
こだわって受けていたのですが、他の検査は甘かった(笑)思いつきで
急に「検査してください!」と申し出たりすることもあって・・反省。
いつも同じ安定した状態で検査できたら、結果はすごくいいはず!なんて
勝手なことも思ったり、だってストレスとホルモンはねえ・・
甲状腺ホルモン剤はそれまでの量が倍になりました、モモにとっては
これが限度いっぱいの量だと言われています。もっと悪くなっても
増やせないと思うと、それも不安の種ですが・・(笑)
ホルモン・・奥が深いですね・・でも頑張りましょうね♪

* by けんまま
フロリネフ調べたんですか!(笑)勉強熱心ですね!

ホルモン剤です。電解質(ミネラル)ホルモンです
ケン太はもう1種類、糖質コルチコイド「プレドニン」も飲んでます。両方ステロイドで生涯飲み続けます。結構劇薬系(^^;
なので私も最初はスゴク心配しましたが、足りないホルモンは足りないだから!っと思うようにしました。

モモちゃんの過剰に出すぎてるコルチゾールをケン太が貰えたらいいのになぁーーっと思ったりしました。
ケン太はコルチゾールが0.28しかないんです。
といっても今の医学では無理みたいだし・・・

モモちゃん、甲状腺ホルモン剤限度いっぱいなんですか!
でも、きっと効いてくれると思いますよ!
大丈夫!!!



けんままさんへ * by miyu
「フロリネフ」については、4月に書いた「クッシングとアジソン2」
という記事のために、グルコとミネラル両方のコルチゾールの関係を調べた時
どこかで見た記憶があったので気になって・・(笑)ケン太君とモモ、
真逆の病気のようですが、同じホルモンだから関係する部分も近いのですよね。
とにかくコルチゾールは、多くても少なくても大問題なわけですから(笑)
ちょうどいいバランスを保つという意味では、同じ治療ですね
本当に分けてあげたいくらいなのに・・残念。

ホルモンの病気は難しいですね・・ * by ラヴィママ
こんにちは

今日はだいぶ涼しくなりましたね。

私も今日はラヴィの血液検査に行ってきました。
検査項目は3つ。BUN18.4  GPT306 ALP>3500
すこ~しづつGPTが下がってきていますが・・。
ACHT検査は来月半ばで良いと言われました。
うちの場合はこの年齢だし・・積極的な治療?は行わないみたいです。
しばらくはトリロスタン20ミリを1日1回で続けるそうです。
モモちゃんの甲状腺ホルモン投薬ってトリロスタンの事ですか?
1日2回?
うちは夜1回なのですが、次回のACHT検査は何時頃行ったら良いのでしょう・・。v-100
先生は相変わらず全然詳しい話をしてくれないので・・こちらに来てmiyuさんに頼ってばかり・・。スミマセンm(__)m
おなかの湿疹はなんだか膿の臭いがしてきています・。
でもこれはクッシングである限り治らないと言われました。
痛いのかな~痒いのかな~。ワンコは口がきけないだけに不憫ですよね。



ラヴィママさんへ * by miyu
こんにちは。
さっそくですが(笑)甲状腺ホルモン剤はトリロスタンとは別のお薬です。
モモは、クッシングの合併症で甲状腺機能低下症もあるので、そのため。
だけど、トリロスタンも7月から1日2回に分けて飲んでます、1回10ミリを朝晩。
それまでは30ミリを朝1回でした。ACTH検査は色々な資料によると
投薬後4~6時間後に受けるのがいいとありますが、お薬が夜だと難しいですよね
やはり先生に聞いてみるのがいいかもしれませんねえ。
お腹の湿疹化膿してきたのでしょうか・・早く治るといいのにね
モモもかゆみが出てきたのか、首のあたりがただれてきて真っ赤です。
皮膚は症状がしっかりと見えるので、私たちにはつらいですよね、
本当に不憫で・・痛々しいというか・・でも頑張ろうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。