123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
9月2日
水分摂取量、1日236(フード160、飲水75)
2回目のドラメクチン注射で病院に行く前に、しっかり状態がわかるようにと
症状のひどい部分をまた剃りました。ついでに足裏、お尻まわり、口元なども。
久しぶりに、肛門腺しぼりと耳の中の毛もちょっとだけ手で抜きました。
患部にうっすらと毛が生えてきて目立たなかったけれど、剃ってみると・・
やはり状態が良くないことがわかります。背中もあごも、湿疹というより
びっしりと細かいブツブツが密集して赤く腫れているように見えます。
SSCN1293.jpg
ノルバサンからサリチル酸シャンプーに戻した途端、かゆみが出てきたのか
足のとどく首やあごを掻く姿も頻繁に見るようになり、その部分は特に赤く
リンパ腺というかあごの下の腫れも気になります。
SSCN1294.jpg

バリカンの後はいつも脱力状態・・
SSCN1295.jpg

「はい、終わり」という言葉にシャキッとします(笑)
SSCN1299.jpg

夕方病院へ行きました。先日の甲状腺の検査結果をもらい、前回気になって
先生に尋ねた「数値の許容範囲」についての答え、2~6くらいまでだそうです。
薬の量が限度いっぱいということで、増えすぎるのも心配だなと思ってましたが
1日2回の投薬でも多過ぎることはなく、むしろギリギリセーフだということが
これで納得できました。首の腫れも診てもらいましたが、この部分なら
特に心配はいらないとのこと。先生がそう言うならと、ちょっと安心しました。
最近体重が減ってきて・・と嬉しくて報告しましたが、病院で測ると3.9キロ。
「あまり関係ないでしょう」と先生の一言にがっかり(笑)でも、甲状腺の
数値が上がってくると、元気が出て活発になるので、体重が増えにくくなる
ということも、ないことはないそうで、いい傾向とは言えそうですが・・
ただし、クッシングはコルチゾールが増加して悪化すると、元気に見えたり
食欲が増したりと、普通なら喜ぶような症状が、逆のサインになるので
甲状腺ホルモンの増加とはまさに反比例。これで、2つの病状の変化が
さらにわかりにくくなってしまうという、飼い主にとっては難点でもありますね。
その後、2回目のドラメクチン注射を打って終わり。来週は先生がお休みなので
別の先生を呼んでモモの状態を説明し、来週の注射を頼んでくれました。
「注射、大丈夫ですよね」と笑顔だけど念を押す私、嫌な患者でしょうね(笑)




* Category : 闘病の記録2007.後期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ラヴィママ
モモちゃんの笑顔につい・・こちらも浮かれてしまい・・
ごめんなさい。
皮膚の状態見ました。ラヴィのと同じような感じ・・。
モモちゃんの愛くるしい顔を見ると、胸がつまります。
miyuさんの愛情が伝わるから
miyuさんに心配かけないようにモモちゃん一生懸命明るくしてくれてるのかな。
ラヴィは笑顔も見せてくれないのよ。私にお尻向けて寝るの・・。ふてくされて(苦笑)

モモちゃんの湿疹には何か塗り薬あるのですか?
モモちゃんは乾いた感じだから特に薬は必要ないのかな。

ラヴィは今は赤くただれて膿んでしまったので白い粉の薬をふりかけています。消毒?の薬とか。
なめてしまうのでパンツはかせています。

モモちゃんの明るさとmiyuさんの愛情できっと治るv-221v-238信じてます。

ラヴィママさんへ * by miyu
あやまらないで~(笑)大丈夫ですから♪
モモの湿疹はニキビダニ(アカラス)が原因なのですが、これには
特効薬はないそうで、塗り薬も効果はないようです。なので無し。
今は家畜に使うドラメクチンという殺虫剤のような薬を注射していますが
初めてのときは、効果があるらしい飲み薬も試しました。結局免疫が落ちて
抵抗力がなくなることで発症するので、やっぱりクッシングの治療が重要。
ラヴィちゃんの湿疹と似てますね。モモは背中とあごだから、パンツじゃなく
腹巻とマフラーが必要かな(笑)



コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。