123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
7月7日
トリロスタンの投与開始。
あれこれ悩んでいた食事ですが、先生に「糖尿用の処方食を試したい」
と言ってみると、大丈夫だと思いますよ、との答え。この先生は、
本当にわからないのかもしれませんがこちらの希望や申し出を、
いつも気持ちよく受け止めてくれるので感謝しています。
というわけで、この日からは、前日購入した糖尿病用処方食と、
筋肉をつけるための高蛋白低脂肪の蒸したささみ、皮膚と目のために
ビタミンBコンプレックス、食事もがらりと変わりました。
肝臓用よりもおいしくないようで反応は悪かったです。
はじめは張り切って、何をどのくらい、何が身体にいいのかなど調べてみましたが
どうもよくわからないし、頑張ろう!と思うわりにはめんどうなことは
できそうもなく、子供が学校で使っていた家庭科の食品成分表も参考に
してみましたが、やっぱり難しい。結局、処方食を必要量の80パーセントにして
足りない分のカロリーをささみでプラス。まずしばらくはこれで様子を
みることにしたのです。糖尿用処方食にすると便の量が増えるとは
聞いていましたが、はじめの頃はびっくりでした。今までの3~4倍には
なりましたね。フードに含まれる食物繊維の量が多いのでしょうが。

もともと、多飲多尿などのわかりやすい症状もなかったので、
投薬の効果についてはあるのかないのかまったくわからない約4週間でした。
心配だった副作用も、特になにかあるということではないけれど、
気になって細かくチェックしていたせいか、残っているメモに、
左わき腹に赤いしっしん、手足の付け根部分の薄毛と赤いかさつき、
お腹の皮むけは良くも悪くもならない、手術後剃毛部分のかさつきとやや黒ずみ、
と書いてありました。1番心配な歩行障害も変化なし、
元気でしたがその分困る事も。投薬開始前から日々元気になりつつあり、
その後も回復ぶりは順調で、後を追ってきたり食事の催促にくるなど、
一時の寝たきり状態からは見違えるほどの状態に。
でも、不自由な動きでトイレの中をグルグル回るので、
シートがめくれでしまったりころんだり、4本足で静止できないので、
回ったまま遠心力でうんちが飛び散ったり
トイレに行くたびにハラハラしてしまいました。少しでも改善できればと、
壁の高いシートをしっかりおさえられるトイレに取り替えました。



* Category : クッシングとわかるまでの記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。