12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
つづき
病院に着くと、すぐに診察室で息子に会えました。聞いていた通り、意識はなく
想像していたような、酔って赤い顔をしたフラフラの状態とは程遠く
青白く血の気の引いた顔と身体にショックを受けました。耳元で呼びかけても
まったく反応はなく、不思議なことに、お酒の匂いもしませんでした。
その様子と血液検査から、点滴を2本もすれば大丈夫だろうということでしたが
2時間半後、1リットルの点滴を終えても意識は戻りませんでした。その後
もうろうとしながらも反応が出てきたので、家に連れて帰ることにしました。
ひたすら頭を下げ、ご迷惑をおかけしたことを詫びる私に、看護師さんたちは
こんなのかわいいものです、仲の良い家族だなあとほのぼのしましたよ、と。
優しい心遣いに、思わずありがたくて涙が出そうになりました。
家に着き、やっとのことで車から家に入れると、さっきまで、自分がおぶって
部屋に運ぶと張り切っていた娘も、さすがに無理だと思ったようで、そのまま
玄関に寝かせておくことにしました。顔にはやっと赤みが差し、普段のように
眠る息子の様子に安心したのと、私たちが帰るなり、突然の夜中の留守番に
不安も限界だったようなモモの泣き叫ぶ声に、家族の気持ちは全てそちらに
向かったようです。息子は3時間後に立てるようになり、何とか2階まで運び
モモのベッドの隣に寝かせ、さらに2時間後、今度は3階の息子のベッドまで。
そのまた3時間後、1時間入浴して、やっと元通りの状態になりました。
救急車で運ばれてからちょうど12時間後のことです。我に返った息子は、
濡れた髪を乾かすこともせず、母親からの連絡だけで突然休んでしまった
バイト先に、自分で謝りに行くといって出かけ、結局3時間働いてきました。
こんな責任感を持っているのに、どうして自分の身体には、責任を持った行動が
とれないのだろうと、嬉しいやらあきれるやら・・。今回の原因ですが、
数年ぶりの友人たちと再会、カラオケでゲームのように初めてのウォッカを
飲み続け、吐きもせず顔色も変わらない息子の様子がおかしいと、友人たちが
気づいた時には、止めるのも聞かずに更に飲み続け、突然倒れたのだそうです。
毎年、新入学の季節に必ずニュースになる「急性アルコール中毒」です。
親の欲目かもしれませんが、健康には気を使い、身体に悪いことはしないという
家族の中でも異色の存在である息子がこんな失敗をするなら、誰にでも起きる
可能性があるのではないかと私は思いました。未成年の時、チューハイや
ワインを飲ませたことはありますが、できるなら、1度くらいは親の監視下で
「もう2度と嫌だ」というような、酔う苦しさを経験させておけば良かったと・・。
大人になる段階で、誰もが1度くらい経験するような出来事かもしれませんが
その1度で命を落とす若者は必ずいるし、何がその運命を分けるのかも
まったく予測が立たないのです。実際、医師の予想とは違って、なかなか
意識の戻らない息子の手をさすりながら、このまま起きなかったらと不安になり
倒れた時にできたと思われるおでこや背中の傷に、もしかして脳の中で出血?
と、私はどんどん怖くなっていきました。交通事故などで、もう決して意識の
戻る可能性のない状態も、きっとこんな感じなのだろうね、などと、不吉な
言葉が思わず出てしまう私に、家族もかける言葉がなかったと思います。
でも現実に、こんな状況で、たくさんの人があっけなく亡くなっていくのです、
何気ない日常の中で突然に・・。手の離れた子供達に油断して、モモのことしか
一生懸命になっていなかったのではと、今回は私も反省しました。
正直、モモの病気のブログなんか書くより、もっと考えなきゃいけないことが
たくさんあるだろう!と母親としての自分が罰を受けたような気分で
眠り続ける息子の顔と、その横で不安そうに小さくなっているモモの顔を見て
モモのブログはこのまま終わりにしようと、その時は本気で思っていました。
ひと息ついてブログを開いた時、少しでもわかりやすく記事を分けておこうと
カテゴリーの編集を直し、もう大丈夫、と力が抜けたような不思議な感覚も・・
もちろん今回のことを書くつもりもありませんでしたが、1日たって平穏な日常が
戻った時、こんなことも起こる、命があっけなく消えることは決して珍しいこと
じゃないんだと、我が家の反省を通して知ってもらえれば、今回の経験だって
無駄ではなかったと思えるような気がしたのです。いろんな方の目にふれる
ブログがせっかくあるのだから・・と。だけど・・この話をブログに書いたと
知ったら、息子は怒るかもしれません、記憶がほとんどないとは言え、彼には
早く忘れてしまいたい出来事になったでしょうから・・

モモの病気に関係のない、こんな長い話を、最後まで読んでくださった皆様に
感謝致します、ありがとうございました。





* Category : 我が家の記録
* Comment : (10) * Trackback : (0) * |

こんばんは☆ * by やな♪
息子さん、ご無事で何よりでしたね♪ご家族が家に戻られた時のモモちゃんの不安と嬉しさの表情が目に浮かびます★
命って、儚い(はかない)モノでもあり、力強くもある、その差も時には紙一重だったり…。病気に関係なくても、この記事を読んで、何か、感じたりする人は沢山いると思います!ブログ、続けて下さいネ!終わると寂しくなってしまいますヨ(>_<)

* by ラヴィママ
miyuさん
大変なご経験をされたのですね。
でも、息子さんご無事で本当によかった。
miyuさんのおっしゃる事、すごく良く伝わります。
私にも年ごろの娘が2人います。
もう子供ではないので親が24時間監視するわけにもいかず・・
ただただ今日も無事でいて欲しいと願うばかり。
怖い世の中ですので自分がいくら気を付けていても災難にあう事もあるし・・。
miyuさんの読ませていただいて、改めて家族が今日も元気でいられる事のありがたさ、幸せを感謝します。
実は私もこの所ちょっとイライラしていたのですが・・反省。(-_-;)
miyuさんのブログの存在は私にとってとても大きいです。
ありがとうございます。
ラヴィまた血便です。
溶けたチョコレート状です。でも前向きに頑張ります!v-91

それにしても・・いい息子さんだあ。
その責任感は素晴らしい!よいご家族なのでしょうね。

大変でしたね!! * by ハナトモ
miyuさん、こんにちは・・・

息子さん 大変でしたね。
急性アルコール中毒ってっ恐いですよねv-306
私の知人も一度救急で運ばれた事があります。
意識がなくなったところから復活までの過程をその時に
立会い間のあたりにしたので、よーく分かりました。

これで息子さんも勢いで飲むお酒ではなく、楽しんで飲める範囲でお酒を飲むようになるのではないでしょうか??


花の心境報告です。
最近雷雨が多くて(雷に異常な反応で、すぐお漏らししますv-12)出かける時は紙おむつをさせてお留守番をさせていましたが、その紙おむつにすれたらしくクッシングの症状の黒いおできが出来てしまい、それが割れて化膿してお腹中ただれてしまいました。(とても反省しています。)そのただれはやっとよくなりましたが、その診察の際、一番したの乳 左右にシコリが発見され、手術して切除しないと悪性か良性か分からないといわれてしまいました。病気になっては良くなり・・良くなってはまた何かしら病気になり・・・そのシコリの事を獣医に聞かされた時はかわいそうな花だとシミジミ悲しくなりましたv-409

ですが(ここが今までと違う所)悲しんでても病気は治らないのだから、花ががんばれるまでは、あきらめずいい方向に向かうよう一緒に治療に励もうと考えていますv-310

ここで質問!! シコリ部分を切らずに悪性か良性か判断って付かないものなのでしょうか?

* by モモママです!
miyuさん息子さんのことを読ませていただいて
ありがとうございます。

冷静になってブログを書くに至るまでの心境は
計り知れないほどの不安と心配な気持ちで息子さんを見守っていたことと思います。

息子さんが無事に意識を取り戻してご家族と共に帰宅できて、
ほんと~にほんと~に良かったですね。

家族皆なが健康で平凡な暮らしが出来ることが
ほんとうは一番の幸せであり尊いものなのに、
それが当たり前になってついつい肝心な原点を
忘れてしまいがちです。

神様はよく見ているんですね。
時々試練を与えては忘れそうになっていた大事なものを
思い出させてくれるのでしょうね。

聡明で親孝行なmiyuさんの息子さんですもの
この経験を無駄にしないでこれからも益々大きく
成長されて人生に活かしていくことと思います。

親はいくつになっても子供のことが可愛いし、その成長が楽しみですよね!!!

子供っていろんなことを仕出かして親を驚かせたり、困らせたり、泣かせたり、喜ばせたりしてほんとに楽しませてくれます。

私も心配な男の子が二人もいるんですよ!








やなさんへ * by miyu
こんばんは。
我が家にとっては一大事だったのですが、ブログに書くのはどうかなと
迷いながらでしたので、そう言っていただけると本当に嬉しいです。
母としての努力も怠らないようにしながら、頑張っていこうと思います。
   どうもありがとう♪

ラヴィママさんへ * by miyu
こんばんは。
子供が大きくなってからの母親は、心配するだけで何もしてやれないことも多く
つらいですね・・おばあちゃんになってもわが子の心配をしてるのでしょう。
こちらこそ、長い話を読んでいただき、ありがとうございました(笑)
ラヴィちゃん、また血便ですか?心配ですね、前回から日も浅いのに・・
やはりクッシングも関係しているのかな、早く治まるように祈っています。
大丈夫、大丈夫、一緒に頑張ろうね♪

ハナトモさんへ * by miyu
こんばんは。
お久しぶりです、お騒がせしてごめんなさいね。今回のことで自分の身体を
大事にしてくれるように、息子には期待しています。
でも、このおかげで花ちゃんの様子を聞くことができてよかったです。
モモは経験がなくよくわからないのですが、クッシングのお仲間で
少し前にしこりというかおできのようなモノが見つかって、大きくなるようなら
切除で、しばらくは経過観察というのを聞きましたが、はたして同じような
モノなのか・・。よく、組織の1部を調べる細胞診?で、悪い細胞が見つかれば
取ってしまうというのも聞きますね。年齢やクッシングのこともあって
簡単にとってしまえば、とはいかないですよね・・。こういう場合も
獣医によって考え方も様々なのでしょうね。
黒いおでき、というのはクッシングの症状にある皮膚の石灰化によるものかな
やはり皮膚に、色んなトラブルが起きやすくなりますよね・・
だけどハナトモさんすごいです、前向きで立派!私も見習って頑張らなきゃ。
参考になるお答えができなくてごめんなさいね、どうもありがとう♪

モモママさんへ * by miyu
こんばんは。
こちらこそ、長い話を読んでいただきありがとうございました。
今回のことでは、親の責任や子育ての卒業についても色々考えました。
母としての不安や心配には、終わりはないのだろうなあと・・(笑)
だけど、いつか振り返る日が来たら、きっとあの頃が1番幸せだったと
思うのでしょうね。ところで、モモママさん、男の子2人?人間の子供?
苦労も喜びも我が家よりずっと大きいでしょう(笑)頑張りましょうね♪

* by もちこ
はじめまして。マルチーズランキングからきました。

ここ数日の日記読ませていただきました。

miyuさんは素晴らしいお母さんですよ。
そしてモモちゃんの素晴らしいママさん。

読んでて感動しました。
坊ちゃんはこれでどんなに大変なことをして
家族に迷惑をかけたかわかってきっと、二度と同じことはしないと思いました(推測ですが(笑))

本当にたいしたことなくて良かったですね。

我が家も一人娘がいます。
このmiyuさんの記事を読んで娘にもちゃんと言い聞かせておこうとおもいました。

miyuさん、ぜひ日記は続けてくださいね。
モモちゃんのことも心配ですから。応援してます。

いきなりやってきてえらそうなこと書いてごめんなさい。

もちこさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけてくださり、ありがとうございます。
愛犬の闘病記なのに、ちょっと恥ずかしい記事で・・
我が家の反省をお子様に伝えていただけたら何よりです(笑)

初めてのもちこさんにまで励ましてもらって、本当にありがとう。
これからもモモと一緒に頑張りたいと思います。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。