FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月

11月7日
左目の腫れはやっと良くなってきたように見える。朝晩じっくり目を見ていたら
両目とも白い濁りが小さく薄くなってきているような気がする。
気のせいではないかと家族にも見せると、やはりそんな気がすると。

11月12日
左目の腫れは治った。
それ以外に変わったことはなし。相変わらず右わき腹はほとんど毛がはえてこない。
寒くなり、全体に毛が薄く感じる。そして、毛がのびてきているせいかも
しれないけれど、耳の付け根、鼻筋、背中などのピンク色が目立つ。

11月20日
今度は右目の同じところが腫れてきた。
アレルギーではないと思うけど、このところ、くしゃみをしたり
目をこすったりしてるのをよく見るようになった。

11月27日
薬をもらいに病院へ。
右目の腫れは治っていたので先生には話しませんでした。
全身の状態は変わりなし、
先生は、これ以上良くなるということはないかもしれませんね、と。
投薬を始めてからもう少しで5ヶ月になる。期待していた歩行の改善は見られず、
検査の結果以外で、薬の効果があらわれるという事はもうないかもしれない
と私も思っていました。モモの薄くなったお腹の皮膚をつまんで、
「これもペーパースキンといって症状の1つです」そして、後ろ足を触って
「すごい筋肉だなあ」と。人間のように2足歩行する犬になるのかもと思うほど
後ろ足だけで歩いたりジャンプするようになっていたモモの後ろ足です
先生が驚くのも無理はないほどの筋肉がついていたのでしょう。
ついてほしかったのは前足の筋肉だったんですが・・。
明るい診察の様子でも、希望の持てる話はありません。
ACTH検査の予約をして、40日分の薬をもらって帰りました。
支払い 10000円


 

コメントの投稿

Secre

プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。