12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
12月24日
水分摂取量、20日(フード100、飲水146)21日219(92、127)
22日165(91、74)23日220(100、120)
少し前に、今年の一文字は「偽」というニュースを見た時、随分前なのですが
病気について調べている時に見つけた「偽クッシング症候群」という言葉が
頭に浮かびました。その時は、健康食品のPRページに行き着いたせいか
何だか怪しいというイメージだけで終わってしまったのですが、その後も
何度か目にするようになって、ずっと気になっていたのですね。
今回、「偽」の一文字をきっかけにちょっとだけ調べてみました。クッシング
という言葉に敏感になっている私にはがっかり、まったく別の病気でした。
簡単に言うと、特にポメラニアン等によく見られる脱毛症で、原因がホルモン
らしい、生命にかかわる病気ではない、といったような・・。成長ホルモンの
分泌異常が原因の1つとして考えられることから「成長ホルモン反応性皮膚炎」
去勢で治療可能な場合があることから「去勢反応性脱毛症」、副腎に対する
治療が有効な場合があることから「偽クッシング症候群」などと呼ばれている
らしいです。命に別状のない・・ということだし、たとえ偽でもクッシングという
名前を付けないでほしいなあ、脱毛だけならうらやましい・・と思ってしまった
私ですが、その症例写真がたくさん紹介されているページを見てショック・・
皮膚が黒ずみ、全身の毛がほとんどなくなったワンちゃんたちの姿はとても
かわいそうで、大切な愛犬がこんな状態になってしまった飼い主さんたちの
心中を察すると胸が痛みました。病気の愛犬を思う気持ちに、軽いからいい
重いから大変、なんていう差はないのに・・深く反省です。更に、こういう場合
飼い主が気にならなければ放置しても良い、ベストを着せるのもひとつの方法、
治療を望むなら、雄は去勢してみる、反応がなければ、クッシングに似た
副腎を少し破壊する薬物治療もある、と。読んでいて怖くなってしまいました。
ペットの病気の治療に関しては、どんなものであっても基本的に飼い主次第
というのはわかっていますが、この病気と診断され、もし症状が脱毛だけなら
愛犬にとって一番いいのはどうすることなのかを、飼い主の気になる、ならない
で判断しなくてはならないのでしょうか。目の前の、毛が抜け落ちた愛犬の
不憫な姿に、何とかしてやりたいと思うのは飼い主として当然の気持ちなのに
命には別状ないからといってそのままにすることも、去勢や薬物投与などの
当然リスクもあり身体に影響が出るかもしれない治療を選ぶことも、どちらも
本当に苦しい決断のはずです。私は、去年モモがクッシングとわかる前に
手術を受けた時、手術で剃った部分にまったく毛が生えず、他の部分も
薄毛でミニブタのようになってしまった姿を見て、モモはもうダメかもしれない
と思い、命さえ助かるなら、このまま一生毛が生えなくてもいいから・・と
祈った記憶があります。だけど、その後回復したモモを見て、やっぱり薄毛は
かわいそう、何とかできないものかと悩みました、飼い主の気持ちというか
子を思う親心ですね。病気の重さにかかわらず、「何とかしてあげたい」という
飼い主の気持ちに、今以上に応えてもらえるような動物医療の進歩や充実を
「どうか早く」と、心から願うばかりです。
あまり関係のない病気のことなのに、長々と熱く語ってしまい、「またか・・」と
思われた方もいらっしゃるはず(笑)久々ですが、ちょっと恥ずかしいですね・・
この長い文章を最後まで読んで下さった方、ありがとうございました(笑)





* Category : 闘病の記録2007.後期
* Comment : (9) * Trackback : (0) * |

* by sofia
miyuさん、私のお友達のポメラニアンのケイちゃんが所々黒ずんで
脱毛しているんです
何処のページで紹介されていたのか教えて頂けませんか?
よろしくです~<(_"_)>ペコッ

sofiaさんへ * by miyu
偽クッシング症候群の病気については、このページの下の方に
ポメラニアンの脱毛症という所が
http://www.jbvp.org/petlovers/dog_hihubyou.html
このページの(2)ホルモンという所に解説が
http://www8.ocn.ne.jp/~dearest/health/hifu.html
症例写真は健康食品の紹介?かもしれないけれど、ここと
http://pet-skin.com/00skin1/pc.htm
ポメラニアンの症例がたくさん載っていたここが参考になるかも
http://www.ushikoshi.com/shourei.htm
他にもいくつかのページを見たのですが、残っていたのはこのくらいで・・
検索で「偽クッシング症候群」「ポメラニアンの脱毛」などの言葉で
もっとたくさん見つかるかもしれません、お役に立てばいいのですが・・

* by バーシー
最近調子がよさそうなんでなんとなくほっとしました。
先のブログで、亀の爪の話、失礼だと分かりながら思わずわらってしまいました!笑
実家のミドリガメはまだ5年目で15cmくらいなんでこれ以上大きくなったらと思うと帰るのがこわくなりました。。。

バーシーさんへ * by miyu
モモの体調について書くことがないと、ホッとしてしまうのか、余計に長々と
関係ない話を書いてしまうくせがあります(笑)読んで下さってありがとう。
ミドリ亀仲間でしたか(笑)どこまで大きくなるか・・実は私も不安です
今でも水替えに一苦労なので・・(笑)

* by bimaまま
我が家の次女まりもはポメラニアンです
ポメに多くみられる病気…「偽クッシング」というのがあるんですねぇ
miyuさんのブログはホント参考になりますぅ
まりにそういった症状はないけれど
いつか、もしも、疑わしいことがあった時に
きっと早めの処置ができますね
もちろんならないでいてくれることを祈りますが・・・


bimaままさんへ * by miyu
まりもちゃんには他人事じゃないから、かえって不安をあおるような記事で
ごめんなさいね。普通に健康で元気に過ごせるって、本当はすごく幸せで
嬉しいことなんですよねえ・・。病気になってわかることもたくさんあって
それはそれで幸せかなあ、と私は思っています。ビッケちゃんもそうですよね♪

* by sofia
miyuさん、どうもありがとうございます!
ケイたんにそっくりな症状の子が載ってました
ケイママに知らせますねぇ~
偽クッシング症候群て言う言葉、ほんと知りませんでした
ありがとうございました(*'-')o(*,",)oぺこり

* by バーシー
こんばんは。
急ですいませんがブログ引越ししたんでURL変更お願いします。
脱FC2組になりました。笑

バーシーさんへ * by miyu
はい、変更しました。
脱FC2・・ちょっと気になりますが・・(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。