123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
1月13日
水分摂取量、11日160(フード85、飲水75)12日182(90、92)
今年になって新しいクッシングのお仲間も増え、みんな愛犬のために必死で
本当に頑張っていらっしゃることに感激し、比較的早くクッシングの診断が
ついていることも嬉しく思いました。もちろん不安や心配はたくさんあって
とてもつらい思いをされているでしょうが、それでも良かったなあと・・。
モモが、クッシング症候群と診断されるまでに時間がかかったのには
いくつか理由があります。増えてきたとはいっても、まだまだなじみのない
病気であることもその1つかもしれませんが、1番の原因はまだ2歳だったこと。
高齢になって異常が出てくる可能性が高いといわれる内分泌疾患の場合
血液検査でのいくつかの数値の上昇も、2歳では他の病気を疑うことが多いの
かもしれません。もう1つは、クッシングの代表的な症状がなかったことです。
多飲多尿、腹部膨満、左右対称の脱毛などのわかりやすい症状ではなく
モモの場合歩行異常から始まったことで、余計にややこしくなってしまったの
かもしれませんね。2本足で立っているモモの足をちょっと見ただけで、
レントゲンも撮らずに「手術でしか治せない膝蓋骨脱臼」と診断した病院と
その場で手術を決意した私のせいで、2週間もの地獄の入院生活を送ることに
なったモモには、今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです・・。その後、現在の
病院と、さらにMRIを受けた大学病院で「この歩行異常は脱臼とは関係ない」と
言われた時、実は・・2つの病院で診断書をもらって、手術した病院に抗議
しようかとも考えたのです。そうしなかったのは、全国でも名の知られている
大学病院でも「原因不明」と言われたことと、とにかく今はモモが歩けるように
なるために、原因を突き止めるのが先だと考えたからです。今になってみると
典型的なクッシングとは程遠いモモの病状では、すぐに診断がつかなかったのは
仕方のないことだったのだろうと納得できるようになりましたが・・。
それでも、すでにクッシングでコルチゾールが高かったはずのモモに麻酔をかけ
手術をしたこと、術後の状態の悪化にステロイドと思われる注射を打ち続けたこと
コレステロールや中性脂肪値が上がり続け、ALPもどんどん上昇していたのに
それを報告も無く放置したことなど、今でも納得できずにいることはたくさんあり
時々、思い出して怒りがよみがえってくることも・・。それでも冷静でいられるのは
今もモモが生きているということが、私にとって何より一番大切なことだから。
それに、何よりも一番反省すべきは自分だと気がついたのですね。今ほどでは
なくても、手術を決める前に、もっと納得できるまで調べることもできたはず、
せめて、もっと時間をかけてよく考えてみることくらいなぜしなかったのか・・と。
ブログを始めてから、たくさんのクッシングのお仲間とお話したり、ご相談を
受ける時、私はこの時の自分の後悔から、どうか納得できるまであきらめずに
病院や獣医とも話し、これが一番だという答えを見つけるまで頑張ってほしいと
いつも願います。自分の言葉で訴えることのできない大切な愛犬の代わりに・・。

こんなにちっちゃくて、いるかいないかもわからないほど
いつもは存在感のないモモ(笑)
だけど、今日も元気に生きてるってすごいことです・・
DSCF1332.jpg




* Category : 闘病の記録2008.前期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

足のこと・・・ * by bimaまま
モモちゃんの足の誤診のことは
以前のブログでも読ませていただき
私もすごく腹立たしい気持ちになりました
ホントにひどいですよねぇ
モモちゃん辛い思いをしちゃったんですよねぇ
miyuさんはじめご家族の方もご心配されたことと思います
モモちゃんの足はもう治らないものなんですかぁ?
まだまだ若いのにクッシングだなんて・・・

ビッケはクッシングの症状がピッタリ当てはまり
検査の結果も教科書通りだそうで・・・
ただ昨夜からちょっと歩き方が変なんです
ガクガクした感じで 足に力が入らないように見えます
クッシングの影響か それとも年のせいなのか・・・?
モモちゃんの歩行異状は始めどんな感じでしたかぁ
さしつかえなければ教えてください
一応アドレスも載せておきます
図々しくて申し訳ありませんが
よろしくお願い致します

写真のモモちゃん ペちゃんこで寝ていてかわいいです❤


bimaままさんへ * by miyu
こんにちは。
ビッケちゃんの足、心配ですね・・。クッシングには、筋肉の萎縮や硬化も
症状の1つと言われていますが、それが具体的にどんなふうにあらわれるのかは
私もよく知らないのですね。モモの状態も、他の病名に結びつく答えがなく
クッシングとわかったことで、そのせいだろう・・という判断だったので
でも他のクッシングさんにも、足の筋肉が落ちた、歩き方が弱々しい
など、筋肉が弱ってしまったことによる症状が見られると聞きますから
年齢的なものに加えて、クッシングによる影響も、普通以上に大きいのかも
しれません。急に冷え込んでいるお天気から、寒さの影響は?と思いましたが
ビッケちゃん、雪の中でも平気だったしね・・
続きはあとでメールしますね♪

* by bimaまま
さっそくお返事
ありがとうございました
メールもありがとうございます
寒いのに強いビッケですが
外はとっても寒いので
今日は念のため屋上遊びはやめておきました
階段もこわいので・・・

bimaままさんへ * by miyu
どういたしまして♪
ちょっとおかしいなという時でも、病気があると気になりますよね・・
あとで、またブログにお節介しに行きますね(笑)


我が家もクッシングと… * by みえ
はじめまして。
ポメラニアン2匹と暮らしている、みえと申します。
我が家のポメ1匹もクッシングと戦っております。
最近のうちの子は、皮膚の石灰化がひどくなってしまい、背中の毛が1/3ほど抜けてしまいました。
毛が生えてくるのか不安です。
モモちゃんはいかがですか?
脱毛とか画像を拝見した限りでは見受けられませんが…

いつも自分一人で不安になりながらも、この子の症状が少しでも治まってくれたら…と思って、私と同じようにクッシングの病気と闘っている飼い主さんを探してこちらへ辿り着きました。
これからも色々と情報や病気の経過を拝見させて下さい。

モモちゃんとモモちゃんママも病気に打ち勝つよう頑張ってください。

みえさんへ * by miyu
はじめまして、ここを見つけて下さってありがとうございます。
皮膚の石灰化もクッシングの特徴の1つですよね、具体的にどういう状態なのか
よく知らなかったのですが、その部分が脱毛してしまうのですね・・
目に見えるだけにとても心配でしょう。モモはクッシングとわかるまで
手術跡に毛が生えないことやカットしたら剃ったようになってしまったのに
それが脱毛とも気がつかずにいました。特に目立ってはいませんでしたが
全体にかなりの薄毛で、アカラスの部分にも毛が生えないとか・・色々と・・
もしかして甲状腺の異常もあるのではないかと疑って、検査をお願いし
その後、甲状腺ホルモンの投与を開始してから毛が増えました。
一人で考えたり調べたりしていると本当に不安でいっぱいになりますよね
私も同じでしたからよくわかります。モモの記録が参考になるかどうかは
わかりませんが、同じ病気のワンちゃんがたくさんいると思うだけで
気持ちは全然違ってくると思いますので、一緒に頑張りましょうね♪
これからもよろしくお願いします、どうもありがとう。


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。