FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月 検査結果2

つづき
先生の話。投薬量を増やすことはあまり薦めない、モモのような小型犬の場合は
薬の量も少なく、飼い主の負担もなんとか続けていける金額で済むかも
しれないが、大型犬ではとても負担が大きく、トリロスタンの投薬治療を
薦める事はないだろう。多飲多尿やひどい脱毛その他の重大な症状がない場合、
まったく治療をしないでそのままということもある。モモの場合は、
歩行異常が改善する可能性を考えて投薬を薦めたが、数ヶ月の投薬でも
改善は見られず、これ以上の回復は考えにくい、しかし、血液検査の結果も
いい状態になっていることもあり、今の量を続けたまま経過を観察して、
脱毛の状態、毛のつや、多飲多尿などに変化や悪化があればその時に考える方が
いいのではないか。今回、検査の結果が悪かったけれど、モモの状態に
特に変化がないのなら、このまま様子を見るという方がいいのでは。
こういう話だったように思います。先生は言いにくそうだったので、私が
「治療してもしなくても、余命や生存率は変わらないといわれてますよね」
と言うと、先生も、そうですねと。
先生のお話は、現在のクッシング治療のありかたの標準と言われる
考え方だと思います。積極的に薬の量を増やし、症状に応じて更にそのための
薬も投与して、検査も頻繁に行いその結果をもとに、更に投薬や治療を変更する。
そういう考え方の病院もあるでしょう。どちらが良くてどちらが悪いと
いうことではありません。どういう治療を選択するかは
何よりも飼い主の判断が大きいからです。というか、どういう治療をするのかは
飼い主がそうしたいと希望するものでなくてはならないからです。
私自身はどちらの考え方も納得できます。そして、治療を始めて5ヶ月過ぎても
いまだにどうしたいのか決める事ができません。




コメントの投稿

Secre

プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。