12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
4月5日
水分摂取量、1日190(フード87、飲水103)2日193(85、108)
3日159(87、72)4日224(86、138)
今日のタイトル「油断大敵」以前にも使った?かもしれないのですが・・
何度も使うくらい注意をしなければいけないということで(笑)
ほんの数日前、優しい気持ちを垣間見せた息子に、心の中で感謝した
ばかりの母は愕然・・。覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが
昨年9月に起きた息子の意識不明泥酔事件、悪夢のような記憶も
薄れはじめて半年、またやってくれました・・。今回は友達数人に送られ
自分の足で帰宅しただけマシですが、全身ボロボロで意味不明なことを
言いながら、午前4時にピンポンとチャイムが鳴った時は「何事か!」と・・
半日後に目覚めた彼の記憶は、12時間分すっかり消えていました。
若者による犯罪が多発しているこの時代、親の育て方や責任についても
色々と議論がされていますが、2人の子供の母親である私に、胸を張って
「我が子は大丈夫」と言える自信はありません。もちろん心から信じているし
自分なりに一生懸命育ててきたつもりです、それでも・・正直なところ
何が起こっても不思議はないし、何かのはずみで犯罪の加害者にだって
なりうると覚悟しています。酔っ払ったからではなく、子供達がふと見せる
私の知らない顔や、今の若者全体に感じる「心の弱さともろさ」から・・
親としてどこまで、そしていつまで心配し続けるのだろうと考えてみても
その答えはなく、私が親である限り終わりはないのでしょうね・・。
初めての「胃もたれ、二日酔い用ドリンク」を飲み、懲りた様子の息子。その
数日後、今度は、突然バイク事故で亡くなった年下の友人のお葬式へ・・
平凡で何もない毎日のありがたさや、無事に年を重ねる人生の意味を
どうか深く心に刻んで生きて行ってほしいと、母はただ願うばかり・・

そして私・・最近のモモの体調の良さに油断したかもしれません。水分不足を
気にしつつ、フードをふやかす分と飲水を足してもたった159グラムだった3日
大丈夫だろうとそのまま寝かせてしまいました。明け方4時半、突然モモが
嘔吐する音で目が覚めました。体調にかかわらず、たまに嘔吐はあり
ほとんどは「ガバッ」っと胃液を吐いて治まるのですが、前夜の水分不足が
原因か、それとも、その水分不足が吐き気の原因なのか、何度も繰り返し
吐くようなそぶりを見せるものの吐けない様子・・大きく身体を上下させて
やっとのことで戻したのは、白っぽい山芋のとろろ状になった物、おまけに
水分が足りないのか、口からうまく吐き出すことができないほどドロドロ・・
吐いてすっきりした様子のモモのお腹が「グウ~」と鳴って、早めにご飯を
食べさせるとすっかり元気に・・。心配なのでお留守番も2時間だけに。
たかが水分不足に心配しすぎ?過保護?という油断も私にあったかも・・
モモの微妙なホルモンのバランスをとりながらの闘病生活だということを
私こそ、深く心に刻んでおかなければいけませんね。心を入れ替えた私
しまいこんでいたセーターを、再び出してモモに着せました。あたたかいと
思い込んでいた部屋も、床に近いモモのベッドで測ると15度、反省・・


ただご飯を食べているだけの姿ですが、私には特別。
最近のモモは、ちゃんと両前足を床について食べているのです。
大きく突っ張っている後ろ足が、前足に力をかけないようにという
モモの頑張りなのですが、以前はほとんど片手が浮いていて
時には前足が2本とも浮いたままのすごい形だったことを思い出すと
これでも夢のようです♪こんな当たり前の姿にも感謝感謝・・


長くなりついでに・・食後33グラムの水を飲む姿(笑)
たったこれだけの水を飲むだけで褒められるモモ
そしてこんな姿でさえも、私には大切で貴重な記録なのですね・・(笑)




* Category : 闘病の記録2008.前期
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by チーズママ
それはそれは、大変な日でしたね・・・でも大事に至らなくて本当に良かったです。うちの長男君も高校へ入ってからは電車通学になり学校の様子などもさっぱりです。大きくなっても心配はつきませんし、目が届かない分いらぬ心配もしてしまいますね。うちの息子もその歳頃になったら、勢いでムチャ飲みなどは絶対にしないようにきっちり言っておかなければ・・・私よりもずっと体格のよい息子ですし、話で理解できるようになってきてるとは思うんです。だから、大声で叱る事も手を上げることもなくなり、
今は「親は口うるさいもの。子供は言う事聞かんもの。・・・言う事聞かんと解っても言うのが母さんだから・・・」とわざわざ断りまでつけて話します。家では口うるさいと聞いてないフリをしてても、きっと頭に残してくれていると信じて言い続けるしかないですよね~><~小さな失敗で学んでくれれば・・と願います。
普通で平凡に感謝できる事・・・若い頃はやはり私もあまり考えていなかったように思います。家庭を持ってからかな?
息子たちもそんな気持ちを実感できる日まで、何事もなくそう思える日がくるのを、母として見守っていかなくちゃいけませんね。
・・・・モモちゃんのお食事VTR、とっても元気にガッついてますね☆お水も!う~~ん後ろ足が踏ん張ってるね。微妙に!でも言わなかったら解らないかも?ゲボが苦しかったんだね、可哀想に・・・本当に水分って大事だね。心配しすぎでも過保護でもないよ。そら心配するよ~!だって喋れないし自分でどうしたらいいか?解らないかもしれないんだもん。上手にゲボ完了してよかったわ!詰まったら大変!・・・ゲボしたらお腹すいたってモモちゃんには、ホッとして笑えます♪

* by ソラ
ほんとにちょっとした油断が大変な事に繋がる事ありますものね
過保護ぐらいがちょうどいいのでは?
我が家も主人に過保護だといわれる事が多々ありますが、後悔するぐらいなら、何を言われようとしちゃいます。。。
我が家のミミも分けもわからず吐くこともあり、そんな時よく考えると、強く怒られていたり、寂しい思いをした時はよく吐きます。
この間はフードをいっき食いしてのどに詰まらせ、死ぬような思いをしても懲りずにせっかちに食べています。
ピッピモやはりお薬のせいかお水を飲むのが多くなりました。
モモちゃん上手にお水飲んでるの見てなぜかホッとしています。

チーズママさんへ * by miyu
恥ずかしいのですが、20歳になるまで、お酒も遊び歩くこともなかった息子で・・
成人してから、こんなに心配する日が来るとは思ってなくて・・(笑)
社会的な責任を考えても、大人になってからの子供に対して、親として
どうあるべきか、というのは難しいですねえ・・母として、子供から卒業というか
親の責任から解放されるということはないのかもしれませんね、大変だ(笑)
自分を振り返っても、おっしゃるとおり「平凡な幸せ」なんて考えたことも
なかったような・・何事もなくこの年まで生きてこられたことだって
今思えば、十分に運のいいことなんですよね・・

私がちょっと油断すると、モモが「それじゃいけない」とサインを出して
気を引き締め直すきっかけを作ってくれてるのかな、とも思います
最近手抜きの歯磨きも、ゆうべしっかりやりました(笑)
もう奥歯がうっすら汚れてて・・口ばかり達者なダメママです(笑)



ソラさんへ * by miyu
たまに自分で「過保護過ぎる?」「大げさ?」と悩んだりしてしまい
何と言われようとこれでよし!と、開き直れることも多いのだけど
やりすぎかなあ・・と自信をなくしたりすることも・・難しいですね
モモも喉に詰まらせることが多くて、ヒヤッとする時が多いです。
「ゆっくりね」と声をかけてもダメだし・・(笑)
2日間、毎回食後に水を飲む様子を撮り続けて、1番長く飲んだのがこれ
それでもたった33グラム(笑)たかが水で大騒ぎ・・やっぱり過保護かも
でも私には、これもすごく嬉しい映像なんですね。
ピッピちゃん落ち着いているのかな?もうすぐ過ごしやすい季節になるので
ワンコたちの身体のためにも嬉しいですね、頑張ろうね♪

* by みえ
友達と羽目をはずすのも若い時に出来ることですが、あまり回りに心配をかけてしまったらいけませねぇ。
後になったら笑い話になると思いますけど…(笑)
しかし、急にお友達を亡くされたとのこと、さぞかし辛いでしょうね。とても心の優しいご子息ですから、お友達が亡くなったことをどう受け止めているのでしょうか…心配ですね。
お友達のご冥福をお祈り致します。

モモちゃんへの過保護?
ぜんぜん過保護ではないと思いますよ。
ちょっとした事でもやはり心配です。私の友達は私のことを過保護すぎる、親ばかといいますが、過保護で親ばかで何が悪い?!といつも思います。
元気な子を育てているその人には分かっていただけないのかもしれません。
ちょっと体重が減ったり、咳をしたり、吐いてしまったり等、少し何か起きれば心配で頭の中を色々な思いが駆け巡ってしまいます。
大げさに考えて何もなかった事の方が安心します。
これからもスーパー過保護で行きましょう♪

みえさんへ * by miyu
人間の子供にもモモにも、ちょっと過保護かな・・と思っていたので
そんなことはないよと言ってもらえること、嬉しかったです、ありがとう。
モモは、症状や年齢も、典型的なクッシングとは少しはずれているようで
飲水が少ないことも外を歩けないことも、みんなと違うということが
コンプレックスというか・・私自身が気にしすぎているのかもしれません。
落ち着いているように見えても、みんなのように長く生きられるのか・・と
高齢のワンちゃんをうらやましく思ってひがんだり、先を考えて落ち込んだり
ブログに書けない分、余計に神経質になってしまうのかも・・(笑)
おっしゃるとおり、大げさに考えて何もない方がずっと安心ですから
開き直って「過保護で何が悪い!」これを心に刻みます♪ありがとう。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。