12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
4月18日
水分摂取量、16日232(フード86、飲水146)17日241(87、154)
やはり口と鼻のまわりのかさぶたが気になり、そろそろフィラリアの
抗体検査も受けなければと思っていたので、久しぶりにモモを連れて
病院に行きました。かさぶたを取ってしまったばかりの鼻の脇では
状態がよくわからないので、口のまわりでアカラスの検査をしてもらう
ことにしました。そのテープ検査で見つかったのは虫の死骸、このこと
からも、それほど活発に増殖しているような状態ではないだろうとの
ことでしたが、背中のかさぶた部分の広がりもあることから、去年の
8月に再発して10月に終了以来になる、3度目のドラメクチン注射治療を
開始することになりました。それほど悪い状態ではないので、様子を
見ながら数回・・とのお話でしたが、しばらくは毎週注射に通います。
免疫低下による感染症の予防のため、やはり抗生物質(ミノマイシン)も
しばらく飲むことに・・。このところ、病状はずっと落ち着いていたけれど
なぜか毎年、狂犬病ワクチンやフィラリア予防で病院の混むこの時期
モモは病院に通うことになるのですね(笑)フードを変えてから約半年
になるので、3ヶ月ぶりの血液生化学検査もお願いしました。気になる
11項目だけメモして行き、調べてもらいました。結果は→血液生化学3
フードの量が少し多すぎるのでは?と心配していたのですが、結果は
上々、すべてが参考基準範囲内でホッとしました。この検査結果から
そろそろ受けようと思っていたACTH検査も、アカラス治療が終わって
落ち着いてからにしようと思います。クッシングの状態はACTHの結果
を見なければ何とも言えませんし、アカラスがまた再発したことを考え
ても、モモの免疫力はやはり低下しているのでしょうが、血液検査の結果
からは、今特に問題になるところもないので、まあまあの状態をキープ
できていると言えるのかもしれませんし、良かったと思うことに・・(笑)
ただし・・決して忘れてはならないのが2006年12月の教訓、ACTH検査で
測定不能の50オーバーになった時、同時に受けた血液生化学検査では
すべての数値が正常だったということ・・今回の数値とほとんど同じだった
のに、ACTHのコルチゾール値は最悪の結果だったわけで、血液検査
だけではクッシングの病状が悪化していることはわからないのだと、私が
強く実感した出来事です。治療の効果やホルモン状態を確認するには
定期的にACTH検査を受けることがやはり大切かも・・。これはあくまでも
私の、モモのクッシング治療に関しての意見です、獣医によって考え方も
色々でしょうから、そのあたりは参考程度に、ということでご了承くださいね。
フィラリア抗体も陰性だったので、5月~12月までの8ヶ月分の予防薬と
甲状腺ホルモン剤30日分、ミノマイシン50mg1日2回7日分、抗体検査、
血液生化学検査、ドラメクチン注射で約25000円でした。

ちょっと・・お見苦しい写真ばかりですが、注射の効果を見るために
現在のかさぶたの状態を残しておこうと思います。

背骨に沿って、全体の3分の2ほどまでかさぶたが広がっています
DSCF2114.jpg

写真だと、これでもきれいに見えていると思います
こうやって毛をかき分けなければまったくわからないのですが・・
DSCF2120.jpg

これは口からあごにかけて。モモのアカラスのスタートはここからでした
DSCF2125.jpg

口のまわりは左右ともこの状態。
おっぱいを飲む時に母子感染するので、アカラスは口や目の周りに
発症することも多いのだそうです。
DSCF2126.jpg

病院通いと注射の再開でモモはがっかり・・?
DSCF2137.jpg

大丈夫、口のまわりは汚いですが(笑)元気いっぱいです♪
相変わらず「ご飯・・ご飯・・ご飯」で頭の中もいっぱい(笑)
DSCF2142.jpg



* Category : 闘病の記録2008.前期
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by みえ
モモちゃんの病院通いがまたしばらく続きそうですね。
背中のかさぶたも一見、分かりませんでした。
掻き分けていくと、「う~ん、なるほど」と。
ポポも背中、中ほどから尻尾の付け根まで毛が抜けてかさぶたがあります。
毛が抜けて、真っ黒いかさぶたが点々としていると周りの人が気持ち悪がりはしないか、人目ばかり気にしています。
男の子なのにワンピースを着せて隠したりしてるんですけどね(笑)
ACTHでの検査結果が分かるまでは、血液検査だけではホッと出来ない部分があるんですね。
私も検査結果が良いとなるとすぐにホッとしてしまうので、気を引き締めていこうと思いました。
ACTHでの検査も、良い結果が聞けることを楽しみにしています。
でも、モモちゃんの笑顔が見れて良かったぁ♪

みえさんへ * by miyu
ポポちゃんも背中に・・やっぱり皮膚にトラブルが起こりやすいのかな・・
最初にアカラスの時、まだ薄毛がひどかったのに、先生に状態がよくわかり
治療の効果もチェックできるからと背中を剃ってしまい、良くなっても
そこだけ毛が生えずに困りました(笑)病院しか外出することのないモモでも
「どうしたの?」「かわいそうに」と言われるたびに気にしていたかも・・
元気なら皮膚くらい・・と思っても、なかなか難しいですよね
気がつくと、かさぶたの広がりをすぐにチェックしている私です(笑)
色々あるけど、一緒に頑張りましょうね♪

* by みえ
モモちゃんは背中の毛を剃ってしまったのですね。
ポメラニアンの場合、毛をバリカンで剃ってしまうとそこの部分が生えてこない事があるので、剃ったことはないんです。
あまりに毛が抜けてハゲた感じだったので一度剃ることを考えたのですが今後もし生えなかったらと思い出来ませんでした。
病院の先生は、ポポのかさぶたを平気でポロポロ取ってくれるんですけど、私には痛そうで出来ません。
最近は免疫力が落ちているせいか、膀胱炎にもなってしまってまた薬が増えてしまったの。
でも膀胱炎なら治る病気だから、腎臓やガンなどでの血尿でなくて安心しました。
モモちゃんも元気に頑張りましょうね。

みえさんへ * by miyu
今思うと、手術跡や湿疹部分に毛が生えてこないあせりもあって
1度ツルツルにしたら、その刺激で生えるかも・・なんていう気持ちも・・
もしこのまま生えなくたって、元気ならいいや、という開き直りとか・・
色々な思いがありましたねえ(笑)
私も先生と同じで、かさぶたを見てると取ってしまう方です、この中に
虫がいるんだと思ってしまうので・・モモから取り除こうという私の本能(笑)
膀胱炎も免疫力の低下がわかる感染症ですね、心配でしょう・・
でも、お薬で治せるから大丈夫!モモも、注射の効果が出て症状が
少しでも改善されれば嬉しいなあと、楽しみでもありますよ(笑)
そうですそうです、元気に頑張ろうね♪


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。