12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月1日
水分摂取量、30日207(フード88、飲水119)31日208(88、120)
クッシングの投薬治療を開始する際に、どのくらいの量からスタートする
かというのはとても重要な問題で、ほとんどの場合それは獣医が決める
ことになるのだろうと思いますが、余計なお世話と思いつつ、今までに
皆さんにお聞きしたり、クッシングを調べていた時に得た情報をもとに、
どうしても残しておきたいと思っていることなので、また長いですが・・。
クッシングの治療薬トリロスタンには、日本の持田製薬のデソパン錠
をはじめ、カプセルに入った粉状の海外の製品など数種類があります。
投薬治療をスタートする場合に、多くの獣医が参考にしているのではと
思われるほど、よく見かける資料がこちらなのですが

「最初の投与量は5kg以下は30mg、5-20kgは60mg、20-40kgは120mg、
40kg以上は120-240mgを基準とする。
平均的な投与量は6mg/kgであるが、2-12mg/kg,1日1回である。
評価は、臨床症状、身体検査、ACTH反応試験、血液・生化学検査を中心に
投与前、10日後、4週間後、12週間後、その後は3ヶ月毎に必要となる。
重度な肝疾患や腎不全、妊娠犬、出血傾向には使用しないこと。
投与は1日1回、朝、食事と共に与えるが、期間は生涯投与となる。」

この資料、2005年に第2回改訂となっていて、その後の日付のものは
見つからないので、今もこれが参考基準になっているのでしょうか・・。
自信はありませんが、この資料は、イギリスのトリロスタン「ベトリール」
の発売元であるアーノルド社が出している、犬のクッシング症候群の
トリロスタン使用法のガイドラインをもとに作られたのではないかと・・。
モモが投薬を始める時に調べた時は、他にも投薬量についての資料が
あり、最初は体重1キロあたり3~5ミリグラムでスタート、検査数値により
増減というような文章を見た記憶があるのですが、獣医の症例発表か
論文のようなものだったのかもしれません。日本のトリロスタンである
デソパンは、人間の薬ということで、犬への使用に関する指針などは
出していないのでしょうね、多分・・。このガイドラインをもとに、獣医が
投薬量を決めるとなると、例えばモモだと体重5kg以下で30㎎が基準に
なりますが、スタートは1日1回15㎎でした。多飲などクッシング特有の
症状がなかったこともあり、慎重に最少量から始めて様子を見るという
ことだったのかもしれませんが、当時の主治医も、私の記憶している
最初は3~5mgスタートという、同じ資料を見ていたのかもしれません。
体重1キロあたり約4mgでスタートしたモモは、検査数値が上昇した後
8mgに増量、今度は数値が下がりすぎて再度6mgに減量、さらに
投薬回数を2回に分けたので、1回に体重1キロあたり3mgのデソパンを
12時間おきに投与しているということですね。上の資料の平均も6mgと
なっていますから、ほぼ標準の量ということになるのかもしれません。
症状の重さなど色々な条件の違いはあるにしても、この資料、体重に
かなり幅のある設定基準だなと感じます。これを、それぞれの獣医が
どう判断するのか・・。私が今までに聞いたことがある、投薬によると
思われる副腎機能低下の副作用は7~8件、全部体重5キロ以上の
ワンちゃんで、1日60mg以上の薬を飲んでいたようです。といっても
犬の体重は様々ですから、重要なのは体重換算で1キロあたり何ミリ
になるかということで、症状の改善の必要性も色々違いがありますし
投薬量の比較は簡単にはできません。でも、投薬の効果の出方も
それぞれでしょうが、副作用を考えると、少なすぎるくらいの量から
スタートするのが安全ではないかなと思います。最初のうちは大変
でしょうが、ACTH検査で数値をチェックしながら徐々に増量する方が
愛犬の身体への負担も、副作用に対する飼い主の不安も少ないの
ではないかと・・。副作用ではないかと思われる副腎機能低下の後
クッシング特有の症状が治まり、そのまま休薬して経過観察している
ワンちゃん、しばらく休薬後、週2回、隔日と投薬を再開したワンちゃん
休薬の後、投薬量を減らして再開したワンちゃん、別の薬に変更した
ワンちゃん、その他・・など、私が知っているケースでも、副作用後の
対応や、その後の治療方針など様々ですが、中でも特に投薬量の
再調整は大変だろうと思います。副作用がまた起こるのではないかと
いう不安や、クッシングの状態の悪化を心配したり、また治療を1から
やり直すことになる負担も大きいでしょう。投薬量については、獣医と
良く相談して、できればより慎重にスタートする方が安心だと思います。
あくまでも、素人の私の個人的な意見ですが・・。



* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (13) * Trackback : (0) * |

* by naco★
治療をしていて、一番気になる部分ですね。こういうの有り難いなぁ。
クッシング治療の説明を受ける際、12.3cm程の紙の束を持って現れ、
3人の先生+研修医お2人、看護士さん達含め、
治療の選択をいくつか話してから投薬治療での具体的な相談をしたのですが。
きっと、miyuさんのいうものも、含まれてますよね。
その時の束はあーちゃんの為に集められた資料らしく、事前に打ち合わせを
していてくれた様で、こちらの問いに対して、確認しながらの長時間。
その中でも治療薬に関して、私が事前に調べてしまったお薬の事を話すと
あーちゃんの場合、副腎腫瘍性だったので、○○の投薬で、○○%の見込みで、
○○が○○%で副作用は...という感じで、更には、あーちゃんの検査結果から
その時のあーちゃんの病状からのおおよその余命も。
具体的な数字を仰っていたので、それはその時の数字で、
その数字は、常に動いているのでしょうね。
同じ時期にクッシングの猫ちゃんがいたのですが、高齢で猫ちゃん、
ワンちゃんではいないのと、あーちゃんは年齢が若い、と言っていたので
一つとして同じ例はなく、常に変動するものなのでしょうね。
獣医大に転院~手術~その後の問題点、あーちゃんの性格から通院が可能か等、
具体的なおおよその費用も、教えてもらいました。
それまでの通院、検査、我が家のワン子の数から、家の経済状況もちらっと(笑)
生涯の治療ですもんね。
病院とのコミュニケーションや信頼関係にも繋がる事で、
こちらから疑問をぶつける事で、病院とスタッフに動いてもらうのが理想かなぁ。
当時、あまり聞く事のない病気だったから、うちだけ?なんて、
あさはかに思った事もありましたけど(^^::)
通院するごとにあらゆる病気があり多くの患者さんがいる中の、1ワンなのだと
認識するまで、数日かかりました(笑)
あらゆる病気に向かい、ワン子にゃん子達を治療してるのですから
こちらから積極的になるのが、近道ですよね(^_<)★

長々と、いつもすみません。
話がそれてましたら、削除してくださいねm(__)m

あらためて勉強になりました * by ルルママ
こんにちは~☆
お久しぶりです
つい先日ルルのACTH試験の結果が出て
デソパンが20mgから30mgへ増量されたばかりです
3月の検査で15mgからスタ-トして毎月の検査の度に薬の用量が増えて来ています
投与前の数値が2.2 投与後の数値が7.0
先月に検査では投与前が2.2 投与後10.0だったので
多少の最善はみられたものの、まだデソパンで十分な抑制があるとは言えずに・・さらに一昨日から一日一回30mgの服用となりました
徐々に増やしているとは言え、副作用も心配で
毎度ながら検査の結果にはガックリさせられることが多く
でも・・・頑張るしかないんだと自分を奮い立たせています
miyuさんの様に病気に対する勉強もきちんとしていないのに
凹むのもナンですが・・・
でもモモちゃんの経過を良く見させて頂き本当にいつも勉強させて頂いています・・・有り難う

naco★さんへ * by miyu
話がそれているなんてことはないですよ、ありがとう。
あーちゃんの先生は、とても勉強熱心だったのですね、データまで示して
詳しい説明をして下さるなんて・・。モモは使っていないので、どうしても
記事にはしにくいのですが、副腎腫瘍性の場合、あーちゃんの使用していた
ケトコナゾールやミトタンが、良い治療成績を上げる確率は高いそうですね。
いずれにしろ、色々な情報が飼い主にもわかりやすく、たくさん手に入り
十分納得して、わが子にベストな治療を選択できるようになることが
安心して病気に向かっていくためには大切だと思っています。

ルルママさんへ * by miyu
こんにちは、何だか余裕がない毎日で・・ご無沙汰してごめんなさいね
数値を見ながら少しずつ薬を増やしているのは安心ですね、検査数値も
徐々に下がっているので、とても慎重な良い先生だなあと感じました。
ルルちゃんは5キロくらいかな?30mgだと、今のモモの投薬量とほぼ同じですね
モモは3.4キロで20㎎ですから。コルチの数値が急に下がりすぎる方が
身体にとっては負担が大きいと私は思っているので、副作用の不安を考えると
今のルルちゃんの治療経過はとても順調なのでは?と思えるほど・・
でも、ちょうどいい投薬量が決まるまでは心配ですよね、特に検査結果は・・
いつになっても、結果を待つ間の不安とユーウツな気分には慣れませんね(笑)

* by ここあ
はじめまして。モモちゃんもママさんもいつもえらいなぁと陰ながら応援しつつ、読み逃げしています。昨日の歯についてですがTVでアルカリイオン水が歯石(歯周病菌)を剥がしてくれるって言ってました。
水素水を飲ませたりフードや飲み水にシュシュとスプレーする水(我が家愛用はポチたまの水)がありますよ。口臭予防、体臭、ウンチの臭い軽減、とこうかあります!

* by ここあ
ポチタマの水でした。チヨペットさんにはプラチナというもっとすごい水もあります。

ここあさんへ * by miyu
初めまして、長い記事を読んでもらえることに感謝(笑)です、ありがとう。
歯石にアルカリイオン水が効果的とは知りませんでした・・偶然ですが
数ヶ月前から、アルカリイオン水に水素発生カートリッジを入れて
「アルカリイオン水素水」を作ってモモに飲ませています、それなのに・・
やはり4回ご飯が歯の汚れの原因かもしれませんね・・回数が多すぎる・・
ポチの水タマの水は初耳でした、早速調べてみましたよ、プラチナも(笑)
耳よりな情報をありがとうございました♪

* by bimaまま
miyuさんはホントにとっても細かく調べていらっしゃって
すごいですねぇ
とても勉強になります
ビッケもお薬が多すぎて副作用が出たワンコの1人(1匹)
21.5キロのビッケは1回1錠(60mg)を1日2回(計120mg)飲んでいました
飲んで1ヶ月くらいでひどい副作用が起こし
立ち上がることができなくなり 眼振が起こり
まともにお水を飲むこともできず
一時は最悪なことも考えてしまいました
しばらくお薬をお休みして再開の時は量を半分に減らし それでも多すぎて
さらに半分 またさらに…と
そして現在1/4錠を1日1回1日おきに飲んでいます
このペースになって1ヶ月 そろそろACTHをしに行きます
大きいビッケでこの量…大きいからっていっぱい飲むとは限らないのですねぇ
ビッケは軽いクッシングなのかと獣医さんに聞いたら
そうとは言えない ビッケはお薬に反応しやすいのかも と言われました
ホントに難しい病気ですね
でもmiyuさんのおかげで1人で悩まずにいられて
本当に感謝しています
ビッケのことも参考になればいいなぁとも思っています
これからもがんばっていきましょうね
よろしくお願いします



bimaままさんへ * by miyu
ビッケちゃんの場合を詳しく書いていただきありがとうございます。
最初は体重で投薬量を決める場合が多いのでしょうが、お薬への反応は
本当にそれぞれなので、難しいですよね・・今までにも聞いていましたが
ビッケちゃんが副作用で休薬したときに、やっぱりこのことは情報として
残しておきたいなと強く感じたので、お節介だけど書いちゃえと・・(笑)
色々な場合があるとは思うけれども、身体への負担を考えれば、やっぱり
時間がかかっても、少ないくらいの量から慎重にスタートしてほしいなと・・
なかなか効果が出ないと、不安になったりあせったりしてしまうことも
あるとは思うのですが・・。体重や病状、コルチの数値と、投薬量は
必ずしも比例しないということがわかって、私はすごく勉強になりました。
情報交換の成果ですよね、ありがとう♪

* by 小型犬
トリロスタンは飲ませているうちに効かなくなると言うことはないのでしょうか?クッシングで飲ませているのですが不安です。

小型犬さんへ * by miyu
はじめまして、コメントをありがとうございます
飲ませているうちに効かなくなる・・というのは
耐性ができて効果が薄れる・・という意味でしょうか?
私は、今までそのような例を聞いたことがないのですが
トリロスタンはホルモンを抑制してバランスを調節することが
投薬の目的だと思うので、下垂体や副腎の腫瘍などが原因の場合
大きくなったりして症状が悪化、その結果、薬の増量が必要になり
効かなくなったのか?と思ってしまう場合もあるかもしれません
逆に、効きすぎて減らしたり、投薬を中止したりということも・・
個人的には、怖いのは「効きすぎ」の場合だと思っていますが・・

いずれにしても、ちょうど良い投薬量を維持できるように
検査や飲水量(多飲の場合)などのチェックが大切なのでしょうね
大変なことも色々あると思いますが、頑張ってくださいね

* by 小型犬
お返事ありがとうございます。先日増量したので気になっていました。色々分からないことがあるので飼い主としてもっと勉強しなければならないなと痛感しております。

小型犬さんへ * by miyu
こんにちは
お薬の増減は不安になりますよね・・よくわかります
ちょうどよい量でホルモンの状態が安定し
愛犬ちゃんの良い体調が維持できますように・・
頑張ってくださいね

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。