123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
6月20日
水分摂取量、19日146(フード67、飲水79)
クッシングとけいれん、今回のモモの発作で、そんなことも起こるの?と
不安を大きくされたお仲間もいるでしょう、私もその一人なのですが(笑)
今後の経過を見なければ、はっきりとした答えは出ないし、たとえ頻繁に
けいれん発作が起きるようになっても、答えは出ないかもしれませんが
とりあえず、モモに限って言えば・・ということで、前回の補足をします。
実は、モモがけいれんを起こしたのは、今回が初めてではありません。
病気の可能性などまるで考えたこともなかった頃で、記憶もはっきりと
しないのですが、多分2歳前後ではなかったかと・・。横にいたモモが
突然手足を突っ張り、身体を硬直させたまま失禁しました。口を小さく
あけたまま歯を食いしばるような感じだったと・・。現在も、調子が悪く
足の痛みがあるのでは?という時に、歯を食いしばってふるえますが
それとはまったく顔の表情が違いましたね。その時、子供のひきつけが
頭に浮かんだ私は、モモの口に思わず指を差込み、思い切りかまれ
それにびっくりした記憶があります。すぐにおさまり、その1度だけでした
ので、病院に連れて行こうとは思いませんでした。3歳でクッシングと
わかった時、症状も年齢もめずらしい発症のモモは、生まれつきの
クッシングという特殊なケースではないかと私が思ったのは、この時の
けいれんや、やはり2歳過ぎから気になっていた手足が細く中心部が
がっちりの体型、トリミングに出すたびにピンク色の地肌が目立つように
なっていた薄毛・・etc。すべてクッシングとわかってからの後付けの
理由で、その当時は、それがおかしいなんてまったく思ったこともなく
年に1度の検診や血液検査くらいでは、見つけようもなかったのだろうと
納得もしていますが・・。モモはクッシング症候群ですが、それは病巣が
下垂体か副腎かわからないまま治療を開始したからで、検査結果でも
判断しにくいケースだと、当時の先生に言われました。下垂体腫瘍が
原因ならクッシング病、副腎などその他が原因ならクッシング症候群と
呼ばれるのですが、そのどちらとも決めにくい結果だったのでしょうか。
前足の異常の原因が脳にあるのではと疑って撮ったMRIで、どこにも
異常は見当たらないと言われたことで、下垂体にも問題がなかったの
ではないか(ただし下垂体まで確認したかは不明)その後に受けた
低用量デキサメタゾン抑制試験では、試薬で経過時間ごとに十分な
抑制が見られれば、下垂体が原因の可能性が高いのだそうですが
モモの場合、検査前のコルチゾールがすでに異常に高かったせいで
はっきりとは言い切れないと・・。もう1度MRIを撮るか、副腎のエコーなど
どちらが原因か調べることはできたでしょうが、当時の私はそこまで
望む気持ちにはなれませんでした。コルチゾールを抑える薬があるなら
とにかく早く投薬治療をスタートして、その効果を確かめたいという思いが
とても強かったので。それは、クッシング治療の現実が十分にわかった
今でも同じです。どちらが原因でも、できることに変わりはないと思って
いますから・・。個人的な考えですが、けいれんなどの神経症状の原因
になるのは、副腎よりも下垂体の方が確率は高いかなと思っています。
もちろん先生が言っていたように、モモには甲状腺機能低下症もあり
ホルモンが原因で起こる可能性も十分承知しましたが・・。ということで
クッシングでも、モモのようにけいれん発作が起こるとは限りませんし、
普通に歩けなくなったという症状も、モモ特有かもしれませんから
同じクッシングでも、あまり不安に感じることはないですからね(笑)

元気です♪
DSCF2497.jpg

DSCF2509.jpg





* Category : 闘病の記録2008.中期
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

はじめまして * by パル母
はじめまして。犬3匹(12歳、10歳、4歳)の飼い主です。
実は数週間前からモモちゃんのブログを読ませて頂いていました。4歳のパルがクッシング病の疑いがでて・・・今日、コルチゾールの検査結果が出て、可能性が高いことがわかりました。(前11台、後26台)今日また病院に行って、これからのことを聞く予定です。投薬は今日からの予定です。
今は肥満くらいしか症状のないパルです。でも、過去に思い当たることは沢山あります。
モモちゃんが必要のない手術をされた記事には涙が出ました。これからも度々、過去の記事を読ませていただくと思います。よろしくお願いします。

パル母さんへ * by miyu
はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
1番小さなパルちゃんにクッシングの可能性があると診断されたら
きっと、とてもがっかりされただろうとお察しします。モモと同じく
比較的若い年齢での発症になるのでしょうね・・。不安は色々あるでしょうが
できることはたくさんありますし、大丈夫!一緒に頑張りましょうね♪

* by チーズママ
モモちゃんの骨ガムをかじってる姿がほんわか可愛いです♪
☆チーズにハッピーバースデイありがとうございました☆

痙攣って怖いですね~~~チーズがヘルニアとか、ぎっくり腰だとかって診断されたとき、アレって痙攣だったんだ!と今、気づきました><!硬直して死んでしまうのではないかとパニックになり、チーズを毛布でくるんでタウンページ片手に家を飛び出して、チーズはその時に失禁しました。病院に着いたときには、ほぼ普通になっていましたが、その時にパテラだという事もわかったんですね。
今日のチーズは眼球が白くなっています。新たに何か潜んでいるようで怖いです。チェリーアイもBOLGに記録しておこうと思いながら記録していないのですが><
TVでもそうですが、何か気になる症状があるときにネットなどで調べだすと、気になること思い当たる事だらけで撃沈です。
我が家に来て5年。初めの1年は何もわからず可愛い~~♪それだけ。2年目からは皮膚、目、耳、毛並み、など基本的な心配事も一杯!それは全部小さな種で大きな心配につながる・・・そんな不安な心境の今日です。
モモちゃんの痙攣にも冷静に対処できたmiyuさんを、本当に闘っている強い母だと思いました。


チーズママさんへ * by miyu
チーズちゃんとモモ、同じ5歳のこの1年を元気に頑張って過ごしましょうね♪
チーズちゃんもけいれんの経験があるのですか・・あれはやっぱり怖いです(笑)
そうですよね、気になる症状を調べると、みんなあてはまるような気がして
どんどん落ち込んでしまいます。眼球が白い・・目の異常も目立つので
気になるものですよね・・。私も、モモの目の濁りは気になりましたね・・
ころぶたびに「目が見えないのかっ?」とドキドキしたことを思い出します・・
やっぱり色々心配なことも出てきますね・・でも頑張ろうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。