12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
8月14日
今年も暑いお盆です。我が家にも両親のお仏壇がありますが、お花と
季節のお供えだけの、普段と変わらない数日を送ります。お墓参りも
モモが一緒なので、時期をはずして来週の予定・・親不孝をお許しください

この2~3日、今までコメントを下さったクッシングさんたちのお名前を
ブログを確認して書き出してみました。1度きりのコメントのやりとりも多く
そのお仲間たちの近況までわかる数はとても少ないのですが、今までに
約40ワンのクッシングさんたちがいました。そして今、その4分の1以上の
ワンちゃんが病気を卒業して虹の橋へ・・。私が知らないだけで、実際には
もっと多いかもしれませんが・・。訃報を知るたびにいつも思うのですが
症状も病状も治療も様々なクッシング、高齢の発症が多いとは言われますが
それでも年齢も様々です。いったい何がその運命を分けるのでしょうか・・
闘病についても、きびしい状態をずっと乗り越えながら頑張り続け、力が
尽きるように最期を迎える場合もあれば、心の準備すらできぬままの突然の
別れもあり、「何をどうすれば・・?」の思いはより強くなります。当たり前の
ようにそこにあった愛犬の姿が、もういないのだというつらい現実に向かう時
大きな喪失感と共に、心をもぎとられるような悲しみに耐えなくてはならない
飼い主さんたちの気持ちを思うと、何もかける言葉が出てきません。
たったひとつ、その心を癒すことができるのは時間だけかもしれませんね・・
クッシングに限らず、色々な病気や事故、そして元気なワンちゃんでも、
いつか必ずお別れの日は訪れ、深い悲しみと向き合う日は来るのでしょう。
それでも、愛犬を亡くした飼い主さんたちのその後の姿には、希望や力も
感じられます。本当につらく苦しい時間を過ごしながらも、少しずつ少しずつ
笑顔と元気を取り戻して、愛犬との幸せな思い出をふり返ることができる・・
病気と闘い、愛犬と精一杯生きた飼い主たちは、どこまでも強く優しいのです。
悲しみと絶望を乗り越える、そんな日は、いつか必ずやってきますから大丈夫。

悲しみに耐えようとしないこと、頑張ろうと思わないこと、泣くのを我慢しないこと
忘れようと思わないこと、そして・・自分を決して責めないこと
自分以上に、この子をこれほど愛せる人間はいなかった、愛犬にとって何より
1番の幸せは、自分と共に暮らした日々だった、そう信じてくださいね。

この夏、クッシングを卒業したワンちゃんたちのご冥福をお祈り致します。


p0047-h.jpg
フリー写真・画像素材集 









* Category : 色々なこと
* Comment : (18) * Trackback : (0) * |

* by みえ
miyuさん、こんにちは。
ワンコを失った喪失感は時間が一番の特効薬なんでしょうね。
毎週末が来るたびに、ポポが旅たって今日で何週間目とか、まだ発病していない時の写真を見ては涙し、去年の今頃はどうだったっけ?と去年の写真を見ては涙。
動画を見てそこには病気と懸命に闘っている我が子を見てはまた涙。
今、ポポの温もり、鼓動、息遣い、泣き声、チョロチョロしていない姿がないのはとっても辛い。
だけど、ポポが与えてくれた幸せな楽しい時間を時が解決してくれるのかなぁと思っています。
まだ当分は無理でしょうけど。
クッシングという病気にかかった子がこんなにも多く虹の橋を渡っているというこの現状には驚きました。
治療でうまくこの病気と付き合っていけるものだと思っていました。
それぞれ症状や合併症も違うのでしょうが、この病気が不治の病ではなく、一日でも早く完治する病気であって欲しいです。
本当なら完治する病気ではなく、この地球上から無くなって欲しいです。

* by もちこ
携帯から読ませて頂きました。
miyuさんの言葉、胸を打ちました。

モモちゃんが大変なのに、疑いだったジュウザのためにたくさんのアドバイス頂き凄く励みになりました!

たくさんのお友達のことをいつも思いやってらっしゃる、miyuさん!
本当に素敵なかたです。
いつか必ずやってくる、別れ。
miyuさんがおっしゃるとおりに考えれたらいいなと思いました

* by ルルママ
こんにちは~
お久しぶりです・・・!!
クッシング・・今でこそ色々な治療法が分かって来ましたが
自分ちの子がかかるまで知らなかった病気です
上手に薬でコントロ-ルしてもジワジワと進行していく病気でもあると思っています
薬だけ飲めば良いかというとそんではなく
日々の食事から水分量から・・・
細かい観察が必要になってきますよね

でも投げ出すわけにはいきません
最後まで最期のその時まで一生懸命に闘っている我が子の為に
頑張って支えていきましょうね~

ルルはまた新しい腫瘍が出来てしまっています
ステロイドが使えないルルにとって
また一つの試練です
でも・・頑張ります




みえさんへ * by miyu
こんにちは。
この2ヶ月ほどの間に、ポポちゃんを含めて4ワンちゃんが逝きました。
以前、追悼記事に非難のメールが来たので、今回お名前を出すのは控えました。
確かに不快に思う方、ショックを受ける方もいるのだろうとは思いますが・・
クッシング闘病の現実や治療効果は、私が思っているよりもずっときびしく
生と死を分けるものは運だけかもしれないと、今年になって、たくさんの
お仲間の旅立ちで感じてもいます。みんな本当に頑張ったのにね・・
みえさん、今は頑張っちゃダメですよ、ゆっくりゆっくりね・・

もちこさんへ * by miyu
こんにちは。
クッシングの疑いが晴れたのも、ジュウザちゃんの持っている強い運だと
喜んでほしいと思っています。不安はまだまだあるでしょうが、それでも・・ね。
本当の苦しみは、愛犬を亡くした当人にしかわからないと思いますが
誰にでもいつかやってくるその日のために、たとえきれいごとでも
「いつかきっと・・」と私も信じていたいです。

ルルママさんへ * by miyu
こんにちは。
本当に、本当にご無沙汰ばかりでごめんなさい・・。
たくさんのお仲間が次々に旅立つ現実に、へこんでばかりの暑い夏です・・
それでも、今できることは1つ、目の前の愛犬と共に頑張り続けること
わが子はまだ生きているのですから・・ね。腫瘍にステロイドが使えないのも
クッシングのきびしい現実の1つですね、お気持ちお察しします・・
ルルママさんの明るく頑張る姿は、本当に素晴らしいと思います。
試練を1つ1つ乗り越えていくこと、それがすべてですね、ありがとう♪

* by bimaまま
クッシング…ビッケがかかるまでは まったく知らない病気でした
お薬を飲めば大丈夫!と思っていましたが
そんなことはないのですね…
クッシングのワンちゃんがたくさんいること
そしてたくさんのワンちゃんが虹の橋へ旅立っていったこと
とても怖くなりました
先日はmiyuさんに紹介して頂いたお仲間さんのワンちゃんも…
悲しいお知らせでしたね

現在ビッケはお水はかなり飲んでいますが 元気です
ビッケのためにできること できる限りやってあげたいと思っています
これからもよろしくお願い致します!!

* by kazu
クッシング・・・そんなにもたくさんのワンちゃんが病気になっているのですね。。
miyuさんの言葉はいつも心に響きます。
流がなくなったときもどんなに救われたか!!
本当にありがとうございます。。

私たちの地域では、念仏踊り『じゃんがら』と言うのがあるんです。
新盆のお宅を回って太鼓や鐘で仏様を供養するものなのですが。
お隣の家がちょうど新盆でじゃんがらが着たので、旦那さんは
流の遺影を持って便乗供養していただきました。
ただ流にはうるさかったかもですが~(^_^;)

bimaままさんへ * by miyu
希望を持ってクッシングと闘っているお仲間には、絶望すら感じるような
きびしい現実かもしれません、ごめんなさいね。
先日は本当に驚きましたね・・粘土のビッケちゃんにホッとした直後に知り
私もしばらくは放心状態になりました。前日まで元気だったのに、と・・
続く訃報に、ブログに書くことも数日悩み、迷いましたが・・。
現実を知り、覚悟を持って頑張ることも、今ここにいる愛犬との時間が
どれほど大切で貴重な物かを再認識して病気と闘っていくことも
頑張って逝ったお仲間たちへの供養になるのでは・・と思っています。
もう病気と闘うこともできない、愛犬を亡くした飼い主さんたちの分まで
クッシングに負けないよう一緒に頑張りましょうね

kazuさんへ * by miyu
こんにちは。
病気の参考になれば・・と始めた闘病記ですが、現実のきびしさばかりが
大きくなっていくようでつらいですね・・。それでも、愛犬を送った
多くの飼い主さんたちが元気になっていく姿には、本当に救われています
にぎやかなじゃんがらで新盆を迎えた流ちゃん、良かったですね♪
ご主人のお気持ちやkazuさんの思い、こういうお話を聞く時
本当に嬉しくて「良かった良かった・・」と今度はうれし涙が・・(笑)

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

* by Meg
お久しぶりです。

先日クッシング症が服を着て歩いているような症状のミックス
ちゃんにお会いしました。副腎に腫瘍ができているそうで、
検査の結果大学病院で摘出手術を受けることになったそうです。
発症してまだ1ヶ月のことだとのことで驚かされました。

スクウィークは相変わらずですが、昨日ドッグ ドックに
行ってきました。ALPの数値はモモちゃんとは比べ物にならない
ほどに高かったりしますが、ここ1ヶ月余りは低下してきて
います。年寄りなので心臓のほうも問題ありでしたが、なんとか
この猛暑を乗り切って頑張りたいと思います。

お星様になったクッシング症の四足の子供達のご冥福をお祈り
いたします。

モモちゃんも頑張れ!

* by jasmaine
miyuさん
こんにちは。

miyuさんのブログは本当にいつも心に沁み入るお言葉にあふれていますね。
miyuさんのお人柄が伝わります。素敵な女性です。

今までに約40ワンのクッシングさんたち?
たくさんの方が私のようにmiyuさんのブログにたどり着き、助けていただいているのですね。

今でも時々「自分を責めるイコール供養」と勘違い?してしまっている私です。
miyuさんにまた励まされました。
ありがとうございます。m(__)m
モモちゃんの笑顔、たくさん見せてね(*^_^*)

Megさんへ * by miyu
ご無沙汰しています、こんにちは。
身体の大きなワンちゃんだと、副腎の摘出も選択肢の1つになるのだとか・・
決断も含めて、飼い主さんのお気持ちを考えると胸が痛みます。
発症から1ヶ月ではつらいですね、不安や心配も大きいだろうと・・

スクちゃんも高齢なのに(ごめんなさい)本当に頑張っていますね
Megさんの努力はすごいなあと感心するばかりです。モモも今落ち着いており
この幸せな状態に感謝しながら、もっと頑張らなきゃ、と思っています。
ありがとう、Megさんもスクちゃんも頑張れ♪


jasmaineさんへ * by miyu
こんにちは。
助けてもらっているのは私の方です。モモのように外に出られない場合
他のワンちゃんと知り合うことも、同じ病気のワンコを知ることもできず
もしかしたら、モモよりも私が、ここまで頑張ってこられなかったかも・・と
同じ病気で頑張っている飼い主さんとワンちゃんがいると思うだけで
どれほど励まされ力をもらったか・・とても感謝しています、ありがとう。
だけど・・いつでも、これだけは強く言いたいのです
「決して自分を責めてはいけない」これだけは・・。

……いつも、心のどこかで。 * by lovebeagle
こんにちは(^_^)
穏やかな寝顔見ていたら、何の問題もない子に、見えるのだけど、いろいろな不安をあげると、きりがない。……平穏な日常の中で、突然襲う、てんかん(?)に似たひきつけ。一気に、不安になります。このまま逝ってしまうのでは…と。少々大げさかもですが、1才過ぎあたりから、度々あり、慣れてしまっているつもりでも、いざ発作があると、おろおろする私。
だめですねぇ。
心のどこかで、虹の橋の事考えるんだけど、、、
今を乗り越えながら、その小さなぬくもりを感じて、その綺麗な瞳の輝きとか、なにげない言葉がけに反応して、ちょいっと、頭を傾ける仕草に、自然と笑みを浮かべる私。沢山の幸せ感が、あふれている事に、やっぱり、ウルッ〃って、なります。 ギュウーと抱き締めたくなります。
穏やかな日常が続く事祈るばかりです。

lovebeagleさんへ * by miyu
こんにちは。
ひきつけの発作もあるのですか・・とても慣れるものではありませんよね
モモも、数回ですがけいれん発作を起こしたことがあり、怖かったです
どんな病気でも、常に心に持っている不安や心配、そして覚悟は同じですね
穏やかな日常の幸せを、元気な子以上に感じられる喜びも一緒かな
この幸せが、長く長く続くように、これからも頑張りましょうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。