12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
9月9日
水分摂取量、7日221(フード75、飲水146)8日216(75、141)
先日、モモのカットをしながら「あれっ?」っと思ったこと。去年の1月に
気がついた両側のリンパ腺の腫れ、どうしても気になり、何度か先生に
聞いてみたこともありましたが、クッシングによる免疫低下のため、色々な
ものと闘っているモモの身体では、原因を特定したり突き止めることに
あまり意味はないようで、いつの間にか私も気にならなくなっていました。
それでも、シャンプーや目薬、カットのたびに時々触って確かめたりは
していたのですが・・私の親指の頭くらいだったはずの腫れが消えた?
いつから消えていたのだろうと、記憶をたどってみてもわからない・・
今回の、念には念を入れての長いドラメクチン注射治療が功を奏して
あれほど頑固に残っていたかさぶたと共に、リンパ腺の腫れもなくなった
ようです。と言うことは・・初めて腫れに気がついた時期とも一致するので
やはりアカラスが原因だったのでしょうか。今まで2回の治療終了時には
かさぶたもリンパ腺の腫れも残っていましたから、ほんの数ヶ月で再発
してしまったのかもしれません。クッシングの身体への影響も考えての
今までのアカラス治療でしたが、今回のように「これでもかっ」というくらい
続けたことが、結果的に、1年9ヶ月の間、決して消えることの無かった
アカラスの痕跡を、ここまできれいにしてくれたのかもしれませんね。
もし、モモのようにクッシングでアカラスを発症してしまうことがあったら
体調や様子には十分気をつけながら、ここまでしなくても・・というくらい
しっかりと治療することをおすすめします。免疫の落ちている身体には
普通以上に、効果がわかりにくく現れにくいということもありますから・・
と言いながら、もし、モモがすぐにまたアカラスを再発してしまったら・・
その時はごめんなさいね(笑)

気持ち悪い写真ばかりで申し訳ありませんが、今までにアカラスを3回
発症した、その治療経過を残したいと思います。

アカラス(ニキビダニ、毛包虫)は、ほとんどが母子感染によるもので
ほとんどの犬が持っているとも言われていますが、健康な犬では
ほとんど発症することなく一生を終えるのだとか・・。免疫の力ですね。
クッシングの場合、コルチゾール増加によって身体の抵抗力が落ち
免疫力も弱ることで発症につながる場合があるようです。治療には
イベルメクチンの服用、ドラメクチン注射、アミトラズ(有機リン系農薬)
の薬浴などが一般的らしいです。モモのようにひどい湿疹やかさぶた
になることもありますが、顔や手足の脱毛だけという場合も多いとか。

 ドラメクチンは牛や豚用の駆虫剤だそうですし、アミトラズは農薬
皮下注射や薬浴で使用するといっても身体への影響もやはり心配です
幸いモモは大丈夫でしたが、経過観察は慎重に・・

モモは先生にすすめられて「サルファサリチル酸シャンプー」も使用
SSCN1276.jpg


2006年12月、あごの下の湿疹から始まり、突然背中にできた1個が
細胞分裂のように毎日2個、4個と増え、その4個が1つにかたまってやぶれ
大きなかさぶたになりました。テープ検査でニキビダニを発見、この時やっと
毛包虫、アカラスなどとも呼ばれる病気だとわかりました。(2007年1月)
たった3日でぐちゃぐちゃのかさぶたになりました・・すごい増殖力です
pic_0373.jpgpic_0374.jpg

イベルメクチンの服用で効果が見られず、ドラメクチン注射による治療に変更
サルファサリチル酸シャンプーも同時にスタート。注射は週1回、2ヵ月後。
20070317132138.jpg

時々細菌による湿疹もできるため抗生物質も飲み続ける
3ヶ月目から注射は2週間に1度。これは3ヵ月後。
初めてのアカラス治療は4ヶ月間、計11回の注射で終了。
20070419102632.jpg

2007年8月の状態。アカラス再発ではないと言われていましたが
かさぶたは残ったまま、皮膚も赤みが増し、あやしい・・と不安も。
ミノマイシンによる抗生物質服用で様子を見ることになりましたが
白いフワフワの毛で、先生は状態がちゃんと見えていないのでは?
と思った私、思い切って背中をツルツルに剃ってしまいました(笑)
この2週間後、「虫発見」でアカラス2回目の発症となる。
SSCN1246.jpg
SSCN1248.jpg

2007年9月の状態、びっしりと細かい湿疹があり、赤みも強い。
特にリンパ腺の腫れがひどいことが気になり、先生によくわかるよう
思い切ってあごと首周りもツルツルにカットしてしまいました。
SSCN1294.jpg
SSCN1293.jpg

ドラメクチン注射2回目、再発のせいか注射の効果が現れるのが早く
感じ、甲状腺ホルモンの投与も始めていたおかげか発毛が早い。
200709072225000.jpg
上の写真から2週間後、良くなっているのか、それとも毛が増えて
目立たないだけなのか迷っていた頃
20070918141620.jpg
思い切って剃ってみると・・やっぱりまだまだ・・
DSCF0086.jpg

注射が2週間に1度になった9月の終わり、赤みも引いてひと安心。
DSCF0135.jpg

治療期間2ヶ月、注射回数も初めの時の半分で治療が終了。
だけどやっぱり残っているかさぶたが気になっていました・・
DSCF0228.jpg

2008年1月の状態。気になって時々写真に残していたかさぶた
しっかりと毛が生えているので目立たないのですが・・
今思えば、常に再発の恐怖におびえていたような気がします。
逃げてるだけじゃダメだと、皮膚に良いと言われるサプリ
ビアクタンプラスを飲ませ始めたのもこの頃でした。
効果は・・モモにはなかったかも・・2ヶ月で中止。
DSCF1303.jpg

2008年4月、3度目のアカラス発症。ただし、テープ検査で
見つかったのは虫の死骸のみ、このことから、抗生物質(ミノマイシン)と
数回のドラメクチン注射で大丈夫ではないかと言われていました。
DSCF2125.jpg
DSCF2120.jpg

2008年5月、ドラメクチン注射4回目の頃。治療の効果は出ていましたが
時々ポツンとした湿疹もできることから、まだまだ注射は続行。
DSCF2258.jpg
DSCF2260.jpg

同じく5回目の注射の頃、目に見えてきれいになっていました。
DSCF2319.jpg

時々できるこんな湿疹を理由に、ミノマイシンも注射も、先生が
「もういいでしょう」と言わないようにけん制しながら、おおげさに
困っていると訴えていた私(笑)ある意味必死でしたね・・
DSCF2373.jpg

2008年6月、アカラスも3度目ですが、ここまでかさぶたがきれいに
なったのは初めてで、もしかしたら、本当にかさぶたがなくなる
かもしれないと期待し始めた頃。ここで注射をやめてなるものかと・・
DSCF2433.jpg

ドラメクチン注射7回目。針の先ほどになったかさぶたを探しながら
たっぷりと毛の生えたモモの全身をチェックすることが嬉しかったです。
DSCF2532.jpg
DSCF2531.jpg

ドラメクチン注射9回目。皮膚の赤みもなく、とてもいい状態です。
DSCF2744.jpg
DSCF2739.jpg

現在(2008年9月)11回目のドラメクチン注射を終えたところです。
あともう1回注射をして治療は終了の予定。
DSCF2977.jpg

かさぶたがほとんど目立たなくなってからは、ノルバサンシャンプー
だけで(左上)週2回洗っていましたが
DSCF0684.jpg

同じく成分がクロルヘキシジンで、リンスインのノルバサンよりも
さっぱりとした仕上がりの「クロルヘキシジンシャンプー」に変えて
現在は週に1度のシャンプーにしています。
モモが使っているのは「薬用酢酸 クロルヘキシジンシャンプー」です
DSCF3033.jpg


こんなにきれいになったのに注射を続けているのには他にも理由が・・
時々できるこの血豆、抗生物質の軟膏ゲンタシンで良くなるのですが
このように皮膚の状態が不安定なことも、できるだけ長く、しっかりと
アカラスの治療を・・と、先生が思われた原因なのかもしれません。
DSCF2615.jpg

2008年10月追記
12回のドラメクチン注射で治療は一段落・・の予定でしたが
注射の間隔を、3週間から更に1ヶ月に延ばして継続中です。
かさぶたも赤みも脱毛もなく、見た目にはアカラスの痕跡は
まったくなくなりましたが、もう少し頑張ります。

2008年11月追記
最後はひと月間隔をあけて14回目のドラメクチン注射を打ち
今回の治療は終了しました。治療期間は7ヶ月でした。

2009年2月追記
治療終了後は、週に1回のシャンプーをしながら様子を見ています
シャンプーは、12月からまたノルバサンを使用しています。

2009年11月追記
最後のアカラス治療を終了してから1年が経過しましたが
再発はありません。クッシングの状態も落ち着いているので
そのせいかもしれませんが、皮膚の状態はとてもいいです。
現在は1週間から10日に1度のシャンプーで、ノルバサンの他
ティーツリーシャンプーを使用することもあります。



* Category : 闘病の記録2008.後期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

ガンバ * by あひる
治療がんばってください!!
自分自身、犬を飼って、闘病など全然ありませんでした・・。
だから勉強させてもらってます。
毎日、拝見させてもらってます。

あひるさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
健康で病気知らずのワンちゃんと暮らせるのは、実はとても幸せなことで
愛犬が元気で本当に良かった♪、と思っていただけたら嬉しいです(笑)
私も、病気のモモで良かった♪と思うほど幸せですが・・(笑)

* by チーズママ
miyuさんこんにちは、
きれいになったから、こうやって落ち着いて記録を振り返る事ができますよね。良かったですね☆
根強く頑張っ
たかいがありましたね(^o^)
そりゃ~もう、モモちゃんは勿論、miyuさんの心もヒヤヒヤドキドキ戸惑いだらけだったでしょう。
このまま、もうお目にかからなくていいように願いたいですね!
何でも、なってからでは、なかなか大変ですから、予防ですね…あっ!さぼってたチーズの歯磨きと目薬、今からしま~す(^_^;)

こんばんは♪ * by lovebeagle
モモちゃんの、皮膚の状態が良好な事、嬉しいですね。(^-^)実は、うちの子も、ニキビダニ保有しています。丁度母親からの免疫が切れる頃に発症しました。 ……記憶では、フロントラインの様な薬で直接患部につけて治療しました。その後、ニキビダニとは言われなかったけど、度々、皮膚疾患では悩まされました。クロルへキシジンシャンプーを愛用してます。
 

チーズママさんへ * by miyu
そうですね、今回予想以上にきれいになったことで、今までの経過を
まとめることで、誰かの参考にもなるのじゃないかと思えたのです。
今後もわからないけれど、長い長い1年9ヶ月を振り返る余裕が持てました。
だけど、この記事を書いた私の目はボロボロ・・(笑)
チーズちゃんの目、本当に嬉しかったです♪「治る」っていう言葉
病気と闘う上で、何よりの喜びをくれますから・・良かったね。

lovebeagleさんへ * by miyu
ニキビダニ仲間ですね(笑)でも赤ちゃんの時の発症は治療成績が良く
その後の再発の可能性は低いようですよ、再発しないといいですね。
lovebeagleさんのコメントのおかげでハッと気がつきました(笑)
現在の皮膚と、シャンプーの写真を追加したほうがいいかも・・と
今のシャンプーの写真を追加して書き足しました、ありがとう♪

u^ェ^u そうなのですか♪ * by lovebegle
…(^-^)嬉しい情報ありがとうございます♪

lovebeagleさんへ * by miyu
こちらこそ、ありがとう♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。