12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
10月1日
何が起こっているのか想像もつかない様子の娘の顔を見て、もちろん
ほっとしたのは当たり前なのですが、それ以上に「怒り」それが大きい。
「何やってるの!!」と娘を怒鳴りつけ、殴りかかるのではないかという
私を、若い方の警察官が止めました。「お母さん、まあまあ落ち着いて」
「無事に帰ってきて良かったですね」と笑顔で言いながら、2人の警察官は
帰って行きました。まったく人騒がせな・・とか、こういうのは困りますよ!
なんて嫌味の1つも言われるかと覚悟していましたが、あっけないくらいに
ささっと笑顔で・・。私に怒鳴られながら、後姿にひたすら頭を下げる娘
当然です。私以上に怒りで一杯なはずの彼ですが、とにかく落ち着いて
と私に気を使います。どんなに大騒ぎになったか、どれだけの人に迷惑を
かけたのか、そのことだけは私が娘に話さなくてはいけないことですから
一刻も早く、2人きりでゆっくりと話し合いたいところでしょうが譲れません。
まずは警察にお詫びの電話をさせて、連絡を取った方々の名前も聞いて
その方たちにも電話をさせました。実は・・その間に、私も色々考えていて
このまま私が帰ったら、大喧嘩になるかも・・もめるのでは・・と心配だった
のです。のんきな娘の様子から、なんでこんな騒ぎになるの?という心は
察しました、自分の娘の性格は誰よりもわかっていると思っていますし・・
今度は別れ話のトラブルで大騒ぎになり、帰ったばかりの警察官に再び
お世話になる・・なんてことだけは、何としても避けなければなりませんから。
何とかしないと・・と必死で考えても、何も浮かばないので仕方ありません。
ところが、あきらめて帰ろうと立ち上がった時、疲れた顔の彼の姿に思わず
涙が出そうになり「私はあんたが心配だったのではないのよ、この子(彼)が
不憫でかわいそうで、何とかしなきゃと思って警察に電話したのよ!」と娘に
向かってまた怒鳴りながら、なんと!彼をよしよしと抱きしめていました(笑)
これには彼もびっくりしたでしょう(笑)こんな大騒ぎになって、警察にも色々と
聞かれ「喧嘩は?」「何かトラブルは?」など、嫌な質問も1番たくさんされて
いましたが、嫌な顔もせず丁寧に答えていた彼。家出の可能性を聞かれた
時にも「しっかりした子で、こんなことになればみんなが心配することは
十分わかっていると思うので絶対にありません」と、母でもそこまできっぱり
とは言い切れないのに、娘の名誉のためにと思ってくれたのか、きちんと
答えてくれました。機関銃のようにそれらを泣きながら一気にまくしたてると
娘は泣き、彼の目にも涙が・・。最後にもう1度、「本当にごめんね、1番の
被害者は君だったね」と言って、ポツポツと降りだした雨の中を帰りました。
「これで、とりあえず大喧嘩にはならずに済むかなあ」と期待しながら・・(笑)
家に戻ると、帽子までかぶって息子が立っています「どこかに行くの?」と
聞くと「何かあったらすぐに出られるようにと思って・・」と。あきれたように
「まったく、おねえはさあ・・」なんて言いながら、やっぱりとても心配して
いたのでしょうね。そして、少し遅れて夫が登場 「警察から電話があって
携帯はどこの?って聞かれたけど、わからないって答えたよ」(笑顔)だと・・
私のストレスの原因はやっぱりこれが1番・・と確信した日曜の夜でした。
終わり。

今回の件で、警察官の貴重な時間や労力を、我が家のバカ娘のために
使っていただいたこと、感謝と共に、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
色々な事件が多発する今、警察官のご苦労や大変さはどれほどだろうかと・・
私は相模原の住民になって30数年になりますが、今回ほど警察の存在を
ありがたいと思ったのは初めてかもしれません・・ここの住民で良かったです。

長い長い3部作(笑)にお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。




* Category : 我が家の記録
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。