123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
10月22日
水分摂取量、20日164(フード75、飲水89)21日188(75、113)
モモが元気そうだったので、ドーナツの記事を長々書いていたのですが
闘病記らしい出来事がありましたので(笑)今日はそちらに変更しました。
モモの嘔吐は1度だけでしたが、その後数回、吐き気があるのかなと
思うような様子も見せていたので、シャンプーの予定も2日のばして
もう大丈夫だろうと思ってからにしましたが、背中の上部に1個、ポツンと
赤い湿疹ができているのに気がつき、シャンプー後にゲンタシン軟膏を
つけて様子を見ることに・・。まだドラメクチン注射は打ち続けていますから
アカラス治療中での再発は考えられないのですが・・。ところが、その翌日
今度は左目のまわりが、目やにでガビガビになっているのに気がつき
何となくですが、嘔吐、湿疹、目やに、この3つが結びつきました。やはり
免疫力の低下による感染症かもしれません。抵抗力のない身体には
ちょっとした菌でも繁殖しやすいので、ちょうど今頃の季節の変わり目には
要注意なのですね・・。こんな時に限って、いつも病院の休診日だったり
先生の休診日(笑)全身状態は悪くなく、モモも元気なので様子を見ることに
しました。目やにと充血、目のふちが赤くなっていることが気になるので
以前、同じような症状の時にいただいた「エコリシン眼軟膏」を使おうかと思い
あらためてネットで成分や効能などをチェック。抗生物質の軟膏ですから
多分大丈夫だと判断して使いました、ただしこれも自己責任でしょう・・(笑)
いつものムコファジン点眼薬とエコリシン眼軟膏を朝、昼、晩の3回つけて
その後の目と湿疹の状態を見て、変化がなければ病院へ行こうと思います。
気休めかもしれませんが、モモのベッドやマット、クッションなど、肌に触れる
物を全部丸洗いして日光で殺菌、さわやかな秋の太陽にも力を借ります(笑)

たった1個の小さな湿疹ですが見逃しません(笑)
ただの湿疹なら、いつもゲンタシンですぐに効果が見られるので
効果の有無で原因がわかるかもしれません。期待を込めて見てしまうので
ひと晩で小さくなったような気がする私・・(笑)冷静に比較するためにも
やっぱり写真は撮っておくべきかもしれませんね(笑)
DSCF3241.jpg

写真ではきれいに見えてしまうのですが、シャンプー翌日でこれほど
目の周りが黄色くなることはないのですね、目も充血しています。
DSCF3242.jpg

こちらは右目、写真ではあまり左との違いがわかりませんが・・(笑)
両目とも、今は真っ黒できれいですが、クッシングと診断された頃
この黒い瞳の中にはいびつな形の白い濁りが広がっていました。
これでちゃんと見えているのだろうか?と、とても不安だったのに
今では信じられないほど改善されました。クッシングとの関係は
不明だと言われましたし、角膜ジストロフィー自体が原因不明な
病気で、遺伝や代謝異常という説も・・。だけどモモの場合、きっと
クッシングの症状の1つだったのだと、治った今はそう思っています。
DSCF3246.jpg

上から、エコリシン眼軟膏、ゲンタシン軟膏、ムコファジン点眼薬
どれも人間用のお薬です。今回の目やにではムコファジンは必要ない
のですが、毎回洗浄して眼軟膏をつける方がよいのでその代わりに・・
DSCF3250.jpg




* Category : 闘病の記録2008.後期
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by JNZ
たった一つの湿疹も見逃さない...miyuさんの愛情がとても良く伝わってきます。
闘病生活は大変ですけれど、モモちゃんはmiyuさんのところで生活できて幸せですね。

JNZさんへ * by miyu
モモが病気になるまで、私は本当にのんきなダメ飼い主で・・
色々なことを見逃してしまった数多くの後悔が、今につながっています
病気の分、最後まで「これでもか!」というくらいの愛情をそそぎます(笑)
やさしい言葉をかけてくださってありがとう♪

* by レモン
はじめまして。
クッシング症候群を検索していてこちらにたどりつきました。
先週、うちの子がクッシングと診断されました。
うちの子はまだ9ヶ月です。目の前が真っ暗になり、どうしていいのかわかりません。これからどうなっていくのかも。
でもモモちゃん、がんばってますよね!
私もがんばります。

レモンさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
クッシングと診断されたばかりとのこと、ご心配でしょう・・
今までモモより若い年齢で発症したワンちゃんを知らなかったので
私も驚きました、ショックだったでしょうね、お察しします・・
でも、今現在モモが安定した病状で過ごせるのも、もしかしたら
発症が若かったからではないかと、私は希望も持っています。
今はとてもつらいと思いますが、どうか頑張って下さいね。
何かお役に立てることがありましたら、いつでもご相談下さい
大丈夫ですよ♪ 一緒に頑張りましょうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。