12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
12月15日
水分摂取量、14日177(フードをふやかす水85、飲水92)
土曜に受けた検査の結果が出るまでは、クッシングのことが頭から離れず
何となく落ち着かない気分なので、どうせなら検査について書いてみようと
一生懸命に書き上げたところに、病院から電話が・・・土曜に受けて翌日の
日曜に結果?いくらなんでも早すぎる・・と、一瞬嫌な予感がしましたが
先生の声は明るい(笑)結果は、注射前 2.4→1時間後 2.6だったそうです
どちらかというと低すぎるかもしれませんがひと安心(笑)長い間検査なしで
アカラス治療が先だと思いながらも、常にクッシングの状態が不安だったので
これでやっと安心できました。血液生化学検査の結果も、1項目だけ、初めて
血糖値が正常値を超えましたが、「問題ない範囲」とのことでよかったです。
特にALPは77まで下がっていました、詳しくはこちらを→ 「検査結果表」
甲状腺の結果はまだ出ていませんが、きっと大丈夫だろうと思って待ちます。

結構時間をかけて書いたACTH検査についての記事、もったいないので
このまま残します(笑)いつか誰かの役に立つと信じて・・
素人なので、間違いなくこの通りです!とは言えませんので、そのあたりは
ご了承下さいね、私なりにこのように理解しているということで・・

ACTH検査は、クッシングかどうかの診断や、クッシング治療の投薬開始後に
薬の効果を見るために行われることが多い検査です。ACTH刺激試験とも
言います。ACTHというのは、脳下垂体から出る副腎皮質刺激ホルモンで
コルチゾール(糖質コルチコイド)の産生を促進させる働きをします。つまり
コルチゾールをたくさん出しなさい!と刺激するホルモンですね。
クッシングには下垂体性と副腎性があるので、病気にいたるメカニズムも
多少違うのですが・・・コルチゾールの産生コントロールができなくなって
体内でコルチゾールをたくさん出してしまうような場合、そんな身体に
出しなさいと刺激するACTHを注射すれば、数値はさらに跳ね上がるので
クッシングでは?という診断になり、薬の効果があまり出ていない場合も
数値は大きく上昇してしまうということになり、クッシングにとってのACTHは
体内のコルチのコントロール状況を確認するための起爆剤みたいなものかも・・
このACTHの合成製剤である「コートロシン」を注射して刺激することにより
コルチゾール濃度の量がどのくらい変化するかを見るのが検査の目的で
変化が少なければ、薬の効果でちゃんと抑制できているという判断になるの
ではないかと思います。トリロスタン投薬の場合、投薬後4~6時間後に
受けるのがいいようです。まず前値のために採血、試薬のコートロシンを
注射してから1時間後に、後値のためにもう1度採血して比較します。
結果の判断については、以前、調べた資料をもとに記事にも書いたことが
ありますが、数値をどう判断するかは個々のケースによっても色々なので
ここまでが正常、ここからは異常という線引きは難しいかもしれませんし
獣医によっても様々でしょうから、ここに書くことは控えます。
それでもという方は(笑)こちらをどうぞ→ 「2007年3月コルチゾール値」
ちなみに検査費用ですが、現在モモの通っている病院では1万円です。
検査費用も病院によって色々ですから、あくまでも参考に・・

犬のクッシングのほとんどは下垂体性だと言われていますが、まれに
副腎線種や副腎腫瘍が原因のクッシングの場合、ACTHの刺激に対して
あまり反応がないことで判断できるのだそうです。刺激に関係なく勝手に
副腎がホルモンを産生している状態、ということなのでしょうか・・。
下垂体性でも、勝手にホルモンを出すのは同じではないかと思いますが
こちらの方は、脳から指令を出す刺激ホルモン(ACTH)をたくさん出して
その結果、副腎にたくさんのコルチを作らせてしまうということでしょう。
トリロスタンの治療は、副腎がそのACTH刺激ホルモンの指令に負けず
コルチをたくさん作らないように抑える効果に期待するわけですね、多分。

モモは、投薬治療を開始する前にACTH検査を受けておらず、いきなり
デキサメタゾン抑制試験でクッシングと診断されたので、できれば
治療開始前のACTH検査結果が見たかったなあ・・と残念に思います。
治療する前と投薬を開始した後の検査数値の比較ができないのは
記録としてはちょっと物足りない気持ちもあり、薬を飲まない状態だと
モモのACTH検査結果はどうなんだろう?と、いまだに思ったり・・


ストレスに弱いといわれるクッシング、検査から帰宅後のモモはぐったり・・・
DSCF3557.jpg

さらに・・首の内側に大きな内出血がおみやげでした・・・
DSCF3563.jpg

まとめて検査を頼んだのは私、これでもか!というたくさんの採血で
7~8センチはある赤黒いアザになってしまい、モモに申し訳ない・・
結果が良かったので、これでしばらく通院はないから、許してくれるよね・・
DSCF3564.jpg





* Category : 闘病の記録2008.後期
* Comment : (16) * Trackback : (0) * |

よかったですね! * by けい
検査の結果、出るまでは、落ち着かないですよね。
うちも、最近は検査受けていません。
特に症状も出ていないので、様子みましょうとのことでした。
来年の2月くらいに検査の予定です。
モモちゃん、miyuさん、お疲れ様でした!

良かったです(*^_^*) * by まあ
問題がなくて本当に良かったですね(*^_^*)
モモちゃんのあざは頑張った証拠です。
お疲れ様でした(^^♪
こたろーも明後日18日に検査に行ってきます。
デソパン1錠飲んでますが、多飲の症状は変わらずで
1錠でもだめ・・・と少し気弱になってます。
今度の結果の数値が良くても症状が変わらずあるという事は
やはり又、増量となってしまうのかと思い悩んでしまいます。
miyuさんに質問です。
検査結果表の2007.4.11 血中コルチゾール 6.4 投薬12時間後
というのはACTH検査とは別なのでしょうか?
どのような検査なのか教えて頂けますか?
お願いします。



* by パル母
安心して新年を迎えられますね。よかったです。
うちのパルは18日に検査です。前回は2.4 ⇒4.5だったので、維持できていればいいのですが。まだALPが900くらいあったので、下がっていてほしいです。
モモちゃん、痛かったでしょうね。私も検査のあと、まず顔を見て、注射の跡を見ますよ。モモちゃんみたいになっていたら「下手な看護士さんだったのね~」とパルをなでてやります(笑)
え?モモちゃん、首の血管から?手足は細すぎるのでしょうね。首だと、あざもできそうですよね。

けいさんへ * by miyu
前回が1月ですから、さすがに・・ドキドキでした(笑)
元々目立つ症状がないモモは、検査数値でしか状態がわからないので
検査の間があくとどうしても心配・・
血液検査の結果が良くてもコルチが高値になった過去の経験が
やっぱりトラウマになっていて不安になってしまうのかも・・(笑)
レミーちゃんは落ち着いているのですね・・よかったです
ブログに登場しないのは元気な証拠かな(笑)
このまま元気で過ごせるのが何よりですものね、頑張りましょうね♪

まあさんへ * by miyu
投薬の効果がなかなか出ないと心配ですよね・・
お薬の増量の判断は獣医も飼い主も悩むところですし
いいアドバイスが思い浮かばなくてごめんなさいね
ご質問の件ですが・・色々いきさつがあって説明が難しい(笑)
血中コルチは採血のみで、その時のコルチの状態を見るものですが
なぜ血中コルチゾールを調べたか?についても興味があれば
下のリンクの中から3月25日、4月2日、5日、11日、14日の記事を
ひろって読んでいただけますか?長くて申し訳ないのですが
当時の私の心境を知っていただくと、きっとわかるかと・・(笑)
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-date-200703.html
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-date-200704.html

パル母さんへ * by miyu
年内にはどうしても・・と思っていたので
まとめて検査を受けられて良かったです
パルちゃん、前回はとても良い結果だったのですね
モモはやや低すぎるのでちょっと心配・・
なので、また勝手に投薬をコントロールしようかと
今あれこれ考えています・・またまた自己責任ですが(笑)

まとめて検査を頼むので、採血もたくさんになり
太い首の血管でもかなり時間がかかるので
先生も大変だろうとは思うのですが・・
何回かに1度くらいこういうアザができたり
前はピンポン玉のように膨れてしまったことも・・
この時は「こんなに腫れました」と診せに行きましたよ
今回は、若い先生にやらせたのじゃないかと疑ってます・・(笑)




* by 専業主婦
採血であざができたりするんですね?初めて知りました でも出来るものなら1回で済ませたいですよね!?結果が少しでも良いとほっとしますね。。。モモちゃんがんばったね!偉かっね!ホワイティのワンドッグの結果 僧帽弁…ではなく先天性心疾患で心室拡大はあるけど肥大はないので半年~1年に1回ワンドッグを受けるように言われました
今回は肝機能が悪かったので2週間薬を飲み再検査予定です

専業主婦さんへ * by miyu
首に注射器を刺したまま、いくつも容器を取り替えての採血で
かなりの時間もかかるので難しいのだと思います・・
私に助けを求めて動くとさらに危険なのでいつも退出しますが
私がいなくなった上に、2人がかりでの採血ということで
モモは余計に恐怖なのではないかと・・
ホワイティちゃんも頑張りましたね、肥大はないということは
良かったと言ってもいいのかな?
肝機能で再検査は残念でしたね・・投薬の効果がありますように
いいお正月を迎えるためにも頑張りましょうね♪

ありがとうございました。 * by まあ
記事は読んで把握していたのですが、デソパン投薬後12時間後に
ACTH検査をしたのか、それとも血中コルチとは血液採取のみで
その時のコルチの値をだす物か・・・
というのが分からなかったのでお伺いしました。
血液採取のみで調べるという事なのですね。
私も夜のコルチがどの程度まであるのかが知りたいなぁと思っていまして・・・。
今度、お願いしてみようと思います。
いろいろ本当にありがとうございました(*^_^*)
いつもいつも、丁寧にお答え頂いて感謝しています。
ありがとうございます(*^。^*)

* by バニラネネ
はじめまして。うちにも、2歳半のマルチがいます。モモちゃんの闘病記録、「わかるまで」と「2006後期」を読みました。よく観察されて=愛されているなぁって思いました。最新の記事でモモちゃんの写真を見て、元気そうな姿に安心しました。これからも時々訪問します。よろしくお願いします。モモちゃん、がんばれ~!!

まあさんへ * by miyu
クッシングに必要な検査とは言えませんが、採血時のコルチの数値は
わかるので、夜の状態や投薬してからかなり時間が過ぎた時の状態を
知りたかった私には参考になりました。
お役に立って良かったです♪

バニラネネさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます。
病気のことばかりで長い記事を読んでいただいたのですか?(笑)

モモのブログで、元気なワンちゃんと暮らす幸せを感じていただけたら
モモと私も嬉しいです、ありがとう♪


検査結果が良くってホッ * by みえ
モモちゃん、痛い思いをしたけれど良い結果で何よりでした。
結果が出るまでは本当に色々と考えてしまいますよね。
病院の先生もそういうことを察してか、早めにご連絡してくれて
安心させてあげようと思われたのでしょうか。
久しぶりにクッシングのACTH検査の内容を読んで、『うん、うん、なるほど』と改めて忘れていたことを思い出しました。

みえさんへ * by miyu
人間もワンコでも、検査結果を待つ間は本当に嫌なものですよね・・
クッシングのこと、思い出させてしまったかな・・
ポポちゃんの分まで、元気いっぱいなポコちゃんでありますように♪

* by みえ
miyuさん、嫌なクッシングなだけに未だに忘れられずに
気になって仕方がありません。
モモちゃんが元気に病気とうまく付き合ってるかとか
心配で心配で。
たぶん一生この病気の事は忘れずにいると思いますよ。
一日でも早く治る病気になって欲しいです。
そして今、クッシングと闘っているワンちゃん達によい結果
が出ますように…

みえさんへ * by miyu
そうですよね・・クッシングには色々な思いが残ってしまうでしょう
先に逝った仲間たちと、そんな思いをずっと残しながら
今頑張っている、みえさんのような飼い主さんたちの分まで
できるだけ、私もモモと頑張りたいと思っています。
でも、あなたたちの「今」が、私にはとても救いです、ありがとう♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。