12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
12月24日
もう2年近く前になる・・クッシングは中高齢の発症が多いと言われており
モモのような若齢でクッシングになったら、その病状は?余命は?などと
私の不安は尽きることがなかった。そんな時、同じような年齢でクッシングを
発症し、当時10歳近くまで闘病生活を続けていたニカちゃんと、その飼い主
ふらにーさんにめぐり会い、私はどれほど大きな希望をもらったことか・・
ニカちゃんが通う病院では、新しいクッシングさんはトリロスタンによる治療に
変わる中、学会ものだねと先生に言われるほど、ミトタン(オペプリム)での
治療がうまくいっている例でもあったようだけど、私には、若齢での発症は
資料に書かれている余命などあてはまらない、長生きできる可能性が十分
あるという証拠だと思えて、嬉しくて嬉しくて仕方なかった・・
長い長いメールを何度もやりとりするうちに、高齢ならではの体調不良や
クッシングとの因果関係、その対処、ずっと続いていく高額な治療費の工面に
必死で頑張る彼女の苦労が切なかった・・。長く生きてほしいという願いは
愛犬を思う飼い主なら誰でも持つだろう、完治はないと言われる病気になった
としても、その思いに変わりはない、だけど、現実にはお金の問題は切実・・
誰もが十分にお金をかけて愛犬を治療してやれるというわけではないのだ
この時初めて、モモが長く生きることが、希望であると同時に恐怖だと感じた。
長くは生きられないと、私はどこかで思っているから今頑張れるのでは?と・・
たった一人で治療費やサプリなど、ニカちゃんのためにできるだけのことを
しようと頑張っていた彼女が、去年の冬、昼間の仕事に加えて、早朝の4時に
起きて、コンビニでアルバイトを始めたと知った時、そのメールを読みながら
私は号泣した。返事を書きながら涙が止まらず、何度も何度も書き直した。
迷い犬を最期まで手厚く看病して看取ったり、高額な治療費のかかる病気の
ニカちゃんをこれほど大切に育てたり、決して誰にでもできることではない。
こんなに心優しく、愛情にあふれた彼女が、なぜこんなに苦労しなくては
ならないのかと、相手のない怒りでいっぱいだったことを覚えている・・
彼女から久しぶりに届いたメールは、11月にニカちゃんが亡くなったという
報告だった。最後まで愛情いっぱいに頑張り続けたふらにーさんの努力で
12歳の誕生日を迎えることができたニカちゃんの、約9年半の闘病生活を
見送れたこと、本当に良かったと思う。愛情や可愛いという気持ちだけでは
とても解決できない現実だって、闘病生活にはずっとついてくるということ
できる限りのことをと言っても、どこまでがその限度なのか、どうすることが
ベストな選択なのか・・これからも、悩み迷う飼い主はたくさんいるだろう
病気だけでなく、治療費とも闘いながら、クッシングの愛犬を見送る仲間も
決して少なくないということも、自分も覚悟しながら心に刻みたいと思う
何を選んでも選ばなくても、何をしてもしなくても、必ず後悔はついてくるし
これで良かったのかという自分への問いは、消えることはないかもしれない
それでも、これで良かったのだと自分に言い聞かせてほしい、この子には
自分が飼い主だったことが1番の幸せだったのだと信じてほしい・・

私の暗いひとりごとで、もし気分を害される方がいたらごめんなさいね
今のこの気持ちを残さないと、私が先には進めないのです

それでも今日はクリスマスイブ
頑張ったすべての飼い主さんたちに、神の祝福と幸せが訪れますように・・








* Category : 色々なこと
* Comment : (9) * Trackback : (1) * |

* by 専業主婦
す・て・き! 言葉のひとつひとつに共感し うなずく私です
>この子には自分が飼い主だったことが1番の幸せだったと信じてほしい・・
私もそう思えるように2ワンコと暮らしていきたいです

* by まあ
myuさんの言葉が重く心に響きます。
ふらにーさんの愛犬を思う気持ち、すごい事だと思います。
今は、ニカちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

* by リキ
こんばんは☆
本当に共感できる内容だったので、また出てきてしまいました。本当にそうなんですよね。
大切な存在なので、出来る限りのことはしてあげたい!と思う半面、現実問題としてお財布事情が絡んでくるんですよね。
私も、去年、本当に大変でした。
私のパートのお給料と貯金では追いつかなくなって来たので、母親に助けて貰ったくらいです。
主人を頼っても良かったのですが、私の連れ子という事もあって、主人と私の間ではマルに対しての思い入れに温度差があるように思うので金銭問題で揉めたくなかったんです。
なので、あえて頼らない選択を今でもしています。
その方が強気で出れますから(笑)
文句も言わせません!!!!
あの時、こうしてれば・・・・ああしてれば・・・・と、後悔だけはしたくないので、自分を納得させる為にも、マルが頑張る限りこれからも働きますよ~。


* by みえ
皆さん、思いは同じです。
発症から9年半、飼い主のふらにーさん&ニカちゃん、二人とも
頑張りましたよね。
『今、出来ること』、『今しなくてはいけないこと』
クッシングの治療費は本当に高額で、治療費が払いきれず
治療を止めてしまう方もいると聞いたことがあります。
動物病院も自由診療が無くなってくれると本当にどれだけ
ありがたいか。
それこそ今ではペットにも色んな保険が出てきていますが、
それだって任意保険(人間で言う)みたいなものですよね。

ポポもクッシングの治療費と検査費用、最後の4ヶ月間は
糖尿病にもなってしまって、インシュリン代も増え、
このままでは貯金も出来ないと思いました。
だけど、ポポの命には変えられない。
お金は働けばまた貯金だって出来る。
ポポには『今、やってあげなければこの先どうなるの?』
と言う思いだけでした。

今だってあの時、治療費のことを考えて

『病気になっていなかったら…』

『こんなにお金がかかるだなんて…』

そんな、思いが過ぎった事、後悔しています。
もしかしてポポが私の気持ちを察して、
早く天国に旅立ってしまったのでは?と…

ふらにーさんの思いはニカちゃんにも絶対に届いているはず。
中途半端に放り投げずに最後まで看取ることは大切なことです。
ニカちゃんも闘病生活は辛かったと思いますが、
ふらにーさんの愛情を沢山貰って、幸せな12歳だったと私は
思います。
そして、ふらにーさんも。

ニコちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

メリ~クリスマス♪ * by リンママ
イヴですねっv-255
楽しく過ごされてるかと思っていました。
私も今回の検査を受ける前に「もって2年」と宣告されました。
モモちゃんのママさんと同じ気持ちです。
もちろん自分が後悔したくないから、どんなことがあっても
一日でも、一分でも側にいて欲しいから、どんな治療でもと思います。本当に高額な薬!こんなに沢山の子が服用してるのに
安くはならないかと思った事も…。
新薬だから…って。
もう飲ませられないかも知れないって何度も思いました。
最初は1錠1200円
数か月後には1日1回→2回(2400円)
1か月…???
先生に泣きついたら、1錠800円でいいですよっ!って
人の足元をみるような真似を(怒)
今はなんなのか解らず、解れば又辛いかも知れないけど
絶対、治してあげるからねって、いつも言ってます。
モモちゃん2年目ですものねぇ~不安になりますよねぇ
ママさんの気持ちが痛いほど分かるよな気がします。
リンママはリンの病気を笑い飛ばして、リンの前では明るくして
ストレスを与えないようにしたいと思っています。
ママさんもモモちゃんと沢山笑って沢山「福」が来るように頑張ってくださいね(^○^)
気のきいた言葉も見つからず、メリクリなのにこんなメールをしてすみませんm(__)m
楽しくて素敵なクリスマスになりますように…祈ってます。
モモちゃんとご家族様を応援しています(^_^)/~

こんばんは * by けい
イヴに素敵なお言葉、ありがとうございます。
それから・・・ニカちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

* by bimaまま
こういうはお話… 何と言ったら良いのか言葉が見つかりません
でもふらにーさんにかわいがられ 一緒に過ごすことができたニカちゃんは
きっときっと幸せだったことでしょう
ふらにーさんもニカちゃんにたくさんの幸せをもらったんでしょうね
コンビニでバイトの話 私も泣けました
確かに経済的な面できつい部分 ありますよね
我家ももともとトリロスタンを1日2錠飲む予定だったので
お薬代だけで月6万円
きついなぁと思いつつ ビッケのため!飲むことにしよう!
とパパと決めました
2錠のお薬はビッケには多すぎだったので
今はお薬の量はかなり減ったので とっても助かっています
できる限りのことはしてあげたい この思いはどの飼い主さんもきっと同じでしょうね
心配事は絶えませんが これからもがんばっていきましょうね

サンタさんからのプレゼントは「元気」が欲しいです!


* by あれまま
私は実家の家族を巻き込んでアレマへの体制は万全です。
なので、金銭的には私はすごく助けられています。
今、アレマはたくさん検査したり薬を飲んだり・・・
獣医さんに「ごめんねぇ。高いことばっかりで」って
謝られました。「そんなこと。アレマに一番いい方法を選択したい」
って伝えたら、「飼い主さんの中には手術すれば治るのに『このままで』って言う人もいる」
と言われました。だからペット保険入ってほしいとも。

アレマがお家に来たころはペット保険はなかったんですけど、
やっぱりペットも長生きするようになって医療も進歩した今、
重大な病気になる可能性を知っておくべきですよね。

何をどれだけしてもお見送りした後には後悔がつきものって
母に言われました。確かに・・・今ですら後悔することありすぎi-229

皆様へ * by miyu
たくさんのコメントをありがとうございました
今回は、個別にお返事することは控えようと思います
あたたかいメッセージの数々に心から感謝致します、ありがとう。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
入院保険とは
入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日までのものもあります。何も起こらなかった場合に、無事故ボ... …
2008/12/29 01:02  入院保険のメモ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。