12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
1月30日
モモは元気にしています、まだ診断もはっきりしていないので、色々なことを
悩むのは早いのですが、モモがもしリンパ腫だったら、何が問題になるのか
どうしてこんなに深刻に考えているのかだけ、書いておきたいと思います。
この記事が、今後、誰かの役に立つことがないことを願ってはいますが・・
リンパ腫というのは、以前は「悪性リンパ腫」「リンパ肉腫」とも呼ばれていた、
免疫細胞であるリンパ球が腫瘍化して増殖した状態の病気なのだそうです
簡単に言うと血液のガンですが・・。リンパ腫にも種類はいくつもあるようで
症状も色々です。クッシングと同じで、完治することはないと言われています。
進行が早く悪性だったり、治療をしない場合など、数日から数週間で亡くなる
こともあるそうです。治療法は抗がん剤や放射線が主ですが、治療をしても
余命がいくらかは延びる程度で、再発の危険はとても大きく、再発するまでの
期間も短いらしい・・治療がうまくいっても、平均で6ヶ月~1年半なのだとか・・
こんなことで比べても仕方ないのですが、クッシングになった場合の余命も
治療してもしなくても、平均で2年くらいと一般的に言われているようですから
ある意味よく似ているかもしれませんね。ここでお断り・・これはあくまでも
色々な資料にそう書かれているということで、リンパ腫でも、状態によっては
もっともっと元気に長生きしているワンちゃんもいるでしょうし、クッシングでも
同じように、もっともっと長い間頑張っているワンちゃんもたくさんいますので・・

リンパ腫の場合、抗がん剤治療が比較的有効だと言われているのですが
複数の薬をミックスしたり、ステロイドの投与も並行することで、生存期間を
より延ばせる可能性の高い治療が主流になりつつあるようで、その他にも
単体での抗がん剤治療、化学療法なしでステロイドの投薬のみ行なうなど
何を選ぶかで延命できる期間も多少違うようですが、その差はわずかで
身体や症状にうまく合うかどうかでも当然変わってくるのでしょうが、何を
選んでもきびしいことにかわりはないのかなと、個人的には感じました。
そして、どの治療を選ぶ場合でも、比較的よく使用されるのがステロイド。
ステロイドの産生を抑制する必要があるクッシングにとって、これが大きな
問題になってくるのではないかと思います。クッシングでリンパ腫だという
ケースの治療については、残念ながら・・参考になるものを見つけることは
できなかったので、まったく見当もつかない状態です。リンパ腫の治療で
ステロイドをたくさん投与したことで、医原性クッシングになることは、あまり
めずらしいことではないようですが・・これはクッシングというより、あくまでも
ステロイドの副作用でクッシング状態になっただけなので、ステロイドを
やめれば元に戻るわけで・・持病がクッシングという場合の参考にはならず
ステロイドの副作用よりも、リンパ腫の治療を優先すれば仕方のない症状
とも言えるでしょう。この病気の解説や資料で見た、もう1つの治療法である
放射線については、実施している所は今のところわずかで、まだ一般的な
治療と言えるものではないようです、なので効果もよくわかりませんでした。

クッシングでも、一時的に何かの症状を抑えるためなどにステロイドを使用
することもないわけではありませんが、調整も非常に難しく、効果も微妙で
その時の臨床症状に応じて、何を最優先するかによるのでしょうが、ガンや
重大な疾患で、治療の大きなポイントになるかもしれない使用については
内分泌や腫瘍について、十分な知識を持った獣医でないと難しいようです
体内で勝手に増えたステロイドによる様々な症状で痛めつけられた身体に
さらにステロイドを投与する危険性は、素人の飼い主にもわかりますし・・
怖い怖いと言われることの多いステロイドですが、あらゆる病気に不可欠な
魔法の薬でもあるわけで、生きていくのにもかかせない重要なホルモンで
あることも事実です。ただし・・クッシングの身体にとっては毒であり敵・・
薬として外から与えなくても、害になるほどたくさんのコルチゾールが勝手に
体内で作られているのに、その効果どころか、ちっとも身体の役に立たず
攻撃までしてくるのですから、クッシング・・本当にやっかいな病気です・・




* Category : 闘病の記録2009.前期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。