12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月6日
モモの夜中の様子が気になって、眠れない日が続いていたある日のこと
これって・・あの時に似てる・・思い出したのは娘を出産した直後の自分でした
夜鳴きがひどくて眠れず、この子はどこかおかしいのか?と気になってしまい
一晩中泣き叫ぶ娘を抱いたまま夜が明けるのを待つ・・だんだん深刻になって
夕方になると、何も食べられず、夜が怖くて涙が止まらなくなるようになり・・
気がつくと、5階のバルコニーで、娘を抱いてボ~ッと下を見ていたなんてことも
その時は、自分も家族も気がつかなかったけど・・育児ノイローゼだったみたい
そのうち娘のオムツに血が・・これはただ事じゃないと生後数週間の娘を抱いて
娘の誕生日とほぼ同じ頃に開院したばかりの近所の小児科に駆け込みました
こんな小さい子はまだ診察したことがないとおっしゃる先生の診断は・・
身体中に広がる湿疹や赤みがかゆくて、眠ることができずに夜鳴きしてしまう
アレルギーとオムツかぶれでした(笑)あらゆるものにアレルギーのあった娘は
私の母乳を通して症状をひどくしてしまったようで、その後3~4年にわたる
娘の体質改善の漢方薬治療のスタートは、生後1ヶ月にもならない新生児から
始まったという・・。もちろんアトピーもアレルギーも深刻ですが、原因がわかり
ホッとした私は回復。この産後1ヶ月で十数キロ落ちて、妊娠前よりも軽くなった
身体で、元気に育児に復活できました。出産も更年期も、ホルモンの劇的な
変化という点では同じだと思うので、今の心配性と不安はホルモンのせいだと
決めました(笑) ただし・・昔と違うのは、食欲がまったく落ちないという点で・・
女として古くなると、神経も身体も太くなる・・これが人生経験の長さ・・かな

私が更年期にこだわっているのには、若い頃から持っていた、恐怖にも似た
記憶からかもしれません。同年代で体調の悪い人には、しつこいほど何度も
無理をしないように・・と言ってしまう(笑)自分は元気なくせに、お節介なくらい
更年期、更年期と連呼するので(笑)嫌味かもしれませんが・・ごめんなさいね
亡くなった私の母は、長い闘病生活のせいもあったのか、今でも思い出すのが
怖いほど、壮絶な更年期を過ごしていました。それも40代になってすぐから・・
私がドアをバタンと閉めた・・など、ちょっとしたきっかけで動悸や呼吸困難など
心臓発作かと思うようなパニックになり、息ができないとのたうちまわるほど・・
往診に来た医者が「苦しくなれば自分で呼吸するから大丈夫」と言うのを聞き
原因は心臓ではなく、精神的なものだと知って驚きましたが、それでもやっぱり
苦しむ姿に、心臓が止まるのでは?と思ったし、何度も自分を傷つける行為に
救急車で運ばれることも数回、手遅れかも・・と病院で宣告されたこともあったし
外出先から家に電話して誰も出ないと「母が死んでるかもしれないから・・」と
急いで帰宅する当時高校生の私、友人は冗談だと思ったかもしれないけれど
いつも電話の呼び出し音を祈るような気持ちで聞いていた・・。家に入った途端
倒れている母を見つけて119番したことも1度や2度ではなくて・・。今思えば
本人もまわりも、よく無事にあの時期を乗り越えられたと・・。更年期の怖さなど
世間でもあまり言われることがなかった時代ですから、私たちも知らなかったし
多くのおばあちゃん世代、そのもっと先輩たち、心と身体に不安を覚えながら
苦しんだ女性たちは多かったはず・・。母の経験から、私はものすごく更年期を
警戒していたし、そのわりにたいした苦労もなくここまで過ごしてこれたけれど
40~50代の女性にとって、更年期は本当に大きな壁です、頑張り過ぎないで
自分の心と身体を最優先していたわり、必要ならホルモン補充や投薬もして
無事に乗り越えていきましょうね。更年期の症状やつらさは人それぞれです
軽い人もいるし重い場合もある、みんな経験するのだから・・なんて我慢せず
くれぐれも、気合で乗り越えようなんて思ってはいけません、場合によっては
命にだってかかわるくらい深刻な状態だって起こるのが更年期なのだから・・






* Category : 我が家の記録
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

承認待ちコメント * by -

* by リキ
こんにちは♪
更年期というとイライラや体の火照り、あと、月のモノが早く来るようになるくらいしか知らなかったので、ビックリしました。
人それぞれ色んな更年期があるんだとは思いますが、知識があるのとないのとでは、本当に違いますよね。
何気に、私はここで、色んな事を勉強させて貰ってます♪

実は私、今、ちょっと悩んでいる事があるんです。
場違いな事なので、本当にごめんなさいね。。。。
悩んでいる事っていうのは、子供を作るか作らないかを悩んでいるんです。
今年の秋くらいから仕込む?ってことに、夫との間ではなっていたんだけど、この間の冷戦以来、この人の子供欲しい??って私の中に疑問が生まれて、どうしよう?といった感じなんです。
でも、私の年齢(33)と、体調を崩して結婚前と結婚後に病院へ行った時に妊娠しにくいと言われているので、そういう事も考えると、そんなにゆっくりも出来ないという焦りもあって、どうしたものかと。。。。
子供を産めるなら、産んだほうがいいものなんでしょうか?
子供を産んで後悔するのと産まないで後悔するのなら、産まないで後悔する方が本当に後悔はするような気はするんだけど。。。。一歩先に進めない私がいるんです。


リキさんへ * by miyu
こんにちは
私も、色々な症状があることに驚きましたね。高コレステロールによる
脳障害や血栓ができやすくなって起こる心疾患、糖尿病、高血圧
更年期のうつ病も増えているのだそうですよ。めまいも良く聞きますが
立っていられず寝込む人もいるし、電車のホームから落ちた人もいるとか・・

子供を持つかどうかは、とても難しい問題だと思います・・
特に、これから作るかやめるかと選択しての出産は迷うことも多いかと・・
私は二人とも計画出産なのですが、産み分けの本を読み、時期を選び
半年かけて最初の子を妊娠しましたが、産んだら「こんなはずじゃ・・」と
さっそく育児ノイローゼです、病気の親もいたし、色々な事情が重なり
二人目を作ることができず、5年も間があいて次を産みました。
いつ産もうか・・なんて考えているうちにタイミングを逃したというか・・
うちは昔から夫婦仲が良いとは言えず、夫の子という意識はないので
「この人の子供を欲しいか?」とは思いませんでしたが(笑)
子供を産んで後悔したことはありませんが、もし子供がいなかったら
別れていたと思います。子供のために我慢したということではないですが・・
世の中には色々な事情で子供を持たない人もできなかったという人もいるし
なんて言えばいいのか難しいのですが、あくまでも私の場合として
親兄弟をみんな失って、自分のルーツというか実家もなくなった時
自分の血を分けた子供がいることで私は精神的に救われました。
家族として長く暮らしても、夫は本当に他人なんだと実感したというか・・
そして、産めるなら産んだ方がいいのか?・・と悩むより
本能的に、自分が本当に赤ちゃんをほしいと思っているのかどうかで
答えを探してみるのもいいかもしれませんね、頑張ってね♪





はじめまして リキさん(^^) * by 専業主婦
私は結婚前から子供を産むつもりは全くありませんでした
計算違いで妊娠(-_-;)つわりは出産まであり 体質も180度
変わり 心身ともに参り 更年期も後半という今日までスッキリした日は
1度もありませんでした 病院とも縁が切れません!
夫とも相性は悪いと思っています 犬に接して初めて“育児ってこうして楽しむ ほのぼのとしたものなんだね~”と思いました


* by リキ
miyuさん、専業主婦さん、ありがとうございました♪

miyuさんの「本能的に、自分が赤ちゃんを欲しいかどうか」・・
とても、胸に刺さりました。
今まで、周りの人にお節介なくらい子供は作ったほうがいい!早く産んだほうがいい!若いうちは二人でもいいの。でも、年取ってから子供がいないのは本当に楽しみがないんだよ。などなど・・・・私の気持ちが置いてけぼりな意見ばかりだったので、自分を見つめ直すいいキッカケになりました。
まだ答えは出てないけど、7割くらいはNOでした。
正直、今、夫とそういうこともしたくないんです。断るのも悪いかと思って、求められればするけど、出来ればしたくないのが本音です。
でも、一つわかったことがあって、冷戦前まであんなに欲しかった赤ちゃん。今年の秋に向けて不妊症の可能性大な自分の体質を少しでも変えようとサプリやハーブティを飲んだり、体を冷やさないようにしたり・・・子作りと同時にタイミングを合わせられるようにと去年の春から基礎体温を付け始めたり、パソコンで調べて色々頑張ってる時に、頭に来ることがあったので、それが原因で、夫に対しての信頼感がなくなってしまったんだど、それが、すべての原因だったのかな?と思うようになりました。
だんだん、頑張ってる自分がバカらしくなって来たので、基礎体温を付けるのを止めて、飲んだいたサプリやハーブティは冷戦直後に捨ててやりました(笑)
夫の事を前のように思えるようになったら、また、赤ちゃん欲しい病が復活するかな?とも思うので、今はこのまま保留になりそうです。

専業主婦さんと同じ事を私の母も言ってました♪
犬も子供も、悪いことをすればダメ!と教えて、良いことをすれば褒めてあげればいいと。
難しく考えることはないんですよね(^^)

こんにちは * by -
いつもブログ拝見させて頂いてます。 昨夜うちのワンコのけんが突然呼吸が荒くなり 舌の色がチアノーゼ様になり もうダメかと思いました(;_;)今朝かかりつけの病院にいきましたがCPK高値で恐らく血栓ができてどこか詰まったかも...といわれました。 対症療法でニトロ処方されましたが どうしようもないと覚悟はしてて。 はっきりいってどん底に突き落とされた気持ちになりました。 いつかは通る道....どうがんばればいいかわからないです

リキさんへ * by miyu
ご主人との間がギクシャクしているのなら、今は出産や子供については
あまり考えなくてもいいのでは?昔と違って、今の女性達の身体は若く
あせらなくても大丈夫だと思いますよ。日本人は挨拶代わりのように
結婚は?子供は?と、それが当たり前みたいに人に尋ねますが
人生の価値観も結婚観も出産も、誰一人同じなんてことはないわけで
それを聞いてどうするの?と思いますね(笑)
ご主人と仲良くね♪とか書いておくのが1番いいのかもしれませんが
私も夫婦仲が悪いので、そんなことは言えません(笑)時間をかけて
自分のためにじっくり考えてみるのが1番だと思いますよ、頑張ってね♪

??さんへ * by miyu
初めまして、いつも見ていて下さっているとのこと、ありがとうございます
詳しい事情もわからないので、何とお返事すればいいのか難しいのですが
大変な状況の中で、どこかで覚悟する気持ちは持っていても
愛犬を目の前にして、とても冷静ではいられないでしょうし
いつかは通る・・なんてことも、現実には納得できないですよね
そんな時は頑張らなくてもいいから、今、自分の心が感じるままに
けんちゃんのためにできることをすればいいのだと思います
何もできなければ、ただそばにいるだけでも、抱きしめるだけでも・・
「どう頑張ればいいか」という答えは、あなたがそうしたいと思ったことです。

* by たまさぶ
すみません(>_<) 愛犬 けんのコメント たまさぶのコメントです 名前抜けてました(ρ_-)o 先生にはクリーゼ?かも?といわれました クッシングによるものかと....今日けんの見てないとこでワンワン泣きました(;_;)

たまさぶさんへ * by miyu
たまさぶさんでしたか・・ワンちゃんのお名前を聞いていなかったので
初めての方かなと思いました。クッシングでは・・と診断されて
まだ間もないのに、こんなことになるなんて驚かれたこととお察しします
クリーゼというのは、ホルモンの急激な変化で起こるショック状態で
コルチゾールの場合(副腎)は低下状態(アジソン)に多いと思っていたので
びっくりしました・・クッシングの治療はされていないのですよね?
呼吸不全になることも多いようですが、ホルモンの状態が改善されれば
落ち着くかもしれないですよね。けんちゃんの前では泣けないし
つらかったでしょう?お気持ちわかります・・
何もできなくてごめんなさいね、回復を祈っていますよ

お返事ありがとうございます(^-^) * by たまさぶ
あれから けん は落ち着いてます。ただ夜や休日が不安でたまりません...もっと元気で長生きしてほしい。病気も変わってあげたい...飼い主は皆そう思いますよね....苦しい思いさせたくないです(;_;)

たまさぶさんへ * by miyu
けんちゃん落ち着いたのですね、良かったです♪
うまくいえないけれど、ワンコには自分が病気だということも
この先どうなるのだろう・・という不安や心配も悩みもないかもしれません
見守る飼い主にはとてもつらい現状ですが、けんちゃんにあるのは
今幸せかどうかで、たまさぶさんの愛情をたくさんもらって過ごす毎日が
何よりの喜びだと思うので、きっとすごく幸せなんだと思いますよ♪

ありがとうございます(;_;) * by たまさぶ
優しいお言葉ありがとうございます。ここにきてとても励まされます(・ω・) モモちゃんの病状安定するよう願いながらこれからもブログ拝見します。

たまさぶさんへ * by miyu
何もできないけれど、病気の愛犬を見守るつらさや喜びは共有できるから
今を大切に過ごしながら、一緒に頑張りましょうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。