123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
7月11日
モモの嘔吐はこの数日ありませんでした、ホッとしています。
左目の下瞼の腫れも・・大丈夫かな(笑)右の時とまったく同じで
治りは遅いけれど、確実に小さくなってきているように見える・・
心配なのは、これが治ったらまた右に・・なんてことはないよね(笑)
首の腫れがやや大きくなってきたのが気になるのですが、もう1つ
少し前からそれと関連があるのでは?と疑っているのが鼻。
モモの鼻のまわりの毛がすぐ黄色っぽくなるのに気がついた最近
鼻水をたらしていたり、鼻を舐めている姿が目に付くようになって
唾液の代わりに、涙や鼻水がたくさん出るようになるのか?なんて・・
そういえば涙焼けも目立つし・・時々あくびのように大きく口をあけて
奇声を発する回数が増えたのは、唾液腺のあたりに違和感や
痛みが起こっているのではないか・・とか、今はまだそれらの状態を
深刻なことだとは思っていないので、あくまでも経過観察の記録です

あごから首にかけて、こんなに大きくなりました・・
瞼の腫れは白っぽくなってきて、それほど目立ちません
DSCF5246.jpg

写真を撮って、もういいよ~と声をかけたら・・
DSCF5250.jpg

私が手に持っていた丸めたティッシュに向かって
いきなり威嚇してきました(笑)この元気なら大丈夫だね
DSCF5252.jpg


昨日コメントのお返事を書いている時に、そういえば今までほとんど
書いたことがなかったかも・・と気がついたのが「治療費」について
獣医は自由診療だから、みんなそれぞれ治療費も違うだろうし
モモの場合を残してしまうと、参考になるよりも不安が大きくなって
初めてここを見つけた方が、治療や投薬をためらうようなことに
なってしまったら申し訳ないかなあ・・と最初の頃に思ったような・・
だけど、大切な家族だと思ってはいても、愛犬の高額な治療費に
愛情だけでは乗り越えられない現実を目の当たりにする飼い主の
思い悩む気持ちは、自分にもすごくよくわかるわけで・・

きちんと金額を確認してから書けばいいのでしょうが、複雑な思いが
よみがえりそうで、イライラ更年期の身体には毒(笑)なので覚えている
怪しい記憶で、ちょっとだけ残しておきたいと思います。
モモが普通に歩けなくなって診察を受けた時、その場で膝蓋骨脱臼と
診断され手術をすすめられました。両後ろ足をそれぞれ2週間の入院で
別々に手術して1回につき約20万円と言われたような・・私はその場で
承諾しました。ところが、1回目の右の手術で2週間入院している間に
提示された1回分の金額はすでにオーバーし、術後に何の改善もなく
それどころか瀕死の状態になって転院した時、その一ヶ月にかかった
金額は30数万円になっていました。その後、転院先の今の病院と
MRIを撮った大学病院などへの支払で、クッシングとわかって投薬を
スタートするまでに10万円以上。そして、そこからやっとその後3年間の
クッシングの投薬治療、検査等、延べ約2年間のアカラスの治療での
注射代、甲状腺の投薬治療・・となります、全部でいくら支払ったかは
計算しないとわかりませんが、家計を大きく圧迫したのは間違いない
クッシングとわかるまでに色々あったことで高額にはなりましたが
モモの場合、クッシング治療に関しては順調にここまで来ているので
その治療費も少なくて済んでいると言えるかも知れませんが、それでも
この先どうなるのだろう・・と治療費の工面に悩み、長く生きて欲しいと
心から願いながらも、余命が数年なんだから何とかなるだろう・・なんて
どこかで思っていたのも事実です。更に、発病が3歳と若かっただけに
普通の犬の寿命まで、もしモモがクッシングであと10年生きられたら
喜ぶ気持ちよりも、早く死んで欲しい・・と願ってしまう自分になるかも
しれないと・・正直怖かったです。お金に余裕があれば、こんなことを
考えなくて済むのに・・と、宝くじを仏壇に供えながらお願いしたり(笑)
お金に余裕のある家の子になっていたら、モモはもっと十分な治療を
受けられるのではないかと不憫に思ったり・・色々ありましたね・・(笑)
他の病気で、もっと高額な治療費を払っている飼い主さんは多いし
私ならとても無理・・と思うような金額を払っていると聞いたこともあり
病気の愛犬と暮らす飼い主の苦労は、どんなに愛情をかけていても
それだけでは済まない現実の壁があるわけで・・切ないですよね
「病気の愛犬と最後まで一緒に頑張る」一見とても美しいお話のように
思えるけれど、世の中そんなに甘いものじゃない・・現実は厳しいです
愛があれば・・どんな苦労だって・・そう言えるのは恵まれた人だけで
ブログにきれいごとばかり書いているこの私も・・はい、苦しいです(笑)
愛犬の治療費くらい何とかなると思える飼い主さんは、そのことだけで
すでに素晴らしい環境での闘病生活を愛犬に与えているのだと喜び
わが子はとても幸せなんだと思って下さいね。そうは思えない不安を
抱えている飼い主さんは、今の自分にできるだけのことを精一杯して
あまり先のことまで考え過ぎないで自分を守るのも大切かな、時には
愚痴ったりぼやいたり(笑)つらさを吐き出しながら頑張りましょうね・・




* Category : 闘病の記録2009.中期
* Comment : (10) * Trackback : (0) * |

* by マックママ
またまた、お邪魔します(笑)

本当に、治療費は大きな問題ですね。
マックがクッシングと診断されて、詳しい話を聞きに行くまでの数日、ネットで検索しまくりましたよ~
ただ「薬は高額」としか書いてなくて、主人と話し合いましたもの。
小型犬ならまだしも、大きなワンちゃんになると厳しいだろうと思います。
治療費が続かなくて断念という話も先生から聞きましたしね。
その頃の私は、治療=薬としか頭になかったのですが、
いろんな意味での治療があるというのにも気が付きました。
我が家の場合、「傍にいる」ことが何よりの治療のように思います。
見えない先を心配するより、今一緒に笑って過ごすこと。
こう思えるまで、長~い時間がかかりましたが(笑)

今思うと、更年期の出始めと病気が分かったのとが同時期で、そりゃ悲壮感漂うわ。ってね(爆)
家族が減ったことを、すごく心配したのですが、マックには意外とストレスなしだったようで、それにも救われました(苦笑)

何書いてるんだか、分からなくなってきた~(汗)


* by リキ
こんにちは~♪
治療費は、本当にバカになりませんよね。
でも、やっぱり、請求される金額は病院によってバラバラ。。。。
今は、ペット保険適用の病院も増えていますし、保険に入っていればカバーできる部分も大きいのでは?とも思います。
私自身、今の先生と病院に出会うまでは、毎月高額だったので、あの時(以前、入る機会があったので)保険に入っていれば・・と何度も思いました。
マルの可愛い笑顔が見たいから働いているのも事実ですけどね~

マックママさんへ * by miyu
色々な意味で、似たような経過(ワンコではなく私たちね)をたどり
ここまで来たという気がしますね(笑)ずっと必死で夢中で・・
クッシングの薬は高額、それしかわからなくてね(笑)投薬量も値段も
ワンコの大きさや状態によって違うし、病院にもよっても色々なので
情報を得るのが大変だったことを覚えています。
そうか・・更年期の自分も、悲壮感ただようあの頃の原因だったのね(笑)
我が家も、モモの半年前に息子の病気がわかって・・次々に起こる不幸に
家のお祓いでもしなきゃ一家全滅か?なんて思ったこともあったような(笑)
それでもここまでなんとかやってきたことに感謝して、これからは
1日1日ゆっくりと・・お互い頑張ろうね♪


リキさんへ * by miyu
こんにちは♪
本当に病院によって色々ですよね・・以前より高度な治療もできるようになり
支払う金額によって治療の選択肢が大きく変わる現実も厳しいことだと
苦しいお話を聞いたこともあります・・やっぱりお金か・・と
ペット保険も、そのうちに・・なんて真剣に考えたこともなく
私も、まさか3歳前にこんな病気になるとは思わず、甘かったです・・(笑)
いざと言う時って、本当に突然やって来ることもあるのですよね・・
元気なワンちゃんには是非検討してもらいたいなあ・・と思います


* by まきまき
はじめまして・・
ブログ村の闘病記からやってきました。
今、7歳から心臓病を患い4年目咳が酷く、副鼻腔炎、気管支狭窄にもなりつつ、いろいろやってきましたが・・・
今にいたっています。
治療費のことで、目に止まり、共感してしまうことがありました。ブログではがんばっているキレイなこと書いてます。
でも現実は押しつぶされそうです。
医療費があとどのぐらいかかるのか?
苦しんでいる時に出すお金がなかったら・・・とも考えてしまいます。看病したいけど、医療費を稼がなくてはならない・・
あと三匹老犬がいます。彼らのためにも・・・

こういう気持ちは闘病している方しか本音が言えなかったりします。
ちょっと吐き出したくなってコメントしてしまいました。

また、覗きにきます。

まきまきさんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
治療費についての不安な気持ち・・やはりブログには書きにくいですよね
この命を守るためならどんなことだってしてやりたい、という感情と
この先いくらかかるのか・・という現実の不安で、余計に悲しくなったりね
長い闘病生活だけでなく他にもワンちゃんたちがいらっしゃるなら
今後の経済的な負担は大きな悩みだろうとお察しします・・よく頑張って・・
私も、これならもっと長生きできるという治療法がクッシングにもしあったら
それがとても高額だとしても・・モモのためにしてやれるのか?と
仮定の話ですら悩んだりしてましたね・・(笑)今回の記事もこれがギリギリで
お金と命を天秤にかけるような後ろめたさが自分の中にどうしてもあって
頭にあることの半分くらいしか書けませんでした・・難しいです(笑)
先のことを考えないようにして、今できることだけ・・頑張りましょうね♪

おはよう(#^.^#)ございます。 * by エリィ
毎日暑い日が続きますが、Miyuさん、モモちゃん元気ですか?私達はなんとかやってます。昨日何か月ぶりの自分のエリテマトーテスの検査(膠原病も)でした。いやはや採血はかなり多くの血液を取られるので血管は痛いし8本目くらいの採血は出にくく、注射針を動かすやら、私は痛くて泣きそうでした(笑)。検査結果は後日なのですが、担当医は進行はしてなさそうとの診断で少し気が楽になりました。今は副腎の薬も免疫抑制剤の投薬もなく過ごしているんですが、過去はかなりの飲み薬の量でしたv-12。完治という言葉はないけど完快ということがある病気なので3歩進んで2歩下がる・・みたいな感じです。最近とにかく泣きたくなるくらいだるくて、「こりゃ、ヤバイ・・」なんて思う日が増えましたが、「こんな気候だもん、だるくもなるわさ・・」なんて思うことにしています。本当は再発したらどうしよう、とか思うこともあるけど、今はエリィv-16が優先、私の元気の源だからv-238。エリィは薬が増えたことで少し下痢気味になりましたが、昨夜から下痢も治まりホッとしています。昨日病院で多分同じ病気の人が待合室で泣いてました、見ててこちらも辛くなるのですが、つくずく思ったのはそんなに泣いていたら病気良くなんないよ、ねえねえ、待合室で泣かないで、家に帰ってから泣きなよ、もう!なんて思いました。周りにまで独特の嫌な雰囲気になるのです。・・病院てとこは人生が見えるような気がします。嫌です。前回のコメントで仕事をしてるなんて言いましたが現実、収入はすずめの涙(トホホ・・)なんですよv-15、お恥ずかしいです。治療費のことを書いてくださって感謝しています。そうですよね、なかなか心の奥の本音は特にお金絡みだと言いにくいですよね。私も出来るだけのことはするつもりではいますが、もっと高額になっていくと・・なんて考えると果てしなくゾーっとしてv-12、倒れそうになります。でもMiyuさんの言うとおり先のことは考えず今を精一杯する!私も同感ですv-238。貧乏暇なしv-88、ちょっと仕事してきますv-222

エリィさんへ * by miyu
たくさんの採血・・頑張りましたね~、母の検査の時にいつも思ったけど
採血する技術というか・・人によってかなり違うなあ・・と
上手な人にしてもらえると、すごくラッキーだったような・・(笑)
エリィちゃんもママも、このままいい状態が続くといいですね♪
ワンコも人間も、のんびりゆったり過ごせるのが身体にも1番だから・・
息子も医者からストレス厳禁と言われているから、体調の悪い時に
「ストレスためないように・・」とつい言ってしまうのだけど
「そんなのわかってるけど、身体が勝手にストレスを感じるのだから
自分ではコントロールできないんだよ、だから病気になるの!」と
なるほどなあ・・と思う答えが返ってきたことがあります。
それを証明するように、就職活動が終わったら体調がいいらしい(笑)
確かに元々、何とかなるさ!!って思える性格ならストレスはたまらない・・
こればっかりはどうしようもないから(笑)楽しいことを見つけて
たくさん笑えるように過ごしましょうね♪
すずめの涙だって立派なお仕事ですよ!だって私はうらやましいから(笑)

ご無沙汰しました * by リンママ
誕コメありがとうございましたm(__)m
お礼がおそくなりすみません

犬を買う時に、その子が病気になるかもとか…考えて買う方は少ないですよねぇ
考えないですよねぇ
本当に自由診療なだけに10件行って全部金額が違う!
納得がいく治療をしてくれるのなら、少しくらい高くても良いと思うのですが、なかなか治らなかったり・・。金返せー!と言いたくなる病院も…(笑)←完全に自分の事ですみませんm(__)m
これって獣医師会とかで一定に出来ないのでしょうかねぇ!?
これだけワンちゃん飼ってる方が多くて、ワンちゃんに対する考え方も昔とはずいぶん変わってきてますよねぇ
本当にうちも切実ですぅ(#^.^#)
本当に治る病気が羨ましいと思う今日この頃です(*^_^*)

モモちゃん腫れ大きくなってきましたねぇ
そろそろ抜かないとならなさそうですか?
2、3枚目の写真を見て元気そうなので安心しました(笑)
3枚目はウケルゥー(笑)

リンママさんへ * by miyu
いえいえ、私こそお誕生日にも全然気がつかず・・遅くなりました
次々に通院することが重なって、距離的なこともあるから大変ですね・・
リンママさんは本当にたくさんの病院をめぐってきたから・・(笑)
よく頑張りましたよね・・というか・・今もすごく頑張ってるし・・
リンちゃんもアニーちゃんも、きっと「このママなら・・」って
ちゃんとあなたを選んでやってきたのでしょうね・・なぜかそう思った(笑)
大丈夫、大丈夫、頑張ろうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。