123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
9月19日
その後、変わった様子もなく元気なままヒート生活を送っているモモです
6歳まで発情期がなく、急にこのようなことが起こった場合について
やはり不安が大きかったので色々調べてみましたが、参考になるような
事例はほとんど見つからず・・きっぱりと開き直ることにしました(笑)
モモに今後起こるどんなことだって、しっかり受け止めようという覚悟は
とっくにしているのだから、グズグズ考えるのは何か起きてからですね(笑)

ということで・・気持ちだけの「なんちゃってお赤飯」でお祝いしました
家族はあまりお赤飯が好きではないので、いつもの雑穀ご飯を
黒米の割合を多めにして色を濃く、そしてもち米と白米を半々にして
モチモチの食感で気分はお赤飯に・・(笑)

普通の白米と同じように簡単に使えるもち米を使って・・
DSCF5875.jpg

こんな炊き上がりです
見た目はお赤飯にそっくりですね(笑)
DSCF5879.jpg

まずはモモの分(笑)
DSCF5880.jpg

ジジババにお供えの分
DSCF5881.jpg

そして・・私の(笑)
DSCF5882.jpg


お祝いの主役のモモは・・届いたばかりの赤いパンツ姿
この数日、この前買ったパンツが脱げる、ずれる、もれる・・で(笑)
モモも私もストレスになっていましたので・・ネットで探しました
これなら脱げることなくぴったりフィットで動きやすい(笑)
人間に換算すると・・モモはアラフォーでの初ヒートですから
ちょっと恥ずかしいような気もしますが、見た目は若い(笑)大丈夫
お祭りの腹掛けのようにも見えるし「おめでたい」(笑)
DSCF5866.jpg

首の後ろがマジックテープです
DSCF5868.jpg

ご飯・・美味しかったね♪
あとは無事に終わるのを待つだけ・・頑張ろうね
DSCF5865.jpg



* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (14) * Trackback : (0) * |

* by youzi
黒米で色が出るのは知っていましたが、
こんなにいい色が出たんですね。
見た目はお赤飯と変わりませんね。
これ、凄くいいかも。

モモちゃんもお赤飯をたべたんですね。
赤いパンツをはいて、嬉しそうにしている
モモちゃん、本当に可愛いですね。
写真を見ている限り、クッシングとは思えないです。
無事、ヒートが終わりますように。

youziさんへ * by miyu
我が家は基本が雑穀ご飯になって数年、身体にいいかと聞かれたら
さあ?・・どうなんだろう(笑)ですが、でも簡単で美味しいですよ
もち米を加えると、目をつぶって食べればお赤飯と区別はつきません(笑)

時々、私がうっかりして、モモがパンツのままおしっこしちゃうなど(笑)
すごいことになったりもするけれど・・元気にしています、ありがとう♪

嬉しい♪♪♪ * by トトコ
♪♪♪誇らしげなモモチャンの可愛い顔ですね♪おめでとうですね♪♪♪
miyuさんが、準備する姿や・・服やらお赤飯風や、色々な想いに、私も胸が一杯です。
先生も喜んで下さる様子は、私も嬉しいです♪皆にも勇気をくれてるですね。
♪PCを開けて良かったです!!♪
このまま、落ち着いた状態で、奇跡のモモチャンで、あり続けてね('-'*)
今の私に、勇気と癒しを有り難う(/^-^)/♪有難うね♪♪♪
miyuさんも身体、大事にしてね!


トトコさんへ * by miyu
こんにちは、一緒に喜んでくれてありがとうね
久しぶりの病院で・・肩身が狭いような気もしたけれど
気持ちがホッとしたのは、診断ではなく、やっぱり先生の言葉だったかも・・
飼い主が動物病院に期待するのは、病気の治療や適正な判断だけでなく
こんな言葉のやりとりも大きいのかな・・とあらためて感じました
トトコさん体調は大丈夫?のんびりゆっくりと元気でいてね・・

始めまして * by yuna
海外在住です。
最近私の12歳の愛犬(ポチと言う名前ですが女の子です)がクッシングと診断されました。
よく考えると異常な食欲や多飲多尿がありましたが食欲があると言う事は健康な証拠と思い放置してしまっておりました。夏からの皮膚発疹が気になり病名が分かった次第です。

モモちゃんの闘病の記録を読み頭が下がります。本当に素敵な飼い主さんに出会えてモモちゃんは幸せですね。

ポチは抵抗力がないのか昨日からぐったりして食欲がまったくなくなり、病院に連れて行ったところ風邪と言われましたが私には薬が効きすぎているように思え様子を伺っています。
不安ですよねこのようなときは。。。
ですが昨日モモちゃんのブログに出会い最後までがんばってみようと再度決意しました。これからも素敵なブログ読ませていただきますね

yunaさんへ * by miyu
はじめまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
食欲があってたくさん水を飲む・・普通なら元気な証拠だと思いますよね
クッシングがわかりにくい病気なのも、そんなところに原因があるかも
しれません。薬の効きすぎかも・・ということは投薬治療をされている?
もしトリロスタンなら、副作用が起こる可能性はあると思います
病院で風邪と言われたのなら・・難しいですが・・あまりに気になる時は
お薬を中止してしばらく様子を見ることで、因果関係がわかるかも・・
余計なお世話で申し訳ありませんが、薬の効きすぎや副作用は怖いです
場合によっては、クッシングの状態でいるよりも危険ではないかと
私は思うので・・注意深く様子を見ながら頑張って下さいね♪
現在のモモは普通のワンコと変わらないくらいに体調が良いので
病気の参考になるような記録も残せず、参考になることはないと思いますが
過去の記事には、病気について調べたことも色々書いているので
今後のポチちゃんの治療の参考になることがあれば幸いです
高齢で元気に治療しているワンちゃんもたくさんいるので大丈夫ですよ♪
落ち着くまでは大変でしょうが、ゆっくり頑張りましょうね

* by yuna
お返事ありがとうございます。そうなんです。薬の投与治療を始めましてから2週間後に激しい嘔吐をし、ぐったりしたので病院へ連れて行ったところ抵抗力が弱まっているので感染しやすく風邪を引いたようだといわれました。その時は抗生物質の注射を2日間受け、又その後2日間抗生物質の薬を飲ませ体調はよくなりましたがまた2週間後に同じ状態になってしまいました。
それで昨日病院へ連れて行ったところやはり扁桃腺がはれていて風邪をぶり返しているようでまもなく熱も出てくるだろうからといわれ注射をうけましたがよくならず今日もう一度病院へ連れて行きました。
今日はまずレントゲンを取り肝臓が肥大している事を指摘されました。これは薬。。トリロスタンです。。を投与しながら様子を見るといわれました。私は薬が効き過ぎているのではないかと尋ねましたがそんな事はないと思うと言う返答でした。ですが今日も血液検査をしたので明日結果が出るはずです。後はお腹もかなり張っていて痛いようなので痛み止めの点滴と抗生物質の注射を受けたところ家に帰ったら食欲が戻ったようでご飯を食べてくれました。昨日よりも随分調子がよくなりホッとしています。

ポチの状況ばかり書いてしまってごめんなさい。モモちゃんの闘病記録で勉強させてもらっています。本当に可愛いワンちゃんですね。この子のブログでの笑顔と見ていると心がいやされます


yunaさんへ * by miyu
ポチちゃんの状況だけでいいのですよ、気を使わなくても大丈夫♪
クッシングは免疫が落ちるので身体の抵抗力が弱り、感染症など
色々な部分にその影響が出てくるとはよく言われていますし
原因を特定するのは難しい場合も多いようですね・・回復するにも
普通より長くかかったり・・治療効果が見えにくいこともあるかと・・
肝臓の肥大も心配ですね、これもクッシングの影響かもしれないし・・
薬の副作用や効きすぎの場合、血液検査のカリウムやナトリウムの数値が
副腎機能低下の目安になると言われていますが、それだけではわからない
トリロスタンの身体への反応が過敏だったりする場合もあるようで
判断の難しいことも多いようです。ポチちゃんの犬種と体重は?
お薬の投与量はどれくらいなのでしょうか?投与開始からの期間や
具合の悪くなった様子などからは、薬の影響も、先生のおっしゃる風邪など
どちらにも可能性があり、それ以外に元のクッシングによる体調不良の
可能性もあるかもしれないし、yunaさんも獣医も、悩まれるところでしょうね
とりあえず、今現在の不調が治まって落ち着かれることを祈っています
今は不安でつらいでしょうが、あなたもポチちゃんもよく頑張っていますね
少しずつ調子が良くなっていけば、力もどんどん湧いてくるから・・
一緒に頑張りましょうね、大丈夫、大丈夫♪



ありがとうございます * by yuna
優しいお言葉に思わず泣いてしまいました。本当にありがとうございます。

ポチはヨ-クシャです。ちょっと大き目の種類でして体重は6.1キロあります。(これは食べすぎですので本来なら5キロで良いと思います)
薬の投与量はべトリ-ル10ミリグラムを朝晩1つずつ計20ミリグラムを1日投与しています。昨日から又医師の指示通り抗生物質と一緒にトリロスタンを服用させているのでとても心配です。嘔吐しておりました2日間は何も受け付けなかったので薬も与える事が出来ませんでした。これが血液検査にどう反映されてしまうのかも心配しています。まだ結果が出ていないようです。

ポチの病院はポチが生まれた時からずっと通っておりましてすべてのデ-ターがPCに入力されています。とても信頼の置ける病院で、病気のときも手術の時もいつもお世話になっております。
ひとつだけ私が後悔している事は今年の6月の予防注射の際過食なことと、水とよく飲む事をキチンと伝えなかった事です。そうしたらもっと早くに治療を開始して上げられたのに。。。。

今は薬が効いているのか食欲も随分戻り、寝たきりではなくなりましたので本当にホッとしております。食事はこれも医師の指示通りダイエット用の半練りのものを与えております。

気が付いたら後ろ足が随分弱ってしまったようで少し硬直しているように見えます。これもクッシング病の兆候だったのですね。鍛えるために少し散歩をさせたいのですが何処かで何かに感染してしまいそうで躊躇しています。

本当に見ず知らずの私達に心からの心配と温かいお言葉を日本からかけてくださりましてありがとうございます。がんばります。 ウィ-ンより

yunaさんへ * by miyu
この病気と闘う不安や、治療開始後の様々な出来事に対する心配など
私も同じでしたから、お気持ちは痛いほどわかります
見ず知らずでも遠くでも、こうやってお話できる便利な時代ですから(笑)
仲間として一緒に頑張れること・・これも幸せだと感じています

ポチちゃんの体重から、最小量で慎重に投薬をスタートされているようで
安心しました(笑)その量で、食欲が落ち着いてくるなどの症状の改善が
すでに見られるなら、お薬への反応がとてもいいのかもしれませんが
今後も薬の効きすぎに注意しながら経過を観察していこうと
先生は考えていらっしゃるのでしょうね、その方が安心ですものね
日本では人間用の国内製品デソパンを使っているケースが多いですが
ベトリールはイギリスの犬用のトリロスタンだそうですね
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-entry-382.html
合併症の心配などから、多少はダイエットが必要かもしれませんが
クッシング治療で食欲が落ち着けば、無理なく減ってくる可能性もあり
更に足にかかる負担も減るので、後足の改善も期待できるかもしれませんから
今は無理をせず、足を鍛えるのは「そのうち」でいいかも・・(笑)
偉そうにあれこれ語ってごめんなさいね(笑)ちょっとホッとして・・


管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
コーチゾン・・日本だとコルチゾールと呼ばれているものですね(笑)
投薬の効果の表れ方も様々で、コルチが下がっても症状の改善のない場合
症状は良くなっても数値にはなかなか出ない場合など、色々なようです
クッシング治療の1番の目的が臨床症状の緩和と言われていることを考えると
数値はまだ高くても、不快な症状が改善されているというのは何よりで
もちろん今後に不安はあるでしょうが良かったですね。投薬で完治する
病気ではないと言われているので、今後も投薬は続くのだと思いますが
数値が高いままでも、薬の増量などはされていないのですよね?
それなら、もちろんまだ注意深く様子を見ることは大事だと思いますが
少ない量の投与でもうしばらくこのまま効果が出るのを待つ方針なのでは
ないでしょうか。私も、その方が安心ではないかと思います
コルチの高いままの身体には、今後も色々な異常が起こる可能性があり
薬で体内のコルチを低く保っていくことが大切だと判断されたのかも・・
お話を伺う限りでは、とても慎重で信頼できる先生に診ていただいている
ようなので、クッシングのような難病の闘病生活には、主治医との
信頼関係がとても大切になってくると思うので良かったですね
次の診察まで、これからの一ヶ月、このままもっと良くなりますように・・
もちろん何か起きたら、という不安は当然ですよね・・無事に過ごせるよう
精神的にはきついでしょうが、ここが頑張りどころですからね♪

私は、クッシングのお仲間たちの本名もほとんど知らないくらいですので
そんなに気を使わなくてもいいのですよ(笑)外国での暮らしだけでなく
お仕事も忙しそうで・・よく頑張っていますね、ご苦労も色々あるでしょう
頭に浮かんだのが・・ザッハトルテだけの私で・・ごめんなさいね(笑)

○○さんへ * by miyu
こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまいました
突然のことに、今は何も言葉が浮かばず・・申し訳ありません
大変な中、お知らせいただきありがとうございました

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。