12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
11月25日
色々ご心配いただいたのに、記事を書く余裕がなくて遅くなりました
昨日の夜には、まだ手足がちぐはぐな動きながら、自分でトイレにも
行けるようになり、痛みでキャンッもなくなりました。引き続き慎重に
様子を見守りますが、大丈夫だと思います。ありがとうございました

昨日のモモ・・落ち着いた表情になったように感じます
DSCF6561.jpg

前夜、元気がなく寒そうに見えるので、毛布でベッドをくるみ
しばらくそばで添い寝しましたが、私が寒くて限界になり
DSCF6547.jpg

私が自分のベッドに入ったら・・うらめしそうにずっと見てました
何だかすごく嫌な感じがして・・不安でした
DSCF6548.jpg

ここからは、ころんだ翌日の話です

夜中に、眠っているモモが「キャンッ」と鳴いたので飛び起きた
びっくりしたのは私だけでなく、自分のそばに地響きをたてて近づく
でっかいママを見つけたモモも同じ、目を丸くして私を見ていた・・
昼間のアクシデントで痛い思いをした夢でも見たのか、寝言みたい・・
朝になってから、モモはほとんど動かず、ベッドの10センチの段差も
フラフラとやっとのぼってキャンと鳴く・・とても目を離せる状態ではなく
それならずっと抱いてれば・・と試したが、ふとしたはずみで「キャンッ」
やっぱりどこかが痛いようで、姿勢が変ったりすることで響くらしく
心配で仕方ない。1日中モモをそばに置き、トイレはもちろんご飯まで
その場所に運んで済ませ、終わったらベッドに運ぶ、その繰り返し
ピンポ~ンとチャイムが鳴ると、条件反射でベッドを飛び出してしまい
やっぱりどこかが痛いのか、遠慮がちに小さくキャン・・そのたびに
息子が3階から飛んでくる。なぜみんな家にいるのよ・・と思ってしまう
モモだけでなく、ストレス厳禁と医者に言われている持病がある息子の
身体まで気になり始め、もう我慢の限界、病院に行くことにしました
モモから離れず気分転換・・何か明るく・・色々考えて、息子が以前から
作ってくれとうるさく言っていた「ケンタッキーのビスケット」に挑戦して
半日で2回も作ってみたけど、こんなの作っても雰囲気は変らなかった
ひと月ぶりに来たと思ったら、2日後にまた、先生も何事かと思ったはず
事情を説明し、全身を確認してもらうことに。4本の足もくまなくチェック
気になる背骨や腰も手で押しながら診ていただいたけれど、モモは
じっとしているだけで、ハアハアは相変わらずだけど声は出ない・・
結構強く押しているから、痛みがあれば鳴き声を上げると思うけど・・と
「家じゃなく、ここで「キャン」て鳴かないと先生にはわからないんだよ」
モモにもそう説明はしたけれど、遠慮しているのか緊張か・・無言のまま
これなら多分大丈夫、だけど安静にして様子を見るように、との言葉に
やっと安心しました。クッシングなので、足の筋なども痛めやすいから
気をつけて下さいとも言われました、おっしゃるとおりです・・反省・・
おまけに、しっかり診ていただいたのに、診察代はなし・・申し訳ないです

できればこっそりと病院に行きたかったけれど、みんないるから無理だし
私に抱っこされているのがモモは1番安心なんだからと、息子が運転して・・
診察室には入ってこなかったけれど、本当に大丈夫?足は?腰は?
診察の結果を何度も確かめる言葉に、相当不安を持っていたのがわかる
心配するなと言っても無理だよね・・こういう細かい繊細な性格だから
身体を壊したのかもしれない息子なんだから仕方ない・・それに比べて
前の日のモモの様子なんかすっかり忘れてやって来て、寝ているモモを
せっせと自分のデジカメで撮っている娘・・二人を足して半分に割りたい・・

2日間、まったく見向きもしなかったアキレスにかじりついた
DSCF6555.jpg

嬉しくて私が大声を出したので、思わず立ち上がる・・
DSCF6558.jpg

何が起こったのかわからず、呆然とするモモ
どうして私は静かに見守ることができないのか・・また反省・・
でも嬉しかった・・「モモが立った」
DSCF6559.jpg




* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

* by sofia
((o(б_б;)o))ドキドキハラハラで読ませて頂きましたぁ
大事に至ってなくて良かったです~ε-(^、^;
モモちゃんがご家族みんなに愛されてるのがmiyuさんの軽快な語録に乗って伝わってきます
立っちしたモモちゃん♪
ネットからもみんなきっとやった~!って叫んでますよ~ヘ(*^0^*)ノ

sofiaさんへ * by miyu
ご心配おかけして申し訳ないです・・本当にホッとしました
今はたまにモモの様子を書くだけになっていたこのブログなので
突然のバタバタに動揺して、何が何だか・・自分を見失いました(笑)
忙しくもないのに恥ずかしい・・(笑) どうもありがとう

* by トトコ
焦ったら書いたのが、消えちゃった~
良かったです!いつもより少し疲労?のモモチャンに見えるけど、
立って元気なった合図・・嬉しいですよね。良かった。
分かろうしても、ナカナカだから・・普段と違うキャン触ると痛いよ、は、私達には助かる合図だよね。お医者では少し我慢したかも?でも、痛い治療や入院ならず、良かった。
子供さん達、息子さんも本当に優しいね。ストレス性になるね・・文面に伝わります。お大事にされてね・・私は単に神経質、下痢・・・・更年期の失禁もだが、マダ動けるから自分で何とかだが、
モモチャン失禁もヒトゴトでは無いです。。
心で、ママ有り難うって言ってるね。太郎は、当たり前顔だが・・
足の筋・・大変ですね。太郎でさえ、大丈夫か思う時ある細い筋だから、病気の事で、モモチャンの足にかかる負担も考えると・・心配したら、キリないよと、miyuさんに言われそう(笑)

miyuさんは、いつも静かに判断、明るく見守りしてる思うよ♪
焦りながらも、モモチャンきれいにして服の着がえとか色々考えたり、胸がキュン・・
私が言えた事では無いけど、miyuさんの言う通り今を感謝に、ですね。miyuさんのハラハラや、今の嬉しさ伝わる。私も読みながらハァハァ(笑)。 不安な人には、焦りmiyuさんも救いです。(笑)
良かったモモチャン・・ずっとだよ・・祈り

ひと安心^_^ * by 専業主婦
私にはわからないmiyuさんなりの事情があるとは思いますが
病院へ行かれたこと 全身を診ていただいたことで 少しの
安心感を得られたのではないでしょうか? 
モモちゃんの足のこと 今回の記事も含めて改めて知りました
心配の種は尽きないけれど頑張りすぎないで下さいねmiyuさん

* by まきまき
ちょっとドキドキしましたが・・・
安心です。モモちゃんの表情を見たら、がまんしてるようには見えない・・・(ガマンしてるかわからないですがっっ汗)
まきまきは以前より少し強くなった気がしてますが、

本当は心ざわざわしてます。
自分のブログではやっぱり本音は書けなくて・・・
miyuさんのちゃんと自分のことを書けてるのを見ると
少し安心してしまう。
前向きな言葉や態度を意識すれば大丈夫と思っていても
後ろから津波にのように不安や悲しみが押し寄せてくるんです。

これはず~っとあるんでしょうね・・・。

スミマセン自分のことばかり書いてしまいました。  ペコリ

トトコさんへ * by miyu
切羽詰って行った病院なのに、入院になったらどうしよう・・とか
お金がいくらかかるだろう・・なんて、モモの身体だけでなく
現実的な心配までしている自分が悲しかったかな(笑)
だから余計にホッとしたのかもしれませんね・・お恥ずかしい・・
息子はストレスで腸に穴があいちゃうかもしれないので気を使います
モモにも子供にも神経を使い、それでもタフな自分の神経と身体
やっぱり介護の運命を背負っているのだと自信を持たないとね(笑)
我が家のことで、トトコさんの方が具合悪くなりそうで・・ごめんね

専業主婦さんへ * by miyu
素人では判断できないこんなアクシデントの時、病院に行くだけで
モモだけでなく私の不安解消までしてもらえたから・・ありがたいですね
色々な事情をかかえているのは誰もが同じだから・・それを受け入れて
自分のできることをほどほどに頑張る、それに尽きますね(笑)

まきまきさんへ * by miyu
心がざわざわ・・よくわかりますよ、私はそれに更年期プラスで(笑)
頭の中でも不安がどんより渦巻いて、得体の知れない恐怖に包まれる時も・・
あなたはとてもよく頑張っているから、そして明るくいようと努力して
つらい本音を残さないようにしているのかもしれないけれど
それぞれに状態の違うたくさんの愛犬の命を守る重圧はどれほどのものかと・・
吐き出してしまうことで少し軽く感じることもあるから、無理しないでね
私はね、どちらかというと、きれいごとを並べて取り繕う性格だけど
時々、どうしようもない本音を手が勝手に書いてしまうの(笑)
それができるのは、このブログを、家族も病院の先生も実生活の友人も
多分見ることはないだろうとわかっているから、知られる心配はない(笑)
顔を会わせる人間には、この人が裏でこんなことを思っているのか
なんて、心の中まで知られるのはちょっと恥ずかしいものね(笑)
だけど、いつか最後の日は必ず来るわけで・・その時に、そしてその後に
自分が立ち直るために、頑張った記録を振り返ることが必要になる時が
きっと私には来るのではないかと思っているので、そのためにも
たまにはためらう本音もいいか・・と開き直ってしまいます
もっと醜い本音も、実は心にあるけれど・・それはさすがに吐き出さない(笑)
私自身がみなさんに言われてばかりなんだけど、無理をしない程度に
マイペースで、自分の心もいたわりながら頑張りましょうね(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。