123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
12月19日
いくつかのプチトラブルはありましたが、無事に娘の引越しも済み
モモも数時間の留守番を頑張ったみたいです(笑)私が留守の間に
帰宅した息子は、モモに手を焼いているのか、何度もメールを・・
モモは私に「早く帰って来て~」なんてメールはよこさないから
息子よりずっと我慢強くて立派ですね(笑)

片付けの手伝いもそこそこに帰宅して、再会の大喜びを満喫すると
こういうことは時々あるのですが・・モモが変身しました
私以外の人間や物音に、突然ガウガウと威嚇したり吠えたり・・
寂しかったのか・・ストレスがたまったのか・・ホルモンか・・
先日もこんなことがあったなあ・・と思い出した写真がありました

数時間の留守番をした先週、ご褒美にアキレスでも・・と思ったら
気配に気がついたのか、精一杯の可愛いポーズで待つモモ(笑)
DSCF6873.jpg

アキレスをもらってご機嫌でした
モモは普段、ご飯やオヤツを食べている時にも警戒心はなく
そばにいても身体を触ってもまったく平気
DSCF6875.jpg

「ちょうだい」と声をかけると「どうぞ」と私にくれることもある(笑)
目が合うと、遠慮して食べるのをやめてしまう・・という感じですが
DSCF6876.jpg

だけど、この時は違う、そばで見ていただけなのに、こんな顔に・・
カメラを向けながら「あれ?いつもと違う・・」と思った瞬間
DSCF6877.jpg

威嚇して飛びかかってきた!!
思わずシャッターを押していたのか、その瞬間が映ってた(笑)
DSCF6878.jpg

その後、アキレスを握りしめたまま警戒してる?怖いよモモ・・
DSCF6879.jpg

モモの顔が怖いので、真上から見守ることにしました(笑)
ここから見ていると赤ちゃんみたいなのにね・・
普通のワンコならめずらしくもないことかもしれませんが
モモの場合、記録に残さなきゃ!という出来事なわけで(笑)
時々見るこんな姿も、私は頼もしく嬉しく感じたりしますが
コルチゾールが増えると攻撃的になることもあるそうなので
ホルモンやストレスだったらかわいそうだなあ・・なんてね
そうだ(笑)この記事を書きながら思い出したことが・・(笑)
DSCF6880.jpg

写真を追加・・これかな(笑)「ごきげんななめのときもある。」
DSCF6916.jpg



* Category : 闘病の記録2009.後期
* Comment : (16) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
元気になって良かったね~
たくさん楽しんで、ストレス発散に励みましょう(笑)

○○さんへ * by miyu
こちらこそ、ご無沙汰ばかりで・・お気遣いありがとうございます
大切な2009年がもうすぐ終わります・・大きな大きな一年でしたね
私も、たくさんの元気と力をいただき、とても感謝しています
その思い出を大切にしながらモモと頑張りたいと思います、ありがとうね

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
こんにちは
その先生のおっしゃる「クッシンは死ぬ病気ではない」というのは
直接クッシングが原因で死に至るようなことはないという意味でしょうね・・
確かにそのとおりですが、問題は、クッシングによって増え続けてしまう
コルチゾールの影響が、身体のあらゆるところにどのように出てくるかが
わからない、その個体差が非常に大きいということなのでしょう
つまり、クッシングそのもので死ぬことはないけれど、死ぬ原因を
体内に作る可能性が高いかもしれない・・ということになるかと・・
人間のクッシングやホルモン異常は、細かく検査し、下垂体切除も含め
治療の選択肢は多く、死に至る影響が出るまでそのままということはなく
「治る病気」といってもいいのかもしれません。ペットの世界では
まだそこまで十分な治療は進んでおらず、投薬でコルチを抑えて
ホルモンのバランスをとっていくだけ・・というのが主流ですからね
それでも、どのくらい生きられるかも個体差が大きくて運次第
モモが発病した頃に良く言われていた「治療してもしなくても余命は同じ」
というのも、そのようなことからだったのかもしれませんね
今まで知り合ったクッシングさんの大半が、診断から1ヶ月~数年で
亡くなっている現実を考えると、私にはやっぱり恐ろしい病気ですが
何をどうすれば・・病気とどう付き合えば命をつなげるのか・・など
必ずしも「これだ」という答えがないのもクッシングなのでしょう
モモが運良く安定した状態でいることに感謝しなくては・・ですね(笑)
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-entry-469.html
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-entry-335.html

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
あなたが、その病院を再び訪れることができるようになったこと
そして少しずつでも「過去」だと自分が受け止められるようになったこと
今はその気持ちの変化を良かったと喜んでいいのではないかな・・
私はとてもホッとするし、嬉しかったですよ(笑)
不快な気持ちになるわけがないでしょ・・大丈夫、大丈夫
病気や治療の現実はしっかりと受け入れているつもりですが
私も、以前よりずっと「頑張らない闘病」に変ってきたのも事実で
楽な気持ちで過ごす大切さも実感できるようになってきたような・・(笑)
きっと、あなたの感じた喜びを私にもおすそ分けしてくれたのでしょう?
気にかけてくれてありがとうね・・素敵なクリスマスを♪

ええ! * by トトコ
無期限冬眠・ええ~・・管理人しか、で、重要な方々ばかりと、遠慮してましたが・・

miyuさんに、疲労を悪いと思いつ・・
可愛いモモチャンの姿は、私を勇気つけてくれた・・
元気なんですよね?

前のコメント欄に書いて、しつこいけど、こちらが有り難うですし・・見える様に書いてごめんなさい
可愛いモモチャン・・優しいmiyuさん・・

管理人のみ閲覧できます * by -

トトコさんへ * by miyu
お返事遅くなりました
モモが元気なので、闘病記としての役目は終わったかな・・と(笑)
このブログのゴールはモモが死んだ時だと覚悟して続けてきましたが
クッシングである以上、病気が完治することは多分ないでしょうが
「色々あったけど、その後モモは平和に暮らしています・・おわり」
というのも悪くないかと(笑)モモの体調がまた悪くなれば・・
やっぱり再開することになるのだろうと思いますが・・(笑)
皆さんが気を使って、何かひと言コメントしなきゃ~なんて思ったら
とても申し訳ないのでコメント欄は閉じました、さらっと終わりたいし(笑)



管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
けんちゃん、残念でしたね・・
クッシングだろうと診断されてから1年くらいになるでしょうか?
他に持病もあり、更に高齢での発症で大変だったと思うけれど
15歳まで本当によく頑張りましたね・・あなたもご家族もみんなね・・
病気の愛犬を持つ飼い主の1番の願いは、とにかく苦しませたくない・・
安らかな最期を・・という思いは大きいですね。だけど難しいことも多くて
そのことがさらに悲しみを増してしまう場合もあるだろうと思います
なぐさめにもならないでしょうが、最後まで生きるために頑張ったと
あきらめなかったのだと、けんちゃんをほめてあげましょうね・・
とてもよくお世話されていたし、あなたは一生懸命だったから
けんちゃんは本当に幸せな生涯だったと思いますよ、すごいことです
ご自分を責めてはいけませんよ、けんちゃんがきっと怒ります・・


管理人のみ閲覧できます * by -

アニーは29日に天国に行ってしまいました。 * by ohchans
miyuさん こんにちは。

以前に何度か書き込みさせてもらったものです。
どの名前で書きこんだか忘れてしまいましたが、ワンコの名前はアニー(コーギー)です。

クッシングと診断されてトリロスタンを飲むとアジソンの症状が出てそれの繰り返しで最後にはトリロスタンを1/20の3mgまでして、最近はアジソン病の薬に切り替えてました。
先生も脳下垂体腫瘍を疑ってたのですが、初めて検査入院したときの体調があまり良くなくて全身麻酔の必要なMRI検査ができませんでした。
その後に機会はあったのですが、100%でない外科手術や放射線治療も望んでなかったし、基本的に良性腫瘍ということなので薬でだましだましやっていく方法を考えてました。
ところが死後のMRIで腫瘍は良性なんですが、大きさが異常で脳を圧迫したのが原因であることが判りました。
先生もこんな大きな腫瘍は今まで見たことないと言ってました。
アニーが亡くなったのは大変悲しいのですが、異常な腫瘍で亡くなってしまったことは仕方がないと思っています。
また入院していたのですが、亡くなる直前までトコトコ歩いていて眠ったまま起きなかったということで苦しまずに良かったと思っています。
ちょうど8才半でした。クッシングと診断されてから1年半くらい。
書きこませていただいていたので一つの結果としてご報告致します。
モモちゃんは、病気と共存できているようで末長く安定した生活を送ることができることをお祈り致します。

ohchans

ohchansさんへ * by miyu
ちょうど1年前、2回目のコメントを下さったオーチャンさんですね
アニーちゃんのために一生懸命で、投薬治療をしながら、放射線治療なども
検討されていたことをよく覚えています。あなたもアニーちゃんも
最後まで本当によく頑張ったのですね・・苦しむことなく・・何よりでした
おっしゃるように、クッシングの多くに見られる下垂体腫瘍が原因なら
あきらめるということではないけれど、仕方がないと思う気持ちも
生まれるかもしれませんね・・私がそうです
モモも多分下垂体が原因だろうとわかったことで、自分の気持ちが
今までと少し変りました。うまく説明できませんが、そのこともあって
このブログを休もうと思ったのかもしれません・・
29日ですか・・あなたにはとてもつらいお正月だったでしょうね
だけどアニーちゃんはとても幸せに旅立ったと思います
8歳でのお別れは早すぎるけれど、その一生の長さではなく
どれだけ大切にされ、そして愛されて過ごせたかが大事なわけで・・
本当によく頑張りましたね・・アニーちゃんのご冥福をお祈り致します

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。