123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月29日
血液生化学検査の結果は当日にいただき、すべてが正常値内だったので
ACTH検査の結果もきっと問題ないはず・・と油断していました
投薬量を、それまでの1日2回10ミリ(6分の1錠)×2=20ミリから
1日1回7.5ミリ(8分の1錠)と、1日分としては約3分の1に減らしていたことで
私が心配していたのは「この量でコルチゾールの抑制が十分されているか」
投薬量が少ない分、今までよりも多少検査結果の数値が上がったとしても
すぐに投薬量を再度増やすことはしたくない・・というもの
ところが検査結果は正反対、数値が低すぎる・・過去最低でした
試薬の注射前が0.7、1時間後が0.6・・・コルチゾールを出すようにと
注射で刺激したにもかかわらず、注射前よりも低くなってしまったわけで
結果だけなら、真逆の病気アジソン(副腎機能低下症)を疑う数値です
予想外のことに混乱したのか、先生と電話で話しながら支離滅裂なことを
あれこれ言ってしまったかも・・よく覚えていないのもそのせいか?
「クッシングが治ったのでは?」「しばらく薬をやめて再検査したい」など・・
先生には「更に減らして再検査を」とアドバイスいただきましたが
思った以上に自分が混乱してしまったみたいで、どっしりと構えた様子で
こんな時にあれこれ色々なことを言わない先生でよかった・・感謝です

私は、たくさんのクッシングさんから色々なお話を聞く機会に恵まれたので
情報収集としては非常にありがたい反面、もしかしてモモにも起こる?と
お仲間に起こった出来事に、モモをあてはめてしまったりもするわけで・・
副作用で亡くなった、投薬でアジソンになった、突然死した・・など
驚くような話もあれば、ショッキングな現実に打ちのめされることもあり
検査結果の数値の増減に対しても神経質になり、検査が余計に怖くなる
何も知らない方が、元気で前向きに頑張れるってことも、やっぱりあるかも
というわけで・・久しぶりに徹夜の検索や情報集めが始まりました(笑)
モモが安定しているからと、私がしばらく情報収集をサボっている間にも
クッシングに関する症例や投薬、検査、治療などの新しい情報は増えていて
それらをどう考えるか・・自分の愛犬の治療に生かすことができるか・・
獣医だけでなく、飼い主にも勉強が必要だとあらためて実感しました
そこでお断りを・・このブログも4年目ですから、過去記事の情報も古いです
クッシングについても、今とは常識や考え方が変っている場合もあるので
それらをご理解いただいた上で、何かの参考になれば・・と思います

血液生化学検査や甲状腺ホルモン検査の結果、モモの様子なども考えて
投薬量は更に半分の約3.75ミリにして、しばらく経過を見てから再検査する
ことにしました。先生とは「5ミリで様子を」という話になったのですが
やっぱり怖いので、念のため、まずは現在の半分(16分の1錠)に・・


検査結果表を更新をしました
カテゴリー検査結果表




今回はコメント欄を閉めさせていただきますね、申し訳ありません
* Category : 闘病の記録2010.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。