12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
7月25日
暑いので、毎日「モモのバリカンするか・・」と必ず1度は考える(笑)
ハアハアがひどくなり、クッシング闘病5年目で初めての経験
飲水量の急激な増加に心が乱れた・・300グラム近い水を飲んだ日
とうとう目の前のピルケースから6分の1カットのデソパンを取り出し
更に半分にしてモモに飲ませました。5月に受けたACTH検査の直前
10錠のデソパンを60ピースにカットし・・その後投薬を中止したので
ほとんど減らないまま約2ヶ月が過ぎ・・毎朝、甲状腺ホルモン剤を
フードに混ぜてモモに与えるたびに、このデソパンが目に入る
モモの様子が不安になると、尚更手が伸びそうになっていたけれど
検査までは我慢しようと決めていた、でも我慢できなかった(笑)
少なくとも、私の目には「飲んだ方が調子がいい」ように見えるから
これじゃあ次回の検査はどうすればいいのか・・そう思いながらも
1日おきの投薬を勝手に再スタートさせてしまいました
飲水量は100~150グラムに減り、ハアハアも目立たなくなり・・
薬の効果なのか、偶然なのか・・投薬は必要なのかそうではないのか・・
この現状をどう説明すればいいのか・・と病院に行かれない私です(笑)

だけど、モモが楽に毎日を過ごせることが1番の願いだと開き直り
この暑さが一段落するまで、病院に連れて行くのも検査するのも
やめようと思いました。前もって電話して、お薬を頼んでおいて
何もわかっていない夫に取りに行かせるつもりです・・(笑)

モラタメでモモのオヤツが当たりました
DSCF8947.jpg

アキレス以外のオヤツは・・モモも忘れているくらい久しぶり
DSCF8950.jpg

何が起こるのかわかっていないモモの顔が不憫(笑)
DSCF8952.jpg

吐くまで食べさせてやりたいなあ・・と思うほど
大喜びのモモの顔は、私にとってのごちそうです(笑)
ささやかな幸せ・・平和な日々・・ありがたい
DSCF8954.jpg




* Category : 闘病の記録2010.中期
* Comment : (19) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

猛暑お見舞い申し上げますA^_^;) * by 専業主婦
病気と薬との関係等は私には分からないので
何とも言えませんが 毎日見ている飼い主ならではの
勘というのはありますよね!?

ホワイティもハアハア呼吸が速くなりやすくなったので
水入りペットボトルを凍らせたものをケージ内ベッドに
入れてあげたら馴染んで休むようになりました^^Y
水飲み用容器にも細かい氷を入れてます。
ヨーキーは夜寝る時にしかケージに入らないので
その際ペットボトルを入れてます。

熱帯化対策を地球規模でしてほしいと
切実に思う昨今です(*_*;

* by リキ
頑張ってるモモちゃんへのごほうびだね♪
嬉しそうなモモちゃんの顔はマルと重なる部分があって、私にとってもごちそうです(笑)

吐くまで食べさせてやりたい・・本当にそう思います。
肝臓の機能が低下していた、まーちゃん。添加物などで肝臓に負担をかけたくない・・でも、おやつは食べさせてあげたい・・とネットで一生懸命探して、これは!!と思えた「とり農園のささみジャーキー」すごく喜んで食べていました。冷蔵庫を開けてジャーキーの袋を持つと、それ私のでしょ?くれるの?くれるの?と嬉しそうな顔をしていましたが、アレルギー体質でもある、まーちゃん。お尻や耳などが痒くなりダメでした。
なので、マルのおやつはリンゴや梨、スイカに干し芋、プレーンヨーグルトなど、体に良さそうなものになりました。

食べさせてあげたいけど、食べさせてあげられないのは本当に切ないです。

今年の夏は本当に暑いです。
miyuさんも夏バテに気をつけて下さいね。

○○○ママさんへ * by miyu
お久しぶりです
夏は、気温の高さでの体調不良も多いのでまぎらわしいこともあり
持病のある子には厳しい季節ですね・・
肝臓の悪い子もクッシングにはとても多いから心配ですよね
呼吸が荒いのは、見ているのもとてもつらいし
ぐっすり眠れることが、どんなに幸せなことか・・と実感しますね
こんな時、飼い主は無力で・・それにも不安が大きくなってしまうけど
部屋を涼しく、身体を冷やして、ママの笑顔をたくさん見せて(笑)
安心して過ごせるように・・頑張りましょうね、大丈夫ですよ♪

専業主婦さんへ * by miyu
涼しくなる日を夢見て・・猛暑に立ち向かいましょうね(笑)
ペットボトルの氷枕、いいアイデアですねえ
結露で濡れたりすることはない?試してみようかな(笑)
モモは夜中に自分のベッドからゴソゴソと這い出しては
床にバタンッとひっくり返るので、いつも飛び起きてしまいます
前足が不自由なので仕方ないのだけど、ひきつけ?発作?と
冷や汗が流れる真夏の夜の恐怖です(笑)
ベッドで涼しく寝られる工夫をした方が、私の寿命は延びそうだし・・

リキさんへ * by miyu
お久しぶりです、あなたもモコちゃん元気かな?
健康な子でも人間でも、この暑さはねえ・・(笑)
マルちゃんはアレルギーもあったのね・・大変だったでしょう・・
愛犬に病気があったり年老いたり弱っていたりすると
喜ばせたいとか不憫だとか・・ついこちらがかわいそうに思ってしまい
「美味しい物を食べさせたい」と思ってしまうのが親心なのですよね

本当に暑いです、ワンコもママたちもみんな元気に夏を乗り切れますように

ペットボトルの氷枕 * by 専業主婦
犬ブログの中で目にしたので取り入れました^^
タオルに包んで入れてますが タオルは湿っぽくなりますので
ベッドは毎日のように日に干しています^^
レギュラーサイズのペットシートに包む方法もありますね?
モモちゃんもmiyuさんも快眠できますように(*.人.*)

専業主婦さんへ * by miyu
なるほど・・試してみたいと思います、ありがとう
突然昔を思い出した!誰かが熱を出した時だったかな
冷凍食品のピラフを氷枕にしたっけ・・って(笑)
モミガラ枕みたいに頭の形にそっていい具合でした
その後食べたかどうかは思い出せないけど・・(笑)

管理人のみ閲覧できます * by -

○○○ママさんへ * by miyu
いえいえ・・言葉はともかく
頼りがいのあるこの身体を見せてあげたいくらいです(笑)
何かいいアドバイスでもできればいいのだけれど
残念ながらやっぱり素人・・言葉をかけることしかできません
それでもね、たくさんのクッシングさんたちに共通する
愛犬への愛情と一生懸命、それはそれはすごいパワーです
私の知っているクッシングの子の飼い主さんたちは
あなたも含めてみんな強くて優しくてすごいです(笑)
そんな飼い主と過ごすワンコたちも、絶対に一番幸せなんだから
それを励みに頑張りましょうね、一緒にね(笑)

石灰化について。。 * by とも
こんにちは。ももちゃんお元気そうでなによりでした。。。実は我が家の愛犬もクッシングで治療中で以前こちらで一度アドバイスいただいた者です。それで、いろいろ調べたのですがわからなくて、もし、ご助言いただければとおもい、またこちらにお邪魔させていただきました。実は膀胱が石灰化で炎症をおこしているのですが、クッシングによりいちどなった石灰化は、トリロスタンの内服量をあげるなどすれば治っていくものなのでしょうか。それとも、一度なったら治ることはないんでしょうか。。また、石灰化のための治療は炎症を抑える抗生剤以外になにかお薬があるのでしょうか。もし、なにか御存知のことがありましたら、教えていただけないでしょうか。御忙しいところを失礼致します。どうぞ宜しくお願い致します。

ともさんへ * by miyu
こんにちは。
お名前に記憶がなく、コメントの確認をしましたが、該当するものが見つからず
以前いただいたコメントの内容がわからず・・申し訳ありません
クッシングによる皮膚の石灰化については、何度かお仲間に聞いたことがあり
症状の1つとして認知していましたが、内臓の石灰化はほとんど知らないので
残念ながらわかりません。内臓が石灰化しているというお話は、他の方にも
聞いたことがあるのですが、それの治療法については何も・・
ただ、クッシングが原因の石灰化は、ステロイドが過剰なことや、代謝異常
カルシウムとリンのバランスが崩れることによる症状と聞いたことがあり
炎症を抑える治療以外には、過剰なステロイドを抑制して、少しでも正常な状態に
近づけながら、それ以上進行しないようにすることしかないのかな・・と
個人的には思います(あくまでも私がそう思うだけですが)
クッシングにつきもののコレステロールやTGの高値は、動脈硬化などが進み
血管や内臓の石灰化の原因になることが知られているので、積極的ではないけれど
クッシングの状態を改善できれば、それが石灰化をくいとめることにもなるかと
そんなふうに感じています・・というか、それしかできることはない・・とも
詳しい事情がわからないのに、思いつくままダラダラと長くなりましたが
うまいアドバイスもできずごめんなさい、頑張って下さいね!

お返事ありがとうございます。 * by とも
お返事いただき、ありがとうございます。なかなか専門的なことなので個人で調べるのにも限界があり、御相談させていただきました。お忙しいところありがとうございました。。私も、個人的な考えでは、ホルモンの状態をよいふうに保てるよう調整しながら、すこしづつ石灰化が改善されるのをみていくしかないのではと、思ったりしています。なかなか、御相談アドバイスいただける場がないので、また、どうぞ教えていただけるとうれしいです。ももちゃんもどうぞお大事になさってください。このたびは本当に有難うございました。

ともさんへ * by miyu
病状には個体差が大きく、色々な症状もわからないことが多いから
同じようなケースを探すのも大変だし、対処法はなお難しいですね
モモも、5年目に入ってもよくわからないことばかりで・・
自分勝手なことばかりしちゃってるから風当たりも強いですが(笑)
何よりも自分が「これでいいのだ」と思える道を探し続けます
愛犬の病気と闘う飼い主さんたちは、きっとみんな同じように
迷い、悩み、苦しんでいると思うけれど、その一生懸命な気持ちで
愛犬をいつでも幸せにしているはずだから、自信を持って頑張りましょうね

またお邪魔致します。。 * by とも
暑中お見舞い申し上げます。先日は御親切なアドバイスありがとうございました。それで、、また、どうしても御相談させていただきたいことがあって、お邪魔させていただいた次第です。実は本日8ヶ月ぶりにクッシングの数値検査&血液検査をしまたのですが、アジソン病の気がでている(カリウムの数値が悪い)といわれ、明日からトリロスタンの量を今までの半分でいきます、といわれたのです。。以前薬を少量にしたときに急に脚がたたなくなったりしたことなどがあり、すごく不安です。モモちゃんのほうも具合を見てお薬飼い主様が調整してしまうこともあるとのこと、すごくわかります。。先生の言われたとおり、半分にしたほうがいいのでしょうか。いままで、モモちゃんも具合によっては突然前日の半量にお薬したことなどおありですか?
もしよろしければお伺いさせてください。。どうぞ宜しくお願い致します。

ともさんへ * by miyu
こんにちは
「アジソン病の気が出ている」というのはACTHと血液検査、両方の結果から判断されたのでしょうか?それともACTHはまだ結果待ちで、血液検査のカリウム数値で、とりあえず減らした方がいいとの判断なのでしょうか?両方の結果から(ACTHの刺激後の数値が低く、血液検査のカリウムの数値が高い)アジソンの可能性が見られるなら薬を減らすことが必要だと思います。デソパンの副作用というか、効きすぎて副腎機能低下(アジソン)になると血液生化学でミネラル系に現れる場合があるようです(高カリウム血症、低カルシウム血症などがアジソンを疑う目安になる)ともさんの場合、少量にして足が立たなくなった経験・・めずらしいかもしれません。投薬の副作用でアジソンになり、ふるえたり足が立たなくなることはよくあると聞きますけど・・。アジソン状態のままでは腎臓などにも悪影響を及ぼす場合があり、個人的にもとても危険な状態だと考えていますので、とりあえずお薬を減らして様子を見るという先生の判断に賛成です。半分にして、注意深く見守り、もしまた同じように「足が・・」という場合は先生にご相談されてはいかがですか?モモの場合ですが、血液検査に心配な数値が出たことはほとんどなく、ACTHの結果で薬の増減をする場合はありますが、私が勝手に薬をやめるのは、アジソンを非常に恐れているからです。といいながら再開するのは、勝手な自分の思い込みとモモの様子から(笑)危ない時は「とりあえずやめる」薬を増やすよりも、身体にとって重要なことだと私は思っています。うまく説明できなくてごめんなさい、頑張って下さいね

ともさんへ * by miyu
ごめんなさい、肝心のご質問の答えになっていませんでしたね(笑)
検査結果が低すぎて、いきなり投薬量を半分にしたことはありますよ
参考になるかどうかわかりませんが、投薬量と回数の経緯をまとめた
過去記事がありますので、よかったらどうぞ
http://momomum.blog78.fc2.com/blog-entry-410.html


半分にしてみました。 * by とも
御指摘の通り、昨日検査したばかりなので、クッシングのほうの結果はまだわかっていません。なので、本当でしたらそれの数値と血液検査の数値でトリロスタンの量を決めるのでしょうが、本人の状態がいいこと、カリウムの数値が危険とのことでのお医者さんの判断だと思います。とにかく、良く注意して、最悪の場合、自分で少し増量することも考えています。。それにしても、すごく神経をつかう病気ですね。。こちらも良く解らないだけにつらいです。でも、こうやっていろいろなかたもがんばっているのだからとおもうと、少しがんばれます。いつもお助け頂きありがとうございます。
また、いざというときにお邪魔させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。モモちゃんもどうぞお元気で。

ともさんへ * by miyu
検査結果でしか、病気の影響や薬の効き具合がわかりにくい場合
投薬量の判断は難しいかもしれませんね・・モモもそうです
調子いいかなあ・・と思っていたら高かったり低かったり・・
ワンコの様子も検査数値も、ちょうどいい状態に保てるように
それが一番の目的ですものね・・頑張りましょうね♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。