FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月 後ろ足の異常

11月8日
モモが突然動けなくなり、どうしていいのかわからず病院へ・・
トイレでクルクル回っている時に、ころんだような音がしたので
見に行くと、いつものように上半身を上げたお座りの格好でいた
だけど、その場所から動くことができないような様子に見えたので
あわてて抱き上げると、両方の後ろ足を突っ張ったまま震えている
身体全体を丸く縮まったような形にしたままで、どこかおかしい
足や腰をチェックしてみるが、痛がる様子はなく・・だけど変
表情や上半身の動きから、いつものけいれん発作とは違うようだ
ペットシーツがめくれてずれていることからも、トイレで回りながら
ころんでしまったのは間違いないようなので、しばらく様子を見る
ベッドに寝かせてしばらくすると、今度は身体を起こせなくなっている
前足だけで姿勢を変えたり寝返りをうっているように見える
後ろ足は両方ともシャカシャカ動かしているのだけれど空回り・・
明日は病院が休みなので、とりあえず先生に相談するしかない
そう考えて、まだ様子の落ち着かないモモを連れて病院に行った
数ヶ月ぶりの外出と病院だからなのか、それとも身体のせいなのか
キャリーバッグの中でどんどん後ずさりして悲鳴のような声を上げる
後ろ足に力が入らないことがこれでよくわかった
このままだと、モモに気をとられて車をぶつけるかもしれないので
途中のコンビニで車を止め、キャリーバッグからモモを出して
しばらく抱っこ、すると今度はハアハア、ゼーゼーがひどくなり
みるみるうちに舌が紫色になって、ありえないほど伸びてしまった
モモをキャリーバッグに戻し、コンビニに駆け込んで水をもらった
おでんの皿に入れてもらった水を、なんとか飲ませようと思ったけれど
興奮状態がピークのモモには無理、とにかく病院に行くしかない・・

ころんで関節を痛めたか、ひねったか・・そんな予想をしていたけれど
先生にも、今朝まで元気だった、ころんだのが原因だと思う・・などと
何とか、ケガであると診断してもらいたくてアピールしたけれど・・
モモを立たせたり足をつかせたりしながら診察していた先生は
私が一番考えたくなかった可能性について話し始めたので
元気で過ごしたこの数ヶ月間だけど、やっぱりモモはクッシングで
相変わらずのんき過ぎる自分への警告なんだ・・と認めるしかなかった





プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。