123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月7日
午前中に長男とお見舞いに行きました。出していいかどうかも聞かず
長男がモモをケージから出して抱きました。そして、しがみつくように
必死で私に飛びついてきたモモは、ひどく興奮して震えていました
安静にしなくてはいけないのに、これじゃまずい、そう思いました
いたたまれず、ほんの数分で病室から出たように記憶しています
モモは激しく吠え続けていましたが
院長は「傷口も大丈夫、心配ないですよ」と言いました

5月8日
この日お見舞いに行くと様子が変わっていてびっくりしました
狭いケージの中が、更に半分にケースで仕切られて
モモは細長い空間に寝ていました。動けないように隔離?
私の顔を見ると、興奮して立ち上がり2本足で飛び跳ねます
手術用に毛を剃ったのは、右足の付け根までだったはずなのに
右わき腹から背中近くまでさらに大きく毛を剃られており
その大部分に紫色というか赤黒い内出血が広がっています
てっきり暴れて傷が開いたのかと思いましたが
内出血しやすい体質のようだ、私が帰ると暴れる、傷は問題ない
というような説明が院長からありました。
遠まわしに、当分私は顔を見せない方がいいということらしく
パソコンから様子を見て我慢してくださいと言われ納得しました
私も、その方がモモの身体のためにいいと思いましたし・・・

5月9日
支払いと様子を聞くために病院へ
「手術した足はまったく問題がない、もう少しの辛抱ですよ」と院長
すぐに家に戻ってパソコンからモモの様子を見ました
カメラのスイッチが切られるまでの1時間近く
ずっと画面から目を離すことができませんでした
支払い 30765円(3日分)

20070128220606.jpg

* Category : クッシングとわかるまでの記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。