12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
2012年1月・・といっても、あと数日で2月なわけですが・・(笑)
ふと思い出した一年前のこと、11月から年明けにかけてのモモ
突然寝たきりになり、意識混濁、けいれん発作、原因不明の痛み
落ち着いたところにヒートらしき40日以上の出血等々・・
正直・・心の中では覚悟、もう長くないだろうと思っていましたね・・
寝ても悲鳴、抱いても悲鳴、切なさと不憫さで母性が刺激されるのか
愛しくて胸が痛み、母乳が出そうな・・不思議な痛みを覚えています
ババアのくせに・・って突っ込まれそうですが(笑)

ところが、あれから一年・・モモは元気に平和に生きています
新年の挨拶を兼ねて、モモも連れて病院に薬をもらいに行きました
前回モモを連れて行った時に先生は留守だったので、すごく久しぶり
2.9キロの体重に「ちょっと減りましたねえ・・」って言われ・・??
去年の夏、とうとう体重が2.5キロを割ったことも言ってなかったのです
あとちょっとで3キロに復活できそうなのが本当に嬉しいです
もう数ヶ月になるでしょうか・・とり胸肉50グラム増量ご飯にしてから(笑)
基本はドライフードなんだけど、勝手に自己責任と自己満足で食べさせてます

これがレンジでチンした胸肉50グラム
毎日この分だけカロリーを余分に摂っているんだから
本当はもっと体重が増えてくれないと困ります
DSCF0813_20120125145723.jpg

現在モモは朝晩2食、フードをスープでふやかして
1食あたり25グラムの胸肉をほぐして混ぜます
DSCF0812_20120125145724.jpg

Dさんへ
モモはお座りもできないので、今は抱いて食べさせています
あぐらをかいて、その真ん中にモモを置き、太ももをテーブルにして
その太ももにつかまるような伏せの姿勢で器から食べます
その後、水も同じ姿勢で飲ませゲップをさせ、オムツのままトイレへ
身体を起こした中腰の姿勢でうんちをしますので、見ないフリ
終わったらオムツをはずして、シャワーのお湯でおしりを洗います
朝起きてすぐのおしっこと、朝食後のうんちだけはトイレ内ですが
それ以外に2~3回のおしっこと、私が外出中の嫌がらせウンチは
時と場合に関係なく、いきなりオムツにしているようです(笑)
お風呂の時ですが、自分の入浴中にモモを抱いたまま洗います
足の上にタオルを敷き、うつぶせにしたり仰向けにしたりしながらです


まとめ更新で今日は長いです、申し訳ありません(笑)
モモの場合、意識が遠のくようなてんかんに似たけいれん発作とは別に
力を抜いている時や睡眠中に継続して起きている足のけいれんがあり
クッシングの症状や投薬の副作用とはまったく違うものだと思います
ちょうど昼寝の時に動画を撮ったので貼っておきますね
ご質問下さった方、言葉で説明できなくて申し訳ありませんでした
突然歩けなくなったことから始まったモモの闘病生活なのですが
確かに最初から数年後の途中まで、コルチゾールの数値や検査結果から
クッシングだと診断を受け、投薬治療もしてきたわけですが・・
もっと別の、脳や神経に何か問題もあるのかも・・しれないね
かといって、今さら何をどうしようなんて気持ちもなく
モモの平和な日々が続くことを願うのみ、そのために頑張るのみです(笑)


この勝手に足が動くという状態、ウトウトすると誰かに起こされる
気持ちよく寝ていると邪魔される・・という感じなのか
そんな時、モモは恨めしそうにそばにいる人間を見るわけで・・
こんなふうに芋虫状態に拘束すると、動きにくいけど安眠できるのですね(笑)
DSCF0832_20120125145749.jpg

これは暮れかお正月?のお昼寝の時
DSCF0803.jpg

新年早々こんな写真しかなかったのでブログの更新は断念し・・
DSCF0804.jpg

これも似たような・・
毛布でがっちり拘束されていながら移動できるモモ
DSCF0826.jpg

この後、とうとうホットパネルまでたどり着きましたよ
ちなみにこれ、数十年前の物で、名前は「ホットパネル勉強C」(笑)
DSCF0827_20120125145724.jpg

そしてこれが今日のモモ
雪解けのあったかい光の差し込むベッドでお昼寝中・・
DSCF0828.jpg

片方の手が出ちゃって遠山の金さん状態ですが・・(笑)
こんな写真しかないけど、モモはとっても元気です
どうかお仲間のみんなも元気で平和に過ごせますように・・
一緒に頑張りましょうね・・今年もよろしくお願いします
DSCF0829_20120125145749.jpg







* Category : 闘病の記録2012.前期
* Comment : (12) * Trackback : (0) * |

* by rino
以前コメントさせていただいたデカキャバTea母のrinoです。

モモちゃん元気かな、と時々のぞかせていただいております。
今年もモモちゃんの姿が見れて嬉しいです。

我が家のTeaはクッシングの疑いが出てから半年、
年始にまた血液検査をしたところALPの値が更に倍近く上がっていました。

それでも、年齢や心臓の状態から難しいだろうということで、はっきりクッシングの検査もしていませんし、治療もしていません。

様子を見ているとどこが痛いとか苦しいとかいうこともなく、毎日がつがつとご飯を食べているので、このままでもいいのかなと思っています。

原因を突き詰めることに必死になるより、
気持ち良く過ごせることを一番に考えた方が正しいのかなと思って。

ですが、やはり他の病院で見てもらうべきか、放置して重大なことになったらどうしようかと悩む日もあります。

miyu様の「モモの平和な日々が続くことを願うのみ、そのために頑張るのみです」とのお言葉にふっと力が抜けました。

幸せな明日を願って、頑張りましょう。

はじめまして * by セナのお兄ちゃん
《犬 クッシング》で検索していてたどり着きました。
アメリカン・コッカースパニエル雄13歳です。
年末に健康診断を受けまして、クッシングの疑い濃厚です。
ネットでいろいろ調べてみても《抜け毛や多飲多尿》などからまず間違いないかと。
今は不安と悲しみで一杯です。そして少しだけ『愛するセナの穏やかな日々を守りたい。一緒に病と闘ってやる。』という覚悟もあります。
モモちゃん、たくさんの愛情に包まれて頑張ってますね。
俺もセナも病気に負けません。
頑張ります。これからいろいろアドバイスお願いします。

* by なっぴー
お返事ありがとうございました。現在かかりつけの病院はあまり検査もせずクッシングと確定した上、症状も全然良くならず体重減少もありセカンドオピニオンを考えています。まだ新しい病院には行けていませんが(汗)
突然ですがモモちゃんの食事はどのようにして決められていますか?ネットで色々調べるとわからなくなってしまって。
今はモモちゃんのように蒸しささみ あとは人参とサツマイモを柔らかくしたもの 加熱した卵などあげています。
ささみはリンが多いから与え続けると骨が弱くなると書いてありました。医者に聞いても「食べるもので害になるというものはあまりありませんよ。いわゆるネギやチョコレートはいけませんがだいたいは大丈夫です。」と・・。なにか私には適当に言っているようにしか聞こえません。
あと歯磨きはどうされていますか?ドックフード以外だとかなり歯が汚れますね。たくさん質問してしましましたが、よろしくお願いします。

rinoさんへ * by miyu
こんにちは
日々の愛犬の様子が目安で、それをどう考えるか・・
病気の治療については判断が難しいですよね
良いか悪いかはともかく、何も治療しないという選択は
決して間違いではないと思っているのが・・現在の私です
以前の私は、できる限りのことをするのが当然だと信じていて
モモの症状や状態なら必要ないかもしれない投薬だって
劇的な効果があるかも!奇跡が起こるかもっ!とか(笑)
あきらめじゃないけれど、今のような気持ちになるまで
6年近くかかってしまったんですよねえ・・複雑です
モモも私も、ただ見守るだけの無責任なその他家族たちも(笑)
ここにモモが存在していることだけを喜べる今が一番幸せで
ある意味・・もう闘病じゃなくなくなっているんですよね
今の生活や考え方が、果たして参考になるかどうかは疑問ですが
こんな感じで最後まで頑張れたら・・と願っています
マイペースで、お互いできることを頑張っていきましょうね

セナのお兄ちゃんさんへ * by miyu
はじめまして、コメントありがとうございます
クッシングは難しい病気ですが・・大丈夫ですよ
多飲多尿などの内臓に負担がかかる症状を抑えられれば
元気に過ごせることも多いですし
病気とうまく付き合うことで、ラクに過ごせる場合もあります
色々と迷ったり悩んだりすることもあると思いますが
今まで以上に、愛犬と過ごせる幸せを感じることもできて
クッシングのモモでよかったなあ・・と、私は感じています(笑)
最近のモモでは参考にならないと思いますが、頑張ってくださいね

なっぴーさんへ * by miyu
こんにちは
かかりつけの病院に不満があっても、別の病院へ・・というのは
なかなか難しいものですよね、わかります・・
セカンドオピニオンも含めて、良い方法が見つかるといいですね
食事については難しいです(笑)ほとんど自分の思い込みと
勘と独断と偏見と、手抜きと自己満足・・と愛情で考えています(笑)
誰かが良いと言えば「じゃあ・・」と真似したくなる私なので
自分が決めたフードや食べ物についても「良い」とは言いません
おすすめするみたいになったら責任が持てないからです
クッシングには何がいい・・ということはないかもしれませんね
体重や食欲、検査結果や内臓の状態などを参考にしながら
愛犬が喜んで食べる食事をあげられれば、それが一番ですよね
歯磨きについては、ちょうどもうすぐ記事に残すつもりでいたので
その時に・・明らかにしたいと思います
今は・・歯みがきはしていません!!としか・・恥ずかしい(笑)

* by ママちゃん
以前は実名で色々とご相談させて頂いていたMです。
ご報告を・・・と思いながら頑張っているモモちゃんのブログに
コメントを入れることをためらっていました・・・
1/9午前1時37分
ココア永眠しました。
その2.3日前から目がまったく見えなくなりパニックしていて
これから始まる生活を色々と考えて用意をしている中・・・
あっという間に虹の橋へ逝ってしまいました。
最期は私のブログに載せてありますが
決して安らかではなく苦しそうでした・・・
ココアは7歳と5日で旅立ちでした。
悔しいし後悔ばかりでもぅ一ヶ月を迎えようとしているのに
まだ泣いてばかりです。
最後の直接の原因はクッシングではなく
ココアの場合、脳腫瘍だったようです・・・
病院を変えようと思ったりセカンドオピニオンにも行ったり
しましたが結局助けることが出来ませんでした。
ココアは最期まで良い子過ぎて
私に迷惑をかけない子でした。
もっともっと迷惑をかけて欲しかったです。

モモちゃんは頑張っていますね・・・

生前中は突然の相談にも色々と教えて下さり
ありがとうございました。

ご無沙汰しております。 * by けい
miyuさん、こんにちは
いつもモモちゃんの様子が気になりお邪魔していましたが
読み逃げばかりです。
ごめんなさい。
白い毛がふわふわなモモちゃん、幸せそうにみえます。
きっとmiyuさんの愛情いっぱい受けて、幸せなんでしょうね・・・
レミー、年明けから具合が悪くなり、とうとう歩けなくなってしまいました。
病気からくるものではなく、老化からのものだと獣医さんから言われ、家でできる範囲の介護をしています。
レミーが少しでも心穏やかでいれるように、日々過ごすのみです。

メッセージありがとうございます * by セナのお兄ちゃん
早速ですが、我が愛しのセナは去る1月30日夜9時頃に永眠いたしました。
実は今年に入ってからすぐに気管支炎を患っていたんです。 そう、単なる気管支炎です。
しかし2週間経っても咳はいっこうに治まる気配を見せず、亡くなる2日前、ついに肺炎まで進行してしまいました。
やはり、副腎の影響で抵抗力が無かったんでしょうね。
彼はクッシングとの闘いの前に眠りにつきましたが、立派に闘い、見事な命の散り際でしたよ。
セナは私の誇りです。
もう少し落ち着いたら彼のことをいろいろお話させてください。
セナもきっと天国から病と闘うすべての動物たちにエールを送ってくれています。
みんな、頑張れ!

ママちゃんさんへ * by miyu
こんにちは
とても残念です、なにも言葉が見つからなくて・・
どんな最期になっても、愛犬を思う飼い主さんの心には
たくさんの後悔が押し寄せてくるのだと思います
みなさん本当によく頑張って・・愛情の力はすごいですね
最近の私は、同じクッシングのワンちゃんの日常も
頑張る飼い主さんたちの様子も見に行くことはなくなってしまったので
事情もよくわからず、的外れなアドバイスやお返事になっていたりで
もしかしたら失礼していたかもしれません、ごめんなさいね
たくさんの愛情をもらって最後まで頑張ったココアちゃんは
とても幸せなワンちゃんですね、きっとあなたがママでよかったと
そう思っているのではないかな・・こちらこそありがとうございました

ココアちゃんのご冥福をお祈り致します

けいさんへ * by miyu
こんにちは
けいさん、こちらこそご無沙汰ばかりでごめんなさい
レミーちゃんも歩けなくなってしまったのね・・
だけどよく頑張って・・レミーちゃんもあなたもすごいです
病気も老化も・・弱っていく姿は切ないし不憫でつらいもの
今できることを、平和な日々を願って続けるだけ・・ですものね
モモは、みんなに申し訳ないくらい元気に過ごしています
あまり病気のことも先のことも深く考えないのが今の私
だけど、みんなが幸せに過ごせるよう祈っています、頑張ろうね


セナのお兄ちゃんさんへ * by miyu
こんにちは
とても残念です・・まだ日も浅く、大丈夫ですか?
免疫の低下が身体の抵抗力をさらに弱くしてしまうこともあり
難しい病気だと思いますが・・気管支炎や咳は苦しいですものね
セナちゃんはもちろんのこと、見守る飼い主さんはつらかったでしょうね
他人の私が余計なことかもしれませんが、今は病気から解放されて
穏やかに笑顔であなたを見守ってくれているのではないでしょうか
これだけ大切に思い、愛してくれる飼い主さんにめぐり会えたことが
ワンちゃんにとっては何よりの幸せですものね・・

セナちゃんのご冥福をお祈り致します


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。