12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
最後の3日間をまとめたDVDに使用した画像の中から
経過のわかるものを使って、簡単ではありますが
モモの旅立つまでを、このブログにも残そうと思います
後半には亡くなった後の画像も掲載しています
とても迷い、悩んだのですが、加工せずそのまま残します
不適切と思われる場合は、ご覧にならないようお願いします

4月27日に食事風景を記事にしてから2日後のモモ
27日の夜から食欲はなく、結果的にあのブログ記事が
モモがちゃんと食事をした最後の姿になってしまいました


28日の夜から、数回の嘔吐はありましたが
まだ水分はしっかり摂れていて
ふらつきながらもトイレに行こうとしたり
寝返りをしたり、反応もしっかりしていました
P1010609.jpg

約12時間後、日付が30日になりました
元気はなく、ミルクと水しか飲まない
おしっことうんちは、まだしていました
朝まで、静かにずっと目を開けていて
ただずっと、そばで見守ることしかできませんでした
P1010616.jpg

吐き気もないまま、突然ゴボッと液体を嘔吐し
その後は落ち着いている・・・それを数回
P1010617.jpg

オムツにうんちをしていましたが
おしっこが出ていないことに気づく
だけど水もミルクも飲みません
モモの体内で何が起こっているのかを
やっと気づき始めた私ですが
どうするべきか・・悩み、迷い・・でも
病院に行く、点滴してもらう、という道を
私は選びませんでした
P1010621.jpg

どうしようか悩み、迷いながらも
晩ごはんの準備をしている私のもとに
息子がモモを連れてきました
もうほとんど動かない身体で私を追い
ベッドとクッションの隙間に挟まったのか・・
あれこれ考えて落ち着かないとはいえ
肝心のモモをベッドに残して私は何をしてるのか?
片時も離れずモモのそばにいようと思いました
とにかく今はそれだけしかできないと・・・
P1010623.jpg

抱いたり下ろしたり向きを変えたり
背中をさすったり、肉球をマッサージしたり
バルコニーに出て風に当たったり・・・
この時の私は何を考えていたんだろう?
その1時間後、突然モモの呼吸が乱れ
ゼーゼーと詰まったような音が続き
これが続くなら、酸素の手配も必要かと
あれこれ考えているうちに
オムツから緑色の水様便が漏れているのに気づき
慌ててオムツをはずしてお湯でお尻を洗うと
呼吸が正常になり、スッキリした表情に・・

オムツを取り替えてホッとしたところです
呼びかけるとじっと私の顔を見つめ
お腹がラクになったのかな?よかったねえ・・と
すっきりしたかわいいモモの表情に
思わずカメラを向けたのですが・・・・
P1010630.jpg

この時は、まさかこれが最後の1枚になるとは
P1010632.jpg

午後2時37分40秒に撮ったこの顔
本当に穏やかでかわいい表情でした
P1010702.jpg

この数分後・・はっきり記憶していませんが
突然、ゴボッと吐いて・・あわてて口を拭き
モモを抱き上げると、手足の力が抜けたようになり
目もどこを見てるのかわからない状態でした
心臓の鼓動も脈も感じられず、息をしてない
驚いて、とっさにモモの鼻から息を吹き込むと
2回目に、我に返ったように手足に力が入り
驚いたような感じで大きく息を吸い込み
モモは戻ってきました・・
でもすぐにまたぐったりと力が抜けて・・
私は自分に言い聞かせるように、夫に言いました
「もう逝かせてやらなきゃ・・苦しいだけだよね」
そして、ぐったりしたモモを胸に抱いたまま
いい子だね、頑張ったね・・と繰り返してたような・・・

寝かせて、口からだらりと出ていた舌を戻し
開いていた目を閉じ・・ふと思い出して
夫に時間を確認すると、午後3時5分でした
本当に亡くなったのは3時ちょうどの頃だったのでしょうね
P1010634.jpg

その夜にお通夜
この夜は私のベッドで一緒に寝ました
モモは死んでも大人気でひっぱりだこ
明け方には息子に連れていかれました
P1010641.jpg

翌日に、自宅でお葬式のような
お別れをしていただきました
その直前まで、みんなで抱っこ
P1010664.jpg

人間のお葬式のように・・・
P1010673.jpg

映画の「おくりびと」みたいでしたね
P1010674.jpg

笑顔になったモモにお別れをして
お経もあげていただき
P1010697.jpg

お弁当をしっかりと胸に抱いて
P1010691.jpg

用意していただいた棺ではなく
結局、火葬炉に入るまで私が抱いていました
最後までみんなに見守られて・・・
そして、お骨はそのまま自宅に届けて下さり
恐竜の骨格標本のようにきれいに並んだ姿を
家族で1つ1つ思いを込めて骨壺に収めました
P1010683.jpg

骨壺に収まったモモは
生きてる時よりも大きくて重かったです
P1010687(1).jpg

「クッシングモモ」を見守って下さった皆さまへ
モモと私からは感謝の言葉しかありません
長い間、本当にありがとうございました
P1010690(1).jpg

* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。