12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月21日
退院時「明日また来てください」と言われていたので病院へ
家に戻っても、ほとんど寝たまま動かない事、
ご飯もあまり食べないので、とても気になると訴えましたが
足はもう大丈夫だから心配ない、トリミングもいつでも大丈夫
といわれたので予約をして帰りました
支払い 525円

5月29日
トリミングをお願いしました。病院の2階にあるのですが
受け付けは病院と一緒です。待っている時に院長が通りかかり
その後の様子を聞かれました。退院後はずっと同じ状態です
手術前と同じで4本足で立てませんし、おすわりもちゃんとできない
そう答えると、「治っているんだからどんどん歩かせて
心配しすぎじゃないの?」と・・おびえて震えていたモモを見て
やっぱり連れてこなければ良かったと思いました。
でも、生まれてからずっとここでトリミングしてもらっているのと
入院でひどく汚れた今のモモを、初めての所にお願いするのは
ちょっとできないなと考えたのです。何よりも傷口が心配でしたし・・

言われていた時間に迎えに行くと、いつもよりかなり待たされて
やっとモモが来ました。びっくりして言葉が出ませんでした
いつもより短めにしてもらうことにはなっていましたが
全身剃ったのかと思うようなピンク色で、まるでペット用のミニブタ
地肌は透けていて、肩には傷もあり、目は赤く充血していました
私を見つけると、とびかかるようにしてトリマーさんの腕を抜け
ギュッとしがみついてきました。もう少しで下に落ちそうだったので
その場にいたみんなが「あーっ」と声を上げました
そして「実は、血便というか出血があったのでお薬が出てます」と
思わず「何があったんですか?」「どうして?」と大きな声を出しました
説明によると、預かってすぐに出血、院長に診せたが大丈夫とのことで
そのままトリミング。いつもより興奮し、暴れて自分の身体を噛んだ・・と
「トリミングする前なら電話してほしかった」
「そんな状態なら、中止してくれれば良かったのに」と言いました
なんでこんなことになるのか、まったくわけがわからなかったのです
そこに院長がきて同じような話をしました「まだ何もしてない時だった」
「元気で脱水もないから大丈夫と判断した」怒りで黙っている私に
「舌を見てください、脱水してるとこんな色じゃないんですよ、ほらね」と
「今日はゆっくり休ませて、薬を飲ませても血便がおさまらなかったら
明日連れてきて」自分がそれに対してなんと答えたのか覚えていません
長男も一緒だったのですが、彼もまたショックが大きかったのか
変わり果てたモモの姿に言葉を失ったのか、病院では無言でした
安心させようと、私の胸にしっかりとモモを抱きながら、ふと気がつくと
モモが震えてしがみつきながら、私の服にかみついていました
そこが病院であることを忘れていたのか、堪忍袋の緒が切れたのか
「病院に連れて行かなくちゃ」「モモに大変なことが起きている」
何度も何度も繰り返し、頭のなかでそう考えていました
支払い 10814円

記載した支払い額は治療費として病院に払った金額だけで
実際は介護用品、処方食、サプリメント・・その他にもかかります
それまでペット保険など考えたこともなかった私でしたが
この頃は、入っておけば良かったと後悔したこともあります
人間と同じで、元気なうちに備えておかないと・・・
ペット保険をすすめるつもりで記載したのではないですが
これも痛い経験の1つとして残します
いざというときは突然やってくるものです



PIC_0116.jpg   PIC_0107.jpg

退院後、あるいは最後のトリミング後あたりの画像は
今でも見るのがつらいです
モモを守れなかった自分の情けなさを、改めて後悔します

PIC_0114.jpg   PIC_0118.jpg





* Category : クッシングとわかるまでの記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。