FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年4月 まさかの3度目

4月11日
飲水量、9日188、10日171。
2週間ぶりのドラメクチン注射10回目。
病院も思ったほど混んでいなかったので、それほど待つこともなく呼ばれました。
ところが・・・
先日受けたACTHの検査結果が見当たらないそうです。
「明日、検査機関に確認してみます」と先生。
「この前電話で聞いた結果は、モモのでは無いという可能性も・・?」
「ありますね・・」だって・・、そんなこと急に言われても・・。
その時の私は、怒り、驚き、あきれ、がっかり・・色んな感情が湧いていたはず。
モモの病気に関することじゃなかったら、その場はものすごい修羅場になっていた
可能性も否定できません(笑)だけど私は、この1年の闘病生活で、自分でも
感心するほどの忍耐力と我慢を身につけていたんですね、ただしそれは
モモを抱いている時のみ限定の特技ですが・・。
気まずい雰囲気でシーンとなった時、突然、モモの「ハアハア」が止まりました。
こんなことは本当に珍しいのです、びっくりして抱いたままモモの顔をのぞくと
モモもびっくりしたような目をして私をじっと見ています。何を思ったのか
私は「今のこの子の血中コルチゾールを調べてください」とお願いしました。
先生も「??」頼んだ私も「??」です。前から、夜のコルチゾールの状態は
気になっていましたし、チャンスがあったら夜にもACTHを受けてみたいとは
思っていましたが、なぜか、今モモのコルチゾールはどのくらい出てるのかが
無性に知りたくなったのです。このところのミス続きで、今ならどんな要求にも
黙ってこたえてもらえると、私は瞬間的に計算したのかもしれませんし、
怒りよりも、別の方向に気持ちを持っていこうと思ったのかもしれません。
でも、どうせこの前の結果をまた心配しながら待つのなら、ついでにもう1つ
心配の原因をつくっても同じことです。検査用の採血の後、ドラメクチン注射をして
診察室を出ました。紛失騒ぎのゴタゴタで、体重を計ることも、背中のかさぶたの
状態を診るのも、先生がすっかり忘れてしまったようだと気がついたのは
家に帰って晩ごはんを食べている時でした。先生同様、私の方もなにがなんだか
すっかり動揺していたのでしょう(笑)

tag : 血中コルチゾール ACTH

コメントの投稿

Secre

ええー!!!それは無いですよお・・・・
先生・・・miyuさんのが怒ってるとは思いますが・・・・
すごいガマンしましたよね~miyuさんん~私は読んでるだけなので怒り爆発してますうー・・・でもモモちゃんの『ハアーハアー』が治まったのは、もしかしてっ!!ですよね☆☆
でもミスのお返しにお願いっとは、やっぱりスゴイっ!!
モモちゃんを守る為にガマンを覚え、先生のミスを良い方向に持って行くっ!!miyuさんっ尊敬しまっす!!
いやあーほんといろんなコトがありますね・・・・
でも検査結果が良いコトを夫婦共々祈ってマス!!!
モモちゃん~元気かにゃあ~♪♪

ひろ吉さんへ

もう笑うしかないというか泣けてくるというか・・
後から考えたら、2本も注射されたモモが1番気の毒でしたね・・
おわびに、今日の検査はサービスでって言ってくれたら、怒りが喜びに
がらりと変わったかもしれませんが・・(せこい!)
いろんなことがあるけど、きっと、まだまだ頑張れってことです(笑い)
モモは元気ですよ~、それだけが救いかな♪

miyuさん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

(゜゜;)エエッ
検査結果が見あたらないって・・・v-40
そんなのあり得ないよv-356

しかも他のワンちゃんの結果を伝えてしまった疑いがあるなんて・・・

miyuさん、ジッと我慢したんですね~

うちの妹だったら何を言っていたか( ▽|||)サー
今までも何度となく文句を言ってきてますからね~v-355

今回の検査、良い結果であるといいですねv-344

きょん☆きょんさんへ

こんにちは、
今回はさすがに予想外の展開にびっくり!
だけど、モモを抱いている時の私は「仏のmiyu] なのですよ(笑)
昨日、モモが「いない」ところで電話して、結果を確認しました。
この前の結果は間違いなくモモのものでした!!
文句のひとつも・・と思っていたけど、口から出たのは「ありがとう!」
1回の検査で2度嬉しかったということで、得したと思うことにします(笑)


プロフィール

miyu

Author:miyu
マルチーズのモモ(♀)
2003年5月20日生まれ10歳
2006年7月からトリロスタン
(デソパン)の投薬で
クッシング症候群の治療を
開始する(3歳1ヶ月)
2011年夏、クッシング症候群の
投薬治療を中止する
現在は甲状腺機能低下症の
治療のため甲状腺ホルモン剤の
投与のみ(2012年10月)
すべての投薬を中止(2013年)

カテゴリー
最近の記事
過去の記事一覧(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。