12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
12月15日
今日から、食事を3回にしてみることにしました。トリロスタンも
2回にわけて投与することに。コルチゾールは朝多く出るので、
薬は朝1回飲ませるようにと聞いてはいますが。
この2~3日、今後の治療について考えていましたが答えは出ません。
そこで気になったのが、以前からずっと知りたかった「クッシングだと、
どんなことがつらいのだろう」という事。ペットは口がきけませんから、
その様子や症状で見る事しかできないのですが、具体的に知るのは難しく、
モモのように多飲多尿もなく血液検査でも落ち着いていると、病気による
不快な症状があるのか、つらいと思う事か起きているのかどうかもわかりません。
薬を飲むとどんな感じなんだろうかと言う事も気になります。
人間の場合、クッシングの治療は手術が多いようですが、
何かわかればと探してみました。まずは症状、肥満、ムーンフェイス、にきび
、高血圧、うつ、パニック障害などが病気のきっかけや悩みに
なることがあるようです。他にも、野牛肩、糖尿、肝数値の上昇、
そして女性なら月経異常も。あらためて本当に大変な病気だと思います。
ストレスが強い時や空腹時にたくさん分泌されてしまうのが、
ストレスホルモンといわれるACTHやコルチゾール。これは犬でも同じですね。
増加したホルモンで免疫細胞が減少して皮膚炎や感染症にかかりやすく
なってしまうのも同じ。治りにくい傷やあざから別の病気を疑われる場合が
人間でもあり、骨粗しょう症の心配、骨折で見つかる場合も。
トリロスタンについては、人間の場合まず日に4錠を3~4回に分けて服用とあります。
やはり、これらのホルモンは朝に多く産出されると。でも分けて飲む方が
いいのでしょうか。別の所で見た記事では、トリロスタンの効果は投薬後、
数時間しかないとあります。それなら分けた方がいいのは納得です。
副作用は、吐き気、嘔吐、発疹、かゆみ、だるさ、眠気、脱毛、
肝機能値の異常、関節痛。他の薬に比べると、副作用が少ないと言われる
トリロスタンですが、軽いものでは無いようです。脱毛というのはちょっとショック
人間の場合、症状に多毛というのもあったので、副作用で脱毛というのが、
どういう状態をいってるのかはわからないのですが。
私は、モモがトリロスタンを飲み始めてから、特に気になる副作用は
ないと思っていましたが、自分勝手に副作用が少ない薬だと思い込んでいて、
気付かなかったのかもしれません。とりあえず、良いのかどうかわかりませんが、
空腹時間が長くならないように食事は3回に、投薬は、犬のトリロスタン治療の
記事に、将来的に投薬は2回が望ましいということになるかもしれない、
とあったので、今だって1回でなければダメということはないだろうと
勝手に判断してみました。あくまでも自己責任ということですね。






* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月16日
あごから首にかけての湿疹は数が増えました。2~3日前から腕や足
その他を噛むような仕草も時々します、かゆいのではないか?
床に顔をこすりつけていることもあります、
ダニかノミならいいなあと思っていたけど、もしかして、今になって副作用?
トリロスタンの副作用について調べてしまったせいで、
今までなら気にも止めなかったモモの様子が、急に心配になってきた
という可能性もあります。
私も経験があるのですが、医学全書とか家庭の医学なんかを読んでいるうちに、
症状がみんな自分にあてはまるような気がして不安になる、そんな感じでしょうか。

12月17日
あれこれ考えるより病院に連れて行こう、と夕べまで決めていたのに、朝になると
また迷ってしまいました。今朝はごはんの後もかゆそうな様子は
まったくありません。湿疹も、白っぽくなり治りかけているようなカサカサ状態で、
増えてもいない。今日シャンプーして、もう1日様子を見る事にしました。
病院へ行くストレスの方がモモには大きいような気もするし。
ストレスといえば、空腹時間を減らそうと食事を3回にしたのに、逆効果だったかも。
今まで夕ご飯をあげていた6時になると、張り切って催促に来るモモ。
8時と2時に食べているから次は8時です、お腹も空いていないはず。
そんなこといっても、身についた習慣は簡単には変えられるものではありません。
仕方なくベッドに戻り遠慮がちにクンクン鳴いているのを見ると、
ストレスでホルモン漬になっているモモの身体の中が目に浮かぶようです。
更に、そんな不憫なモモの姿を横目に夕食をとる人間たちのストレスも相当です。


* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

○○さんへ * by miyu
初めまして、ここを見つけて下さりありがとうございます
投薬治療をスタートされたばかりとのこと、不安がいっぱい・・
お気持ちよくわかります、これからどうなるんだろうと私も悩みました
ちょうど↑の記事の頃も(笑)お先真っ暗で必死でした・・
落ち着くまでは心配も不安も大きいと思いますが、きっと大丈夫♪
そう信じてミミちゃんと一緒に頑張って下さいね

12月18日
夕べシャンプーしたので、脱毛もわからないくらいにふわふわで真っ白なモモ、
このまま時が止まればいいのにと思うほど、普通の元気なマルチーズに見える。
今日は、ほとんど水を飲まない。仕方ないのでフードをふやかす量を増やすことに。
それでも全部で170cc、直接飲んだのは多分70ccくらい。

12月19日
首の湿疹は、触ってもわからないくらいになった。ノミとりコームで
細かくとかしながらよーく見ると、まだ赤くぽつんとあるのがわかる程度なので
大丈夫だろうとひと安心。3回食にも少し慣れたようです。
まだちょっとかわいそうな気もするけど。2回の時は、夕飯前の1時間位、
お腹がグーっと鳴ることもあり、空腹を我慢しているのがわかったけれど、
昨日も今日もそれはないので良かった。

12月20日
ごはんの時、嬉しくて嬉しくて、ものすごいスピードで走ってきたモモは、
私の前でクルクルと何度も回った。その時は気がつかなかったけど、
食べている時も前足がついていた。
4本足でゆっくり歩けず、立っていることもできないのに、なんで走れるのだろう。
「おいで」と呼ぶと2本足で立ち上がり、「せーのっ」という感じでいきおいよく
ダッシュして走り、私の前で止まるとまた2本足で立ち上がり、
よちよち歩きの赤ちゃんがだっこをせがむみたいに両手を上げて歩いてくる。
今はこれが当たり前になっている。知らない人が見たら、
得意芸のひとつだと思うかもしれない。
もしかしたら、前足を交互に出す事ができないのか・・・不思議でならない。

* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月22日
1度は治りかけていたと思った、あごから首にかけての湿疹、
昨日のブラッシング時に増えているのに気がついた。
さらに、モモがあお向けで首を大きく反らせた時、あごに近い部分に
やや大きなしこりを見つけた。普通の状態では触っても手にふれないので
見落としていたのかも。おできのような赤く腫れたかたいしこり、いつできたのか
無理やり押さえつけてよく見ると、左右対称というか平行した位置にもうひとつ。
ポツンとした湿疹も、首から、さらにその下にむかって2個増えている。
不思議なのは、それらが1本の直線上に並んでいること。ちょうど、あごの下に
しこりを先頭に2本の線が平行して湿疹をつくって並んでいるみたい。

12月23日
年末やお正月の休診を考えると、これ以上ひどくなっては困るので病院に行く。
初めて診ていただく若い男の先生でした。状態を説明し、患部を診てもらうのに
モモがあごを上げません。寝かせて押さえつけてもダメ、
先生と2人がかりでも大変でした。セロテープみたいなものを湿疹にぺたっと貼って
検査してもらい、細菌性のものだろうということで、お薬を
処方していただくことに。抗生物質の飲み薬と塗り薬です。
クッシングには、免疫が低下することによって起こる皮膚疾患がつきものです。
今までは、このような症状がたまたま出なかっただけなのかもしれません。
薬が増えるのは心配ですが、かゆみも出てきたように見えるし、
この薬で治るのならたいしたことじゃないから大丈夫、そう思うことにしました。
支払い 2490円




* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
時々ブログをのぞいてくれる友人から、「闘病記なのはわかるけど、なんか暗いよ」
「実際は元気なんだから、もっと気楽に」とアドバイスをもらう。
それもそうだと納得。真面目に書かなくちゃと気をつけていたけど、
無理することもないんだと少し楽になる。

12月24日
昨日もらってきたACTHの検査結果、あらためて見るとためいきが出るような
暗い気分になる。前値4.2、1時間後が >50、まぎれもなく、
50オーバーっていうことだったのですね。
今日のモモは寝てばかり、薬のせいか、昼間でもいびきをかいて熟睡している。
真っ白い毛は、黄色い塗り薬でグチャグチャしている。その哀れな姿がまた不憫で
思わず、「モモ~っ」と寝ているのを起こして抱きしめてしまう。モモは迷惑そう。
今日はクリスマスイブ、サンタクロースがモモに健康な身体を
プレゼントしてくれますようにと思わず祈ってしまいました。
でも祈る場所が仏壇の前じゃ、期待はできそうもない。
せめて今夜は特別にささみを1本おまけして、ほぐさずにそのままあげるからね。
喜ぶ姿が目に浮かぶ、そしてそのモモの顔が、
家族みんなのごちそうになると思うから。



* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 海ぱぱ
メリークリスマス ~☆
サンタさんに 健康な体 ♪ お願いしたんだね ☆彡☆彡
僕も同じおねがいしたよぉ~~~  w('o')w
仏壇の前かぁ~ @@;  僕は海とケーキ食べながらだもん(^_-)
今日はクリスマスだから ちょっちクッシングのことはあえて書かないよ(^凹^)
お願い聞いてくれますように♪♪♪ 

海パパさんへ * by miyu
メリークリスマス
せっかくのクリスマスに、今度は抗生剤仲間となりました。
なんか海くんを追いかけてるみたい。
海くんは飲み終わったんだね、よかったよかった・・
モモはケーキもらえず、ささみ1本だけど大満足
「えっ!!あっしがいただいて、ほんとにいいんですかい?親分。」
ていう顔だったよ。

12月25日
モモは今日も寝てばかり、でも元気が無いというわけではないので、
おだやかな1日。病院に行った23日は、ハアハアしすぎたようで、
いつもより飲水量が増え100ccほど。食事用を足したら珍しく200ccになったが、
今日は全部で170cc。最近はほとんどこの位。

12月27日
抗生剤を飲み始めて5日目、治ってきているとは言えないような・・。
薬を塗っている部分は黄色く毛がグチャグチャしているので、
余計にそう思えるのかも。午前中1度だけ黒っぽい便をした。なんでだろう?




P506iC0013238656.jpg

これは、笑顔に見えるかもしれないけど怒ってる顔。歯をむきだしてるのがわかりますか?
友人(プーママ)の要望もありましたので、少しずつ写真をUPしていきたいと思います。
でも、今の写真はほとんど無いんです。これも発病前。
カテゴリー4、5月にも入院中と昨年の誕生日の写真を加えました。

Return

* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月28日
4~5日後に1度診せて下さい、と言われていたので、夫が帰宅後、
病院へ送ってもらう。今日も初めての、ベテランと思われる女の先生です。
ここへ転院してちょうど7ヶ月。これで全部の先生に診てもらったんだろうか、
5人目だけど。良くなってきているけど、お正月も入るからと、
もう1週間分の抗生剤を出してくれた。背中の真ん中にポツンと1個増えているし、
なんとなく不安もあったので、飲まずに済めばその方がいいのだろうけど、
いちおうもらっておけばその方が安心できる。そして「塗り薬には少量だけど
ステロイドが入ってるから、ほんの少しでいいから」と。
患部が塗り薬でぐちゃぐちゃしているモモを見て、これでは塗りすぎだと
先生はこの私に不安を感じたのかもしれません・・。
前回の先生は何も言ってなかったから、私の方もびっくりして
不安になってしまいました。
もっと早く言ってよ~、知ってたら、こんなに薬つけたりしなかったのに・・
それこそ、つまようじの先くらいの量を、押さえつけてでもきっちり塗ったのに~。
だけどこれも、薬の中身をよく調べなかった私のミスだと思いました。
この薬、治すためというより、かゆみ止めのために処方されたみたいです。
先生の方からクッシングの様子を聞いてくれたので、
この皮膚症状が免疫低下によるものなら、トリロスタンの増量を
やはり考えてみたいと言いました。「今は最低量だからね・・」と、
量については検討しておいてくれることになりました。
「退職した先生は、高価なので気を使って様子を見るよう
薦めて下さったと思いますがそれについては大丈夫ですから」と言いました。
前の先生に逆らうようで気が引けたというか、何にでも、わりと気を使う私なので。
前回いただいた分のトリロスタンが無くなって、この湿疹が治るであろうと
期待している年明けに、また来ることになりました。
支払い 990円






* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
12月31日
ゆうべ病院から電話があり、投薬量を30ミリに増やしても大丈夫、
とのことでした。ただし、2~3週後にACTH検査を受ける、その際、
当日朝の尿を採ってくる、毎日飲水量を計る、多飲の様子にも気をつけること、
などの注意点も。朝1回の投与でコントロールできるか、
1日を通してのホルモン状態の確認などのためだろうと思いました。
多飲多尿が無いこと、飲水はすでに毎日計り、むしろ少なすぎるのではないかと
前の先生に聞いていたことなどをあらためて説明したところ、
そうですか~・・と先生も困った様子、とにかく年明けに診察に行くので
詳しい事はまたその時に、ということになった。薬の増量もそれからかな。
こんなに早く検討してくれて、すぐに連絡をくれたことにとても嬉しくなった。
でも、やはりモモの状態や、この病気に関する症状は特異なものらしく
どの先生も困らせてしまうのだな、とあらためて実感しました。

あごから首にかけての湿疹は、その後塗り薬をやめてもひどくなることなく
少しずつだけど改善しているように見える。しかし、背中にできた1個がちょっと・・
おとといから、7~8ミリに大きくかさぶたのように白くなり、
治りかけかと思ったが今日よく見ると、かさぶたではなく
乾いた膿のようなものでした。
毛にくっついたところをはがしたら取れてしまったので、薬を塗りました。
昨日、背中を気にして噛むような仕草をしていたのですが、
治りかけのかさぶただと思っていた私は、駄目だよっと叱ってました。
きっと、すごくかゆかったんだろうと思います、ごめんねモモ。
抗生剤も続いたままの年越しだけど、来年に希望を持って頑張ろうね。
病気は大変だけど、そのおかげで嬉しいこともたくさんあって
私としては十分大満足の1年でした。支えてくれた皆様に感謝!。




* Category : 闘病の記録2006.後期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。