12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
ピンクのふわふわの中から・・・・


またモモがやってきた
P1010953(1).jpg

そのまま30分くらい号泣してから(笑)
P1010955(1).jpg

うれしくて、あちこちに置いてみた
P1010956(1).jpg

友人の心遣いに泣けて・・モモに会いたくて泣いて・・
P1010957(1).jpg

この小さな小さなモモは
闘病生活の中でも、一番元気で笑顔だった
幸せな日々を思い出させてくれる
そうだよね・・つらいことばかりじゃなかったし
モモは本当にかわいかったなあ・・・と(笑)
P1010958(1).jpg

月命日にやってきた時の顔
P1010962(1).jpg

あれから数週間、笑顔がより優しくなったような・・
小さなこのモモの笑顔に癒され
大きなフワフワのデブモモの感触に慰められ
クモやてんとう虫になって様子を見に来てると
私が信じて疑わないモモ虫の姿に力をもらい
家族も私も元気に過ごしています
P1020006(1).jpg




* Category : 闘病の記録2014.前期
* Comment : (10) * Trackback : (-) |

こんにちは! * by ピョンコ
こんなに可愛い子が箱から出て来たら思わず笑っちやいますね♪
御家族、穏やかに過ごされているようで何よりです(^^)
覗いていますのでこんな感じでまた更新があったら嬉しいなあヽ(≧▽≦)ノ

お久しぶりです * by ポコかあさん
ももちゃん、知りませんでした。虹の橋を渡ったのですね。実は我が家のポコも昨年2月7日に橋をわたってしまいました。どんどん悪化して、ももちゃんのブログも見れていなくて今日久しぶりに拝見しました。
辛いですね。私もやっとポコのいない生活に慣れてきたところです。いや、まだかなぁ?
いつもそばにいてくれる。

過ごしやすい季節になりましたね * by 杏
miyuさん、お久しぶりです。
モモちゃんのことを知って、何度もコメントをと思いましたが涙が止まらず内容も支離滅裂で・・・
すいぶんと経ってしまいごめんなさいね。

「モモちゃん、本当に可愛かった!!」と思うmiyuさんの気持ちよ~くわかります。
ザムがいなくなってもうすぐ2年ですが、未だにザムの遺骨を抱きしめては「可愛いねぇ」と呟くアブナイおばさんです。
時を経ても涙は乾くことないけれど、楽しかったりおかしかったことを思い出したりして笑ったりもしています。
同じようにmiyuさんとmiyuさんの家族の中でモモちゃんは生き、そばを離れず一緒にいるんでしょうね。
モモちゃんは、miyuさん一家に出会って本当に幸せだったと思います。
未だにザムを恋しがっている私からのエールは心許ないでしょうけど、モモちゃんを心配させないようにmiyuさんの笑顔が増えますように!

* by ぽこぽこ
お久しぶりです。
モモちゃんが自由な体を取り戻して帰ってきたようですね。
お顔が本当によく似ていて面影があって、モモちゃんがのりうつっているようです。
miyuさんはずっとモモちゃんと一緒でしたから、これからだってモモちゃんはmiyuさんの一部でい続けるのでしょうね。
姿は見えなくなっても、モモちゃんの魂もmiyuさんの愛情もきっと変わらないんだろうと思います。

クッシング症候群になりました * by 岡崎
こんばんは。初めましてです。すいません、亡くなられたんですね。愛された犬はまた、生まれ変われるそうですから、モモちゃんがまた生まれ変われますよう、ご冥福お祈りします。
我が家の12歳のダックスフンドが、クッシング症候群のうたがいがあります。まだクッシング症候群の検査はしてなくて、血液、尿だけなんですが。
私の家に去年里親サイトできた、♂犬です。検査、薬代も結構しますよね?1時間置きにオシッコさせてます。主に外、たまに室内出してくれますが、うながさないと、思いたったときにオシッコがでるので、うながしてます。水も大量です。苦しまない要してあげたいんですが、完治はしないのでしょうか?無知ですいません

ピョンコさんへ * by miyu
長い間、お返事もせず申し訳ありませんでした
喪に服すにも度が過ぎる・・・という放置
モモや私のことを気にかけて下さったこと感謝します
今さらですが、本当にありがとうございました

ポコかあさんへ * by miyu
長い間、お返事もせずに申し訳ありませんでした
ブログを開くこともできなくなるとは
自分でも予想外のペットロス状態でした
ポコちゃんもあっちに行ってしまったのですね
一年後輩のモモに、もう会ってくれてるかな・・
ポコかあさんも、どうか元気でいらしてね

杏さんへ * by miyu
長い間、お返事もせずに申し訳ありませんでした
たくさんの「先輩」たちのお気持ちにも救われ
やっと前向きな自分を取り戻しつつ・・・
とは、なかなかうまくいきませんが(笑)
そうですね、私も幸せだったことばかり思い出します
ありがとうございました

ぽこぽこさんへ * by miyu
長い間、お返事もせずに申し訳ありませんでした
家の中にはモモがどんどん増えていきそうです
自分が元気で過ごせていることに感謝しながら
モモとの思い出を大切にしていきますね
ありがとうございました

岡崎さんへ * by miyu
長い間、お返事もせずに申し訳ありませんでした
今さらの返答では何もアドバイスにならず
これを岡崎さんが目にする可能性も低いでしょうが・・
ダックスちゃんが、幸せに穏やかに過ごせますよう
何もできませんが祈っています
闘病生活は大変なことも多いですが
たくさんの幸せもくれます、どうか頑張って下さい

皆さま、大変ご無沙汰いたしております
色々とご心配をおかけして・・・申し訳ありません
私は元気です・・・というのはちょっと無理かな(笑)
でも、毎日がんばって生きています
もうすぐ年越しか?というくらい掃除に励み
ポンポンと物を処分し、ゴミに出し、片付ける
生まれ変わるつもりで身の回りを整理しています
次の目標「シンプルに生き、シンプルに死ぬ」
そのための「終活」が今の私の生きがいになっています

それをじっと見守ってくれるモモがいます(笑)


モモを送ってすぐ、我が家にやってきたのですが
今でも、あの頃と変わらぬ毎日が過ごせるのも
この子のおかげかもしれません(笑)
市販のおしゃべりワンコぬいぐるみなんですが
なんと、日増しにモモそっくりになっていきます(気のせい?)
P1010720.jpg

生意気にモモの服を着て・・ちょっと太めですが・・
遠吠えしたりイビキもかく癒し系です(笑)
P1010721.jpg

四十九日までは、モモの定位置で
その後は私の部屋のモモの定位置で・・
今でもふと姿を探してしまう真夜中など
大丈夫だよ、ここにいるよ・・とはしゃべりませんが(笑)
P1010732.jpg

迷ったのですが・・お位牌も作りました
とにかく小さくて、モモらしい可愛い姿を・・と
P1010741.jpg

今では、私の両親の位牌のそばで
父と母と一緒に、私たち家族を見守ってくれています
P1010739.jpg

お葬式と火葬をして下さった所に
このお位牌をお願いしたのですが
出来上がった位牌をわざわざ自宅まで
直接届けて下さっただけでなく・・・・
こんな素敵なプレゼントをいただきました
位牌に使った画像を絵画のように
キャンバスに描いてあるものです
グラフィック処理というのでしょうか?
風合いというか何ともいえない良さがありますね
初めて見た時、しばらく封印していた涙が
我慢できなくなるほど嬉しかったです
P1010740.jpg

額装することも考えましたが
せっかくなので、何か思い出になるものを
自分の手で作ろうと張り切った老婆は
あれこれ迷い失敗を重ねた結果
P1010814.jpg

ちょうどリフォーム工事がスタートした我が家
今までなかった、そしてこれから必要になる
こんなものを作りました・・・
P1010900.jpg

窓を二重にしたので鍵を置く場所がなくなり
古く錆びついた頭と想像力を駆使して
いつでもこの笑顔が見られる・・玄関・廊下に
印鑑と鍵用のボードを・・・
P1010899.jpg

モモが快適に余生を過ごせるようにと
半年かけて計画を進めてきた転居orリフォーム
リフォームすることに決定して計画も練っていたのに
間に合わなかったことが残念でなりませんが
その悔しさをこだわりに変え、自分らしく、妥協せず
何もない家、すぐに夜逃げができる家を目指して
所有する物を最小限に、身体も家も省エネ仕様で
頑張っていこうと思っています、みんなありがとうね
P1010901.jpg





* Category : 闘病の記録2014.前期
* Comment : (8) * Trackback : (-) |

いつも一緒 * by みえ
こんばんは。

我が家もポポが亡くなってもう七回忌です。
月日が立つのは本当に早くて今でもそこにいるのでは…と思います。
miyuさんは尚更ですよね。

縫いぐるみ、既成の物だとは思いませんでした。
モモちゃんにあまりにも似ているのでオーダーされたものかと。

またモモちゃんのフォトフレーム、良くできていますね。
出かけるときも帰って来たときも必ずそこでモモちゃんを目にする事が出来るんですもの。
私も真似して作ってみようかな。

* by ピョンコ
わあ〜♪
更新ですね!
もう更新は無いだろうか〜と思いつつ、ちょいちょい覗いていました^ ^
miyuさん忘れる事は出来ないけれども少しは楽になりましたでしょうか?
お会いした事はありませんが、せっせとお掃除に励むmiyuさんが目に浮かぶようですヽ(≧▽≦)ノ
ずーっとモモちゃんは一緒ですね。
二代目モモちゃんもそっくりで可愛いですね♪

うちのモモも元気ですよ。
また更新あると嬉しいです(*^^*)

* by ぽこぽこ
こんばんは。お久しぶりです。
あれからまだあまり日は経ってないですが
着実に前に進んで行かれてるご様子ですね。
それだけ色んなことをきっちりされているから、モモちゃんも病気を抱えながらも最善のサポートで長生きできたのでしょうね。

きちんとお供えしてもらってモモちゃんはきっと喜んでいますね。
このグラフィックの絵のように天国でご家族皆さまを見守って微笑んでいてくれるのではないでしょうか。
ぬいぐるみモモちゃんは目元が優しいところがモモちゃんによく似ていると思います。
まだまだ良い思い出になるには時間がかかることと思います。
どうぞこの暑い夏、ご自愛くださいね。

* by ばーや
こんにちは。初めまして。
ずっとみてきました。クッシングの愛犬と
とても可愛がっていただいていたのに、
5歳の若さで亡くなった、この子の子のことを
思いながら…

モモちゃんの笑顔可愛いですね。
ここだったら、行ってきます。ただいま。が
伝えられるのでいいですね。


みえさんへ * by miyu
こんにちは
本当に・・・早いものですね・・
私にもまだまだ時間が必要かな
こんなに・・・と思わなかったのですが
喪失感とのたたかいは結構きついです(笑)

ピョンコさんへ * by miyu
こんにちは
モモがいないので書くことも全然ないのですが
どこで終わりにすればいいのか・・と
答えの出ないまま・・中途半端になっています(笑)
モモの世話もないのに、今年の夏バテはきつい・・・
ピョンコさんも、どうぞ元気にお過ごしください

ぽこぽこさんへ * by miyu
こんにちは
気持ちも上ったり下ったりの波まかせ
なかなか難しいものだと実感しています
たくさんのモモに囲まれ、気配を感じ
毎日なんとか頑張っているボロボロの私ですが(笑)

ばーやさんへ * by miyu
こんにちは、初めまして
モモをずっと見守っていてくださったとのこと
嬉しいです、ありがとうございます
みなさんも色々なことを乗り越えて・・・
私も、前向きに頑張っていこうと思います

最後の3日間をまとめたDVDに使用した画像の中から
経過のわかるものを使って、簡単ではありますが
モモの旅立つまでを、このブログにも残そうと思います
後半には亡くなった後の画像も掲載しています
とても迷い、悩んだのですが、加工せずそのまま残します
不適切と思われる場合は、ご覧にならないようお願いします

4月27日に食事風景を記事にしてから2日後のモモ
27日の夜から食欲はなく、結果的にあのブログ記事が
モモがちゃんと食事をした最後の姿になってしまいました


28日の夜から、数回の嘔吐はありましたが
まだ水分はしっかり摂れていて
ふらつきながらもトイレに行こうとしたり
寝返りをしたり、反応もしっかりしていました
P1010609.jpg

約12時間後、日付が30日になりました
元気はなく、ミルクと水しか飲まない
おしっことうんちは、まだしていました
朝まで、静かにずっと目を開けていて
ただずっと、そばで見守ることしかできませんでした
P1010616.jpg

吐き気もないまま、突然ゴボッと液体を嘔吐し
その後は落ち着いている・・・それを数回
P1010617.jpg

オムツにうんちをしていましたが
おしっこが出ていないことに気づく
だけど水もミルクも飲みません
モモの体内で何が起こっているのかを
やっと気づき始めた私ですが
どうするべきか・・悩み、迷い・・でも
病院に行く、点滴してもらう、という道を
私は選びませんでした
P1010621.jpg

どうしようか悩み、迷いながらも
晩ごはんの準備をしている私のもとに
息子がモモを連れてきました
もうほとんど動かない身体で私を追い
ベッドとクッションの隙間に挟まったのか・・
あれこれ考えて落ち着かないとはいえ
肝心のモモをベッドに残して私は何をしてるのか?
片時も離れずモモのそばにいようと思いました
とにかく今はそれだけしかできないと・・・
P1010623.jpg

抱いたり下ろしたり向きを変えたり
背中をさすったり、肉球をマッサージしたり
バルコニーに出て風に当たったり・・・
この時の私は何を考えていたんだろう?
その1時間後、突然モモの呼吸が乱れ
ゼーゼーと詰まったような音が続き
これが続くなら、酸素の手配も必要かと
あれこれ考えているうちに
オムツから緑色の水様便が漏れているのに気づき
慌ててオムツをはずしてお湯でお尻を洗うと
呼吸が正常になり、スッキリした表情に・・

オムツを取り替えてホッとしたところです
呼びかけるとじっと私の顔を見つめ
お腹がラクになったのかな?よかったねえ・・と
すっきりしたかわいいモモの表情に
思わずカメラを向けたのですが・・・・
P1010630.jpg

この時は、まさかこれが最後の1枚になるとは
P1010632.jpg

午後2時37分40秒に撮ったこの顔
本当に穏やかでかわいい表情でした
P1010702.jpg

この数分後・・はっきり記憶していませんが
突然、ゴボッと吐いて・・あわてて口を拭き
モモを抱き上げると、手足の力が抜けたようになり
目もどこを見てるのかわからない状態でした
心臓の鼓動も脈も感じられず、息をしてない
驚いて、とっさにモモの鼻から息を吹き込むと
2回目に、我に返ったように手足に力が入り
驚いたような感じで大きく息を吸い込み
モモは戻ってきました・・
でもすぐにまたぐったりと力が抜けて・・
私は自分に言い聞かせるように、夫に言いました
「もう逝かせてやらなきゃ・・苦しいだけだよね」
そして、ぐったりしたモモを胸に抱いたまま
いい子だね、頑張ったね・・と繰り返してたような・・・

寝かせて、口からだらりと出ていた舌を戻し
開いていた目を閉じ・・ふと思い出して
夫に時間を確認すると、午後3時5分でした
本当に亡くなったのは3時ちょうどの頃だったのでしょうね
P1010634.jpg

その夜にお通夜
この夜は私のベッドで一緒に寝ました
モモは死んでも大人気でひっぱりだこ
明け方には息子に連れていかれました
P1010641.jpg

翌日に、自宅でお葬式のような
お別れをしていただきました
その直前まで、みんなで抱っこ
P1010664.jpg

人間のお葬式のように・・・
P1010673.jpg

映画の「おくりびと」みたいでしたね
P1010674.jpg

笑顔になったモモにお別れをして
お経もあげていただき
P1010697.jpg

お弁当をしっかりと胸に抱いて
P1010691.jpg

用意していただいた棺ではなく
結局、火葬炉に入るまで私が抱いていました
最後までみんなに見守られて・・・
そして、お骨はそのまま自宅に届けて下さり
恐竜の骨格標本のようにきれいに並んだ姿を
家族で1つ1つ思いを込めて骨壺に収めました
P1010683.jpg

骨壺に収まったモモは
生きてる時よりも大きくて重かったです
P1010687(1).jpg

「クッシングモモ」を見守って下さった皆さまへ
モモと私からは感謝の言葉しかありません
長い間、本当にありがとうございました
P1010690(1).jpg

* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
5月11日
パソコンに保存された画像をチェックしながら
今年のモモの画像が非常に少ないことに驚きました
なんと2月には1枚も撮っていないのです
そして、どれも寝たままの同じ姿、同じ表情
月に1度、変化のない日常をブログに更新し続け
でも、似たような写真ばかりだったということは・・・
モモが平和で穏やかに毎日を過ごしていたという
幸せな生活の証でもあったのかな
今回も、急変する前日からの画像は何枚もあり
いつもと違うモモの様子や、何かが起これば
以前のように記録に残そうと写真も増えていたはず
目をそむけたくなるようなアカラスの皮膚も
薄毛の身体も、首の腫れも、汚い歯石の口の中も
全部このブログに残してきた過去を考えると
この数年は、大きな変化もなく無事に過ごせた
神さまからの贈り物のような日々だったのかな
悲鳴を上げ暴れるような神経発作も起きなくなり
モモを抱きかかえオロオロと右往左往したり
どうかこの子を苦しめないで・・と祈ったことも
私自身がすっかり忘れていたくらいで・・・
もちろん、モモが本当にどういう状態であったのか
今となってはわからないし、知ることもできません
痛みに耐えていたのか、本当は苦しかったのか
こんなにあっけなく逝ってしまうくらいですから
体調に何も問題が無かったなんてありえないし
モモの身体には何かが起こっていたことは確かです
でも、亡くなる直前までわからなかった私と
それを私に訴えることなく、気づかせなかったモモ
お仲間の中には、聞くだけで苦しくなるような
つらい最期やお別れを経験された方もいます
それを思うと、申し訳ないくらいに恵まれた
幸せな最期だったと感謝しなくてはいけないですね


最近の写真をたくさん残してやれなかったことを
自分が後悔しているからではありませんが
様子がおかしいと思い始めてから数日で
突然旅立つことになってしまったモモの記録を
画像で残すためのスライドショーDVDを作ろうと
そんな物を作った経験もないくせに、突然決めました
私たち家族がモモの死をいつか乗り越えた時
よかったね、可愛かったね、いい旅立ちだったねと
思い返しながら見て、また思いきり泣けるように・・・
私も、これでもかっというくらいモモの姿を見ながら
悪戦苦闘して、DVDを作ることに集中し向き合い
誰にはばかることなく泣き、偲び、思いを吐き出す・・

我が家の宝物作りは、こうしてスタートしましたが
今年の1月と3月分しかないモモの数少ない画像と
亡くなるまでの3日分の記録と、お通夜とお葬式
全部合わせても100枚足らずしかありませんでした
モモの2014年の記録がそれだけ・・4か月分で・・
もうそこから号泣でした・・泣けて泣けて・・・
その後、毎日明け方まで泣きながら作業しました
写真のモモは、いつも私をじっと見つめているので
それを1枚見るごとにティッシュも1枚必要でした
毎朝、試合後のボクサーみたいな目だったので
モモが亡くなってからの1週間、私が外に出たのは
買い物1回と回覧板をこっそりポストに届けただけ
スライドショーはできたけど、DVDにできないとか
BGMの入れ方もわからない、音楽の取り込み方すら
調べないとわからない情けなさと悔し涙も混ざり
数日間、突然ふくらはぎが痙攣して何度もつるほど
体内の水分がほとんど涙に変わりました
何とかやっと完成したDVDをチェックしながら
少しだけ気持ちが軽くなった自分を感じることができ
とても嬉しかったし、ホッとしました・・・
楽しみにしていた家族は、日が経つほど臆病になり
いまだに、このDVDを観ることができずにいますが・・


* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
たくさんのメッセージをありがとうございました
メールにコピーして転送し、印刷して・・
モモの仏前で読み、お供えしています
その生涯のほとんどを家の中で過ごしたモモを
こんなにたくさんの方が知っていて下さり
モモの生きた証と残した記録が報われたような
嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです
8年近く続けてきた闘病記のまとめとしても
30日前後のことをちゃんと記録に残そうと思い
やっとブログに向き合う気持ちになったのですが
どこから、何から、どこまで、どうやって・・
写真は何を、生きてるのだけ?その後の分も?
詳細に書けば、何日分にでもなりそうだし
まとめてしまえばいいのか、でも後悔しないのか
そんな葛藤で、まったく先に進みません
このままでは何も書けなくなってしまいそうなので
とりあえず、今の自分の思いを残していきます


5月9日
モモを見送って10日が過ぎようとしていますが
不思議なほど、私たちの生活には変わりがなく
いつもの場所に、いつものように横になっている
そんなモモの姿が家族全員に見えているのか
ただいまモモ、お休みモモ、モモ、モモ、モモモモ・・
思えば、どのくらい前からだったでしょう
ほとんど同じ寝姿で、声を発することもなく
あっ、そういえばモモは?・・上に寝かせたままだ!
あわてて迎えに行くと、しっかり熟睡してた・・
そんな日中の存在感のなさに慣れてしまい
今でも、ふと「あれ?モモはどこだっけ?」と・・・
自分がいなくなっても家族の日常が変わらぬように
身体も存在感も少しずつ少しずつ小さくなり
そして最後は、私たちのもとから消えるように
そっと旅立って行きたかったのかもしれません
でもねモモ、静かで小さな、ぬいぐるみのような姿が
この家には、かけがえのない大きな存在だったんだよ


大きな悲しみを乗り越えるためには
我慢せずに泣き、苦しみ、後悔し、思い出すこと
闘病生活の中で、多くのお仲間の飼い主さんに
そんな言葉をかけていた私なのですが
現実にその時がやってきた自分に待っていたのは
悲しみや喪失感よりも、何が起こっているのかを
頭と心が受け入れず、何も聞く耳を持たず
これから戦いにいどむような高揚感でした
何かが起こったり、ピンチになったりすると
自分を奮い立たせるつもりなのか覚悟を決めるのか
やたらとハイテンションになり動き続ける性格・・
そういえば、子供が小さい頃に具合が悪くなると
今夜はひと晩中看病かも、と腹をくくった途端
台所のレンジやシンクの大掃除を始めたり
バカみたいに料理を作り置きして備えたりした私
モモが亡くなった日、体調はどんどん悪くなっても
いつものようにまたちゃんと復活してくれるはず
しっかり備えて看病に専念しようと奮起した私は
起きてすぐの朝から、人間の晩ごはんの準備を始め
ふらついてベッドわきにハマっていたというモモを
子供がキッチンに連れてくるまで忘れていたくらい・・
今思えば、かなり動揺してたのかもしれませんが・・
モモの死の直後も、どう見送るか、どこで火葬するか
とにかくちゃんとしなきゃ、しっかり責任を果たして
モモをきちんと送ってあげないと・・頭の中はそれだけ


すべてが終わった後、夢の中にいるような自分に
「もう泣いてもいいよ」といくら言い聞かせても
中途半端な悲しみだけで、胸がギュッと詰まったまま
今度は、悲しんでいたらモモが成仏できない・・と
モモの物を片付け始め、見るのがつらいと捨てました
それでも、どこかでモモが見てるかもしれないから
モモはもう走れるよ、嬉しいねえ・・と笑顔のまま
その途中で、仏前に供える写真が古いものしかなく
この数年、まったくプリントしていないことに気づき
最近の写真の中から、モモらしい1枚を選ぼうと
片付けを途中で放り出し、写真の整理を始めました
カメラに残ったまま、見ることができずにいた
結果的に、死の前後を記録することになった画像
これを見ながら、自分らしく今回のことを乗り越える
ヒントのようなものを得たような気がしました・・・



* Category : 闘病の記録2014.中期
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。